万物は渋滞する 西成研究室では、様々な場所に現れる「渋滞」現象のメカニズムを物理学的な視点から研究しています。対象は車だけに限らず、細胞内蛋白質やアリ、人間の群集や物流など多岐に渡ります。
論文出版(2018年8月) 論文が出版されました。 S. Kubo and K. Nishinari, "Applications of max-plus algebra to flow shop scheduling problems", Discrete Applied Mathematics, Volume 247, 2018, pp. 278-293. 詳細はこちら
論文出版(2018年7月) 論文が出版されました。 K. Nagao, D. Yanagisawa, and K. Nishinari, "Estimation of crowd density applying wavelet transform and machine learning", Physica A, 510, pp. 145–163. 詳細はこちら
論文出版(2018年5月) 論文が出版されました。 H. Ishikawa and K. Nishinari, "Modelling levitated 2-lobed droplets in rotation using Cassinian oval curves", Journal of Fluid Mechanics, vol. 846, pp. 1088-1113. 詳細はこちら
論文出版(2018年4月) 論文が出版されました。 S. Tsuzuki, D. Yanagisawa and K. Nishinari, "Effect of self-deflection on a totally asymmetric simple exclusion process with functions of site assignments", Phys. Rev. E, 97, 042117 (2018). 詳細はこちら
受賞(2018年3月) 当研究室のFeliciani Claudioさんが東京大学工学系研究科長賞(研究)を受賞しました。
論文出版(2018年4月) 論文が出版されました。 C. Feliciani, K. Nishinari, “Measurement of congestion and intrinsic risk in pedestrian crowds”, Transportation Research Part C: Emerging Technologies, vol. 91, pp. 124–155, 2018. 詳細はこちら
論文出版(2018年3月) 論文が出版されました。 J. Sato and K. Nishinari, “Relaxation dynamics of closed diffusive systems with infinitesimal Langmuir kinetics”, Phys. Rev. E 97, 032135 (2018) 詳細はこちら