トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

物性セミナー/2012-7-6

2012年 夏学期 第7回 物性セミナー

 講師 松田 巌 氏(東京大学物性研究所)

 題目 単原子層・超薄膜に閉じ込められた電子系のフェルミ面トポロジー制御

 日時 2012年 7月 6日(金) 午後4時30分 午後5時30分より(いつもと時間が異なります)

 場所 16号館 827

アブストラクト

1次元電子系、2次元電子系、ディラック電子など、半導体・絶縁体表面層及び吸着層では、特異な電子状態が形成する。これら表面・薄膜系では原子吸着やバルクへの原子ドーピングに伴って相転移を起こすなど、その量子物性は著しく変化する。特に金属系ではフェルミ面のトポロジー変化として光電子分光フェルミ面マッピングや電気伝導測定で観測される[1,2]。本講演では表面上の単原子層・超薄膜に閉じ込められた電子系について、そのフェルミ面のトポロジー制御について総括的に解説する。また本グループで立ち上げた新しい時間分解光電子分光システム[3]を紹介すると共に本テーマの今後の展望について議論する。

[1] Electronic structure study of ultra thin Ag(111) films modified by Si(111) substrate and by the √3x√3-Ag2Bi surface, M. Ogawa, P. M. Sheverdyaeva, P.Moras, D. Topwal, A.Harasawa, K. Kobayashi, C. Carbone, and I. Matsuda, J. Phys.: Condens. Matter 24 115501 (2012).

[2] Controlling the topology of Fermi surfaces in metal nanofilms, M. Ogawa, A. Gray, P. M. Sheverdyaeva, P. Moras, H. Hong, L.-C. Huang, S.-J. Tang, K. Kobayashi, C. Carbone, T.-C. Chiang, and I. Matsuda, Phys. Rev. Lett., accepted.

[3] Development of soft X-ray time-resolved photoemission spectroscopy systemwith a two-dimensional angle-resolved time-of-flight analyzer at SPring-8 BL07LSU, Manami Ogawa, Susumu Yamamoto, Yuka Kousa, Fumitaka Nakamura, Ryu Yukawa, Akiko Fukushima, Ayumi Harasawa, Hiroshi Kondo, Yoshihito Tanaka, Akito Kakizaki, and Iwao Matsuda, Rev. Sci. Instrum. 83, 023109 (2012).

宣伝用ビラ

KMB20120706.pdf(343)(修正:2012.7.3)

物性セミナーのページ

http://huku.c.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/FSwiki/wiki.cgi/BusseiSeminar

駒場セミナーカレンダー(駒場内のみアクセス可)

http://huku.c.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/webcal/webcal.cgi

[ページのアクセス数: 0276857]

最終更新時間:2012年07月03日 14時22分47秒