Pasted Graphic 1

ヒト生体における腱の可塑性と役割に関する研究をすすめている
当研究室の紹介ページです。

大学院生(修士&博士課程)博士研究員を募集しております。
別ページ記載の研究内容に興味を持たれた方は、
                 お気軽に久保宛にご連絡を下さい。

ニュース
・特にありません。

更新情報

2019年12月27日 「研究業績」を更新
 鍼刺激による腱血液循環および心拍変動の変化を検討した論文が、
 Medical Acupunctureにアクセプトされました。東京有明医療大学・
 高倉伸有先生の研究室との共同研究です。
2019年12月6日 「研究業績」を更新
 鍼刺激および指圧刺激が腱の血液循環に及ぼす影響を検討した論文が、
 J Alter Comp Medにアクセプトされました。東京有明医療大学・
 高倉伸有先生の研究室との共同研究です。
2019年11月14日 「アルバム」を更新
 
卒研生の内山さんが、約2ヶ月間の予備実験を経て本実験を遂行中です。
2019年10月14日 「研究業績」を更新
 
高齢者における腱の力学的特性およびコラーゲン線維配向を検討した
 論文(筆頭著者 石垣智恒)が、Clin Biomechにアクセプトされました。

2019年9月21日 「研究業績」を更新
 
74回日本体力医学会大会(茨城)で、久保、池袋、石垣、飯塚が
 一般発表を行いました

2019年8月27日 「研究業績」を更新
 ホッピング運動の繰り返しが関節スティッフネス、筋スティッフネス、
 腱スティッフネスに及ぼす影響を検討した論文が、Physiol Repに
 アクセプトされました。
2019年8月21日 「研究業績」を更新
 静的ストレッチングがアクティブ筋スティッフネスに及ぼす影響を検討
 した論文(筆頭著者 鈴木隆之)が、J Phys Fitness Sports Med
 にアクセプトされました。鈴木さん(修士2年)の2本目の論文です。
2019年6月19日 「研究業績」を更新
 しゃがむ深さの異なるスクワットトレーニングが下肢筋量に及ぼす影響
 を検討した論文が、Eur J Appl Physiolにアクセプトされました。
2019年5月2日 「研究業績」を更新
 2年前に修士課程を修了した河野眞大さんが筆頭著者の論文が、
 Sports Biomechanicsにアクセプトされました。
2019年4月8日 「メンバー」「アルバム」を更新
 卒研生として統合自然科学科4年生の内山
智嗣さんが加わり、 
 今年度初めての研究室ミーテイングを行いました。
2019年2月23日 「アルバム」を更新
 広島大学 浦辺幸夫先生の研究室の前田慶明先生および酒井章吾さんに
 ご講演を頂きました。

過去の更新履歴