教授 野崎京子

自由な発想と手法で新しいものをつくろう。
自分の研究成果で教科書を書き換えよう。

野崎 京子

学歴

  • 昭和61年3月 京都大学 工学部 工業化学科 卒業
  • 昭和63年3月 京都大学大学院 工学研究科 修士課程 修了
  • 平成3年3月 京都大学大学院 工学研究科 博士後期課程 修了
    工学博士の学位を取得 (内本 喜一朗 教授)
  • 昭和63年9月–平成 元年8月
    カリフォルニア大学バークレー校交換留学生(クレイトン ヘスコック教授)

職歴

  • 平成2年4月 日本学術振興会特別研究員
  • 平成3年4月 京都大学 工学部 工業化学科 助手
  • 平成8年4月 京都大学大学院 工学研究科 材料化学専攻 助手
  • 平成11年12月 京都大学大学院 工学研究科 材料化学専攻 助教授
  • 平成12年10月–平成15年9月 科学技術振興事業団さきがけ21研究員(兼任)
  • 平成14年4月 東京大学大学院 工学系研究科 化学生命工学専攻 助教授
  • 平成15年4月– 現職
  • 平成15年1月–平成15年3月 大阪大学 客員助教授(兼任)
  • 平成15年8月–平成16年3月 東北大学 客員教授(兼任)
  • 平成17年4月–平成18年3月 九州大学 客員教授(兼任)
  • 平成19年6月–平成19年9月 岐阜大学 客員教授(兼任)
  • 平成20年4月–平成22年9月 京都大学 客員教授(兼任)
  • 平成22年6月–平成24年5月 ハルピン工程大学 客座教授(兼任)
  • 平成23年10月–平成24年3月 奈良女子大学 客員講師(兼任)

受賞等

所属学会

  • 日本化学会、有機合成化学協会、高分子学会、触媒学会、近畿化学協会、アメリカ化学会、イギリス王立化学会

学会活動

  • 1997- International Symposium on Homogeneous Catalysis (ISHC) International Advisory Board
  • 2003- Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry (Wiley) Editorial Board
  • 2003-2006 Dalton Transactions (RSC) International Advisory Board
  • 2003- Green Chemistry (RSC) Advisory Board
  • 2008-2013 Journal of the American Chemical Society (ACS) Editorial Advisory Board
  • 2009-2014 Organometallics (ACS) Editorial Advisory Board
  • 2009-2016 ChemCatChem (Wiley) Editorial Board
  • 2010- Chemical Science (RSC) Advisory Board
  • 2011-2013 Inorganic Chemistry (ACS) Editorial Advisory Board
  • 2011-2015 Catalysis Science & Technology (RSC) Advisory Board
  • 2014- Angewandte Chemie International Edition (Wiley) International Advisory Board
  • 2015- Chemistry Letters (CSJ) Senior Editor
  • 2018- Chemical Reviews (ACS) Editorial Advisory Board

社会活動

  • 平成23–27年 科学技術・学術審議会臨時委員
  • 平成23年– 日本学術会議連携会員

専門分野

  • 有機合成化学、均一系触媒化学、有機金属化学、高分子合成化学

発表論文

講演リスト