先端人工知能学教育寄付講座

先端人工知能学寄付講座

目的

本講座は企業8社から総額9億の寄付を得て2016年6月に設置されました.2021年3月まで5年間の活動予定です.

目的は以下の3つです.

    1. AIの教育と研究

特に深層学習(Deep Learning)を扱える人材の育成を中心課題としていますが,これは単なるDLのユーザの育成ではなく,DL自体の研究開発やそのプラットフォームが構築できるような人材の育成を目指しています.そのためにもDLに特化することなく,広くAI全体の枠組みの中にDLを位置付けた教育や研究を行います.

    1. 正しいAIの認識を広める

1.とも関連しますが,AI=DLではありません.従来からの記号的知識表現や推論と,新しいAIの眼としてのDLを融合させることが次世代のAIの出発点であると考えています.講義や講演を通じてこの考え方を普及させます.

    1. 日本のAI研究の底上げ

日本の様々なAIの教育研究活動をサポートしたいと考えています.特に若手グループの支援を念頭に活動して行きます.

また,海外との連携強化も行います.特にカリフォルニアにおけるシンギュラリティ大学の活動との連携を始めています.

講座の研究室は角川本郷ビルの8, 9Fに設置されています.また,このビルの4FにはドワンゴAI研究所,5Fにはオムロン,7Fにはトヨタなど寄付企業の一部も結集しています.