よくある質問

研究室の生活・方針

  • 朝何時ごろから夜何時ごろまで実験をやっていますか?

    時間設定はありませんので、自分のペースで実験を進めることができます。

    会社みたいな何時から何時までという時間設定はしていません。各個人個人が研究者としての自覚をもって行動してほしいと願っているからです。ただ、目標として朝10時には来るようにということになっています。それは、ややもすると夜型へ移行していくのが常ですが、一方で大学が独立法人化して安全面でも厳しくなったので、できるだけ周りにひとがいる時間帯に実験をするよう配慮するためです。ちなみに、早い人は朝8時くらいから実験をして、遅い人は終電、あるいは夜中までやっているという感じです。

  • 土曜と日曜は休みですか?

    時間を厭わず新しい発見や成果を求めて実験する熱意のある方を歓迎します。

    とくに休みにはしていませんが、休みたい人を無理矢理来させることはしません。もちろん土曜日にも日曜日にもラボにきて実験している人もいます。実験科学の世界はどうしても実験量で差がでます。実験をやらないひとで成果がでたのを見たことはありません。そういう意味では、サイエンスをやろうというひとで、土曜や日曜が休みですか?という質問をもつようなひとはあまり歓迎できません。

  • ラボのセミナーは週何回くらいありますか?

    各自が行っている研究の実験結果状況を報告し、研究推進に役立てます。

    毎週一回朝9時から、研究室セミナーをやっています。ジャーナル論文紹介と研究プログレス報告を午前中いっぱい行います。特徴的なものとして、隔週で全員が最近読んだ論文を数分で説明する「一分ジャーナル紹介」をしています。

  • 研究テーマの決定および指導はどのように行われますか?

    研究テーマの選定は、本人の興味自主性考慮し、相談の上決定します。

    原則として一人一人がテーマをもって研究をすすめています。ただし、修士ででるひとと博士までいくひととではテーマ設定が多少違ってくることが多いです。研究室には、ポスドクやドクターの学生など技術的な指導をしてくれる人はたくさんいますし、実験データをつきあわせてディスカッションを積極的にしています。テーマは、こちらのテーマと学生の希望とを照らし合わせた上で決めます。研究室のテーマの方向性を知るためにも、研究室の雰囲気を感じるためにも、入室を希望する学生は必ず受験のまえに研究室見学をするようにしてください。

  • 研究室の設備、お金の回り具合はどうですか?

    研究に専念できる環境を創出するため、 予算環境を整えてます。

    これから数年間皆さんが思いきって研究を遂行できるだけの予算と環境は整っています。また、そのような状態が続くように、研究費の取得に走り回っています。

  • イベントはありますか?

    研究するときは熱心に実験し、楽しむときは思いっきり楽しむ研究室です。

    年一回の研究室旅行のほか、忘年会、追いコン、新歓は当然のごとくあります。外部の先生方にセミナーをしてもらったときは、夜飲みにでて、いろいろな話を聞ける場を設定しています。また、論文がでればお祝いの食事(飲み)、修士・博士の学位を取得したときもお祝いの食事をして、嗅覚研究の実践(風味礼賛)をしています。農学部のソフトボール大会にも毎季参加していて、試合ごとに夜は飲み会をやります。楽しむときは思いっきり楽しみ、実験するときは思いっきり実験をするといったけじめのある研究生活を目指しています。

  • 外国人留学生はいますか?

    世界の研究室との交流や留学生受入、国際発表に積極的に取り組んでます

    現在、留学生はいません。しかし、2007年は、アメリカからの大学院短期留学生を受け入れたり、ロックフェラー大の研究室との合同セミナーをしたり、国際的意識は常にもてるような環境です。また、良い結果がでれば積極的に国際学会にポスター発表などをするように奨励しています。はじめての学会が国内学会ではなくて国際学会(特に、AChemS国際嗅味覚学会)であるということは日常茶飯事です。また、論文作成時の英語教育はもとより、世界で通用する研究者を育てるための努力は惜しんでいません。

  • 学生の就職状況は?

    研究所や大学、企業などで活躍し、あらゆる場所で高い評価を得てます。

    博士を取得して卒業した卒業生の行き先は、ドイツマックスプランク研究所、米国ロックフェラー大学留学(海外学振員)、米国カリフォルニア大学アーバイン校留学、米国カリフォルニア大学サンジエゴ校留学(海外学振員)、スウェーデンカロリンスカ研究所留学、米国Stowers Institute留学、理研博士研究員、第一三共製薬、花王、JTなど、海外留学、国内研究員、会社就職と様々です。修士で卒業した学生は、行き先は多種多様です。ただ、研究者になろうという意志があって大学院に入学したのですから、博士を目指してできるところまでがんばってみることを推奨しています。また、修士ででるとしても、修士課程で立派な仕事をして卒業した学生は社会でもみな活躍していますので、是非修士2年間で一仕事するように奨励しています。

  • 学生の金銭的なサポートは?

    様々なサポートが受けられるプログラムが用意されています。

    2008年までは、21世紀COEプログラムで博士課程大学院生のほとんどが毎月の金銭的サポートを受けてました。2009年度からはグローバルCOE プログラムが走り始めたのでサポートは継続されます。また、2008年度から東京大学では、博士課程大学院生に対する授業料免除枠を増やし経済的サポートをはじめましたので、博士課程の多くの学生がサポートされます。詳しくは東京大学のHPをご覧ください。また、学術振興会の特別研究員DCは毎年何人か授与されています。

研究室の生活・方針

研究室メンバー
研究室メンバー

研究風景
研究風景

研究機材
研究機材

ソフトボール大会
ソフトボール大会

研究発表
研究発表

国際学会
国際学会

TOPページに戻る