トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

物性セミナー/2020-11-30

2020年 冬学期 第3回 物性セミナー

 講師 山本 浩史 氏(分子研・総合研究大学院大)

 題目 薄膜デバイスを用いた有機強相関電子系の物性制御

 日時 2020年 11月 30日【月】 午後4時50分 ・・いつもと違う曜日に注意

 場所 Zoom開催

(一度登録された方、物性セミナーMLに登録されている方は、以下は必要ありません。)出席希望者は、予め登録をお願いします。登録フォーム https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdT67ZsTDiKsvutP59tY4tOUlx4WTInMKkTQIGWLqYCrPAQKA/viewformをご利用ください。メールにてこちらからZoomアドレスをお知らせします。

アブストラクト

有機半導体を用いたエレクトロニクスは、印刷可能でフレキシブルな電子回路を提供出来るという実用面が主に注目されているが、それのみならず、基礎的な物性物理の新しい舞台にもなりうる可能性を有している。とりわけ電界効果トランジスタ(FET)は物質のフェルミ準位を直接制御することができるため、物性科学における重要性は非常に高い。フェルミ準位を上下させることによって金属−絶縁体転移や超伝導転移など、種々の相転移を起こすことが出来れば、これまで明らかになっていなかった物質系の相図を解明することも可能であろう。また、このような相転移現象を逆にデバイス動作に利用できれば、将来的には効率的な電子制御が期待できる。

 有機分子に整数比キャリアを注入することによって伝導性を付与した分子性導体では、しばしば電子の運動エネルギーと電子間クーロンエネルギーが拮抗する「強相関電子系」を発現する。強相関電子系は、モット絶縁体・電荷整列絶縁体・超伝導体を含めた多様な電子状態を示し、温度・圧力や電子密度(フェルミ準位)などの熱力学パラメーター制御によって電子系相転移を起こすことが知られている。本講演では、有機モット絶縁体を用いた電界効果トランジスタにおいて電場・歪み・光刺激などを用いた相転移挙動を実現することによって得られる物性物理の知見と、そのエレクトロニクスへの展開可能性について紹介する。[1-5]

[1] Phys. Rev. Lett. 103, 116801 (2009).

[2] Nat. Commun. 4, 2379 (2013).

[3] Science, 347, 743 (2015) .

[4] Nat. Commun. 7, 12356 (2016).

[5] Sci. Adv. 5, eaav7282 (2019).

宣伝用ビラ

ファイルが指定されていません。

物性セミナーのページ

http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/KMBseminar/wiki.cgi/BusseiSeminar

[ページのアクセス数: 0276859]

最終更新時間:2020年11月26日 00時13分33秒