トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

物性セミナー/2006-11-17

2006年 冬学期 第4回 物性セミナー

本日のセミナーは中止になりました.

急な連絡になり,申し訳ありません.

 講師 押川 正毅 氏(東大物性研)

 題目 「スピノール凝縮体における安定なスカーミオン」

 日時 2006年11月17日(金) 午後4時30分

 場所 16号館 827

アブストラクト

スカーミオン(トポロジカルに非自明な配位を持つ励起状態)は物理学の様々な分野で興味を持たれている。特に、近年はスピンを持つボース・アインシュタイン凝縮体によるスカーミオンの実現が議論されている。我々は、(擬)スピン1/2を持つ等方的なボース・アインシュタイン凝縮体におけるスカーミオンの可能性について検討した。その結果、2次元、3次元の自由空間中ではスカーミオンは安定に存在し得ないが、3次元で適当なポテンシャルを選べばその中でスカーミオン解が存在することを示した。講演では、スカーミオンに関する基礎的な事項のレビューを含め上記の結果を紹介したい。

宣伝用PDFビラ

2006-1117.pdf(745)

物性セミナーのページ

http://huku.c.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/FSwiki/wiki.cgi/BusseiSeminar

駒場セミナーカレンダー(駒場内のみアクセス可)

http://huku.c.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/webcal/webcal.cgi

[ページのアクセス数: 0278047]

最終更新時間:2006年11月17日 15時44分18秒