現在、我々の足元を構成する地圏は、エネルギー資源採取、地下水利用、廃棄物処分、トンネルや地下街の開発等、 高度に発達した人間活動を支えるために利用されています。一方では、その結果として、環境改変に伴う課題が多く発生してきています。

本研究室では、人間と自然の係わり合いがもたらす地圏環境変化の把握・予測と、 環境調和型地圏利用のために必要な技術開発を目指して研究を行っています。

東京大学の活動制限指針 レベルA(10/4~)