Archives

2018年12月5日(水)

第5回ミニシンポ「機能性バイオ」
キックオフOPERA「低CO2と低環境負荷を実現する微細藻バイオリファイナリーの創出」

第5回ミニシンポ ポスターPDF

今回のシンポジウムでは92名の参加者がありました。
※ポスター画像からPDFをダウンロードできます。

日時:2018年 12月5日(水)13:00~18:00+交流会
場所:東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト ・多目的ホール (1F)
   ※つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」西口より北へ徒歩1分
主催:JST・OPERA機能性バイオ共創コンソーシアム
共催:TIAかけはし研究「機能性バイオ」グループ
   東京大学・機能性バイオ研究支援フォーラム
   産総研・生物資源と触媒技術に基づく食・薬・材創生コンソーシアム(食触コンソ)

プログラム

・はじめに~OPERA採択にあたって(13:00~13:10)
 三谷啓志(東京大学・院新領域・研究科長)

・Part 1(13:10~14:10)   座長:大矢禎一(東京大学・院新領域・先端生命)
 日本における藻類バイオマスのエネルギー利用の潜在的可能性  [30min]
  吉田好邦(東京大学・院新領域・環境経済システム学)
 開放系バイオリアクターで培養した微細藻類の回収戦略  [30min]
  山村寛(中央大学 理工学研究科)

・Part 2(14:10~15:40)   座長:原山重明(中央大学・研究開発機構)
 半閉鎖系リアクターによる微細藻類培養と水産飼料への利用  [30min]
  笠井宏朗(北里大学・海洋生命・三陸臨海教育研究センター)
 微細藻類の脂質生産と屋外開放培養系の環境影響評価  [30min]
  加藤美砂子(お茶の水女子大学・人間文化創成・ライフサイエンス)
 ヨーロッパの藻類事情とOPERAの今後  [30min]   河野重行(東京大学・FC推進機構)

・コーヒーブレイク(15:40~16:10)

・Part3(16:10~17:10)   座長: 佐々木一憲(産総研・触媒セ/筑波大学・数理物質系)
 医食農分野で活用できるサルファーインデックス®  [30min] 
  大津厳生(筑波大学・生命環境科系)
 触媒化学による微細藻類バイオマスからの燃料と機能性化学品合成  [30min]
  富永健一(産総研・触媒センター)

・特別講演(17:10~17:50) 座長:河野重行(東京大学・FC推進機構)
 1分子・1細胞計測技術による新生物学への展開  [40min]
  上村想太郎(東京大学・理学系研究科・生物化学)

・おわりに~OPERAへの新たな参画を期待して―総括(17:50~18:00) 
 原山重明(中央大学・研究開発機構) [5min]
 平嶋隆二(東京大学・TKHiC推進準備室) [5min]

交流会(18:00~20:00) 2階ラウンジ

<世 話 人>
河野重行(東京大学・ FC推進機構)kawano@k.u-tokyo.ac.jp
礒田博子(筑波大学・生命環境系)isoda.hiroko.ga@u.tsukuba.ac.jp
富永健一(産総研・触媒センター)k-tominaga@aist.go.jp
吉川千晶(物質・材料研究機構、NIMS)YOSHIKAWA.Chiaki@nims.go.jp
参加連絡先:細川聡子(東京大学・FC推進機構)satoko_hosokawa@edu.k.u-tokyo.ac.jp

 
2018年3月28日(水)

第4回ミニシンポ「機能性バイオ:低炭素社会実現に向けた、環境負荷低減、バイオ燃料、バイオビジネスの新たな挑戦」

第4回ミニシンポ ポスターPDF

今回のシンポジウムでは73名の参加者がありました。
こうした活動の結果、機能性バイオ研究支援フォーラムには、531名(学61、産376、官91)の登録があり、広範な産官学の連携が推進されました。また、今回新たに加わったNIMS(物質・材料研究機構)との連携に加え、国立環境研究所とも昨年度以降より連携を維持して共同研究を進めています。

※ポスター画像からPDFをダウンロードできます。

日時:2018年3月28日(水) 13:00~18:00+交流会
場所:東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト
   ※つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」西口より北へ徒歩1分
主催:TIAかけはし研究「機能性バイオ」グループ
共催:東京大学・機能性バイオ研究支援フォーラム
   筑波大学・藻類バイオマス・エネルギーシステム開発研究センター(ABES)
   産総研・生物資源と触媒技術に基づく食・薬・材創生コンソーシアム(食触コンソ)

プログラム

・はじめに~新たな開拓へ向けて(13:00~13:10)
 三谷啓志(東京大学・院新領域・研究科長)

・Part 1(13:10~14:10)   座長:河野重行(東京大学・FC推進機構)
 国立環境研究所における多様な藻類リソースの特徴と様々な付加情報の整備  [30min]
  河地正伸(国立環境研究所・生物・生態系環境研究センター)
 硫酸性温泉紅藻を利用した金属の選択的回収  [30min] 
  蓑田 歩 (筑波大学・生命環境系) 

・Part 2(14:10~15:30)   座長:富永健一(産総研・触媒センター)
 液滴生成技術:優良増殖株の単離とバイオディーゼル燃料生成への展開  [30min] 
  駒崎友亮、鳥居 徹(東京大学・院新領域・人間環境学)
 触媒化学による未活用生物資源からの機能性化学品合成  [20min] 
  嶋本康広1、礒田博子1,2、富永健一11産業技術総合研究所・触媒化学融合研究センター、
  2筑波大学生命環境系/地中海・北アフリカ研究センター)
 超臨界流体を用いた環境負荷低減技術 [30min]
  大島義人、秋月信(東京大学・院新領域・環境システム学)

・コーヒーブレイク(15:30~16:00)

・Part 3(16:00~17:30)   座長:大矢禎一(東京大学・院新領域・先端生命)
 機能性バイオ:藻類バイオベンチャーの新たな挑戦  [30min]
  竹下 毅、河野重行(東京大学・FC推進機構)
 微細藻類の産業利用に向けたデンソーの取組み  [30min]
  渥美欣也 (株式会社デンソー・新事業推進部)
 微細藻類ユーグレナ由来バイオマスの利用可能性について  [30min]
  鈴木健吾(株式会社ユーグレナ)

・おわりに~TIA「かけはし」研究、低炭素社会と機能性バイオ研究について(17:30~17:50)
 平嶋隆二(東京大学・TKHiC推進準備室) [10min]
 原山重明(中央大学・研究開発機構) [10min]

交流会(18:00~20:00) 2階ラウンジ

<世 話 人>
河野重行(東京大学・ FC推進機構)kawano@edu,k.u-tokyo.ac.jp
門脇和男(筑波大学・ABES)kadowaki@ims.tsukuba.ac.jp
富永健一(産総研・触媒センター)k-tominaga@aist.go.jp
参加連絡先:竹下 毅(東京大学・FC推進機構) t.takeshita@edu.k.u-tokyo.ac.jp

 
2017年11月20日(月)

第3回ミニシンポ「新たな分野の開拓とその進歩」

第3回ミニシンポ ポスターPDF

今回のシンポジウムでは70名の参加者がありました。
講演は9演題あり、「藻類バイオマスの効率生産と高性能プラスチック化による協働低炭素技術の開発」と「食薬資源機能性解析と触媒化学技術の融合研究」という演題で門脇先生(筑波大・ABES)と礒田先生(筑波大・生命環境系/北アフリカ研究セ、産総研・触媒セ)がそれぞれ講演しました。

※ポスター画像からPDFをダウンロードできます。

日時:2017年11月20日(月) 13:00~18:30+交流会
場所:東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト
   ※つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」西口より北へ徒歩1分
主催:TIAかけはし研究「機能性バイオ」グループ
共催:東京大学・機能性バイオ研究支援フォーラム
   筑波大学・藻類バイオマス・エネルギーシステム開発研究センター(ABES)
   産総研・生物資源と触媒技術に基づく食・薬・材創生コンソーシアム(食触コンソ)

プログラム

・はじめに~~新たな開拓へ向けて(13:00~13:10)
 三谷啓志(東京大学・院・新領域・研究科長)

・Part 1(13:10~14:10)   座長:大矢禎一(東京大学・院・新領域・先端生命)
 メダカの健康科学    [30min]
  尾田正二(東京大学・院・新領域・先端生命)
 ジェロントロジー(総合老年学)から考えるまちづくり    [30min]
  高橋競、飯島勝矢(東京大学・高齢社会総合研究機構)

・Part 2(14:10~15:40)   座長:河野重行(東京大学・FC推進機構)
 重イオンビーム育種技術を用いたワカメの優良系統開発と事業化にむけた課題
  佐藤陽一(理研食品・原料事業部、理化学研究所・生物照射チーム)   [30min]
 単細胞性緑藻Coccomyxa属の機能性物質生産性改良のためのセルフクローニング
  笠井由紀(中央大学・研究開発機構)   [30min]
 藻類バイオマスの効率生産と高性能プラスチック化による協働低炭素技術の開発
  門脇和男(筑波大学・ABES・センター長)   [30min]

・コーヒーブレイク(15:40~16:10)

・Part 3 (16:10~17:40)   座長:富永健一(産総研・触媒センター)
 バイオマス変換酵素の分子メカニズムからバイオエコノミーの実現を目指す    [30min]
  五十嵐圭日子(東京大学・院・農学生命、VTTフィンランド技術研究センター)
 バイオ界面活性剤の生産と利用技術の開発    [30min]
  森田友岳(産総研・機能化学研究部門・バイオケミカルグループ
 食薬資源機能性解析と触媒化学技術の融合研究    [30min]
  礒田博子(筑波大学・生命環境系/北アフリカ研究センター、産総研・触媒センター)

・特別講演「タンパク質リジン残基の脂質修飾を介した代謝制御機構」(17:40~18:20)
 吉田 稔(理研・環境資源科学研究センター・ケミカルゲノミクス研究グループ)

・おわりに~TIAかけはしと機能性バイオ研究支援フォーラムについて(18:20~18:30)
 平嶋隆二(東京大学・TKHiC推進準備室)
 河野重行(東京大学・FC推進機構)

交流会(18:40~20:00) 2階ラウンジ

<世 話 人>
河野重行(東京大学・ FC推進機構)kawano@k.u-tokyo.ac.jp
門脇和男(筑波大学・ABES)kadowaki@ims.tsukuba.ac.jp
参加連絡先:竹下 毅(東京大学・FC推進機構) t.takeshita@edu.k.u-tokyo.ac.jp

 
2017年3月29日(水)

第2回ミニシンポ「機能性バイオ:微細藻類と未活用生物資源―つくば・柏の協創を目指して」

第2回ミニシンポ ポスターPDF

今回は時間を第1回の半分にして開催し、59名の参加者がありました。
こうした活動の結果、機能性バイオ研究支援フォーラムには、現在362名(産274名、官53名、学36名)の登録があり、広範な産官学の連携が推進しています。

※ポスター画像からPDFをダウンロードできます。

日時:2017年3月29日(水)15:00~18:00+交流会
場所:東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト
   ※つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」西口より北へ徒歩1分
主催:TIAかけはし研究「機能性バイオ」グループ

プログラム

・はじめに~TIAとつくば・柏の協創を目指して (15:00~15:15)
 山路一隆(東京大学・TKHiC推進準備室)

・機能性バイオの新しい試み(15:15~16:45)   座長:河野重行(東京大学・新領域)
 藻類バイオマスの効率的利用に向けたダウンストリームプロセスの開発 (30min)
  市川創作(筑波大学・生命環境系/ABES)
 藻類バイオマスを利用する精密有機合成 (30min)
  有村隆志(産総研・触媒センター)
 機能性成分による認知症予防の可能性  (30min)
  久恒辰博(東京大学・新領域)

コーヒーブレイク(16:15~16:30)

・藻類バイオと新たなモニタリング法の試み(16:30~17:30)   座長:門脇和男(筑波大学・ABES)
 非線形光学現象によるオーランチオキトリウムの細胞内構造解析 (30min)
  吉田昌樹(筑波大学・生命環境系/ABES)
 微細藻類モニタリングシステムの活用 (30min)
  大矢禎一(東京大学・新領域)

・支援ネットワークについて(17:30~17:45)   座長:富永健一(産総研・触媒センター)
 産総研「食・薬・材コンソ」 について  (15min) 
  浅川真澄(産総研・触媒センター)

・おわりに~微細藻類と未活用生物資源―未来社会への貢献(17:45~18:00)
 渡邉 信(筑波大学・ABES)
 河野重行(東京大学・新領域)

交流会(18:30~20:00) 2階ラウンジ

<世 話 人>
河野重行(東京大学・新領域)kawano@k.u-tokyo.ac.jp
礒田博子(筑波大学・ABES)isoda.hiroko.ga@u.tsukuba.ac.jp
富永健一(産総研・触媒センター)k-tominaga@aist.go.jp
参加連絡先:竹下 毅(東京大学・新領域)t.takeshita@edu.k.u-tokyo.ac.jp


2016年11月2日(水)

第1回ミニシンポ「機能性バイオ:微細藻類と未活用生物資源」

第1回ミニシンポ ポスターPDF

本シンポジウムでは116名の参加者がありました。
※ポスター画像からPDFをダウンロードできます。

日時:2016年11月2日(水)13:00~18:00+懇親会
場所:東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト
   ※つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」西口より北へ徒歩1分
主催:TIAかけはし研究「機能性バイオ」グループ

プログラム

・はじめに~ABESについて (13:00~13:10)
渡邉 信(筑波大学・ABES)

・藻類バイオと機能研究(13:10~14:20)     座長:浅川真澄(産総研・触媒センター)
 ボトリオコッカスの培養とオイルの利用可能性~燃料とハンドクリーム~ (30min)
  出村幹英(筑波大学・ABES)
 藻類バイオマスを利用する有機合成に向けて (20min)
  有村隆志(産総研・触媒センター)
 バイオマスリファイナリー:セルロースプラットフォームを一例として (20min)
  富永健一(産総研・触媒センター)

・新たな機能性バイオ(14:30~15:30)     座長:三谷啓志(東京大学・新領域)
 脂溶性分子の代謝構造が規定するホルモンネットワークと食行動 (30min)
  永田晋治(東京大学・新領域)
 機能性バイオにおける細胞内ターゲット (30min)
  大矢禎一(東京大学・新領域)

コーヒーブレイク(15:30~16:00)

・レッドバイオの挑戦(16:00~17:20)     座長:大矢禎一(東京大学・新領域)
 クロレラ成分よる抗炎症作用 (20min)
  高橋真哉(筑波大学・生命環境)
 多様なバイオアッセイによる微細藻類と未活用生物資源の機能性探索 (30min)
  礒田博子(筑波大学・ABES)
 藻類バイオ3000株の機能性試験とセルフメディケーション時代の新市場開拓 (30min)
  河野重行(東京大学・新領域)

・支援ネットワーク(17:30~17:50)      座長:富永健一(産総研・触媒センター)
 産総研コンソーシアムの設立と運営について (20min)
  佐々木一憲(産総研・触媒センター)

・おわりに~支援ネットワークについて(17:50~18:00)
 佐藤一彦(産総研・触媒センター)

懇親会(18:30~20:00)

<世 話 人>
河野重行(東京大学・新領域)kawano@k.u-tokyo.ac.jp
礒田博子(筑波大学・ABES)isoda.hiroko.ga@u.tsukuba.ac.jp
富永健一(産総研・触媒センター)k-tominaga@aist.go.jp
参加連絡先:竹下 毅(東京大学・新領域)t.takeshita@edu.k.u-tokyo.ac.jp