研究業績

2024.5.29 研究業績を追加しました

  • Maezawa, M., Takezawa, S., Sakaguchi-maezawa, K., Tanaka, Y., Watanabe, K., Kobayashi, Y., Inokuma, H. Monoclonal proliferation of B-cells with two integration sites of bovine leukemia virus proviral DNA in cattle with enzootic bovine leukosis. Vet. Med. Sci., (2024). DOI: https://doi.org/10.1292/jvms.24-0037
  • Maezawa, M., Watanabe, K., Kobayashi, Y., Yoshida, K., Chambers, J.K., Uchida, K., Maruyama, R., Inokuma, H. Diffuse large B-cell lymphoma with DNA copy number changes in a Japanese black calf. Vet. Res. Commun. (2024). DOI: https://doi.org/10.1007/s11259-024-10371-7
  • Daiji, Y., Maezawa, M., Ishikawa, K., Chambers, J.K., Uchida, K., Inokuma, H. Enzootic bovine leukosis caused by bovine leukemia virus classified as Group C based on viral whole genome sequencing in a 23-month-old Holstein-Friesian heifer. Vet. Med. Sci., 85, 1291-1295 (2023). DOI: https://doi.org/10.1292/jvms.23-0354
  • 菊澤美里, 原田俊之, 前澤誠希, チェンバーズ ジェームズ, 内山和幸, 猪熊壽.巨大な心室中隔欠損に心房中隔欠損症および右室二腔症を併発したホルスタイン種子牛の1症例.産業動物臨床医誌. 14(2): 63-67 (2023).
  • 小川 幸, 佐伯陽平, 永田健樹, 前澤誠希, 山本貴恵, 吉田希央, チェンバーズ ジェームズ, 内田和幸, 猪熊 壽. ホルスタイン種子牛にみられたBLV陰性のB細胞性リンパ腫の1症例. 家畜診療. 70(11): 655-662 (2023)
  • 猪熊 壽.臨床徴候と神経学的検査からアプローチする産業動物の神経疾患の診断(総説).家畜診療. 70(10): 575-583. (2023)
  • 大慈祐介,額田聡子,中山雄太郎,墨 鮎美,山本貴恵,チェンバーズ ジェームズ,   内田和幸,猪熊 壽.ホルスタイン種雌雄双子にみられた重複脊髄症.家畜診療. 70(9): 551-558 (2023)

2023.7.14 研究業績を追加しました。

以下の1件を研究業績に追加しました。

  •  Maezawa, M., Fujii, Y., Akagami, M., Kawakami, J., Inokuma, H. BoLA-DRB3*15:01 allele is associated with susceptibility to early enzootic bovine leukosis onset in Holstein-Friesian and Japanese Black cattle. Vet. Mirco., 284: 109829 (2023) DOI: 10.1016/j.vetmic.2023.109829

2023.6.22 研究業績を追加しました。

以下の1件を研究業績に追加しました。

  • Inokuma, H., Nagata, T., Maezawa, M., Kobayashi, Y., Kojima, K., Chambers, J.K., Uchida, K. A clinical case of enzootic bovine leukosis diagnosed by using clonal analysis of peripheral B lymphocytes in a Japanese Black cow. Comp. clin. pathol., 32, 195–200 (2023). DOI:10.1007/s00580-022-03432-3

2023.1.28 研究業績を追加しました。

以下の2件を研究業績に追加しました。

  • Maezawa, M., Fujii, Y., Akagami, M., Kawakami, J., Inokuma, H. Phylogenetic analysis based on whole genome sequence of bovine leukemia virus in cattle under 3 years old with enzootic bovine leukosis. PLOS ONE, 18(1): e0279756-e0279756 (2023). DOI: 10.1371/journal.pone.0279756
  • 猪熊 壽, 原田俊之, 永田健樹, 前澤誠希, チェンバーズ ジェームズ, 内田和幸. 牛伝染性リンパ腫との鑑別に苦慮したホルスタイン種乳牛の脂肪壊死症の1症例. 産業動物臨床医誌. 13(1): 213-218 (2022)

2022.9.20 研究業績を追加しました。

以下の3件を研究業績に追加しました。

  • Maezawa, M., Oouchi, Y., Akagami, M., Uneyama, M., Chambers, J.K., Uchida, K., Inokuma, H. Time course changes in peripheral B-cell clonality in a Japanese Black bull with enzootic bovine leukosis. J. Vet. Med. Sci., in press.
  • 安樂みずき,川上侑記,長濱光朗,渡邉謙一,堀内雅之,古林与志安,猪熊 壽. 脳脊髄液ハプトグロビンが高値を示したホルスタイン種育成牛の脳幹部脳炎の1症例.北海道獣医師会雑誌.66(7): 195-198 (2022)
  • 坂口加奈, 前澤誠希, 轉馬 創, 渡邉謙一, 堀内雅之, 古林与志安, 永田健樹, 小島一優, チェンバーズ・ジェームズ, 内田和幸, 猪熊 壽: B細胞モノクローナル増殖が証明された牛伝染性リンパ腫のホルスタイン種乳牛の1症例.北海道獣医師会雑誌.66(9): 321-325(2022)

2022.9.14 研究業績を追加しました。

以下の3件を研究業績に追加しました。

  • 原田俊之, 瀧口朝陽, 永田健樹, 佐伯陽平, 前澤誠希, 高橋 圭, チェンバーズ ジェームス, 内田和幸, 猪熊 壽. ホルスタイン種育成牛にみられた体表リンパ節腫大を伴わない牛伝染性リンパ腫の1症例.家畜感染症学会誌 11(3): 77-84 (2022)
  • 佐伯陽平, 永田健樹, 大内義尚, 伊藤宗磨, 藤原玲奈, チェンバーズ ジェームズ, 内田和幸, 猪熊 壽.後躯麻痺を呈した黒毛和種種雄牛のT細胞性リンパ腫の1症例. 産業動物臨床医学雑誌. 13 (2): 55-60 (2022)
  • 永田健樹, 佐伯陽平,伊井辰仁,チェンバース ジェームズ,内田和幸,猪熊 壽.馬尾症候群を呈した黒毛和種繁殖牛にみられた牛伝染性リンパ腫の1症例.産業動物臨床医学雑誌 13(1): 15-20 (2022)

2022.9.12 研究業績を追加しました。

以下の2件を研究業績に追加しました。

  • 石橋朋子. 2022. “薬剤耐性菌問題に関する国際的な動向.” 獣医疫学雑誌 26 (1): 54–62.
  • 石橋朋子. 2022. “薬剤耐性菌問題に関する国際的な動向.” 畜産コンサルタント 58 (9): 29–33.

2022.6.25 研究業績を追加しました。

研究業績を追加しました。

Maezawa, M., Sakaguchi, K., Tagaino, Y., Fujii, Y., Akagami, M., Kawakami, J., Watanabe, K., Kobayashi, Y., Ogawa, H., Inokuma, H. Enzootic bovine leukosis in a 21-month-old Japanese Black cow with high susceptibility. J. Vet. Diagn. Invest., 34(4): 733-737 (2022).

フッターロゴ
Copyright © OSG国際防疫獣医学寄付講座
トップへ戻るボタン