メンバー

教員

四本 裕子, Ph.D.

准教授

ボストン大学およびマサチューセッツ総合病院リサーチフェロー、慶応大学特任准教授を経て2012年より現職。2005年、ブランダイス大学においてPh.D.を取得。専門は認知神経科学、知覚心理学。

研究員

林 雯菁

特任研究員

大学院生

範 志偉

博士課程 3年

意識の時間的な特性は、空間的な特性と同じく重要であり、時間的な経験は、意識の基本的な内容です。神経振動と時間知覚の関係を調べることで、意識について新たな観点から理解することができます。私は今、心理物理的手法に加え、tACSや脳波計などの非侵襲的な技術で神経振動を検討することにより、時間知覚について研究しています。

伊藤 匠吾

修士課程 2年

ストップウォッチを特定の秒数で止める遊びをした人は多いでしょう。私たちは日常生活においても、無意識のうちに時間を正確に測っています。しかし、脳は時間をコードするための特定の感覚モダリティを持ちません。私は知覚時間が歪む現象、特に一定周期で明滅を繰り返すフリッカ刺激が静止刺激に比べ長く知覚される錯覚に注目し、このメカニズムを明らかにすることで時間知覚を実現する脳のシステムを理解したいと考えています。

高橋 久理

修士課程 2年

何を着て出かけるか、どっちの商品を買うか、どっちのカフェに行ってコーヒーとケーキを頼む…?私たちの普段の生活における決断は、私たちが見たり、触ったり、もしくは味わったりして感じる「美」の感覚に左右されることがよくあります。私は現在のプロジェクトで、美の感覚の神経メカニズムについてfMRIを用い、研究を行っています。特に、脳の機能的結合の状態がどのように私たちの美の感覚に影響を及ぼしうるか、着目をしています。

吉松 弘志

修士課程 2年

私たちの知覚は外界の情報を目や耳などの感覚器官を通じて刺激として受け取り、そこから必要な情報を抽出することで達成されます。私は、いかにしてこのような情報抽出が行われているのかに興味を持っています。現在は、視覚刺激が時間長の知覚に与える影響に着目し、時間の知覚がどのようにして達成されているのかについて心理物理学的手法を用いて研究しています。

李 露荷 (小池研)

修士課程 2年

私たちの知覚世界は脳によって作られています。あらゆる知覚には外界世界を理解するための神経活動が関わっています。私が興味を持っているのは、どのようにニューロンが働き、どのような場合に外界の把握に失敗するかということです。現在、私はフリッカが誘発する時間過大視について脳波を用いて研究しており、刺激、脳活動、そして知覚の三者の関係を明らかにしたいと考えています。

廣康 衣里紗 まり

修士課程 2年

私たちは時計がなくても時間の経過を把握し、リズムをとって音楽を楽しむことができますが、そういった時間知覚のメカニズムはどのようなものでしょうか。脳がどのように機能して時間の知覚をもたらすかはまだ解明されていません。私はパーキンソン病患者を対象とした行動実験から、ミリ秒単位の時間知覚における小脳と大脳基底核の機能について研究しています。

飯塚 理子

修士課程 1年

野村 圭史

修士課程 1年

学部生

勝井 将五

学部4年生

保坂 太志

学部4年生

川原 瞳

学部3年生

木戸 照明

学部3年生