万物は渋滞する 西成研究室では、様々な場所に現れる「渋滞」現象のメカニズムを物理学的な視点から研究しています。対象は車だけに限らず、細胞内蛋白質やアリ、人間の群集や物流など多岐に渡ります。
受賞(2016年6月) 当研究室のTsaiさんがCertificate of Merit for The 2016 IAENG International Conference on Operations Researchを受賞しました。
論文出版(2016年5月) 論文が出版されました。 Y.L. Tsai, D. Yanagisawa, K. Nishinari, “Performance Analysis of Open Queueing Networks Subject to Breakdowns and Repairs”, Engineering Letters 24, pp207-214 (2016) 詳細はこちら
論文出版(2016年4月) 論文が出版されました。 J. Sato, K. Nishinari, “Relaxation dynamics of the asymmetric simple exclusion process with Langmuir kinetics on a ring”, Phys. Rev. E 93, 042113 (2016) 詳細はこちら
論文出版(2016年3月) 論文が出版されました。 T. Tannai, K. Nishinari, “Propagation of Congestion in TASEP Network”, Journal of Cellular Automata, 11 (2016) pp. 363-375 詳細はこちら
論文出版(2016年3月) 論文が出版されました。 K. Shimura, S.D. Khan, S. Bandini, “Simulation and Evaluation of Spiral Movement of Pedestrians: Towards the Tawaf Simulator”, Journal of Cellular Automata, 11 (2016) pp. 275-284 詳細はこちら
論文出版(2016年3月) 論文が出版されました。 S. Ichiki, J. Sato, K. Nishinari, “Totally Asymmetric Simple Exclusion Process with Langmuir kinetics depending on the occupancy of the neighboring sites”, J. Phys. Soc. Japan 85, 044001 (2016) 詳細はこちら
-->
受賞(2015年3月) 当研究室の江崎さん(D2)が東京大学総長賞、並びに工学系研究科長賞(研究最優秀)を受賞しました。 詳細はこちら