講演会・セミナー

2023.10.27 公開シンポジウム「農場における動物用医薬品の情報収集 —電子処方システムの構築を目指して—」を開催しました

10月17日(火)に、公開シンポジウム「農場における動物用医薬品の情報収集 —電子処方システムの構築を目指して—」を開催いたしました。
現地およびオンラインで多くの方々にご参加いただきました。
大変ありがとうございました。

<講演内容>
 講演1 「JRA事業の目的と成果」 (東京大学 芳賀猛)
 講演2 「世界の動物分野における抗菌剤使用の状況とWOAHの取り組み」 (WOAH 家田菜穂子)
 講演3 「日本の電子指示書システムの取組~AMR対策に向けて~」 (農林水産省 白川崇大)
 講演4 「欧米の畜産分野における抗菌剤使用の状況」 (東京大学 杉浦勝明)
 講演5 「イタリアの電子処方箋システム」
      (養豚獣医師、UEVP(欧州獣医師連合)副会長 Giovanbattista Guadagnini )
 パネルディスカッション 「電子処方システムデータの活用」 (パネリスト:G. Guadagnini・白川崇大・
      杉浦勝明・香川光生〔香川家畜診療所〕)・(モデレーター:石橋朋子〔東京大学〕)

2023.9.29 10/17(火)公開シンポジウム「農場における動物用医薬品の情報収集 —電子処方システムの構築を目指して—」を開催します

OSG国際防疫獣医学寄付講座では、JRA事業の一環としてWOAH(国際獣疫事務局)と共催のシンポジウムを10月17日に開催いたします。

【日時】 20231017() 13:0016:00ごろ
【場所】 東京大学 小柴ホール(理学部1号館中央棟)
【プログラム】 ※日英同時通訳
 講演1 「JRA事業の目的と成果」 (東京大学 芳賀猛)
 講演2 「世界の動物分野における抗菌剤使用の状況とWOAHの取り組み」 (WOAH 家田菜穂子)
 講演3 「日本の電子指示書システムの取組~AMR対策に向けて~」 (農林水産省 白川崇大)
 講演4 「欧米の畜産分野における抗菌剤使用の状況」 (東京大学 杉浦勝明)
 講演5 「イタリアの電子処方箋システム」
      (養豚獣医師、UEVP(欧州獣医師連合)副会長 Giovanbattista Guadagnini )
 パネルディスカッション 「電子処方システムデータの活用」 (パネリスト:G. Guadagnini・白川崇大・
      杉浦勝明・香川光生〔香川家畜診療所〕)・(モデレーター:石橋朋子〔東京大学〕)

【参加費】 無料(事前登録制)
【参加登録】以下のURLまたはポスター記載のQRコードからご登録の上、ご参加ください。
      どなたでもご参加いただけます。奮ってご登録ください。
       https://forms.office.com/r/5CqWCTddSq

【問合せ先】
東京大学大学院農学生命科学研究科
OSG国際防疫獣医学寄付講座
講座URL:OSG国際防疫獣医学寄付講座(https://park.itc.u-tokyo.ac.jp/kokusaiboueki/)
E-mail: osgkokusaiboueki<アット>gmail.com ※<アット>@に変更ください。

2023-10-17シンポジウムポスター(確定)修正・再 東京大学・WOAH公開シンポジウム講演要旨(HP掲載用)2023-10-2

2023.9.4 公開講座「アジアの動物感染症への挑戦」を開催しました(10/26 講演資料公開しました)

6月27日(火)に、第一回公開講座「アジアの動物感染症への挑戦」を開催いたしました。
多くの方々にご参加いただきました。
大変ありがとうございました。

また、特別講演をしていただきました乾先生のご厚意により、資料公開の許可を頂きましたため、当日の乾先生の講演資料を公開いたします。
ぜひご覧ください。

<講演内容>
【寄付講座紹介】
芳賀 猛  東京大学大学院農学生命科学研究科・教授(OSG国際防疫獣医学寄付講座 ・特任教授)

【特別講演】
「東南アジアの畜産-生産から食卓まで along the value chainにおける衛生管理の現状・課題・展望」 乾 健二郎 国際連合食糧農業機関(FAO)ベトナム

【寄付講座教員・研究員講演】
「日本の家畜衛生-現状と課題」 猪熊 壽  東京大学大学院農学生命科学研究科・教授(OSG国際防疫獣医学寄付講座 ・特任教授)
「発症感受性およびウイルス株に着目した牛伝染性リンパ腫発症予防法」 前澤 誠希 OSG国際防疫獣医学寄付講座・特任助教
「日本の畜産現場における抗菌剤利用量を把握するための取り組み」 藤本 悠理 OSG国際防疫獣医学寄付講座・特任助教
「国際的なAMR対策の現状と課題」 石橋 朋子 OSG国際防疫獣医学寄付講座・特任研究員(WOAH薬剤耐性WG 座長)

乾 アジアの畜産 衛生管理(20230627) 公開講座0627-抄録-全体版0626th

2023.6.5 6/27(火) 公開講座「アジアの動物感染症への挑戦」を開催します

この度、OSG国際防疫獣医学寄付講座、第一回公開講座「アジアの動物感染症への挑戦」を開催いたします。
どなたでもご参加いただけます。多くの方のご参加をお待ちしております。
 
日 時:2023年6月27日(火) 13:30~16:00

    ※13:15より受付開始
会 場:東京大学本郷キャンパス 山上会館2階大会議室  
定 員:80名
    下記URLの申込みフォームまたはフライヤーのQRコードからお申し込みください。
    https://forms.gle/nYBxYLCtcgGfP5tw6
    定員に達し次第登録締め切りとさせていただきます。
    6月25日(日)申込締切です。当日参加歓迎です!
参加費:無料
 
<プログラム>
開会挨拶 
 中嶋 康博 東京大学大学院農学生命科学研究科・研究科長
 山田 啓輔 株式会社OSGコーポレーション 代表取締役・社長

寄付講座紹介 
 芳賀 猛  東京大学大学院農学生命科学研究科・教授(OSG国際防疫獣医学 ・特任教授)

特別講演 13:45〜14:30 
「東南アジアの畜産-生産から食卓まで along the value chainにおける衛生管理の現状・課題・展望」
 乾 健二郎 国際連合食糧農業機関(FAO)ベトナム
  
休憩 14:30~14:35 

寄付講座教員・研究員講演
 – 14:35〜14:50 「日本の家畜衛生-現状と課題」
  猪熊 壽  東京大学大学院農学生命科学研究科・教授(OSG国際防疫獣医学 ・特任教授)

 – 14:50〜15:15 「発症感受性およびウイルス株に着目した牛伝染性リンパ腫発症予防法」
  前澤 誠希 OSG国際防疫獣医学 寄付講座・特任助教

 – 15:15〜15:40 「日本の畜産現場における抗菌剤利用量を把握するための取り組み」
  藤本 悠理 OSG国際防疫獣医学 寄付講座・特任助教  

 – 15:40〜15:55 「国際的なAMR対策の現状と課題」
  石橋 朋子 OSG国際防疫獣医学 寄付講座・特任研究員(WOAH薬剤耐性WG 座長)

閉会挨拶 
 湯川 剛 株式会社OSGコーポレーション 代表取締役会長・CEO

20230627OSG公開講座フライヤーrev0620

2023.2.27 カンボジア王立農業大学と共同シンポジウムを開催しました

カンボジア王立農業大学と共同シンポジウムを開催しました。

日時:2022年11月17日 12:00~14:00 (JST)
場所:Zoom
参加者数:約80名

発表内容
東京大学
藤本悠理:Construction of monitoring system for farm-level antimicrobial use in Japan
前澤誠希: Preventive measures against onset of enzootic bovine leukosis in Japan
カンボジア王立農業大学
Venn Vutey:Detection of African Swine Fever virus in pig farms as a guide to repopulation in Cambodia
ゲストスピーカー
山田 健太郎(宮崎大学):Fighting against rabies in Japan, where it is eradicated

2022.9.28 九州大学の伊藤一秀教授に特別セミナーをしていただきました。

以下のとおり、九州大学の伊藤一秀教授に特別セミナーをしていただきました。

開催日時:2022年6月1日(火)16:00-17:00
講演タイトル:In Silico Modeling for Airborne Transmission Analysis in Indoor Environment

講演者:伊藤一秀
所属:九州大学 教授

2022.7.28 スペイン動物衛生研究所のUxía Alonso先生にアフリカ豚熱ウイルスワクチン開発に関する特別セミナーをしていただきました。

以下のとおり、スペイン動物衛生研究所のUxía Alonso先生にアフリカ豚熱ウイルスワクチン開発に関する特別セミナーをしていただきました。

開催日時:2022年7月26日(火)15:00-16:00
講演タイトル:Unmasking the immune responses against African swine fever virus associated with vaccination with the live attenuated virus BA71DCD2
(アフリカ豚熱ウイルスに対する弱毒生ウイルスBA71DCD2ワクチン接種に伴う免疫応答の解明)

講演者:Uxía Alonso
所属:京都大学 東南アジア地域研究研究所 外国人共同研究者(山崎 渉教授);スペイン動物衛生研究所 研究員(Centre de Recerca en Sanitat Animal, Spain)

フッターロゴ
Copyright © OSG国際防疫獣医学寄付講座
トップへ戻るボタン