トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

物性セミナー/2015-1-16

2015年 冬学期 第5回 物性セミナー

 講師 北畑 裕之氏( 千葉大学 大学院理学研究科)

 題目 空間パターンと結合した液滴の自発運動

 日時 2015年 1月 16日(金) 午後4時30分

 場所 16号館 827

アブストラクト

生物の運動は、非平衡条件下で化学エネルギーを運動エネルギーに変換する系 ととらえることができ、アクティブマターとして近年興味を持たれている。非生物系で実現できるアクティブマターとして、界面張力勾配を利用して自発的に運 動する液滴や粒子の運動が研究されてきている。本セミナーでは、アクティブマターについて簡単に紹介したのち、液滴内部での化学物質の勾配が界面張力勾配 を引き起こし、Marangoni効果を通して運動する系を紹介する。具体的には、Belousov-Zhabotinsky反応(BZ反応)と呼ばれる化学振動反応や自発パターン形 成を示す反応系を用いる。この運動に関してStokes近似のもとで流体力学的に取 り扱うことを試みた。このモデルに関して実験系の比較も交えながら議論する予 定である。

[1] H. Kitahata, N. Yoshinaga, K. H. Nagai, and Y. Sumino, Phys. Rev. E, 84,015101 (2011).

[2] H. Kitahata, N. Yoshinaga, K. H. Nagai, and Y. Sumino, Chem. Lett., 41,1052 (2012).

宣伝用ビラ

KMB20150116.pdf(285)

物性セミナーのページ

http://huku.c.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/FSwiki/wiki.cgi/BusseiSeminar

駒場セミナーカレンダー(駒場内のみアクセス可)

http://huku.c.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/webcal/webcal.cgi

[ページのアクセス数: 0282175]

最終更新時間:2014年12月21日 07時25分18秒