SIP 革新的燃焼技術 制御チーム

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

新着情報

Symposium for Combustion Control 2017@アー・・・

2017年6月28-29日にアーヘン(ドイツ)で行われたSymposium for Combustion Control 2017に参加し,制御グループより4件の成果発表を行いました。 Oral session Y.Yamasaki, R.Ikemura, M.Takahashi, S.Kaneko, A.Uemichi (University of Tokyo) "MIMO Control of a Diesel Engine Using a Control-Oriented Model" Poster session I. Mizumoto, S. Fujii(Kumamoto University) Y. Yamasaki, R. Ikemura, S. Kaneko(University of Tokyo) "Adaptive Output Feedback based Combustion Contr...

第3回 SIP革新的燃焼技術 制御チーム制御サブグループ論文講読会

2017年5月13-14日に,制御サブグループで論文講読会を慶應義塾大学矢上キャンパスで開催しました。 海外の最新論文を要約しグループ内で紹介することで,世界の研究開発の流れを把握し,新たな展開に繋げるよう毎年開催しています。また新たに研究室配属された学生達の理解を深めるとともに,情報共有,他校との交流も促進しています。 今回は21件の論文を講読しました。また,豊田中央研究の稲垣和久氏にディーゼルシミュレーターに関する講演を頂きました。  ...

第4回 制御部門マルチシンポジウム(@岡山大学)

2017年3月6~9日に岡山大学で開催された第4回 制御部門マルチシンポジウムで制御チームから5件の成果発表を行いました。   OS:エンジン燃焼・吸排気系のモデリングと制御(1)(2) オーガナイザ:平田光男(宇都宮大学)   ・モデルベースト制御によるディーゼルエンジンのモード運転試験 池村亮祐(東京大学),山崎由大(東京大学),金子成彦(東京大学)   ・モード走行下での適応出力フィードバックに基づくディーゼルエンジンの燃焼制御 藤井聖也(熊本大学),川部伸之(熊本大学),水本郁朗(熊本大学)   ・モード走行に向けた2自由度H∞制御によるディーゼルエンジンの燃焼制御 石月創太(宇都宮大学),平田光男(宇都宮大学),鈴木雅康(宇都宮大学)   ・可変動径規定関数を有するFELを用いたディーゼルエンジンの燃焼制御 クルツロックヨースト(慶應義塾大学),○大森...

第27回内燃機関シンポジウム(@東京工業大学)

2016年12月5~7日に開催された第27回内燃機関シンポジウム(@東京工業大学)において,制御チームより3件の研究成果発表を行いました。また,フォーラム「エンジン制御研究開発から始まる新たな展開」において,制御チームから話題提供を行いました。 <制御グループ> ・池村亮祐,山崎由大,金子成彦(東京大学) 「多段噴射ディーゼルエンジンの簡易燃焼モデルを用いた制御システム」 <PMグループ> ・由井寛久,高月基博,生井裕樹,今村宰,秋濱一弘(日本大学),橋本淳(大分大学) 「アセチレン表面付加反応がすす生成量に及ぼす影響」 ・橋本淳,植田拓巳,鶴留直之,足立久也,田上公俊(大分大学) 「拡散火炎における芳香族炭化水素の生成特性に関する研究」 フォーラム「エンジン制御研究開発から始まる新たな展開」 ・大森浩充(慶應義塾大学) 「フィードバック誤差学習によるディーゼルエンジンの燃焼制御」 東京工業大学蔵前会館...

第59回自動制御連合講演会(@北九州国際会議場)

2016年11月10-12日開催の第59回自動制御連合講演会(@北九州国際会議場)で制御グループより4件の成果発表を行いました。 ・ディーゼルエンジンの離散化燃焼モデルを用いたMIMO制御システムの検討 池村 亮祐,山崎 由大,金子 成彦(東京大学) ・ディーゼルエンジンを対象としたニューラルネットワークによるフィードバック誤差学習法を用いた制御系設計 高松 尚宏,Elfady Satya,大森 浩充(慶應義塾大学) ・簡易フィードフォワードを併用した出力フィードバックに基づく2段噴射ディーゼルエンジンの燃焼制御 藤井 聖也,川部 伸之,水本 郁朗(熊本大学) ・簡易ダイナミクスモデルを用いた2自由度H∞制御によるディーゼルエンジンの燃焼制御~多段噴射モデルに対する適用 石月 創太,平田 光男,...

2016日本機械学会年次大会

2016年9月11日~14日に九州大学伊都キャンパスで行われた日本機械学会年次大会に参加し,制御グループから1件の話題提供と4件の研究成果発表を行いました。 先端技術フォーラム― 将来を見据えたエンジンシステム新技術 ―(2016年9月12日) 「次世代燃焼技術を見据えたエンジンの制御」 山崎由大(東京大学) ジョイントセッション「エンジン制御」(2016年9月13日) 「再正核ヒルベルト空間の逆モデルを有する FELを用いたディーゼルエンジンの燃焼制御」 クルツロック ヨースト(慶大), 大森浩充 「出力フィードバック制御に基づく 2 段噴射ディーゼルエンジンの燃焼制御」 藤井聖也(熊本大), 水本郁朗, 恒松純平 「ディーゼルエンジンのモデルベースト制御による実機運転試験」 池村亮祐(東大院), 山崎由大, 金子成彦 「簡易ダイナミクスモデルを用いた H∞制御理論によるディーゼルエンジンの燃焼制御」 平田光男(宇都宮大), 石月創太, 鈴木雅康 ...

第36回国際燃焼シンポジウムに参加しました

2016年7月31日から8月5日まで,韓国ソウルにて第36回国際燃焼シンポジウムが開催されました. 制御チームPMグループからは,岡山大学より1件,大分大学より2件,横浜国立大学より1件の口頭発表がありました. IGNITION PROCESS OF SPARK DISCHARGE IN A SPARK-IGNITION ENGINE USING A TIME SERIES OF SPECTRA MEASUREMENTS, Nobuyuki Kawahara et al. EXTINCTION LIMITS AND FLAME STRUCTURES OF ETBE, DIPE AND TAME NON-PREMIXED FLAMES, Jun Hashimoto and Kimitoshi Tanoue et al. EFFECT OF INITIAL TEMPERATURE AND FUEL PROPERTIES ON KNOCK CHARACTERISTICS IN A RAPID COMPRESSION AND EXPANSION MACHIN...

MOVIC & RASD 2016(Southampton)

2016年7月4日~6日にSouthampton Univ.で行われたMOVIC & RASD 2016にて制御グループのOS(Innovative Combustion Technology)において,4件の成果発表を行いました。 R. Ikemura, Y. Yamasaki and S. Kaneko (Univ.of Tokyo) "Study on Model Based Combustion Control of Diesel Engine with Multi Fuel Injection", Ikuro Mizumoto, Junpei Tsunematsu and Seiya Fujii (Kumamoto Univ) "Combustion Control System Design of Diesel Engine via ASPR based Output Feedback ...

Symposium for Combustion Control 2016での成・・・

2016年6月15-16日にアーヘン(ドイツ)で行われたSymposium for Combustion Control 2016に参加し,制御グループより4件の成果発表を行いました。 I. Mizumoto, S. Fujii, J. Tsunematsu (Kumamoto University), "ASPR Based Adaptive Output Feedback for Diesel Engine Combustion Control" M. Hirata, S. Ishizuki, M. Suzuki (Utsunomiya University), "Two-Degree-of-Freedom H-Infi nity Control of Combustion in Diesel Engine Using a Discrete Dynam...

一覧を見る