我々の研究室では、細胞レベルで起こる成長、適応、分化、進化などを研究しています。生物は多様ですが、その一方でそれらすべてに通底する共通ルールや性質も存在するようです。そのような一般的な性質を定量性のある形で記述できる「現象論」の構築に向けて、実験、理論の両面から研究を進めています。また、生細胞のふるまいをこれまでにない精度で計測できる「1細胞計測ツール」の開発にも力を入れています。



NEWS

2015.04 研究室に新しいメンバーが加わりました。
2015.02 Winter q-bio Meetingで中岡さん、橋本君、小野さん、菊池君が、Biophysical Societyで野添君が発表しました。
2015.01  構成・システム生物学のレポート課題について
2014.10 細胞集団の適応ダイナミクスと細胞状態の揺らぎについて解説しました。(野添ら(2014) 生体の科学)
2014.04  研究室に新しいメンバーが加わりました
2014.04  野添君が学術振興会特別研究員(DC2)に採用されました
2014.04  研究室HPが復旧しました。長い間の不具合、ご迷惑をおかけしました
2014.03  「2013年サイエンス誌に載った日本人研究者」(link)にて研究が紹介されました
2013.10  研究室に新しいメンバーが加わりました
2013.09  マイコバクテリアの成長・分裂の1細胞解析について、論文を発表しました(Santi, I., et al. (2013) Nature Communications)。
2013.05  研究室に新しいメンバーが加わりました
2013.04  1細胞レベルの表現型のばらつきと集団ダイナミクスの関係についての解説を発表しました(
野添ら (2013) 実験医学
2013.04  橋本君が学術振興会特別研究員(DC2)に採用されました
2013.01  バクテリアのパーシスタンス現象に関する論文を発表しました(Wakamoto, Y., et al. (2013) Science)。この成果は、東京大学と科学技術振興機構(JST)から共同でプレスリリースされました。また、AAASのNewsNature Reviews MicrobiologyF1000などで取り上げられています
2012.12  橋本君が第35回日本分子生物学会年会でポスター発表をしました
2012.11  橋本君、野添君、小野さん、清田君が定量生物の会 第五回年会でポスター発表をしました
2012.09  野添君、小野さんが第50回日本生物物理学会で研究発表をしました
2012.08  野添君が、デンマークで行われたサマースクール”DNA dynamics and life strategies”に参加し、研究発表をしました
2012.04  研究室に新しいメンバーが加わりました
2012.03  橋本君、野添君、KatrinがBiophysical Society 56th Annual Meetingでポスター発表をしました
2011.11  橋本君が"5th International Conference on Analysis of Microbial Cells at the Single Cell Level"でポスター発表をし、First Awardを受賞しました
2011.10  研究室に新しいメンバーが加わりました
2011.09  細胞系統樹解析に関する論文を発表しました(Wakamoto, Y., et al. (2011) Evolution
2011.09  橋本君と野添君が第49回日本生物物理学会年会で口頭発表を行いました
2011.08  非平衡環境下でのベシクルダイナミクスに関する論文を発表しました(Tomita, T., et al. (2011) Langmuir
2011.03  野添君が一高記念賞を受賞しました
2011.03  橋本君と野君がBiophysical Society 55th Annual Meetingでポスター発表をしました
2010.12  富田君がPACIFICHEM2010でポスター発表をしました