森本淳平

助教

略歴

東京大学在学時は、小宮山眞教授指導のもと学士研究として、触媒作用を持つDNAの研究を行う。修士・博士課程では、東京大学大学院にて菅裕明教授の指導のもと、遺伝暗号の改変およびそれを利用した環状ペプチドライブラリのスクリーニング研究を行った。その後、博士研究員および日本学術振興会海外特別研究員として、The Scripps Research InstituteのKodadek研究室で、コンビナトリアルケミストリーの研究およびその血液がん関連標的への応用に携わる。
2015年3月より山東研究室に参画し、人工分子の新規スクリーニング法を指向した分子デザインおよび分析技術の研究を開始した。

プチ自己紹介

好きな分子:シクロスポリン(こんなでかいものが細胞の中に!?)、SAM riboswitch (構造がかっこいい)
一度でいいからやってみたい:「世界の車窓から」のナレーション
(くだらない)自慢:あごを使って音を鳴らせる。歩くのが速い。
科学とは・・・:知的興奮の源

学歴

  • 2007年 東京大学工学部化学生命工学科 学士
  • 2009年 東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻 修士
  • 2012年 東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻 博士(工学)
  • 職歴

  • 2009年4月〜2012年3月 日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • 2012年3月〜2013年3月 The Scripps Research Institute, Research Associate
  • 2013年4月〜2015年3月 日本学術振興会海外特別研究員(The Scripps Research Institute)
  • 2015年3月〜        現職
  • 受賞等

  • 2012年3月  日本化学会第92春季年会 学生講演賞
  • 2012年3月  日本化学会第92春季年会 ATP注目ポスター賞
  • 2010年12月 5th International Peptide Symposium ポスター賞
  • 2010年9月  日本化学会生体機能関連化学部会第25回若手フォーラム ポスター賞
  • 研究費

    以下の科研費を頂き研究させていただいております。この場を借りて御礼申し上げます。
  • 特別研究員奨励費 (平成21-24年度)
  • 海外特別研究員奨励費 (平成25-27年度)
  • 科研費 若手研究B (平成29-30年度)
  • 発表論文

  • Jumpei Morimoto*, Yasuhiro Fukuda, and Shinsuke Sando*
    "Solid-Phase Synthesis of β-Peptoids with Chiral Backbone Substituents Using Reductive Amination"
    Org. Lett. ASAP
  • Todd M. Doran, Jumpei Morimoto, Scott Simanski, Eric J. Koesema, Lorraine F. Clark, Kevin Pels, Sydney L. Stoops, Alberto Pugliese, Jay S. Skyler, and Thomas Kodadek
    "Discovery of Phosphorylated Peripherin as a Major Humoral Autoantigen in Type 1 Diabetes Mellitus"
    Cell Chem. Biol., 23, 618–628 (2016)
  • Mohosin Sarkar, Yun Liu, Junpeng Qi, Haiyong Peng, Jumpei Morimoto, Christoph Rader, Nicholas Chiorazzi, and Thomas Kodadek
    "Targeting Stereotyped B Cell Receptors from Chronic Lymphocytic Leukemia Patients with Synthetic Antigen Surrogates"
    J. Biol. Chem., 291, 7558–7570 (2016)
  • Todd M. Doran, Jumpei Morimoto, Scott Simanski, Patrick J. McEnaney, and Thomas Kodadek
    "Reliable diagnosis of murine type 1 diabetes using a panel of autoantigens and "antigen surrogates" mounted onto a liquid array"
    Mol. Biosyst., 11, 3156–3163 (2015)
  • Jumpei Morimoto and Thomas Kodadek
    "Synthesis of a large library of macrocyclic peptides containing multiple and diverse N-alkylated residues"
    Mol. Biosyst., 11, 2770–2779 (2015)
  • Mohosin Sarkar, Yun Liu, Jumpei Morimoto, Haiyong Peng, Claudio Aquino, Christoph Rader, Nicholas Chiorazzi, and Thomas Kodadek
    "Recognition of Antigen-Specific B-Cell Receptors from Chronic Lymphocytic Leukemia Patients by Synthetic Antigen Surrogates"
    Chem. Biol., 21, 1670–1679 (2014)
  • Jumpei Morimoto, Mohosin Sarkar, Sophia Kenrick, and Thomas Kodadek
    “Dextran as a generally applicable multivalent scaffold for improving immunoglobulin-binding affinities of peptide and peptidomimetic ligands”
    Bioconjug. Chem., 25, 1479–1491 (2014)
  • Kenichiro Yamagata, Yuki Goto, Hiroshi Nishimasu, Jumpei Morimoto, Ryuichiro Ishitani, Naoshi Dohmae, Norihiko Takeda, Ryozo Nagai, Issei Komuro, Hiroaki Suga, and Osamu Nureki
    “Structural basis for potent inhibition of SIRT2 deacetylase by a macrocyclic peptide inducing dynamic structural change”
    Structure, 22, 345–352 (2014)
  • Jumpei Morimoto, Yuuki Hayashi, and Hiroaki Suga
    “Discovery of Macrocyclic Peptides Armed with a Mechanism-Based Warhead: Isoform-Selective Inhibition of Human Deacetylase SIRT2”
    Angew. Chem. Int. Ed., 124, 3479–3483 (2012)
  • Yuuki Hayashi, Jumpei Morimoto, and Hiroaki Suga
    “In Vitro Selection of Anti-Akt2 Thioether-Macrocyclic Peptides Leading to Isoform-selective Inhibitors”
    ACS Chem. Biol., 7, 607–613 (2012)
  • Yusuke Sako, Jumpei Morimoto, Hiroshi Murakami, and Hiroaki Suga
    “Ribosomal synthesis of bicyclic peptides via two orthogonal inter-side chain reactions”
    J. Am. Chem. Soc., 130, 7232–7234 (2008)