Molecular Design for Next-Generation Chemical Biology

生命現象の理解と疾病治療に貢献する分子化学

山東研究室では、優れた機能をもつ生体分子をデザインし、これまで捉えられなかった生命現象を分子レベルで理解・制御することに挑戦しています。 人工細胞増殖因子、ペプチド医薬など、分子診断や再生医療、次世代バイオ医薬品開発に応用可能な”Game-Changing Molecule”、"Game-Changing Biotechnology"の創成。有機化学/分子生物学/細胞生物学/医科学を融合した新たな研究領域を開拓するとともに、次代のアカデミックや産業界で活躍し、社会に貢献できる人材の育成を目指します。

詳細は「研究室紹介HP」もチェック!山東教授の研究インタビューや学生対談が載っています。

→生体分子イメージング:生命現象を分子レベルで診る

オリジナルの分子デザインと、体を傷つけずに生体内の分子を解析する技術や分子デリバリー技術を融合させ、体の中の代謝や疾病に関係する環境変化を調べる次世代生体分子イメージングの開拓に挑戦しています。

→人工細胞増殖因子:細胞内ネットワークの理解と制御

細胞増殖・分化などを制御する分子を創出し、再生医療・疾病治療、細胞システムの理解に貢献する新たなバイオテクノロジーを開発しています。

→ペプチド創薬:ペプチドに基づく次世代バイオ医薬

論理的設計と分子進化の2つのアプローチによりペプチドおよびペプチドミメティクスの研究を行い、ペプチド創薬の実現を目指しています。