講議科目・内容

医療イノベーション特論T 医療イノベーション分析のためのフレームワーク思考の養成

科目番号 科目名・単位数・英訳 担当教官氏名 令和3年度開講 学期 曜日 時間 講義室
47240-48 医療イノベーション特論T
Advanced Lecture on Biomedical Innovation I
加納 信吾 S2 6限 柏/
白金/
本郷

<主題と目標>
医療イノベーション分析のためのフレームワーク思考の養成:
イノベーションを分析する基礎的訓練を積むため、ビジネスモデル分析の基本形としてのフレームワーク思考のトレーニング(ドメイン分析、モジュール分析)から始めて、技術マッピング、産業のプロセス分解、技術移転分析等、様々な分析手法を導入し、分析事例を紹介する。さらに、コア能力のデザイン、プロジェクト編成、提携による事業開発、資金調達と企業価値等の分析視点の導入を踏まえて、具体的なバイオベンチャー企業のケーススタディを行う。2回設定されている演習発表では、参加者は同じ分析フレームワークの元で作成したケーススタディを発表し、参加者同士のQ&Aセッションを通じて理解を深める。
The course is an Entrepreneur Education for life science researchers and the objective is to learn how science and industry interact each other. Starting from the business model analysis using various analytical frameworks, the Lecturer will provide multi-level analysis including product-level, corporate-level and industry-level for the design of pharmaceutical industry, regenerative medicine, personalized medicine and fermentation industry to learn total value chain of the industry. In the final part, Covers the process of identifying and quantifying market opportunities, then conceptualizing, planning, and starting a new, technology-based enterprise. Topics include opportunity assessment, the value proposition, the entrepreneur, legal issues, the business plan, the founding team, seeking customers and raising funds. Students develop detailed business plans for a start-up. Intended for students who want to learn about how science covert to business, further develop an existing business, be a member of a management team in a new enterprise, or better understand the entrepreneur and the entrepreneurial process.

<担当講師>
加納 信吾 (メディカル情報生命専攻 バイオイノベーション政策分野 教授)

<学期・講義室>
夏学期・水曜日・18:45-20:30
柏:生命棟 講義室
白金台:医科研 2号館2階大講義室(中継)
本郷:分生研本館2階会議室(206号室)(中継)
新型コロナ肺炎の感染状況次第ではオンライン講義に移行する。

<日程2021>
水曜日 6限 18:45-20:30:講師 加納信吾 教授
1. 6月9日(水):事業領域(ドメイン)(加納)
2. 6月16日(水):モジュール化と統合化(加納)
3. 6月23日(水):演習:研究室のドメイン分析(加納)
4. 6月30日(水):大学の創薬研究と特許出願(加納)
5. 7月7日(水):「生存限界」と「プロセス分解」による産業分析(加納)
6. 7月14日(水):ベンチャー必要論の背景と5つの分析視点(加納)
7. 7月21日(水):課題発表(ベンチャー企業分析)と討議(加納)
Friday 18:45-20:30: Lecturer: Dr. Shingo Kano
 1. June 9:Domain Analysis (Kano)
 2. June 16:Module Analysis (Kano)
 3. June 23:Presentation: My Lab's Domain (Kano)
 4. June 30:Drug Discovery Research and University Patenting (Kano)
 5. July 7:Value-chain Analysis and Process Analysis(Kano)
 6. July 14:University Start-ups and Corporate Analysis(Kano)
 7. July 21:Presentation: Analysis of public biotechs (Kano)

<成績評価方法>
(1)講義への出席(60%)
一定数の出席は内容理解の前提である。
(2)演習への参加(40%)
演習への参加と発表を重視する。提示されたフレームワークに対してケースを探索し、手を動かして資料を作成し、人前で発表することがトレーニングになると考えている。

<教科書・参考書等>
・講師の配布マテリアル(メール・サイボウズによる配布も含む。)

<受講に関する要件等>
なし