トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

FrontPage

駒場物性セミナーの案内ページ

駒場の物性グループでは定期的にセミナー開いています.このセミナーは,駒場の物性理論グループのスタッフとその大学院生が主な聴衆です.東大の駒場キャンパスの物性理論グループには固体物性論から統計力学まで幅広い分野のスタッフが在籍しており,研究室の垣根にこだわらず,緩やかに結合したグループ体系でこのセミナーを運営しています.あえて言えば,純粋に学問的な興味だけで集い,そして駒場らしいセミナーを目指しています.このセミナーはオープンですので,どなたでもご自由に参加して,議論に加わってください.

世話人一同

次回の物性セミナー

2018年度冬学期物性セミナーは11月2日から始まります!開催時間は原則金曜日の16:50-18:20です.

2019-1-23

2018年 冬学期 第7回 物性セミナー

 講師 大槻純也 氏 (岡山大学 異分野基礎科学研究所)

 題目 強相関化合物における長距離秩序の理論予測にむけた最近の進展

 日時 2019年 1月 23日【水】午後4時50分ーーーいつもと違う曜日に注意!

 場所 16号館 827

アブストラクト

動的平均場法(DMFT)は、モット絶縁体や重い電子系化合物などの強相関物質の研究に広く用いられている近似計算法である。最近では、第一原理計算と組み合わせることで、化合物の詳細を考慮した多体電子状態計算も行えるようになってきている(DFT+DMFT法)。

我々が取り組んでいるのは、DFT+DMFT法による磁性や軌道秩序、多極子秩序などの相転移の再現と予測である。これを実現するには、軌道自由度や多体効果の扱いなど、解決すべき課題が多く残っている。最近我々は、DMFT法における空間揺らぎを簡易的に評価する近似式を導出した[1]。この式は強相関極限で正しい結果に一致し、RKKY相互作用などの良く知られた結果を再現する。したがって、DFT+DMFT法による化合物のスピン・軌道・多極子揺らぎ計算を実現する、極めて有用な方法になると期待される。

講演では、この新しい近似式の詳細やアイデアを紹介し、RPAやRKKY相互作用などの伝統的な近似法との関連について議論する。

[1] J. Otsuki, K. Yoshimi, H. Shinaoka, and Y. Nomura, arXiv:1812.10918

宣伝用ビラ

KMB20190123.pdf(4)

物性セミナーのページ

http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/KMBseminar/wiki.cgi/BusseiSeminar

 これまでのセミナー

世話人

  • 加藤雄介
  • 福島孝治
  • 簔口友紀
  • 前田京剛

[ページのアクセス数: 0270684]

最終更新時間:2018年11月30日 10時18分27秒