トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

物性セミナー/2014-5-2

2014年 夏学期 第1回 物性セミナー

 講師 森 初果 氏(東京大学物性研究所)

 題目 電子とプロトンダイナミクスが相関した新しい機能性有機物質の開発

 日時 2014年 5月 2日(金) 午後4時30分

 場所 16号館 827

アブストラクト

近年、筆者のグループでは、電子物性に、水素結合プロトンのダイナミクスが関与した新しい電子―プロトン相関系機能性有機物質の開拓を行っている[1,2]。これまで、有機物質もπ電子の物性として、有機(超)伝導性、有機(反)強磁性や非磁性など、またプロトンの関与した物性として有機(反)強誘電性などが精力的に研究されてきたが、電子とプロトンダイナミクスがカップルした物性はこれまで未開拓であった。 本講演では、(i)半導体である有機物質を原料として、プロトン脱離とホール注入を行い、金属状態を与える単成分純有機物質 [1]、(ii)2次元伝導層を連結する水素結合プロトンの量子効果が効いて、ギャップレスの量子スピン液体状態を示す純有機物質 [2]、また(iii)重水素化により、置換したデューテロンが動いて、水素結合およびカップルしたπ電子系が非対称化し、180Kに及ぶ巨大な重水素効果を示す純有機物質について紹介する。

[1] T. Isono, H. Mori et al., Nature Commun., 4, 1344(1-6) (2013).

[2] T. Isono, H. Mori et al., Phys. Rev. Lett., in press.

宣伝用ビラ

KMB20140502.pdf(313)

物性セミナーのページ

http://huku.c.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/FSwiki/wiki.cgi/BusseiSeminar

駒場セミナーカレンダー(駒場内のみアクセス可)

http://huku.c.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/webcal/webcal.cgi

[ページのアクセス数: 0282175]

最終更新時間:2014年04月25日 09時21分35秒