万物は渋滞する 西成研究室では、様々な場所に現れる「渋滞」現象のメカニズムを物理学的な視点から研究しています。対象は車だけに限らず、細胞内蛋白質やアリ、人間の群集や物流など多岐に渡ります。
論文出版(2021年10月) 論文が出版されました。 Yuki Ishiguro, Jun Sato, and Katsuhiro Nishinari, "Relationships among the Asymmetric Simple Exclusion Process, the Burgers Equation and the Derivative Nonlinear Schrödinger Equation", J. Phys. Soc. Jpn. 90, 114008 (2021). 詳細はこちら
論文出版(2021年10月) 論文が出版されました。 Takahiro Ezaki, Naoto Imura & Katsuhiro Nishinari, "Model retraining and information sharing in a supply chain with long-term fluctuating demands", Scientific Reports 11: 20277 (2021)
詳細はこちら
論文出版(2021年7月) 論文が出版されました。 Xiaolu Jia, Hisashi Muramaki, Claudio Feliciani, Daichi Yanagisawa, Katsuhiro Nishinari, "Pedestrian lane formation and its influence on egress efficiency in the presence of an obstacle", Physica A: Statistical Mechanics and its Applications 詳細はこちら
論文出版(2021年3月) 論文が出版されました。 Hisashi Murakami, Claudio Feliciani, Yuta Nishihama, Katsuhiro Nishinari, "Mutual anticipation can contribute to self-organization in human crowds", SCIENCE ADVANCES 17 Mar 2021 Vol 7, Issue 12
詳細はこちら
論文出版(2020年12月) 論文が出版されました。 Hisashi Murakami, Claudio Feliciani, Kenichiro Shimura, Katsuhiro Nishinari, "A system for efficient egress scheduling during mass events and small-scale experimental demonstration", Royal Society Open Science 9.12 (2020): 201465. 詳細はこちら
論文出版(2020年10月) 論文が出版されました。 Claudio Feliciani, Iker Zuriguel, Angel Garcimartín, Diego Maza, Katsuhiro Nishinari, "Systematic experimental investigation of the obstacle effect during non-competitive and extremely competitive evacuations", Scientific Reports 10 (2020): 15947. 詳細はこちら