Page Top

TOP

チャレンジ!!オープンガバナンス 2020

データ・デザイン・デジタルで地域課題解決に市民が迫る!2020

【最終公開審査イベント結果概要】

<プログラム>

日時:2021年2月28日(日)13時から18時まで
名称:COG2020 最終公開審査オンラインイベント
場所:ネット上の仮想空間 Zoom利用
当日のFacebook live full version はこちら

<内容>

①ファイナリスト10チームプレゼンと審査委員との質疑を経て
 COG審査委員会表彰
 ※総合賞
 ※アイデア賞
 ※連携体制賞
 ※学生賞
 ※ハーバード大学アッシュセンターイノベーション賞
 ------------------------------------------------
 ★協賛団体選定賞(LINE, JIPDEC, Tableau
 ○視聴者オンライン投票
②セミファイナリスト13チームミニプレゼンと視聴者オンライン投票
③ポスター対象22チーム視聴者オンライン投票
④アフターコンテストイベント(協賛団体と事務局主催)
 *視聴者オンライン投票結果発表
 *協賛団体からのお知らせ発表

詳細:最終公開審査実施概要プログラムはこちら

COG事務局


STEP3 最終公開審査と
関連イベント

終了!

  • 共催(共同主催)

    東京大学公共政策大学院 科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」教育・研究ユニット(STIG)
    東京大学ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム(GCL)
    (一社)オープンガバナンスネットワーク(OGN)

  • 連携

    Roy and Lila Ash Center for Democratic Governance (the Ash Center) at the John F. Kennedy School of Government at Harvard University

  • 協賛

    LINE株式会社
    (一財)日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
    Tableau Software など

  • 後援

    高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部)、内閣府(地方創生推進事務局)
    (一社)行政情報システム研究所、(一財)地域活性化センター、(一社)Code for Japan、(一社)オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン、(一社)オープン・コーポレイツ・ジャパン、デンマーク大使館 など

Next Contents

01

Introductionイントロダクション

市民も変わる、行政も変わる!!
オープンガバナンス

市民も変わる:よりよい社会を目指して課題に自ら取り組む市民や学生たち 行政も変わる:知識や経験を活かして地域のプラットフォームをめざす行政 オープンガバナンス:市民と行政の新たな協働で進化を遂げるデモクラシー

新型コロナが問いかけるもの

COGを通じて、
感染症にも強く持続可能な社会をどう作るか、
みなさまの現場から新しい知恵と工夫が
生まれることを願っています

新型コロナの対応で今までなかなかできなった
オンライン会議やテレワーク、
週休三日制の検討などが次々に始まっています

デジタル技術を活用するとともに、
今までの慣習を見直し
私たちが本来求める社会のあり方を模索してみましょう

永遠のベータ版を楽しむ

このチャレンジは永遠のベータ版
地域の特徴を活かして柔軟に創意と工夫を
市民も行政も楽しく! !チャレンジオープンガバナンス

アイデアに磨きをかける3D

【Data】事実の確認と主張の裏付けができます/データの可視化で行動変容を促せます|【Design】当事者への教官で課題の原点に迫ります/将来の仮説を立ててアイデアを考えます|【Digital】21世紀社会の変容の起爆剤です/行動が変わりコミュニティが広がります

SDGsの目標達成にも貢献

SDGsは2015年に国連が採択した持続可能な開発のための
2030年を目標にする「我々の世界を変革するアジェンダ」です
アジェンダは、人間、地球及び繁栄のための行動計画で、
17の目標と169のターゲットがあります

2020年はその「行動の10年」のスタートの年でもあります
市民はCOGを通じてSDGsの目標を達成することに貢献できます
COGの対象とSDGsの目標は重なり合うものが多いです

表彰

<オープンガバナンス総合賞>

(アイデア+連携体制)
市民/学生チームとそれをサポートする自治体に対して授与

<アイデア賞>

市民/学生チームに授与

<連携体制賞>

自治体に授与

<学生賞>

学生チームに対して授与

<Special Innovation Award in collaboration with Ash Center, HKS, Harvard>

ハーバード大学アッシュセンターとの連携による
特別イノベーション賞(予定)

<協賛団体賞>

協賛団体の選定により授与

<オンライン投票賞>

オンラインの投票結果で授与

02

Scheduleスケジュール

 
自治体
市民/学生
2020年 6月
月初募集開始
 
7月
 
 
8月
月末募集締切
 
9月
決定/課題発表
アイデア募集開始
10月  
 
11月  
 
12月  
アイデア募集締切
2021年 1月
書類審査
2月
最終公開審査対象への
追加質問
3月
最終公開審査と表彰
4月
改善へのアドバイス
03

The Ideas from Citizens and Students市民/学生からの応募結果

市民/学生からの応募結果は次の通りでした。

応募アイデア総数と、メンバー構成の内訳
市民チーム 10
市民/学生混成チーム 16
学生チーム 19
45
応募対象自治体数と実際に応募のあった対象自治体数
応募対象自治体数(自治体連合の場合は参加自治体を個別に勘定) 31
実際に応募のあった対象自治体数(同上) 23
応募対象地域課題と実際に応募のあった対象地域課題
応募対象地域課題 43
実際に応募のあった対象地域課題 26
04

Winner受賞者

COG審査委員会表彰

オープンガバナンス総合賞

未来減災課

東京都目黒区
5.防犯・防災 9.新型コロナが与える社会の変化を念頭においた課題

地域課題:コロナ禍における適切な避難行動
アイデア名:私のヒナン・ヒョウメイ

最終公開審査用追加資料:発表資料 チラシ

アイデア賞

KAMA-gination

神奈川県鎌倉市
1.高齢化・介護・医療・健康 2.子育て・家族・教育 3.まちづくり・交通 4.環境・エネルギー 5.防犯・防災 6.産業(一次、二次、三次)・働き方改革 7.シビックプライド、観光 8.スマートシティ・スマートシテイズン 9.新型コロナが与える社会の変化を念頭においた課題

地域課題:「働くまち鎌倉」「住みたい・住み続けたいまち鎌倉」を実現する
アイデア名:渋滞御免アプリ

最終公開審査用追加資料:発表資料 チラシ

連携体制賞

Team バードラン

北海道室蘭市
7. シビックプライド、観光 9. 新型コロナが与える社会の変化を念頭においた課題 10.その他:移住・定住

地域課題:ずっと室蘭で活躍し、応援してほしい!市外で活躍されている方も、いつか室蘭で活躍してほしい!
アイデア名:バードラン

最終公開審査用追加資料:発表資料 チラシ

学生賞

福井県立武生東高等学校Hino・Quest

福井県越前市
10.その他:問題意識に沿った取組であれば課題テーマはどれでも可

地域課題:地域の多様な人とつながりながら若者が地域の活性化にチャレンジする
アイデア名:Happy Project×高校生=Hino・Quest 地域の多様な人と繋がりながら、高校生の視点で地域のHappyを生み出す

最終公開審査用追加資料:発表資料 チラシ

ハーバードイノベーション賞

英語名:VONS (Volunteer by Okinawa Next generation and Students)
日本語名:沖縄次世代に繋ぐ学生ボランティア

沖縄県那覇市
1.高齢化・介護・医療・健康 2.子育て・家族・教育 3.まちづくり・交通 4.環境・エネルギー 5.防犯・防災 6.産業(一次、二次、三次)・働き方改革 7.シビックプライド、観光 8.スマートシティ・スマートシテイズン 9.新型コロナが与える社会の変化を念頭においた課題

地域課題:コロナ禍における地域課題の解決に向けた新たな取組み
アイデア名:~学生・大人・地域の協働~MUGムグフードプロジェクト

最終公開審査用追加資料:発表資料 チラシ

協賛団体賞

LINE賞

英語名:VONS (Volunteer by Okinawa Next generation and Students)
日本語名:沖縄次世代に繋ぐ学生ボランティア

沖縄県那覇市
1.高齢化・介護・医療・健康 2.子育て・家族・教育 3.まちづくり・交通 4.環境・エネルギー 5.防犯・防災 6.産業(一次、二次、三次)・働き方改革 7.シビックプライド、観光 8.スマートシティ・スマートシテイズン 9.新型コロナが与える社会の変化を念頭においた課題

地域課題:コロナ禍における地域課題の解決に向けた新たな取組み
アイデア名:~学生・大人・地域の協働~MUGムグフードプロジェクト

最終公開審査用追加資料:発表資料 チラシ

JIPDEC賞

未来減災課

東京都目黒区
5.防犯・防災 9.新型コロナが与える社会の変化を念頭においた課題

地域課題:コロナ禍における適切な避難行動
アイデア名:私のヒナン・ヒョウメイ

最終公開審査用追加資料:発表資料 チラシ

Tableau Software賞

MTI 企画部

北海道室蘭市
3.まちづくり・交通 9.新型コロナが与える社会の変化を念頭においた課題

地域課題:室蘭の、交通を便利にしたい!
アイデア名:室蘭工業大学の大学生が作る、大学生と大学近隣住民向け、バス待ちストレス軽減システム

最終公開審査用追加資料:発表資料 チラシ


オンライン投票結果

< ファイナリスト >

KAMA-gination

神奈川県鎌倉市

地域課題:「働くまち鎌倉」「住みたい・住み続けたいまち鎌倉」を実現する
アイデア名:渋滞御免アプリ

最終公開審査用追加資料:発表資料 チラシ

英語名:VONS (Volunteer by Okinawa Next generation and Students)
日本語名:沖縄次世代に繋ぐ学生ボランティア

沖縄県那覇市

地域課題:コロナ禍における地域課題の解決に向けた新たな取組み
アイデア名:~学生・大人・地域の協働~MUGムグフードプロジェクト

最終公開審査用追加資料:発表資料 チラシ

たまな放課後地域創造クラブ

熊本県玉名市

地域課題:良好なサードプレイスの立ち上げと運営
アイデア名:開放的な空間で人々が繋がる

最終公開審査用追加資料:発表資料 チラシ


< セミファイナリスト >

鶴岡再発見!プロジェクト

山形県鶴岡市

地域課題:若者を鶴岡市に呼び込むためのビジネスプラン策定
アイデア名:暮らす旅 -鶴岡市からの特別な贈り物、それから始まる鶴岡市への旅-

最終公開審査用追加資料:発表資料 チラシ


< ポスター展 >

05

Primary screening results一次選考結果

書類審査による一次選考の結果、COG2020審査委員会では、2月28日に予定している公開審査日での扱いを以下のとおりといたしました。

  1. ・COG2020最終公開審査対象アイデア 10件
  2. ・COG2020ミニプレゼン対象アイデア 13件
  3. ・COG2020ポスター展示対象アイデア 22件

応募いただいた全45アイデア中から、最終公開審査対象のアイデアは以下の10件です!

全ての案件の一覧は、ここからご覧いただけます


最終公開審査対象アイデア

地域順

ミニプレゼン対象 13件(地域順)


ポスター展示対象 22件(地域順)

06

Regional Issues応募自治体による地域課題の一覧

COG2020にエントリーの自治体一覧です。
クリックするとその自治体の地域課題と関連データがあります。市民/学生チームはこの課題などを見て解決のアイデアを考えていきます。

自治体からの課題

北海道 室蘭市
東北 山形県鶴岡市、福島県会津若松市
関東 茨城県水戸市、東京都港区目黒区世田谷区中野区多摩市、神奈川県横浜市鎌倉市
北陸 福井県鯖江市越前市
中部 静岡県三島市裾野市
近畿 滋賀県大津市近江八幡市草津市、京都府京都市大阪府大阪市住之江区豊中市、兵庫県加古川市三田市
中国 岡山県倉敷市、山口県宇部市
四国 香川県高松市、愛媛県八幡浜市
九州 福岡県北九州市、熊本県玉名市
沖縄 沖縄県那覇市

全ての案件の一覧は、ここからご覧いただけます

応募自治体さんへのお願い

STEP2でアイデアを応募する市民/学生チームへの問い合わせに応じたり気さくなコミュニケーションの場を持つなどをお願いします。最終公開審査では連携体制も審査対象です。

07

Evaluations and
Recommendations for
Improvement and Follow-up
審査・改善アドバイス・フォローアップ

審査時期

2021年1月~2月

審査内容

  • ・アイデアの内容・理由・実現手順(書類審査一最終公開審査)
  • ・市民/学生と自治体の連携体制 (追加調査一最終公開審査)

審査手順

(1)書類審査(2021年1月)

市民/学生から応募のアイデアについて書類審査をおこない、以下に分類します

  1. A.ファイナリスト(最終公開審査対象)
  2. B.セミファイナリスト
  3. C.ポスター
  4. D.サイトアップ

(2)ファイナリストヘの追加質問(2021年2月)

ファイナリストのアイデアを応募した市民/学生とその自治体を対象に、市民/学生と自治体との連携状況を追加調査し、最終公開審査の材料とします

(3)最終公開審査・表彰(2021年2月28日)

目下オンライン開催で行う予定です
ただし状況次第で開催方法の変更も視野に入れます
最終プログラムは(1)の発表とともに2021年2月にお知らせします
ファイナリストについてはそのプレゼンと審査委員による公開の質疑を行って審査し表彰します

(4)並行イベント~セミファイナリストミニプレゼンとポスター展

セミファイナリストミニプレゼンとポスター展についてもオンラインを視野にいれます

(5)アフターコンテスト

オンライン投票結果発表など催しを充実します
ぜひお楽しみください

(6)結果の公表

最終公開審査終了後、サイト上でも速やかに結果を公開します

08

Evaluation Criteria審査項目

審査は、応募されたアイデアと、市民/学生と自治体の連携体制の2つに対して実施されます

アイデアの審査

(1)審査対象

下記の点を対象に審査を実施します

  1. ・応募者によるアイデアの説明提出フォーム
  2. ・最終公開審査での発表(市民/学生チーム パワーポイント使用)

(2)審査項目

審査項目は以下の通りです

  1. ・アイデアの内容
  2. ・アイデアの理由とその裏付けデータ
  3. ・アイデア実現プロセス

詳細は9月に公開する市民/学生の応募フォームで確認してください

連携体制の審査

(1)審査対象

今回の応募にあたっての市民/学生と自治体の連携を実態的に判断します

  1. ・最終公開審査の対象となるアイデアを応募したチームとその自治体を対象に行う追加調査結果
  2. ・最終公開審査での発表(関係自治体 パワーポイント使用)

(2)審査項目

審査項目は以下の通りです

  1. ・課題関連データの公開提供の状況(問い合わせへの対応なども含む)
  2. ・アイデア形成段階の、市民/学生の主体的な取り組みへのサポート
  3. ・アイデアが成熟し実施に移行する際、市民/学生らとの協働への意向
  4. ・アイデアをめぐって、市民/学生との間でオープンなコミュニケーションの状況
09

Final最終公開審査イベントプログラム

2021年2月28日(日)の最終公開審査イベントの参加と視聴者登録にあたってはPeatixで視聴チケット申し込み(無料)を利用しました。登録者にはFacebook live 視聴先と投票方法についての情報を送付して視聴と投票をお願いしました。

当日のFacebook live each section edition

Facebook live

プログラム概要

  開始 終了 時間
開会行事
進め方説明(太田垣+奥村) 13:00 13:03 0:03
開会(城山審査委員長) 13:03 13:06 0:03
協賛団体代表挨拶(LINE江口氏) 13:06 13:09 0:03
審査委員紹介 13:09 13:14 0:05
最終公開審査ファイナリスト発表前半+質疑 (発表5分、質疑5分、切換1分、発表順は乱数表で事務局が決定)
F1「fromHANKEI3m」:京都市 13:14 13:25 0:11
F2「未来減災課」:目黒区 13:25 13:36 0:11
F3「たまな放課後地域創造クラブ」:玉名市 13:36 13:47 0:11
F4「KAMA-gination」:鎌倉市 13:47 13:58 0:11
F5「Team バードラン」:室蘭市 13:58 14:09 0:11
休憩 14:09 14:19 0:10
最終公開審査ファイナリスト発表後半+質疑 (発表5分、質疑5分、切換1分、発表順は乱数表で事務局が決定)
F6「越前市未来計画隊」:越前市 14:19 14:30 0:11
F7「Webビジネス組」:宇部市 14:30 14:41 0:11
F8「福井県立武生東高等学校Hino・Quest」:越前市 14:41 14:52 0:11
F9「英語名:VONS (Volunteer by Okinawa Next generation and Students)
日本語名:沖縄次世代に繋ぐ学生ボランティア」:那覇市
14:52 15:03 0:11
F10「MTI 企画部」:室蘭市 15:03 15:14 0:11
休憩(ファイナリストのオンライン投票〆切) 15:14 15:24 0:10
ミニプレゼン・セミファイナリスト (発表3分、切換1分 北から地域順で発表)
M1「鶴岡再発見!プロジェクト」:鶴岡市 15:24 15:28 0:04
M2「大東文化大学社会学部阿部ゼミ地域公共交通チーム」:鶴岡市 15:28 15:32 0:04
M3「株式会社 Michele」:東京都港区 15:32 15:36 0:04
M4「東京農業大学国際農業開発学科食品ロスゼミ」:東京都世田谷区 15:36 15:40 0:04
M5「多摩市若者会議」:多摩市 15:40 15:44 0:04
M6「横浜キノコサムライ」:横浜市 15:44 15:48 0:04
M7「Code for SUSONO」:裾野市 15:48 15:52 0:04
M8「近江八幡RAKUICHI実行委員会」:近江八幡市 15:52 15:56 0:04
M9「人財バンクシグナル TE to TE」:草津市 15:56 16:00 0:04
M10「楽しさ満載つながり放題住之江区プロジェクト」:大阪市住之江区 16:00 16:04 0:04
M11「一般社団法人データクレイドル まちケア運営チーム」:倉敷市 16:04 16:08 0:04
M12「宇部フロンティア大学付属香川高等学校パソコン部」:宇部市 16:08 16:12 0:04
M13「i-カフェ戦隊、キタキュー地創’s」:北九州市 16:12 16:16 0:04
休憩(セミファイナリストのオンライン投票〆切) 16:16 16:26 0:10
協賛団体賞発表
LINE、JIPDEC、Tableau Software 16:26 16:29 0:03
切換タイム 16:29 16:30 0:01
最終公開審査発表と表彰式
ハーバード賞 16:30 16:33 0:03
学生賞 16:33 16:36 0:03
連携体制賞 16:36 16:39 0:03
アイデア賞 16:39 16:42 0:03
総合賞 16:42 16:45 0:03
審査委員長及び審査委員のコメント 16:45 16:55 0:10
閉会、休憩 5分(ポスター展オンライン投票〆切) 16:55 17:00 0:05
アフターコンテストイベント
オンライン投票賞発表
ファイナリスト金銀銅
セミファイナリスト金銀銅
ポスター展金銀銅
(協賛団体&事務局)
17:00 17:30 0:30
行事終了後アゴラタイム
 LINE選定チャレンジャー予告
 Tableau利活用予告
17:30 18:00 0:30
(注)全体として時間が前後することがあります。
10

Steering Committee審査員紹介(審査委員長、ほか五十音順)

11

Municipalities
Application Requirements
自治体募集要項

募集時期(終了しました)

2020年6月1日~8月31日

募集内容

  • ・市民/学生と一緒に考えたい地域課題(市民目線で発掘)
  • ・課題に関連する公開されたデータ・情報・資料(「公開データ」)

応募要件

以下の要件をみたす自治体(担当部署)※

  1. (1) データや知識の共有で地域のプラットフォームをめざすこと
  2. (2) 主役の市民/学生と連携する意欲があること
  3. (3) 課題の施策担当部署と課題関連データ担当部署の参加
  4. (4) 企画・広報・市民やデータ管理など統括部門の参加(推奨)

※単独自治体のほか、隣接自治体連合、共通課題自治体連合も可

課題分類

(分類横断的課題も可)

  1. 1. 高齢化・介護・医療・健康
  2. 2. 子育て・家族・教育
  3. 3. まちづくり・交通
  4. 4. 環境・エネルギー
  5. 5. 防災・防犯
  6. 6. 産業(一次、二次、三次)・働き方改革
  7. 7. シビックプライド、観光
  8. 8. スマートシティ ・スマートシテイズン(他の課題との組合せ可)
  9. 9. 新型コロナが与える社会の変化を念頭においた課題(他の課題との組合せ可)
  10. 10. その他(例:上の課題分類によらない取組)

※SDGsを意識して強調したい場合は、応募用紙のSDGs欄に記載

応募にあたって

(1)地域課題と関連データ

  • ・関連データはデータのあるサイトのURLの提示や公開された紙媒体(できれば電子化)の提示で応募することができます
    (公開されたデータであれば機械判読用のオープンデータ形式でなくてもかまいません)
  • ・一つの自治体(担当部署)で地域課題の提案数は自由です
  • ・これまでCOGに応募された自治体も歓迎です。別の課題でも同じ課題でも結構です
  • ・市民目線で応募課題を発掘するのに、市民/学生と自治体が話し合いをして課題を決めても問題ありません

(2)アイデアを応募する市民/学生へのサポート

  • ・課題や公開データについて、アイデアを応募する市民学生の問い合わせのサポートをお願いします
  • ・アイデアを応募する市民学生から、課題の分析・アイデアの策定に必要な追加のデータ要望があれば可能な範囲でお応えください

(3)応募自治体の公表

本サイトでの公表は8月末の締め切り後に行います

応募手順

1.「応募記入項目の確認用PDF」から記入項目の全体がご覧いただけます

このPDFで自治体の方が応募いただく際の内容の全体が把握できます

応募記入項目の確認用PDF

2.以下の(1)か(2)のどちらか、応募内容の送信方式を選べます

(1)以下のGoogle応募フォームに内容を記入して送信する

課題が複数あればそれごとに応募フォームの送信をお願いします
(応募期限の8月31日深夜までは一旦送信しても修正できます)

応募フォームに記入して送信

(2)応募用紙に内容を記入して以下の「メールに添付」から送信する

下記1「応募用紙のダウンロード」からダウンロード・記入のうえ、2「応募する」から添付メールにて事務局に送付ください。

  • 1

    応募用紙のダウンロード

    応募用紙のダウンロード

  • 2

    応募用紙に記入し、
    添付メールにて事務局へ送付

    応募する

※「応募する」をクリックしてもメーラーが起動しない場合、
送信先にadmin_cog2020@pp.u-tokyo.ac.jpを入力し送信してください

12

Citizens and Students
Application Requirements
市民/学生募集要項

募集時期(終了しました)

2020年9月中旬~12月20日

募集内容

募集内容は、自治体がエントリーした課題の解決策につながる社会的な活動のアイデアです

  • ・市民/学生が自分ごととして課題に取り組む具体的な活動を期待しています
  • ・アイデアを実行する前提でしっかり練ってください
  • ・検討していく中で行政との協働が必要なものもあります
  • ・自助、共助、公助の順序をしっかり押さえていくことが肝要です

応募要件

以下の(1)~(5)の要件をいずれも満たす市民/学生のチーム

(1)チーム

住民目線(※)で地域課題の解決に貢献したいと考える市民/学生のチーム
※アイデアの受け手となる住民の目線
<一人での応募はできません>

(2)チームメンバー

応募自治体に、

  1. A.居住している人
  2. B.居住していないが通勤か通学をしている人
  3. C.上記に該当しなくても課題解決に強い熱意がある人

(3)チームリーダー

いずれかに該当する人
応募自治体に

  1. A.居住している人
  2. B.居住していないが通勤か通学をしている人

のほか、応募自治体のAかBに該当しかつ応募アイデアに関係する市民/学生の推薦を条件に、

  1. C.地域の元居住者
  2. D.地域での用務者(通勤までは要しない)
  3. E.勉学・研究対象者(過去でもよい)

(4)チーム編成

以下のいずれでも可

  1. A.市民だけのチーム
  2. B.市民と学生(※)の混成チーム
  3. C.学生(※)だけのチーム

※学生は高校生、専門学校生、大学生、大学院生
(子供目線が必要などの理由で市民/学生のチームに中学生以下を加えることは可能)

(留意事項)過去の応募チームの扱い

以下を除き制限はありません
COGで最終公開審査対象となったチームは、自治体が提示する地域課題がこれまでと同じであればご遠慮ください

応募ファイル(応募用紙とアピール用チラシ)と応募方法

応募にあたっては以下の二種類のファイルをご送付ください。一つだけですと審査の対象にはなりません。

(1)審査に必要な応募用紙(所定の様式をダウンロード:docxファイル)

(2)アピール用ウェブサイト公開チラシ(A4一枚片面のみ:PDFファイル)

<応募用紙>

  • ・アイデア名、チーム名、アイデアの内容、その理由と裏づけのデータ、実現までのプロセスなどの記入となっています。
  • ・応募用紙は公開部分と非公開部分に分かれています。
  • ・応募用紙の1ページ目に記載の【注意書き】をよく読んで応募内容の確認をしてください。知的所有権の扱いなどの注意事項があります。
  • ・以下から「応募用紙」をダウンロードして所要事項を記入し完成したら「アピール用ウェブサイト公開チラシ」の作成に進んでください。

「応募用紙」のダウンロード

<アピール用ウェブサイト公開チラシ>

  • ・応募用紙が完成したら以下の①、②、③が一目で見てわかるチラシをつくってください。
  • ・COG2020のウェブサイトで公開して審査の参考にするとともにオンライン投票などにも使います。
  • ①訴えたいアイデアのポイントをわかりやすく、
  • ②なぜこのアイデアかの理由(ごく簡単なデータの裏付けを添えて)、
  • ③アイデア実現までの簡単な流れ、
  • ・チラシのサイズ:A4一枚 片面のみ
  • ・フォーマット:PDFにしてください

※知的所有権の扱いなどの注意事項は応募用紙と同じです。しっかりチェックしてチラシを作ってください。

応募方法

以上の二種類のファイルができたら以下の「応募する」から電子メールで送付して応募してください。

  • 「応募用紙」の記入と
    「アピール用ウェブサイト公開チラシ」の
    二種類を添付メールで事務局へ送付

    応募する

※「応募する」をクリックしてもメーラーが起動しない場合、
送信先にadmin_cog2020@pp.u-tokyo.ac.jpを入力し送信してください


応募用紙の要点


①アイデアの内容
アイデアは、これこれの課題解決のために、何をする社会的な活動(サービス)なのか、をわかりやすく示してください。これが将来実現した場合、魅力的で新規性があり、実践したくなり、活用してみたくなる、そしてその結果として、課題が解決される、そんなわくわく感のあるアイデアを期待します。2ページ以内でご記入ください。

応募チームとして解決したい課題の要点はこれ!をごく短く書いてください
そして「何を」するアイデアか、それを「誰が」「いつ」「どこで」「どのように」するかをわかりやすく書いていきます

(参考)
※この課題解決のためのアイデアが具体的に実行される場面を想定するとわかりやすくなります
※よいアイデアを生むには関連データの分析確認とデザイン思考によるアイデアを使う人への共感が必要です


②アイデアの理由
このアイデアを提案する理由について、それをサポートするデータを根拠として示しつつ2ページ以内で説明してください。ここではアイデアの必要性、効果を確認します。データとは、統計類などの数値データやアンケート・インタビュー・経験の記述、関連の計画、既存の施策などの定性データも広く含みます。データは出所を明らかにしてください。

このアイデアを提案する理由(なぜ)を書いていきます

先の(1)で書いた「何を」「誰が」「いつ」「どこで」「どのように」するというアイデアの内容を支えるための、
「なぜ」これをやりたいのかの思いを上記のデータを示しつつ書いていきます

(参考)アイデアの提案理由とサポートデータ
※アイデアを提案する必要性を訴える現状の問題をわかりやすく示すデータを探してみてください
※提案するアイデアが現状を改善する効果を示すデータ(定性的なものもOK)も視野にいれます


③アイデアの実現までの流れ
アイデアを実現する主体、アイデアの実現に必要な資源(ヒト、モノ、カネ)の大まかな規模とその現実的な調達方法、アイデアの実現にいたる時間軸を含むプロセス、実現の制度的制約がある場合にはその解決策等、アイデア実現までの大まかな流れについて、2ページ以内でご記入ください。ここでは実現可能性を確認します。

アイデアに即した実現に向けての具体的な活動を上記のポイントに即して工夫して書いていきまず

(参考)
※実現する主体:実際にアイデアを実行していくチームとそのモチベーション
※実現に必要な資源:ヒト、モノ、カネ毎に必要な資源の大まかな目標
・ヒト:メンバーは何人くらいでその役割分担
・モノ:この活動に必要なSNSや利用施設とその確保方法
・カネ:おおよそいくらくらい必要かとその調達方法
※実現にいたる時間軸を含むプロセス:実行可能な計画作成、実行する手順、ブラッシュアップなど簡単なプランを立ててみます


13

Tips for Ideation and summing upアイデアづくりとまとめのヒント

よいアイデアに到達するには、データ分析により課題にまつわる事実を発見し確認して、デザイン思考により課題の持ち主に共感して根底の課題の発見に努めます。これが見えてきたら解決のための具体的アイデアの考案に移ります。あれこれ考えてみて下さい。

そうしてこれはあるといいね使ってみたいねと思うアイデアをまとめ、全体のストーリーを意識して、アイデアの内容、アイデアの理由づけ、実現までの流れをまとめて下さい。詳しくは後のデータ利用形態、デザイン思考、作業の流れなどをどうぞ。

データをインプットして利用するアプリがアイデアの実現手段として含まれることはあり得ます。なお地域のデータで追加が欲しい時は当該自治体に適時問いあわせ下さい。ない場合は公表されている範囲のデータや資料でお願いします。

アイデアといっても陳情や行政への単なるつけまわしではなく自分ごととして取り組む活動を期待しています(皆さんも積極的に課題解決に関わるアイデアを歓迎します)。

とはいえ行政との協働が必要なもの、さらに行政が実施した方が良いものはあります。しかし、まず自分たちでどこまでできるかの検討を経ることでその内容も充実します。自助、共助、公助の順序をしっかり押さえていくことが肝要です。

アイデアがその後成熟した場合には、その実施をめぐって改めて市民と行政の間の具体的な協働の仕方を詰めていく必要があります。

<データの利用形態>

データの利用は一般に、課題の分析に使う場合とアプリの入力に使う場合があります。このコンテストでは公開データ(資料を含む)の利用であればよく、オープンデータに限ったものではありません。なおオープンデータはデジタル時代の機械判読に適したデータ形式(例:TXTやCSVなど)で公開されていてアプリの入力に適しているデータです。

一方、社会の実相を知るデータには二種類あって、社会の事実を知る「薄いデータ」~thin dataとその事実をもたらしている文脈や背景を知る「厚いデータ」~thick dataがあります。これらのデータをうまく使って課題分析やアイデア出しに活用してください。厚いデータは次のデザイン思考の入口といえます。

社会の事実を知る「薄いデータ」 その文脈や背景を知る「厚いデータ」
・統計
・施設の情報(位置、規模など)
・ビッグデータなど
アンケートやインタビュー、ワークショップなどにより事実をもたらしている文脈や背景を知ることができる記録や資料

<デザイン思考>

建物、都市、製品、ポスター、ウェブサイトといった「モノ」を作るとき、人々は伝統的に「モノ」の出来上がった姿、例えば設計図や模型を見て繰り返して手を入れ修正し、使い勝手や印象を判断して、使う人にとってより共感できる「モノ」を作ろうとしてきました。この手法を「モノ」に限らず、サービスに生かして、人にとって課題の根幹に触れることで、より共感の得られるサービスをデザインするという進め方をデザイン思考といいます。デザイン思考は平たくいえば、利用する人にとって「あるといいね使っていいね思考」といい換えることができます。皆さんが地域課題の解決のアイデアを検討されるときにこのやり方を参考にして、アイデアが実現した時にそれを利用する人に共感の得られるアイデアを練ってください。

<デザイン思考とデータ分析>

根底の課題の抽出段階ではデザイン思考とデータ分析が有効です。どちらが先でも構いませんが、両者の良いところを意識して使ってみてください。

<デザイン思考と専門家の関係>

デザイン思考では、市民の当事者目線・ユーザー目線でまず出発し専門家の目線はそのサポートの役割です。
アイデアの実現には供給者目線のチェックも必要です。なお、応募チームの要件に専門家(例:課題の分野の専門家、ITのエンジニア)が必須というわけではありません。

<デジタル技術>

すでにみなさんも普段のコミュニケーションやデータの見える化や分析でデジタル技術を知らずしらずに使っています。シミュレーションや特定目的のアプリを作るというところまでいくと、市民だけでは困難ですから、エンジニアの本領発揮です。市民のデジタル感度を高めると共に、エンジニアとの出会いもオープンガバナンスを進めるうえで大切です。ただ、こういうエンジニアがチームにいなくてもアイデアの実現には、時にはこういうアプリなどがあればいいなというヒントが付随的にあると楽しいかもしれません。

<アイデアのヒントはどこから>

アイデアのヒントの段階では直感やひらめきあるいは連想を大切にしてください。データはアイデアの内容の説明の裏付けとして有効に使って下さい。

<アイデアづくりから応募までの作業の流れ サンプル>

• ステージ1/根底の課題抽出(ツール:デザイン思考とデータ分析)

データや資料を活用して課題を分析し、デザイン思考による課題の掘下げをして、根底の課題抽出をします。

• ステージ2/アイデアづくり(ツール:デザイン思考)

掘り下げた課題を解決する具体的なアイデアの生成を行います。アイデアを練るため繰り返しの机上テストも良いでしょう。これが将来実現した場合、魅力的で新規性があり、実践したり、活用したくなる、そしてその結果として、課題が解決される、そんなわくわく感のあるアイデアを期待します。

• ステージ3/応募の仕上げ(ツール:論理思考)

こうして出来上がったアイデアについて、実現性チェックつまり実現可能性の確認をし、ストーリーを意識して、①アイデアの内容、②データによるアイデアの理由づけ、③実現までの流れをまとめてください。 詳しくは応募用紙をどうぞご覧ください。

15

Eventイベント一覧

2020.06.07
チャレンジ!!オープンガバナンス キックオフイベント
結果はこちら
グラレコはこちら
2020.03.08
チャレンジ!!オープンガバナンス2019オンラインイベント(最終公開審査中止の代替)
2019.09.21
チャレンジ!!オープンガバナンス2019関西イベント
2019.06.16
チャレンジ!!オープンガバナンス2019に向けて 〜COG2018の受賞チームから学ぶ〜
2019.03.10
チャレンジ!!オープンガバナンス2018 最終公開審査および並行イベント
プログラムはこちら
動画はこちら
2018.09.15
チャレンジ!!オープンガバナンス2018関西イベント
2018.06.17
チャレンジ!!オープンガバナンス2018に向けて 〜COG2017の受賞チームから学ぶ〜
2018.03.04
チャレンジ!!オープンガバナンス2017 最終公開審査および並行イベント
プログラムはこちら
動画はこちら
2017.06.10
チャレンジ!!オープンガバナンス2017に向けて 〜COG2016の受賞チームから学ぶ〜
2017.03.12
チャレンジ!!オープンガバナンス2016 最終公開審査および並行イベント
プログラムはこちら
動画はこちら
2016.06.25
チャレンジ!!オープンガバナンス キックオフ・シンポジウム

チャレンジ!!オープンガバナンス2019の実績はこちら

17

Sister Programs海外の連携プログラム紹介

米国政府イノベーション賞の歩みの紹介です。詳しくは、こちらをどうぞ。

<米国政府イノベーション賞>

30年以上にわたりハーバード・ケネディ・スクールで実施してきた米国政府イノベーション賞プログラムの経験では、行政機関が革新的であり、公務員はすばらしく効果的な行政を国民に提供しようと努力していることを認識する必要があると実証してきています。
1985年にフォード財団とジョン・F・ケネディ・スクール・オブ・ガバメント・スクールが立ち上げた民主的ガバナンスとイノベーションのためのアッシュセンターでの米国政府イノベーション賞プログラムは、公共部門の卓越性と創造性を拾い上げ、促進する使命を持っています。毎年恒例の賞のコンペを通じて、プログラムは政府の問題解決における模範的な成果に注目し、公共部門のイノベーターのアイデアを伝達する際の声を増幅し、創造的で効果的なアイデアを広く確立されたベストプラクティスに変える触媒として役立っています。