万物は渋滞する 西成研究室では、様々な場所に現れる「渋滞」現象のメカニズムを物理学的な視点から研究しています。対象は車だけに限らず、細胞内蛋白質やアリ、人間の群集や物流など多岐に渡ります。
論文出版(2016年11月) 論文が出版されました。 A. Miura, K. Nishinari, “A passenger distribution analysis model for the perceived time of airplane boarding/deboarding, utilizing an ex-Gaussian distribution”, Journal of Air Transport Management 59C (2017) pp. 44-49 詳細はこちら
論文出版(2016年11月) 論文が出版されました。 Y.L. Tsai, D. Yanagisawa, K. Nishinari, “Disposition Strategies for Open Queueing Networks with Different Service Rates”, Engineering Letters, 24(4), pp. 418-428, 2016/11/26 (Online), 2016/12 (Print). 詳細はこちら
受賞(2016年11月) 当研究室の一木信吾さんが平成28年度 九州大学応用力学研究所 共同利用研究集会 非線形波動研究の深化と展開 最優秀ポスター賞を受賞しました。
論文出版(2016年9月) 論文が出版されました。 C. Feliciani, K. Nishinari, “Empirical analysis of the lane formation process in bidirectional pedestrian flow”, Phys. Rev. E 94, 032304 (2016) 詳細はこちら
論文出版(2016年8月) 論文が出版されました。 Y.L. Tsai, D. Yanagisawa, K. Nishinari, “General Disposition Strategies of Series Configuration Queueing Systems”, IAENG International Journal of Applied Mathematics, vol. 46, no.3, pp317-323, (2016). 詳細はこちら
論文出版(2016年7月) 論文が出版されました。 T. Ezaki, K. Ohtsuka, M. Chraibi, M. Boltes, D. Yanagisawa, A. Seyfried, A. Schadschneider, and K. Nishinari, “Inflow process of pedestrians to a confined space”, Collective Dynamics 1, A4:1-18 (2016) 詳細はこちら
受賞(2016年6月) 当研究室のTsaiさんがCertificate of Merit for The 2016 IAENG International Conference on Operations Researchを受賞しました。
論文出版(2016年5月) 論文が出版されました。 S. Ichiki, J. Sato, K. Nishinari, “Totally asymmetric simple exclusion process on a periodic lattice with Langmuir kinetics depending on the occupancy of the forward neighboring site”, Eur. Phys. J. B 89: 135 (2016) 詳細はこちら
受賞(2015年3月) 当研究室の江崎さん(D2)が東京大学総長賞、並びに工学系研究科長賞(研究最優秀)を受賞しました。 詳細はこちら
-->