トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

物性セミナー/2009-5-29

2009年 夏学期 第3回 物性セミナー

 講師 小林 未知数 氏(東京大学理学系)

 題目 スピノールボース・アインシュタイン凝縮体と非可換量子渦

 日時 2009年 5月 29日(金) 午後4時30分

 場所 16号館 827

アブストラクト

超流動、超伝導、原子気体ボース・アインシュタイン凝縮(BEC)において現れる量子渦はtopological chargeと呼ばれる位相幾何学的な性質を持つ。topological chargeが非可換な代数構造を持つような量子渦を非可換量子渦と定義する。超伝導や超流動3He、4He、原子気体BECで今まで考えられてきた整数量子渦、分数量子渦はすべて可換量子渦であったが、最もシンプルな非可換量子渦がS=2スピノールボースアインシュタイン凝縮体のサイクリック相と呼ばれる相において実現されることを本セミナーの前半で説明する。またセミナーの後半では非可換量子渦の非可換性が複数の渦の衝突ダイナミクスにおいて顕著に表れることを説明する。具体的には2本の渦が衝突する際、可換量子渦とは異なって再結合や通り抜けが幾何学的に禁止され、2本の渦をつなぐ新しい渦が現れることを明らかにした。

宣伝用ビラ

KMB2009-0529.pdf(599)

物性セミナーのページ

http://huku.c.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/FSwiki/wiki.cgi/BusseiSeminar

駒場セミナーカレンダー(駒場内のみアクセス可)

http://huku.c.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/webcal/webcal.cgi

[ページのアクセス数: 0282286]

最終更新時間:2009年05月23日 14時07分47秒