万物は渋滞する 西成研究室では、様々な場所に現れる「渋滞」現象のメカニズムを物理学的な視点から研究しています。対象は車だけに限らず、細胞内蛋白質やアリ、人間の群集や物流など多岐に渡ります。
論文出版(2017年9月) 論文が出版されました。 M. Tanaka, D. Yanagisawa, K. Nishinari, "Exclusive queueing model including the choice of service windows", Physica A, Vol. 490 (2017) pp. 1481–1492 詳細はこちら
論文出版(2017年9月) 論文が出版されました。 T. Tannai and K. Nishinari, “Congestion Relaxation due to Density-dependent Junction Rules in TASEP Network”, Int. J. Mod. Phys. B 31, 1750159 (2017) 詳細はこちら
受賞(2017年9月) 当研究室の長尾晃貴さんが 日本応用数理学会 2017年度年会  優秀ポスター賞 を受賞しました。
受賞(2017年5月) 当研究室のTsaiさんが Best Student Paper Award of The 2017 IAENG International Conference on Operations Research を受賞しました。
論文出版(2017年5月) 論文が出版されました。 A. Nagahama, D. Yanagisawa, K. Nishinari, “Dependence of driving characteristics upon follower–leader combination”, Physica A, Vol. 483 (2017) pp. 503-516 詳細はこちら
論文出版(2017年4月) 論文が出版されました。 H. Yamamoto, D. Yanagisawa, and K. Nishinari, “Velocity control for improving flow through a bottleneck”, J. Stat. Mech., 2017, 043204. 詳細はこちら