李家・今村研究室とは

当研究室は、航空機設計研究室として、 学部・大学院において「航空機設計」関連の講義を主に担当しています。

研究上興味をもっている主なこと

  • 航空機、翼の形状を空気力学的見地から調べること
  • 上記の結果を利用して、性能の高い航空機の設計に役立てること
  • Pilotが航空機を操縦する見地から、安全かつ望ましい航空機の運航システムについて考えること

現在の主な研究テーマ

  • 翼型上に生じる層流剥離泡に関する研究
  • 翼型失速の制御に関する研究
  • 超音速航空機の空力特性改良の研究
  • 航空機設計法に関する研究
  • 超小型航空機の空力特性と設計法に関する研究
  • 航空機パイロットのワークロード、フライトマネージメントに関する研究

担当講義

学部

  • 航空機力学第一(今村、学部2年)
  • 空気力学第一(李家、学部2年)
  • 航空機設計法第一(李家、学部3年)
  • 航空機設計法第二(李家、学部4年)
  • 航空宇宙システム学計画及び製図(航空機)(李家、今村、学部4年)

大学院

  • 航空機設計特論(李家、今村)
  • 航空機空力設計論(今村)
  • 粘性及び乱流の力学(李家)
  • 実験流体力学I(李家)

アクセス

〒113-8656東京都文京区本郷7-3-1
東京大学工学系研究科航空宇宙工学専攻
(本郷キャンパス、工学部7号館内)

工学部7号館へのアクセスは、ここをご覧下さい。
copyright © 2009 Ogawa Shunyo. All rights reserved.