肝臓がんの治療について

ラジオ波焼灼術とは

ラジオ波焼灼術イメージ
図1

ラジオ波焼灼術は、肝臓がんを死滅させるために行なわれる治療です。ラジオ波とは、AMラジオなどの周波数に近い周波数約450キロヘルツの高周波のことで、他の医療機器(電気メスなど)に使用される高周波と同じものです。

腫瘍の中に直径1.5ミリの電極針を挿入し、ラジオ波電流を流すことにより、電極周囲に発生させた熱によって病変を固めてしまいます。固まった細胞は、細胞の機能が失われているために、間もなく死んでしまいます。1995年頃から欧米で開発され、日本では1999年頃から広く臨床使用されています。2004年4月には、日本でも保険適用手術として認められ、肝細胞癌に対する標準的な治療として位置づけられています。

当科では、電極を超音波装置で観察しながら皮膚から肝臓内に挿入する方法(経皮的ラジオ波焼灼術)を用います(図1)。そのほかに、お腹の中や胸の中にカメラを入れて観察しながら(腹腔鏡下、胸腔鏡下)、あるいはお腹を開いて直接観察しながら(開腹下)電極を挿入する方法を用いている施設もあります。

肝細胞癌の患者さんに対するラジオ波焼灼療法の適応について

肝細胞癌の患者さんに対するラジオ波を行うかどうかは、個々の患者さんにおいて効果と安全性を考慮して最終決定しますが、初回に受ける方では当科ではおおよそ以下の様な基準で行っています。

  1. 病変の数と大きさは、1個なら直径5cm以内、複数個なら3個以内かつ直径3cm以下が好ましい。しかし、その基準を超える患者でも、治療により根治や生存期間の延長などが十分期待できる場合には、行う場合がある。
  2. 明らかな脈管侵襲(門脈、胆管、肝静脈へ癌が入り込んでいること)がある場合行わない。
  3. 肝臓の外、肺や骨などの他の臓器に転移がある場合は、治療が寿命を延ばさない可能性が高いので行わない。
    一般に次のような場合はラジオ波ができません。
    1. 著明な出血傾向のある場合。
    2. コントロール不能の腹水があり、出血のリスクが高いと考えられる場合。
    3. 消化管と胆管を直接つなぐ手術を受けている場合、十二指腸乳頭切開術を受けている場合。
    4. 腎機能障害や造影剤アレルギーなどにより造影CT等が実施不能で、治療効果の判定ができない場合。
    5. 他の重症な全身疾患がある場合。
    6. 宗教上の理由で輸血ができないなど、合併症が生じた場合に十分な対応ができない場合。
    7. 認知症などで安静指示などを守れない場合。
    8. 腹部超音波で病変が明瞭に描出されず、安全な穿刺経路が確保できない場合。
    9. 過去に受けた手術のために肝臓が消化管と癒着し、焼灼により消化管穿通や穿孔を起こす可能性の高い病変がある場合。
    10. 腫瘍が肝臓の中心部に近く、焼灼により重篤な胆管損傷や肝梗塞を起こす可能性が高い病変がある場合。

東京大学消化器内科における経皮的ラジオ波焼灼術の治療成績

ラジオ波焼灼術の治療成績ラジオ波焼灼術の治療成績

東大病院消化器内科で1999年から2010年末までに延べ6838例に経皮的ラジオ波焼灼術を施行しています。その内、初回治療として経皮的ラジオ波焼灼術が施行された肝細胞癌患者1170人の5年生存率は60%であり、外科手術(肝切除術)と同等の治療成績を達成しています。経皮的ラジオ波焼灼術で治療された患者さんの中には、高齢、他の臓器の持病、肝機能低下や癌の個数が多いなどの要因で手術が不可能あるいは困難と判断された患者さんが多く含まれていることを考えると、満足すべき治療成績と言えます。個々の癌病変ごとの治療後の局所再発(ラジオ波焼灼術にて治療された部分に癌が残存し、同じ部分から再発してくること)の率は、5年間の観察で3.2%と低率であり、狙った病変を確実に壊死させる高い局所根治性を持っています。ただし、治療後、別の部分から再発する(異所性再発)率は5年で75%です。高率に異所性再発が見られるのは外科手術でも同じです。この異所性再発を確実に防ぐ方法は現在のところ存在せず、治療後も十分な経過観察が必要です。

治療の流れ

1. 外来
外来で肝機能、全身状態の評価、CT、超音波検査を行い治療の適応を判断します。
2. 入院予約
治療適応と判断されたら、入院の予約をします。その時のベッド状況にもよりますが、予約から入院までだいたい2~3週間程度です。
3. 入院当日
治療1~3日前に入院して頂きます(治療実施曜日、土日祝日の関係で幅があります)。
血液検査、レントゲン、心電図など全身状態の最終チェックを行います。また、御本人、御家族へ、病状および治療について、術者から説明、同意書に署名頂きます。
4. 治療当日
朝から点滴を開始します。胃の中に食べ物が入っていない方が、より安全に治療が行えるため、朝食は止めになります。
治療室に入ったら上半身脱衣の上、手術台に仰向けになって頂きます。その後、両側の大腿部に対極板を貼り付け、穿刺部位の皮膚の消毒をします。痛みを感じにくくする薬を点滴から注入します。なお全身麻酔とは異なり、意識は保たれます。超音波で観察しながら、電極を病変に挿入し、電流を流して周囲の組織に熱を発生させ、癌を破壊します。1ヶ所の焼灼にかかる時間は約6~12分間で、2~3cmの球状の範囲が焼灼されます。腫瘍の大きさや数によっては電極を何回かに分けて挿入し焼灼します。治療にかかる時間は、病変の数、部位、見えやすさなどにより違ってきますが、通常30分から2時間です。
ご家族には、緊急時の対応のため、治療当日、病室での待機をお願いしております。
治療後、原則として、術後4時間は絶対安静、禁食(少量の飲水は可能)です。術後4時間目から、翌朝の担当医の回診までは、主にお腹の中への出血を防ぐために、床上安静(この間も、横向き、寝返り、食事は可)となります。
5. 治療効果判定
ラジオ波により癌が十分焼灼されたかどうかは、治療翌日以降に施行するCTで評価します。追加治療が必要な場合は、発熱などが消失し、全身状態が改善してから、再度ラジオ波を行います。1回の入院で施行されるラジオ波は、原則2回までです。出血などの合併症が何日か経過してから起こることもあるため、退院は最短でも治療後3日目となります。

ラジオ波焼灼術の合併症

ラジオ波焼灼術の合併症ラジオ波焼灼術の合併症

ラジオ波焼灼術は体への負担が比較的少ない治療法ですが、治療に伴い合併症が起きることがあります。当科でのこれまでの治療における重篤な合併症の発生率は2.5%(8914例中222例)です(表)。

またごく少数例ではありますが、当科でラジオ波焼灼療法後、入院のまま死亡した症例が8914例中8例あります。

当科におけるラジオ波焼灼術の特徴

1.
豊富な治療経験
現在、毎年国内第1位の症例数を治療しており豊富な治療経験があります。治療技術はもちろんのこと、安全性の確保、合併症が起こった場合の対応にも自信を持っています。
2.
治療困難症例への対応
他院では技術的にラジオ波焼灼術が困難とされた症例に対しても、人工胸水法・腹水法(肺や消化管ガスの影になって病変が見えなくなっている場合の工夫)、造影超音波(超音波用の造影剤を用いて通常の超音波では見えない病変を検出する方法)、フュージョンイメージング(治療前に撮影したCTの画像と、治療中の超音波の画像を融合させ、同定しにくい病変のナビゲーションとして利用する方法)などを用いて治療を試みています。
3.
治療後の丁寧な経過観察
肝細胞癌は一度治療しても、高率に再発します。そのため、治療後の経過観察、再発への対応が非常に重要です。治療後は定期的に当院でCTや血液検査などを行い経過観察させて頂きます。また、肝機能の温存も重要で、治療後、必要な症例に対してはC型肝炎に対するインターフェロン療法やB型肝炎に対する核酸アナログの投与なども行っています。

ラジオ波焼灼療法に関する治験

1.
K-333(ペレチノイン)のB 型肝炎ウイルス陽性肝細胞がん根治後患者を対象とした臨床試験
本治験では、B型肝炎ウイルス陽性の肝細胞がんに対して、ラジオは焼灼療法などのがん根治療法を受けられた方を対象に行っております。詳細は下記のリンクをご参照ください。
国立保健医療科学院へのリンク
東大病院臨床研究支援センターへのリンク

page top