装置予約

PPMS/MPMSの共同利用について

0.410号室髙木研のPPMS(2台)/MPMS(1台)装置を共用装置として教室の構成員に開放します。必ず予約をしてから使ってください。

1.自由に使って構いませんが、年に二回(髙木研特別実験のオリエンテーションと一緒)の講習を受けてください。緊急に使用するために、講習を受けたい場合は要相談。

2.連続して予約できるのは2日まで(長くかかる測定の場合は要相談。)

3.予約をしておいて使わない場合は必ず担当者に連絡。予約していたにもかかわらず装置が放置されていた場合も下記のヘリウム代を請求します。

4.使用状況をログノートに必ず記載することと、ログ機能を使用すること。装置のパフォーマンスをチェックするために生データを後日求めることがあります。特に何らかの異常があった場合は必ず連絡すること。これらを怠った場合は、次回の使用を認めません。

5.ヘリウム代及び修理費等維持費として一日につき3500円の運営交付金移算をお願いします。

6.上記で賄えない修理費は髙木研で負担します。ただし、3Heを過度に消費する、ロッドを曲げるなど、明らかに使用者の過失の場合は、使用者に修理費用等の負担をお願いします。

PPMS 14T

PPMS 9T

休止中(再開は要相談)

MPMS