メンバー

教員

四本 裕子, Ph.D.

教授

ボストン大学およびマサチューセッツ総合病院リサーチフェロー、慶応大学特任准教授を経て2012年より東京大学総合文化研究科准教授に着任。2022年より現職。2005年、ブランダイス大学においてPh.D.を取得。専門は認知神経科学、知覚心理学。

大学院生

廣康 衣里紗 まり

博士課程 3年

私たちは時計がなくても時間の経過を把握し、リズムをとって音楽を楽しむことができますが、そういった時間知覚のメカニズムはどのようなものでしょうか。脳がどのように機能して時間の知覚をもたらすかはまだ解明されていません。私はパーキンソン病患者を対象とした行動実験から、ミリ秒単位の時間知覚における小脳と大脳基底核の機能について研究しています。

フーシュマンド チャトルーディー アミールマフムード

博士課程 1年

脳の中の様々な認知プロセスの様式は、遠く離れた神経集団全体で異なる活性化パターンを呼び出します。このように脳はマルチギアな振動マシンと言えるのです。私の研究では、感覚情報の伝達、空間的および時間的知覚、記憶トレースの記憶における脳の振動構造がどのように私たちの統合認知を可能にしているのかを、EEGやtACS、fMRIを用いて解き明かそうとしています。

 

木戸 照明

博士課程 1年

外界にあふれる視覚情報や聴覚情報は、しばしば時間情報を伴って現れ、私たちはそれら複数の時間情報を保持したり操作したりすることができます。私は、間隔時間知覚の機序の在り方に関心を持ち、とくに人がどのように複数個の間隔時間情報を同時に処理しているかを、行動実験等を用いて研究しています。

陳 維

博士課程 1年

How do we understand what is a “goal”, a “method” or “time”? I am interested in exploring how the neural representation of semantic, verbal and sensory information connects to the understanding of a concept in our brain. Is it just clusters of information, how are they organized, and finally, can we reproduce it in a silicon chip?

大塚 拓

修士過程 2年

例えば空港で行列の待ち時間を推測するとき、私たちは、列の長さ、列の進み具合、人数など、複数の情報を統合して判断をしています。私は、このような空間・時間・数といった大きさに関わる情報を統合する過程に興味を持ち、心理物理学や脳機能計測等を用いて研究しています。( WINGS-ABC 卓越RA)

杉山 翔吾

修士過程 2年

人間の脳は膨大な情報を処理する強力な演算システムですが、例えば錯視に代表されるように、しばしば間違いを犯します。私はこの客観的・物理学的事実と主観的・心理学的知覚との間に潜む関数関係に興味を持ち、心理学や神経科学を学んでいます。時間知覚や主体感といった複数の感覚から入力を受ける分野において研究を進め、脳という摩訶不思議なものに少しでも近づければと思っています。

原田 珠華

修士課程 1年

私にとって私の意識は確かに存在するのに対し、私以外の人間の意識が存在するかは私にはわからないので、私は私にとって唯一の特別な存在です。認知科学・神経科学的な見地からも、“自己” の表象はその他一般の認知的処理とは物理的・機能的に異なるシステムによって実現されている可能性が示唆されています。私は脳が自己と他者を区別するメカニズムや進化的背景に興味があり、行動実験や脳機能計測を通して研究していきたいと考えています。

日野原 花

修士課程 1年

「楽しい時間はあっという間」というように、私たちの時間に対する知覚は私たちが置かれる環境に非常に左右されます。私はこのような時間知覚が変化する時の状況や時間知覚の変化発生時の脳の活動について興味があり、行動実験や刺激装置などを用いて研究していきたいと考えています。

学部生

奧村 健

学部4年生

VR空間は人間の認知にどのような影響を与えるのでしょうか。たとえば、VRでゲームを遊んでいると、時間が早く過ぎるように感じられるという研究があります。このような現象の背景には体のリズムなどが関わっているとされていますが、まだまだ研究の余地が残されています。私はunityなどの3Dツールを用いて、VR空間用の刺激を作成しています。それらを用いて、主にVR空間での時間知覚を中心とした研究を進めていきたいです。

高山 泰子

学部4年生

同じ1時間でも長く感じたり短く感じたりするように、知覚は、その時々の環境によって変化しますし、個人差もあると思います。それでも普段のコミュニケーションが取れるくらいには一貫したところがあり、ある程度の一般化が可能です。私は知覚のそのようなところに興味を持っており、研究を通じてその仕組みについてもっと知りたいと思っています。