MENU

〒277-0871 柏市若柴178-4-4 柏の葉キャンパス駅前サテライト503
東京大学フューチャーセンター推進機構
  • 私たちの地球を救うのは植物と藻類です。
  • 私たちの地球を救うのは植物と藻類です。
  • 私たちの地球を救うのは植物と藻類です。
  • 私たちの地球を救うのは植物と藻類です。
  • 私たちの地球を救うのは植物と藻類です。
  • 私たちの地球を救うのは植物と藻類です。
  • 私たちの地球を救うのは植物と藻類です。
  • 私たちの地球を救うのは植物と藻類です。
  • 私たちの地球を救うのは植物と藻類です。
  • 私たちの地球を救うのは植物と藻類です。

News & Topics

2018.12.5
12月5日(水)にOPERAのキックオフシンポを開催します!
第5回「機能性バイオ」ミニシンポを、JSTのOPERAが採択されたことを記念して、キックオフOPERA「低CO2と低環境負荷を実現する微細藻バイオリファイナリーの創出」と題して開催します。OPERAの説明や参加案内もございます。奮ってご参加ください。
  ↓参加登録やプログラムはこちら↓
【機能性バイオ研究支援フォーラムHP>Event】
    ↓過去4回の情報はこちら↓
【機能性バイオ研究支援フォーラムHP>Archives】
2018.11.26
第2回「食・触コンソーシアム シンポジウム」が開催されます!
日時は2019年1月23日(水)14:00-17:20、場所はつくば国際会議場です。
*プログラムや申込方法などの詳細は食・触コンソのイベントページへ
パンフレットPDFもダウンロードできます。
2018.11.22
OPERAの紹介ページが新設されました!
テーマは『低CO2と低環境負荷を実現する微細藻バイオリファイナリーの創出』です。掲げた5つの研究課題や大学・研究所・民間企業などの参画機関を紹介しています。
【機能性バイオ研究支援フォーラムHP>OPERA】
2018.10.12
バイオインダストリー誌に総説「カロテノイド世界市場の動向と七色クロレラ」が掲載されました。
2018.10.10
Algal Research誌に論文が2つ立て続けに掲載されました。
いずれも重イオンビームにかかわるもので、一つは屋外でもオイルを高生産するクロレラ株、もう一つはイオウ代謝とデンプンやオイル生産とのかかわりについてです。
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/pls/achievement.html
2018.9.6
JST「産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)」が採択されました!
テーマは『低CO2と低環境負荷を実現する微細藻バイオリファイナリーの創出』で、「機能性バイオ共創コンソーシアム」が中心になってプロジェクトを運営します。
https://www.jst.go.jp/pr/info/info1336/index.html
https://www.jst.go.jp/pr/info/info1336/besshi1.html
2018.7.19
日刊工業新聞で紹介されました!
「柏の葉キャンパス駅前サテライト」と東大発ベンチャーとして藻類の「アルガルバイオ」社などが紹介されています。(7/19付紙面・電子版)
2018.7.13
科学新聞の一面に紹介されました!
「第2回TIAかけはし成果報告会」(7/4開催)における発表の様子が7/13付の紙面に掲載されました。
「微細藻類3000株の非可食バイオマスの機能性試験とセルフメディケーション時代の大学発ベンチャー」について、アルガルバイオ社の竹下さんと共に報告。TIAかけはし「初の大学発ベンチャー」として見出しにも大きく取り上げられました。
【発表ポスター】
「藻類バイオ3000株の大量培養と非可食バイオマスによるバイオエコノミーの実践」
「藻類バイオ3000株と非可食バイオマスの機能性試験の迅速化と新市場開」
2018.5.21
アルガルバイオ社が日経新聞で紹介されました!
「アルガルバイオ、5000万調達」(5/21付電子版)
(同内容は5/22付日経産業新聞紙面にも掲載)
「藻スタートアップ活発 たんぱく補給や抗鬱も」(5/22付電子版)
(同内容は5/23付同紙紙面にも掲載)
2018.4.5
ヘマトコッカス論文がプレスリリースされました!
タイトルは「アスタキサンチンの日焼け止め」です。
2018.3.1
卒業生の竹下毅さんがベンチャーを起業しました!Algal Bio社(アルガルバイオ社)です。「植物生存S」初の大学発ベンチャーです。
2017.5.8
河野重行教授退職記念シンポジウム
― 私たちの地球を救うのは植物と藻類です。―
日時:平成29年5月13 日(土)13:00~17:35
場所:三井ガーデンホテル柏の葉 2F・柏の葉カンファレンスセンター・ルーム5

開会の挨拶  松永幸大(東京理科大・理工学部)
第1部 植物編 :13:05~15:05 (各自15分)
―ヒストリカルストーリーと多様性―
座長:酒井 敦(奈良女子大・理学部)

新領域の18年:植物生存システム学を拓く
河野 重行(東京大・FC推進機構)
※他14題を予定しおります。詳しくは、添付のpdfをご覧ください。なお、参加 は無料です。
2017.3.13
第2回ミニシンポ「機能性バイオ:微細藻類と未活用生物資源―つくば・柏の協創を目指して」を開催します。

日時:3/29(水) 15:00~18:00+懇親会
場所:東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト
※つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」西口より北へ徒歩1分
主催:TIAかけはし研究「機能性バイオ」グループ
上記のミニシンポをTIAかけはし研究「機能性バイオ」グループの主催で開催します。参加は無料です。
ミニシンポ後には交流会を予定しています。交流会の参加費は、一般3,000 円、ポスドク・学生1,000円で、当日会場にて徴収します。
参加登録は、3月21日(火)までに、「機能性バイオ研究支援フォーラム」のホームページのEventメニューからお申し込みください。
講演プログラムおよびポスターはPDFを用意しました。皆さま、奮ってご参加、くださるようお願いします。
講演プログラムはこちら(PDF)
ポスターはこちら(PDF)
2017.2.3
河野教授退官の記念シンポジウムと記念祝賀会は、以下の要領で開催されます。

・記念シンポジウム
日時:5/13(土)13:30~18:00
会場:柏の葉カンファレンスセンター ルーム5

・記念祝賀会
日時:5/13(土)18:00~20:00
場所:柏の葉カンファレンスセンター ルーム6
会費:1万円

※準備の都合上、祝賀会へのご出席につきましては、2月末日までに電子メールにて、下記発起人代表、東京理科大学の松永先生までお知らせください。

・発起人代表

東京理科大学・理工学部応用生物科学科・松永研究室
松永 幸大(幹事長)
sachi@rs.tus.ac.jp

専修大学・自然科学研究所
山本 真紀(副幹事長)
yamamoto@isc.senshu-u.ac.jp

東京大学・大学院新領域創成科学研究科
先端生命科学専攻・植物生存システム
狼美保子(幹事)
mihoko_ookami@ib.k.u-tokyo.ac.jp

竹下 毅(幹事)
t.takeshita@edu.k.u-tokyo.ac.jp

なお、河野重行教授の「最終講義」が、以下の日程で生命科学概論の今年度最終日に開催されました。
最終講義pdfはこちら
日時:1/27(金) 14:55~18:35
会場:柏図書館・メディアホール
演題:新領域の18年:植物生存システム学を拓く

http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/H28last_lecture_Jan.html
2016.9.28
2016年11月2日(水)ミニシンポ「機能性バイオ:微細藻類と未活用生物資源」を開催します。
主催:TIAかけはし研究「機能性バイオ」グループ
登録サイトはこちら
ポスターはこちら
ハンドアウトはこちら
2016.9.18
第80回日本植物学会沖縄大会でシンポジウム「微細藻類の多様な魅力:分類、進化、ゲノムから形態、藻類バイオまで」を開催します。共催は「日本植物形態学会」です。
2016.7.22
第7回TIAシンポジウム-新たなる連携の「かけはし」-で河野先生が招待講演します。
2016.5.20
2016.5.16
プレスリリースしました。「リンを高蓄積するクロレラ ―地上から失われつつあるリンの水中での回収に期待―」
2016.05.11
ホームページをリニューアルしました。
2016.03.16
実験補佐員募集【募集期間:~2016年3月29日】
2015.07.22
ヘマトコッカスの3D/TEMが、JSTの『アートな科学』に掲載されました。
2015.05.25
2014.10.25
10/24(金)・10/25(土)東京大学柏キャンパス一般公開が開催されますが、残念ながら、植物生存Sの公式ホームカミングデーは、倉敷で開催される市民講演会のため中止です。
2014.10.03
日本メンデル協会HPをリニューアルしました。
2017年4月1日
機能性バイオプロジェクトは、東大・新領域・先端生命の「植物生存システム」分野を発展的に解消して新たに発足しました。

トップページには藻類の写真が5枚使われています。緑と赤のヘマトコッカス藻が2枚、緑のとデンプンとオイルをためたクロレラが3枚です。ヘマトコッカスはたくさんのアスタキサンチンをためて赤くなります。