トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

物性セミナー/2020-12-25

2020年 冬学期 第6回 物性セミナー

 講師 大山 倫弘 氏(東大 院総合)

 題目 ガラスの流動化とレオロジー:非平衡臨界性によるアプローチ

 日時 2020年 12月25日(金) 午後4時50分

 場所 オンライン

(一度登録された方、物性セミナーMLに登録されている方は、以下は必要ありません。)出席希望者は、予め登録をお願いします。登録フォーム https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdT67ZsTDiKsvutP59tY4tOUlx4WTInMKkTQIGWLqYCrPAQKA/viewformをご利用ください。メールにてこちらからZoomアドレスをお知らせします。

アブストラクト

多くのソフトマター材料がHerschel-Bulkley則(HB則)[1]と呼ばれる普遍的な構成則(物質に印加した外力と生じるひずみの関係を与える式)に従うことがこれまで経験的に報告されてきた[2].物性物理の素朴な感覚ではマクロな物性はミクロな構造により決定されると期待されるが,HB則についてはその構造起源はこれまで明らかにされてこなかった.

我々はせん断外場下で流動化された単純ガラス系を対象にした詳細な数値計算と一般化した基準振動解析を行い,HB則の起源とみなせる特徴構造の抽出に成功した[3].セミナーでは流動化を支配する降伏現象の持つ非平衡臨界性[4]を足がかりにして上記特徴構造からHB則がどのように導かれるかを説明する.

[1]Herschel and Bulkley, Kolloid-Zeitschrift 39, 291 (1926)

[2]Bonn et al., Rev. Mod. Phys. 89, 035005 (2017)

[3] Oyama, Mizuno, and Ikeda, arxiv:2011.12568 (2020)

[4]Lin et al., Proc. Natl. Acad. Sci. 111, 14382 (2014)

宣伝用ビラ

KMB20201225.pdf(29)

物性セミナーのページ

http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/KMBseminar/wiki.cgi/BusseiSeminar

[ページのアクセス数: 0276859]

最終更新時間:2020年12月20日 22時37分15秒