研究室について

 微生物代謝工学研究室は、「微生物」と「代謝」をキーワードにユニークな発想に立脚した独創的な研究を最先端の解析技術を用いて強力に推し進め、日本の応用微生物学研究の新たな分野を開拓することを目指して、令和2年(2020)年4月に協和発酵バイオ株式会社の寄附部門として東京大学生物生産工学研究センターに開設されました。当研究室では微生物におけるアミノ酸・核酸のような栄養シグナルに応答した代謝調節機構を探索し、その分子機構を解明することに焦点を当てています。このような研究を通じて微生物ひいては生物普遍的な代謝コントロール・活性化の鍵を見つけ、その研究成果を微生物生産性の向上や人々の健康維持のために応用することを目指しています。

研究室からのお知らせ一覧を見る

2020年4月1日
新しい微生物代謝工学研究室がスタートしました。
2020年9月8日
細胞機能工学研究室OBの鈴木智大君と共著の、古細菌由来ホモクエン酸合成酵素に関する論文がFEBS Journalに掲載されました。