丹野義彦 略歴と研究業績

 

2017130日現在

 

略歴

 

1954年 宮城県生まれ

 

1978年 東京大学 文学部 心理学科 卒業

 

1981年 東京大学 大学院 人文科学研究科 心理学専攻 修士課程 修了(文学修士)

 

1985年 群馬大学 大学院 医学研究科 生理学系専攻 博士課程 修了(医学博士)

 

1985年 群馬大学 医療技術短期大学部 講師

 

1991年 東京大学 教養学部 助教授

 

2006年 東京大学 大学院総合文化研究科 教授

 

2011年 日本学術会議 (1) 会員

 

おもな学会活動

 

日本心理学会 常務理事(2009年~2011年)

 

日本認知療法学会 幹事(2001年~)

 

日本認知療法学会 編集委員長(2008年~2013年)

 

日本行動療法学会 常任理事(2007年~2013)

 

日本行動療法学会 副理事長(2013年~)

 

 

 

研究業績(学会発表,紀要などは省略)

 

 

●2017

 

査読付論文

1.        Nakajima, M., Takano, K., & Tanno, Y. Adaptive functions of self-focused attention: Insight and depressive and anxiety symptoms. Psychiatry Research, 249, 275-280, 2017.

 

 

●2016

 

査読付論文

1.        Hoshino, T., & Tanno, Y. Trait anxiety and impaired control of reflective attention in working memory. Cognition and Emotion, 30, 369-377. 2016.

2.        Lin, M., & Tanno, Y. The Influence of Stress on Human Memory: Differences among Subjected Timing of Acute Stress. International Journal of Psychological Studies, 8, 65-71, 2016.

3.        Nishiguchi, Y., Takano, K., & Tanno, Y. The need for cognition mediates and moderates the association between depressive symptoms and impaired effortful control. Psychiatry Research, 241, 8-13. 2016.

4.        Takano, K., Iijima, Y., Sakamoto, S., Raes, F., & Tanno, Y. Is self-positive information more appealing than money? Individual differences in positivity bias according to depressive symptoms. Cognition and Emotion, 30, 1402-1414, 2016.

5.        長谷川晃・服部陽介・西村春輝・丹野義彦:抑うつエピソードの経験者と未経験者における社会的問題解決と反すうの差異:日本人大学生を対象として. パーソナリティ研究, 25, 162-165, 2016.

6.        森正樹・丹野義彦:自己反芻から脱中心化への影響に対する自己内省の緩衝作用. パーソナリティ研究, 25, 158-161, 2016.

 

 

●2015

 

査読付論文

1.        Hasegawa, A., Yoshida, T., Hattori, Y., Nishimura, H., Morimoto, H., & Tanno, Y. Depressive rumination and social problem solving in Japanese university students. Journal of Cognitive Psychotherapy, 29, 134-152. 2015.

2.        Hasegawa, A., Hattori, Y., Nishimura, H., & Tanno, Y. Prospective associations of depressive rumination and social problem solving with depression: A 6-month longitudinal study. Psychological Reports, 116, 870-888. 2015.

3.        Kobayashi, M., & Tanno, Y. Remembering episodic memories is not necessary for forgetting of negative words: Semantic retrieval can cause forgetting of negative words. Psychonomic Bulletin and Review, 22, 766-771. 2015.

4.        Mori, M., Takano, K., & Tanno, Y. Role of self-focus in the relationship between depressed mood and problem solving. Motivation and Emotion, 39, 827-838. 2015.

5.        Mori, M., & Tanno, Y. Mediating role of decentering in the associations between self-reflection, self-rumination, and depressive symptoms. Psychology, 6, 613-621. 2015.

6.        Nishiguchi, Y., Takano, K., & Tanno, Y. Explicitly guided attentional bias modification promotes attentional disengagement from negative stimuli. Emotion, 15, 731-741. 2015.

7.        Takano, K., Iijima, Y., Sakamoto, S., Raes, F., & Tanno, Y. Is self-positive information more appealing than money? Individual differences in positivity bias according to depressive symptoms. Cognition and Emotion, 29, 1-13. 2015.

8.        服部陽介川口潤丹野義彦:抑制意図が抑うつ者の気晴らしへの動機づけに与える影響交通事故を目撃した直後の気晴らしに関する場面想定法を用いた検討. モチベーション研究, 27-34, 2015.

9.        服部陽介丹野義彦:思考抑制に関するメタ認知的信念が侵入思考に与える影響. 心理学研究, 86, 62-68, 2015.

10.     中島実穂服部陽介丹野義彦:ハーディネスを媒介して自己内省が抑うつに与える影響. 心理学研究, 86, 347-353, 2015.

著書

11.     丹野義彦:イタリア・アカデミックな歩きかた-都市をめぐる教養散策.有斐閣.2015

12.     丹野義彦・石垣琢麿・毛利伊吹・佐々木淳・杉山明子:臨床心理学 (New Liberal Arts Selection).有斐閣.2015

13.     貝谷久宣・久木富房・丹野義彦(監修),福居顯二・土田英人(監訳):エビデンス・ベイスト心理療法シリーズ ギャンブル依存.金剛出版.2015

 

 

●2014

 

査読付論文

1.        Takano, K., Iijima, Y., Sakamoto, S., & Tanno, Y. Exploring the cognitive load of negative thinking: a novel dual-task experiment. Journal of Behavior Therapy and Experimental Psychiatry, 45, 435-440. 2014.

2.        Takano, K., Ueno, M., & Tanno, Y. Self-focused thinking predicts nighttime physiological de-arousal. Biological Psychology, 97, 9-14. 2014.

3.        Takano, K., Sakamoto, S., & Tanno, Y. Repetitive thought impairs sleep quality: an experience sampling study. Behavior Therapy, 45, 67-82. 2014.

4.        服部陽介本間喜子丹野義彦:思考抑制に関するメタ認知的信念と逆説的効果の関係. 心理学研究, 85, 354-363, 2014.

5.        飯島雄大丹野義彦:思考抑制と心配に関するネガティブな信念の相互因果的関係. 臨床心理学, 14, 412-416, 2014.

6.        石垣琢麿・則包和也・川添郁夫・丹野義彦・細野正人:個人用メタ認知トレーニング (Metacognitive Training plus; MCT+) 日本語版の開発. 精神医学, 56, 65-74. 2014.

7.        中島実穂森正樹小口孝司丹野義彦:反芻・省察を変動させる対人ストレスイベントの種類. パーソナリティ研究, 23, 101-104. 2014.

著書

8.        貝谷久宣・久木富房・丹野義彦(監修),松見淳子(監訳):エビデンス・ベイスト心理療法シリーズ ADHD.金剛出版.2014

9.        貝谷久宣・久木富房・丹野義彦(監修),岸本年史(監訳):エビデンス・ベイスト心理療法シリーズ 統合失調症.金剛出版.2014

総説その他

10.     丹野義彦:特集にあたって 認知行動療法の研修体制とワークショップ. 認知療法研究, 7, 6-8, 2014.

11.     丹野義彦:心理療法の共通要因と認知療法ではどちらがうつ病に対して効果があるか効果量の再分析. 認知療法研究, 7, 1-5, 2014.

12.     丹野義彦佐藤寛:うつ病研究の現状紹介 心理士によるうつ病に対する認知行動療法の効果研究. Depression Frontier, 12, 73-77, 2014.

 

 

 

●2013

 

査読付論文

1.     Asai, T., & Tanno, Y. Why must we attribute our own action to ourselves? Auditory hallucination like-experiences as the results both from the explicit self-other attribution and implicit regulation in speech. Psychiatry Research, 207, 179-188. 2013.

2.     Iijima, Y., & Tanno, Y. The moderating role of positive beliefs about worry in the relationship between stressful events and worry. Personality and Individual Differences, 55, 1003-1006. 2013.

3.     Kanemoto, M., Asai, T., Sugimori, E., & Tanno, Y. External misattribution of internal thoughts and proneness to auditory hallucinations: the effect of emotional valence in the Deese-Roediger-McDermott paradigm. Frontiers in Human Neuroscience, 7, 351. 2013.

4.     Moriya, J., Tanno, Y., & Sugiura, Y. Repeated short presentations of morphed facial expressions change recognition and evaluation of facial expressions. Psychological Research, 77, 698-707. 2013.

5.     Sasaki, J., Wada, K., & Tanno, Y. Understanding egorrhea from cultural-clinical psychology. Frontiers in Psychology, 4, 894. 2013.

6.     Stoeber, J., Kobori, O., Tanno, Y. Perfectionism and Self-Conscious Emotions in British and Japanese Students: Predicting Pride and Embarrassment After Success and Failure. European Journal of Personality. 27, 59-70, 2013.

7.     Sugimori, E., Asai, T., & Tanno, Y. The potential link between sense of agency and output monitoring over speech. Consciousness and Cognition, 22, 360-374. 2013.

8.     Sugiura, T., Sugiura, Y., & Tanno, Y. Relationships among refraining from catastrophic thinking, worrying, and metacognitive beliefs. Psychological Reports, 113, 1013-1026. 2013.

9.     小林正法・丹野義彦:エフォートフル・コントロールは検索誘導忘却を予測する.パーソナリティ研究, 22, 77-79. 2013.

10.  林明明・丹野義彦:学習後ストレスが記憶に及ぼす影響.ストレス科学, 28, 118-124. 2013.

11.  森正樹・丹野義彦抑うつとストレッサーの関連に対する省察の調整作用. パーソナリティ研究. 22, 189-192, 2013.

著書

12.  貝谷久宣・久保木富房・丹野義彦(監修),福居顕二・土田英人(監訳):エビデンス・ベイスト心理療法シリーズ アルコール使用障害.金剛出版.2013

13.  津田彰・大矢幸広・丹野義彦(編):叢書・実証にもとづく臨床心理学 第7巻 臨床ストレス心理学.東京大学出版会.2013.

14.  丹野義彦:認知 統合失調症.無藤隆・子安増生(編)発達心理学II.東京大学出版会.pp. 322-327. 2013.

 

 

 

●2012

 

査読付論文

1.     Asai, T., Sugimori, E., & Tanno, Y. The body knows what it should do: automatic motor compensation for illusory heaviness contagion. Frontiers in Psychology, 3:244. 2012.

2.     Iijima, Y., & Tanno, Y. The rebound effect in the unsuccessful suppression of worrisome thoughts. Personality and Individual Differences, 53, 347-350. 2012.

3.     Kobayashi, M. & Tanno, Y. Retrieval-induced forgetting of words with negative emotionality. Memory. 315-23. 2012.

4.     Kobori, O., & Tanno, Y. Self-Oriented Perfectionism and its relationship to Selective Attention. An experimental examination using social cognitive paradigm. Japanese Psychological Research. 54, 418-423. 2012.

5.     Lin, M., & Tanno, Y. Enhancing effects of post-learning stress on memory. Psychology,説明: 説明: http://search.proquest.com/assets/r20161.5.0-10/core/spacer.gif3, 419-423. 2012.

6.     Takano, K., Iijima, Y., & Tanno, Y. Repetitive thought and self-reported sleep disturbance. Behavior Therapy, 43, 779-789. 2012.

7.     飯島雄大・丹野義彦:認知的負荷がマインドワンダリングの時間方向に及ぼす影響.心理学研究, 83, 232-236. 2012.

8.     小林正法・丹野義彦:感情虚記憶に対する検索誘導性忘却.感情心理学研究, 20, 1-8. 2012.

9.     林明明・丹野義彦:ストレス負荷後の記憶に及ぼす不安の効果.パーソナリティ研究, 21, 194-196. 2012.

10.  西口雄基・丹野義彦:抑うつ的注意バイアスに対する刺激の自己概念関連性の影響.パーソナリティ研究, 21, 91-93. 2012.

11.  高野慶輔・坂本真士・丹野義彦:機能的・非機能的自己注目と自己受容,自己開示.パーソナリティ研究, 21, 12-22. 2012.

著書

12.  貝谷久宣・久保木富房・丹野義彦(監修),福井至(監訳):エビデンス・ベイスト心理療法シリーズ 児童虐待.金剛出版.2012

13.  丹野義彦:イギリスこころの臨床ツアー:大学と精神医学・心理学臨床施設を歩く.星和書店.2012

総説その他

14.  佐藤寛・丹野義彦:日本における心理士によるうつ病に対する認知行動療法の系統的レビュー.行動療法研究, 38, 157-167, 2012.

 

 

 

●2011

 

査読付論文

1.     Asai, T., Sugimori, E., Bando, N., & Tanno, Y. The hierarchic structure in schizotypy and the five-factor model of personality. Psychiatry Research. 185. 78-83. 2011.

2.     Asai, T., Sugimori, E., & Tanno, Y. Schizotypal personality traits: Auditory hallucination-like experiences and atypical hemispheric lateralization. Advances in Psychology Research. 74. 127-143. 2011.

3.     Asai, T., Sugimori, E., & Tanno, Y. A psychometric approach to the relationship between hand-foot preference and auditory hallucinations in the general population: Atypical cerebral lateralization may cause an abnormal sense of agency. Psychiatry Research. 189, 220-7. 2011.

4.     Asai, T., Mao, Z., Sugimori, E., & Tanno, Y. Rubber hand illusion, empathy, and schizotypal experiences in terms of self-other representations. Consciousness and Cognition. 20, 1744-50. 2011.

5.     Moriya, J., & Tanno, Y. The time course of attentional disengagement from angry faces in social anxiety. Journal of Behavior Therapy and Experimental Psychiatry, 42, 122-128. 2011.

6.     Moriya, J., & Tanno, Y. Exogenous attention to angry faces in social anxiety: A perceptual accuracy approach. Cognition & Emotion, 25, 1165-1175. 2011.

7.     Moriya, J., & Tanno, Y. Processing of task-irrelevant natural scenes in social anxiety. Acta Psychologica, 138, 162-170. 2011.

8.     Sugimori, E., Asai, T., & Tanno, Y. Sense of agency over thought: External misattribution of thought in a memory task and proneness to auditory hallucinations. Consciousness and Cognition. 20, 688-95. 2011.

9.     Takano, K., Sakamoto, S., & Tanno, Y. Ruminative and reflective forms of self-focus: Their relationships with interpersonal skills and emotional reactivity under interpersonal stress. Personality and Individuals Differences, 51, 515-520. 2011.

10.  Takano, K. & Tanno, Y. Diurnal variation in rumination. Emotion, 11, 1046-1058. 2011.

著書

11.  石垣琢麿・丹野義彦(監訳),東京駒場CBT研究会(訳):統合失調症を理解し支援するための認知行動療法.金剛出版.2011

12.  小堀修・清水栄司・丹野義彦・伊豫雅臣(監訳):強迫性障害への認知行動療法:講義とワークショップで身につけるアートとサイエンス.星和書店.2011

13.  貝谷久宣・久保木富房・丹野義彦(監修),切池信夫(監訳):エビデンス・ベイスト心理療法シリーズ 摂食障害.金剛出版.2011

14.  貝谷久宣・久保木富房・丹野義彦(監修),鈴木伸一(監訳):エビデンス・ベイスト心理療法シリーズ 社交不安障害.金剛出版.2011

15.  貝谷久宣・久保木富房・丹野義彦(監修),岡本泰昌(監訳):エビデンス・ベイスト心理療法シリーズ 双極性感情障害.金剛出版.2011

総説その他

16.  丹野義彦・奥村泰之・上野真弓・高野慶輔・星野貴俊・飯島雄大・小林正法・林明明・磯村昇太:心理師が実施するうつ病への認知行動療法は効果があるか-系統的文献レビューによるメタ分析.認知療法研究, 4, 8-15. 2011.

 

 

 

●2010

 

査読付論文

1.     Asai, T., Sugimori, E., & Tanno, Y. Two agents in the brain: Motor control of unimanual and bimanual reaching movements. PLoS ONE, 5, e10086. 2010.

2.     Kobayashi, M. & Tanno, Y. Temporal stability and strategies of memory suppression, Psychomed, 5, 11, 2010.

3.     Lin, M. & Tanno, Y. Individual differences in the effect of acute stress on words memory. Psychomed, 5, 10, 2010.

4.     Moriya, J., & Tanno, Y. Attentional resources in social anxiety and the effects of perceptual load. Cognition & Emotion, 24, 1329-1348, 2010.

5.     Stoeber, J., Kobori, O., & Tanno, Y. The Multidimensional Perfectionism Cognitions Inventory-English (MPCI-E): Reliability, validity, and relationships with positive and negative affect. Journal of Personality Assessment, 92, 16-25, 2010.

6.     Sugimori, E. & Tanno, Y. Effects of positive and negative delusional ideation on memory. International Journal of Psychology. 45, 90-101. 2009.

7.     Sugimori, E. & Tanno, Y. The effects of cognitive activity and perceptual details on speech source monitoring. British Journal of Psychology, 45, 90-101. 2010.

8.     Sugimori, E., Asai, T., & Tanno, Y. Sense of agency over speech and proneness to auditory hallucinations: The reality monitoring paradigm. Quarterly Journal of Experimental Psychology, 11, 1-17. 2010.

9.     Takano, K., & Tanno, Y. Concreteness of thinking and self-focus. Consciousness and Cognition, 19, 419-425. 2010.

10.  上野真弓・高野慶輔・浅井智久・丹野義彦:日本語版オックスフォード統合失調型パーソナリティ尺度の信頼性と妥当性.パーソナリティ研究,181611642010

11.  林明明・丹野義彦:ハーディネスが主観的ストレスへ与える影響ストレス負荷課題による検討.パーソナリティ研究,181681702010

12.  飯島雄大・佐々木淳・板東奈緒子・浅井智久・毛利伊吹・丹野義彦:日本語版Schizotypal Personality Questionnaireの作成と統合失調型パーソナリティにおける因子構造の検討.行動療法研究,3629412010

13.  高野慶輔・丹野義彦:反芻に対する肯定的信念と反芻・省察.パーソナリティ研究,1915242010

14.  浅井智久・丹野義彦:声の中の自己と他者-幻聴の自己モニタリング仮説.心理学研究,812472612010

15.  浅井智久・山内貴史・杉森絵里子・坂東奈緒子・丹野義彦:統合失調型パーソナリティと統合失調症の連続性.心理学評論, 53, 240-261. 2010.

著書

16.  石垣琢麿・丹野義彦(監訳),東京駒場CBT研究会(訳):認知行動療法100のポイント.金剛出版.2010

17.  東條吉邦・大六一志・丹野義彦(編):叢書・実証にもとづく臨床心理学 第6巻 発達障害の臨床心理学.東京大学出版会.2010

18.  丹野義彦:心理学で進む三つのパラダイムシフト.坂本真士・杉山崇・伊藤絵美(編)臨床に活かす基礎心理学.東京大学出版会.pp. 30-32. 2010.

19.  丹野義彦・山内崇史(訳)認知療法 アルバート・エリス,アーロン・ベック 津田彰・山崎久美子(監訳)ジェームズ・プロチャスカ,ジョン・ノークロス(著)心理療法のシステム第6版.金子書房.pp. 348-391. 2010

20.  丹野義彦:アメリカこころの臨床ツアー:アメリカ精神医学・心理学臨床施設の紹介.星和書店.2010

総説その他

21.  丹野義彦・浅井智久:臨床心理学と基礎的心理学の協調は欧米のトレンドである-統合失調型パーソナリティの認知心理学的研究を中心に.基礎心理学研究. 29, 43-46. 2010.

 

 

 

●2009

 

査読付論文

1.     Asai, T. & Tanno, Y. Schizotypy and handedness in Japanese participants; revisited. Laterality, 14, 86-94, 2009.

2.     Asai, T., Sugimori, E., & Tanno, Y. Schizotypal personality traits and atypical lateralization in motor and language functions. Brain and Cognition, 71, 26-37, 2009.

3.     Kobori, O., Hayakawa, M., & Tanno, Y. Do perfectionists raise their standards after success? An experimental examination of the revaluation of standard setting in perfectionism. Journal of Behavior Therapy and Experimental Psychiatry, 40, 515-521, 2009.

4.     Moriya, J. & Tanno, Y. Competition between endogenous and exogenous attention to nonemotional stimuli in social anxiety. Emotion, 9, 739-743, 2009.

5.     Moriya, J. & Tanno, Y. Dysfunction of attentional networks for non-emotional processing in negative affect. Cognition & Emotion, 23, 1090-1105, 2009.

6.     Takano, K., & Tanno, Y. Self-rumination, self-reflection, and depression: Self-rumination counteracts the adaptive effect of self-reflection. Behaviour Research and Therapy, 47, 260-264, 2009.

7.     Yamauchi, T., Sudo, A., & Tanno, Y. Perceptions of paranoid thoughts in a nonclinical group of college students. Psychological Reports, 104, 699-710, 2009.

8.     Yamauchi, T., Sudo, A., & Tanno, Y. Relationship between anger and paranoid thoughts in a nonclinical sample. Psychological Reports, 105, 375-380, 2009.

9.     杉森絵里子・浅井智久・丹野義彦:健常者用幻聴様体験尺度(AHES)の作成および信頼性・妥当性の検討.心理学研究,503893962009

10.  浅井智久・高野慶輔・杉森絵里子・丹野義彦:自己主体感を測定する尺度の開発と因子構造の探索.心理学研究,504144212009

11.  山内貴史・須藤杏寿・丹野義彦:日本語版パラノイア・チェックリストの因子構造および妥当性の検討.パーソナリティ研究, 17, 182-193. 2009.

12.  星野貴俊・丹野義彦:自我漏洩感における体験率の個人差を説明するパーソナリティ要因.パーソナリティ研究17, 226-228. 2009.

13.  高野慶輔・丹野義彦:抑うつと私的自己意識の2側面に関する縦断的研究.パーソナリティ研究,172612692009

14.  上野真弓・丹野義彦・石垣琢麿:大学生の持つ抑うつ傾向と攻撃性との関連:攻撃性の4つの下位尺度を踏まえて.パーソナリティ研究,1871732009

15.  山内貴史・須藤杏寿・丹野義彦:日本語版Brief Core Schema Scalesの信頼性・妥当性.心理学研究, 79, 498-505. 2009.

著書

16.  丹野義彦・利島保(編)医療心理学を学ぶ人のために.世界思想社.2009.

17.  丹野義彦:臨床心理学.文藝春秋編:東大教師が新入生にすすめる本2.文藝春秋.2009pp. 116-119.

18.  丹野義彦・石垣琢麿:「臨床心理学」「異常心理学」 ブリタニカ国際大百科事典,ブリタニカジャパン,2009

19.  丹野義彦・坂本真士・石垣琢麿:心理学入門コース6 臨床と性格の心理学.岩波書店. 2009.

総説その他

20.  丹野義彦:世界の認知行動療法の現状と将来.認知療法研究, 2, 1-5. 2009.

 

 

 

●2008

 

査読付論文

1.     Kobori, O., & Tanno, Y. Self-Oriented Perfectionism and excessive information gathering. Australian Journal of Psychology, 60, 26-30. 2008.

2.     Asai, T. & Tanno Y. Bimanual coordination in predicting one’s own movements in motor control. International Journal of Psychology, 43, 442, 2008.

3.     Yamauchi, T., Sudo, A. & Tanno, Y. Characteristics of paranoid thoughts in a non-clinical population. International Journal of Psychology, 43, 524, 2008.

4.     Hoshino, T. & Tanno, Y. Independent – interdependent self-schemas and Taijin kyofusho symptoms in Japan: Cultural factors in social anxiety variants. International Journal of Psychology, 43, 677, 2008.

5.     Takano, K. & Tanno, Y. Reciprocal relation between rumination and depression. International Journal of Psychology, 43, 519, 2008.

6.     Sasaki, J. & Tanno, Y. Prediction of psychiatrists on the incidence of Egorrhea symptoms among university students in Japan. International Journal of Psychology, 43, 515, 2008.

7.     Asai, T., & Tanno, Y. Highly schizotypal students have a weaker sense of self-agency. Psychiatry and Clinical Neurosciences. 62, 115-119. 2008.

8.     Asai, T., Sugimori, E., & Tanno, Y. Schizotypal personality traits and prediction of one's own movements in motor control: What causes an abnormal sense of agency? Consciousness and Cognition, 17. 1131-1142. 2008.

9.     Asai, T., Sugimori, E., & Tanno, Y. A Secret of Hypnosis: A Dynamic Rubber Hand Illusion. Nature Precedings 2008.

10.  Moriya, J., & Tanno, Y. Relationships between negative emotionality and attentional control in effortful control. Personality and Individual Differences, 44, 1348-1355. 2008.

11.  大友和則・上野真弓・松嶋隆二・丹野義彦:高不安者における選択的注意と注意の解放の困難さ-ドットプローブ課題を用いて.パーソナリティ研究,162532552008

12.  高野慶輔・丹野義彦:Rumination-Reflection Questionnaire日本語版作成の試み.パーソナリティ研究,162592612008

13.  浅井智久・丹野義彦:統合失調症の認知神経心理学的研究から見た自己意識-自己モニタリングとsense of self-agency-.心理学評論, 50, 371-383. 2008.

14.  山内貴史・須藤杏寿・丹野義彦:被害妄想観念と性格特性-5因子モデルおよび帰属スタイルとの関連.カウンセリング研究, 41, 161-168. 2008.

著書

15.  長谷川寿一・東條正城・大島尚・丹野義彦・廣中直行:はじめて出会う心理学(改訂版).有斐閣.2008

16.  杉浦義典・丹野義彦:パーソナリティと臨床の心理学:次元モデルによる統合.培風館.2008

17.  伊藤絵美・丹野義彦(編著):認知療法・認知行動療法事例ワークショップ(1).星和書店.2008

18.  丹野義彦:認知療法・認知行動療法の実践家を育てるためには.伊藤絵美・丹野義彦 (編著):認知療法・認知行動療法事例ワークショップ(1).星和書店.pp. 1-8, 2008

19.  丹野義彦・坂野雄二(代表編者)世界行動療法認知療法会議神戸大会プログラム委員会(編):ワークショップから学ぶ認知行動療法の最前線 PTSD,強迫性障害,統合失調症,妄想への対応.金子書房.2008.

20.  丹野義彦・坂野雄二(代表編者)世界行動療法認知療法会議神戸大会プログラム委員会(編):ワークショップから学ぶ認知行動療法の最前線 うつ病,パーソナリティ障害,不安障害,自閉症への対応.金子書房.2008.

21.  小谷津孝明・小川俊樹・丹野義彦(編):叢書・実証にもとづく臨床心理学 第5巻 臨床認知心理学.東京大学出版会.2008.

22.  丹野義彦:認知行動療法と心理学.小谷津孝明・小川俊樹・丹野義彦(編)叢書・実証にもとづく臨床心理学 第5巻 臨床認知心理学.東京大学出版会.pp. 9-16. 2008.

23.  丹野義彦:パーソナリティの不適応・障害.鹿取廣人・杉本敏夫・鳥居修晃編『心理学[第3版]』東京大学出版会,pp. 257261, 2008

24.  丹野義彦:認知行動療法とは.内山喜久雄・坂野雄二編『認知行動療法の技法と臨床』日本評論社.pp. 2-8, 2008

25.  丹野義彦:「エビデンス・ベイスト」「個性記述的研究(法則定位的研究)」「無作為化比較試験」「メタ分析」 松原達哉・木村周・桐村晋次・平木典子・楡木満生・小澤康司編『産業カウンセリング辞典』金子書房.2008

26.  丹野義彦(編集・監訳),D.M.クラーク,A.エーラーズ:対人恐怖とPTSDへの認知行動療法:ワークショップで身につける治療技法.星和書店, 2008.

27.  丹野義彦・石垣琢麿:クラークはどのような研究と臨床実践をしてきたか.丹野義彦(編集・監訳)対人恐怖とPTSDへの認知行動療法:ワークショップで身につける治療技法.星和書店, pp. 67-95. 2008.

28.  丹野義彦:ロンドン こころの臨床ツアー.星和書店, 2008.

29.  繁桝算男・丹野義彦(編):心理学の謎を解く-初めての心理学講義-.医学出版.2008

30.  丹野義彦:心の不適応-臨床心理学入門. 繁桝算男・丹野義彦(編):心理学の謎を解く-初めての心理学講義-.医学出版.pp. 129-144. 2008

総説その他

31.  丹野義彦・久保木富房・貝谷久宣・野村忍:東京認知行動療法アカデミー.心療内科, 12, 112-117, 2008.

32.  井上和臣・大野裕・丹野義彦・遊佐安一郎・熊野宏昭・藤澤大介:わが国の認知療法発展の20年を語る.認知療法研究, 1, 16-25. 2008.

 

 

 

●2007

 

査読付論文

1.        Asai, T. & Tanno, Y. The relationship between the sense of self-agency and schizotypal personality traits. Journal of Motor Behavior, 39, 162-168, 2007.

2.        守谷順・丹野義彦:社会的脅威刺激からの注意の解放:社会不安の視点から.認知心理学研究, 4, 123-131, 2007.

3.        守谷順・佐々木淳・丹野義彦:対人状況における対人不安の否定的な判断・解釈バイアスと自己注目との関連.パーソナリティ研究, 15, 171-182. 2007.

4.        浅井智久・丹野義彦:統合失調型パーソナリティと視聴覚同時提示した運動情報統合の関係:動的な腹話術効果を用いた検討.認知心理学研究, 5, 33-41, 2007.

5.        浅井智久・丹野義彦:自己主体感における自己行為の予測と結果の関係-行為主判別に対する学習課題を用いた検討.パーソナリティ研究.16, 56-65. 2007.

6.        山内崇史・須藤杏寿・丹野義彦:日本語版Paranoia Checklistの作成および信頼性・妥当性の検討.パーソナリティ研究.16, 114-116. 2007.

著書

7.        坂本真士・丹野義彦・安藤清志(編):叢書・実証にもとづく臨床心理学 第4巻 臨床社会心理学.東京大学出版会.2007.

 

 

 

●2006

 

査読付論文

1.        Sakamoto, S., Moriwaki, A., Sasaki, J., Miyata, Y., Kobori, O., Okumura, Y. & Tanno, Y. Benefits of negative thinking and negative affect: Analysis of answers to an open-ended question by Japanese undergraduates. Psychological Reports, 99, 449-461. 2006.

2.        Sasaki, J., & Tanno, Y. Two cognitions observed in Taijin-kyofusho and social anxiety symptoms. Psychological Reports, 98, 395-406. 2006.

3.        佐々木淳・菅原健介・丹野義彦:羞恥感と心理的距離との逆U字的関係の成因に関する研究-対人不安の自己呈示モデルからのアプローチ-.心理学研究,764454522006

4.        関口陽介・丹野義彦:状態/特性怒りと実行機能の関連について.パーソナリティ研究,142382392006

5.        山崎修道・荒川裕美・丹野義彦:大学生の妄想様観念と対処方略の関係 -逃避型対処方略と計画型対処方略-.パーソナリティ研究, 14, 254-265, 2006.

6.        浅井智久・丹野義彦:聴覚フィードバックとセルフエージェンシー感の関係-モーターコマンド理論に基づいた検討.パーソナリティ研究,14, 322-3232006

7.        松本武典・小堀修・勝倉えりこ・大森まゆ・丹野義彦・原田誠一:日本版バーチャルハルシネーション(VH)を用いた統合失調症の疾患教育の試み:アンケート調査の結果の解析.精神医学,484874942006

8.        浅井智久・丹野義彦:統合失調型と視聴覚運動情報の統合の関係-ディスコネクション仮説に基づいた検討.パーソナリティ研究,1564662006

9.        守谷順・丹野義彦:大学生における社会的脅威語・肯定語に対する選択的注意と社会不安について.パーソナリティ研究,1571732006

著書

10.     Yamasaki, S., Arakawa, H., Tanno, Y., & Furukawa, S. Preliminary analysis of the causal relationship between delusional ideations and stress coping skills. Sakamoto, T (Ed) Communicating Skills of Intention, Hituzi Linguistics in English. Hituzi Syobo Publishing, pp. 51-60, 2006.

11.     Kobori, O., Harada, S., Tanno, Y., & Katsukura, R. A case study of a schizophrenia patient with OCD and development of the total viral transference Questionnaire. Sakamoto, T (Ed) Communicating Skills of Intention, Hituzi Linguistics in English. Hituzi Syobo Publishing, pp. 43-50, 2006.

12.     丹野義彦:認知行動アプローチと臨床心理学:イギリスに学んだこと.金剛出版.2006

13.     丹野義彦:青年期の意義と自己実現.谷内達・高橋進・宮崎隆次・浅子和美・江口勇治・丹野義彦(著)高校生の新現代社会-共に生きる社会をめざして-初訂版.帝国書院.2005.

14.     丹野義彦:生物・心理・社会の統合モデルとバーチウッドの仕事.丹野義彦・石垣琢麿(訳):統合失調症:基礎から臨床への架け橋.東京大学出版会.2006.

15.     丹野義彦(監訳):妄想はどのようにして立ちあがるか.ミネルヴァ書房.2006.

16.     山崎修道・荒川裕美・丹野義彦:ベイズ統計学と妄想研究.丹野義彦(監訳):妄想はどのようにして立ちあがるか.ミネルヴァ書房.187-193. 2006.

17.     荒川裕美・丹野義彦・山崎修道:妄想の多要因モデル.丹野義彦(監訳):妄想はどのようにして立ちあがるか.ミネルヴァ書房.194-200. 2006.

18.     丹野義彦・石垣琢麿・山崎修道:ヘムズレイとガレティはどのような臨床研究をしているか.丹野義彦(監訳):妄想はどのようにして立ちあがるか.ミネルヴァ書房.201-216. 2006.

19.     坂野雄二・丹野義彦・杉浦義典(編):叢書・実証にもとづく臨床心理学 第3巻 不安障害の臨床心理学.東京大学出版会.2006.

20.     丹野義彦(監訳):侵入思考:雑念はどのように病理へと発展するのか.星和書店.2006.

21.     丹野義彦:精神療法とエビデンス.大野裕(編)チーム医療のための最新精神医学ハンドブック.弘文堂.pp. 357-359. 2006

22.     杉浦義典・丹野義彦:強迫性障害の認知理論.原田誠一(編)強迫性障害治療ハンドブック.金剛出版.pp. 82-94. 2006

23.     丹野義彦:病態心理.海保博之・楠見孝(監修)心理学事典.朝倉書店.pp. 516-525. 2006

24.     丹野義彦・石垣琢麿(訳):統合失調症:基礎から臨床への架け橋.東京大学出版会.2006. (Birchwood, M. & Jackson, C. 2001 Schizophrenia. Psychology Press.)

25.     丹野義彦・森脇愛子:モーズレイ性格検査(MPI).氏原寛・岡堂哲雄・亀口憲治・西村洲衛男・馬場禮子・松島恭子編,心理査定実践ハンドブック.創元社,4214262006

26.     丹野義彦・森脇愛子:不安症状のアセスメント(MAS, CAS, STAIなど).氏原寛・岡堂哲雄・亀口憲治・西村洲衛男・馬場禮子・松島恭子編,心理査定実践ハンドブック.創元社,4744792006

27.     森脇愛子・丹野義彦:抑うつ症状のアセスメント(BDI, SDSなど).氏原寛岡堂哲雄・亀口憲治・西村洲衛男・馬場禮子・松島恭子編,心理査定実践ハンドブック.創元社,4804872006

28.     佐々木淳・丹野義彦:自我漏洩感状況尺度.氏原寛・岡堂哲雄・亀口憲治・西村洲衛男・馬場禮子・松島恭子編,心理査定実践ハンドブック.創元社,5665702006

29.     丹野義彦:抑うつと認知パターン.上里一郎(監修),北村俊則(編)シリーズこころとからだの処方箋 抑うつの現代的諸相-心理的・社会的側面から科学する-.ゆまに書房.pp. 130-153. 2006

総説その他

30.     丹野義彦:認知行動療法と臨床心理学.理論心理学研究,749522006

31.     丹野義彦:妄想の心理学的メカニズム.こころの科学,126号,pp. 14-17. 2006

32.     丹野義彦:病院心理臨床のエビデンス.亀口憲治(編)現代のエスプリ別冊 事例に学ぶ心理臨床実践セミナーシリーズ.臨床心理行為研究セミナー.pp. 122-129. 2006

 

 

 

●2005

 

査読付論文

1.        Kobori, O. & Tanno, Y. Self-oriented perfectionism and its relationship to positive and negative affect: The mediation of positive and negative perfectionism cognitions. Cognitive Therapy and Research, 29, 555-567. 2005.

2.        佐々木淳・丹野義彦:自我漏洩感の体験様式-強迫的侵入思考・抑うつ的自動思考との比較から.パーソナリティ研究,132752772005

3.        佐々木淳・丹野義彦:大学生における自我漏洩感を苦痛にする要因.心理学研究,763974022005

4.        山崎修道・荒川裕美・清野絵・古川俊一・笠井清登・加藤進昌・丹野義彦:慢性期の統合失調症患者における早急な結論判断バイアス.精神医, 47, 359-364, 2005.

著書

5.        坂本真士・丹野義彦・大野裕(編):叢書・実証にもとづく臨床心理学 第2巻 抑うつの臨床心理学.東京大学出版会.2005.

6.        丹野義彦:臨床心理学.広瀬肇(監修)言語聴覚士テキスト,pp1281322005

7.        丹野義彦:性格と異常心理.斎藤勇編 図説心理学入門,第2版.誠信書房.pp. 1421672005

8.        丹野義彦:東大教師が新入生にすすめる本.UP,390, pp. 22-23. 東京大学出版会. 2005

9.        丹野義彦:認知療法.麻生武・浜田寿美男編 よくわかる臨床発達心理学.ミネルヴァ書房,1581592005

10.     丹野義彦:研究者として当然行なうべきこと.日本パーソナリティ心理学会企画,安藤寿康・安藤典明編 事例に学ぶ心理学者のための研究倫理.ナカニシヤ出版,77792005

11.     丹野義彦:諸外国の現状:イギリス.乾吉佑・氏原寛・亀口憲治・成田善弘・東山紘久・山中康裕編,心理療法ハンドブック.創元社,1961972005

12.     丹野義彦:実証にもとづく臨床心理学-パニック障害のメカニズムと治療を例にとって.内田伸子(編)心理学:こころの不思議を解き明かす.光生館.pp. 183204. 2005

13.     丹野義彦:アセスメント・ツールを作る:妄想観念チェックリストの作成.内田伸子(編)心理学:こころの不思議を解き明かす.光生館.pp. 205208. 2005

14.     小堀修・丹野義彦:体験実習 抑うつの程度を測ってみよう.心理学科をめざすあなたへ.教学社.pp. 3841. 2005

15.     丹野義彦:大学で心理学を学ぶ-心理学との出会い,心理学の面白さ.東京大学教養学部(編)16歳からの東大冒険講座[3]文学/脳と心/数理.培風館.pp. 106126. 2005

総説その他

16.     丹野義彦:基礎心理学と臨床心理学の対話はどのように可能か.基礎心理学研究. 24. 47-54. 2005.

17.     丹野義彦・伊藤絵美:認知動療法のスーパーヴィジョン.藤原勝紀編 現代のエスプリ別冊 臨床心理スーパーヴィジョン.88952005

18.     坂野雄二・丹野義彦・松見淳子・熊野宏昭・中村伸一:座談会 認知行動療法をめぐって.こころの科学,121号,pp. 12-25. 2005

19.     丹野義彦:エビデンスにもとづく精神分析療法に向けて:精神分析批判.臨床心理学,5p. 661. 2005.

20.     丹野義彦:メンタルヘルス・リテラシーと「心のバリアフリー」.精神障害とリハビリテーション. 9. 67. 2005.

 

 

 

●2004

 

査読付論文

1.        森本幸子・丹野義彦:健常者の妄想的観念への多次元的アプローチ-被害妄想的観念と庇護妄想的観念の比較を通して.心理学研究,745525552004

2.        佐々木淳・丹野義彦:自我漏洩状況に対応した測定尺度の作成.精神科診断学,15, 25-36. 2004.

3.        森本幸子・丹野義彦:大学生における被害妄想的観念に関する研究-素因ストレスモデルを用いて.心理学研究,751181242004

4.        小堀修・丹野義彦:完全主義の認知を多次元で測定する尺度作成の試み.パーソナリティ研究,1334432004

5.        佐藤香織・丹野義彦・佐々木淳:女子短期大学生の対人不安傾向と仮想的面接評価場面における自己注目の関係.パーソナリティ研究,131041052004

6.        森脇愛子・坂本真士・丹野義彦:自己開示が被開示者の肯定的・否定的反応に及ぼす影響-被開示者の特性ごとにみた自己開示による反応の違い-.健康心理学研究,1770782004

7.        山崎修道・田中伸一郎・森本幸子・山末英典・岩波明・岩崎さやか・柴田貴美子・浅井久栄・辻井和男・古川俊一・笠井清登・丹野義彦・加藤進昌:Peters et al  Delusions Inventory (PDI) 日本語版の作成と信頼性・妥当性の検討.臨床精神医学 33, 911-918, 2004.

著書

8.        丹野義彦(編):臨床心理学全書 5 臨床心理学研究法.誠信書房.2004

9.        丹野義彦:臨床心理学研究の理念課題.丹野義彦(編)臨床心理学全書 5 臨床心理学研究法.誠信書房.pp. 1-8. 2004

10.     丹野義彦:実証にもとづく臨床心理学.氏原寛・東山紘久・山中康裕・成田善弘・亀口憲治編.心理臨床大事典.培風館.2004.

11.     丹野義彦:認知の査定:抑うつと不安の査定.下仲順子(編)臨床心理学全書 6 臨床心理査1.誠信書房.pp. 205-238. 2004

12.     丹野義彦:心理学との出会い.高校生のための公開講座,2004.

13.     丹野義彦・坂野雄二・長谷川寿一・熊野宏昭・久保木富房(編):認知行動療法の臨床ワークショップ2-アーサー & クリスティン・ネズとガレティの面接技法.金子書房.2004

14.     丹野義彦:認知行動療法の学び方.丹野義彦・坂野雄二・長谷川寿一・熊野宏昭・久保木富房(編)認知行療法の臨床ワークショップ2-アーサー & クリスティン・ネズとガレティの面接技法.金子書房.2004

15.     山崎修道・丹野義彦:ガレティはどのような臨床研究をしているか.丹野義彦・坂野雄二・長谷川寿一・熊野宏昭・久保木富房(編)認知行動療法の臨床ワークショップ2-アーサー & クリスティン・ネズとガレティの面接技法.金子書房.2004

16.     小堀修・丹野義彦:欧米の臨床ワークショップ参加マニュアル.丹野義彦・坂野雄二・長谷川寿一・熊野宏昭・久保木富房(編)認知行動療法の臨床ワークショップ2-アーサー & クリスティン・ネズとガレティの面接技法.金子書房.2004

17.     丹野義彦:自己意識理論と妄想・自我障害.坂本真士・佐藤健二(編)はじめての臨床社会心理学:自己と対人関係から読み解く臨床心理学.有斐閣.pp. 133-150. 2004

18.     横田正夫・藤岡淳子・丹野義彦(編):犯罪・非行・異常.中島義明・繁桝算男・箱田裕司編,新・心理学の基礎知識. 461-494,有斐閣,2004.

総説その他

19.     内山喜久雄・上田雅夫・丹野義彦・嶋田洋徳:座談会・認知行動カウンセリングをめぐって.内山喜久雄・上田雅夫編 現代のエスプリ別冊 <ケース・スタディ>知行動カウンセリング.15442004

20.     丹野義彦:他者をどのように理解するのか.AERA Mook96 コミュニケーション学がわかる.991012004

21.     山崎修道・丹野義彦:幻覚や妄想に対する新しい考え方と研究.心と社会,11552572004

 

 

 

●2003

 

査読付論文

1.        佐々木淳・丹野義彦:自我漏洩感を体験する状況の構造性格心理学研究,11991092003

2.        伊藤由美・丹野義彦:対人不安についての素因ストレスモデルの検証:公的自己意識は対人不安の発生にどう関与するのか.性格心理学研究,1232332003

著書

3.        丹野義彦:性格の心理:ビッグファイブと臨床からみたパーソナリティ.サイエンス社.2003

4.        横田正夫・丹野義彦・石垣琢麿(編):叢書・実証にもとづく臨床心理学第1巻統合失調症の臨床心理学.東京大学出版会.2003.

5.        丹野義彦・横田正夫・石垣琢麿:はじめに:本書のねらいと今後の展望.叢書・実証にもとづく臨床心理学第1巻統合失調症の臨床心理学.p. 1-14.東京大学出版会.2003.

6.        丹野義彦:心理物理学からのアプローチ.叢書・実証にもとづく臨床心理学第1巻統合失調症の臨床心理学.p. 175-193.東京大学出版会.2003.

7.        横田正夫・丹野義彦・石垣琢麿:あとがき:統合失調症研究の活性化をはかるために.叢書・実証にもとづく臨床心理学第1巻統合失調症の臨床心理学.p. 219-221.東京大学出版会.2003.

総説その他

8.        丹野義彦・森脇愛子:心理学からみた妄想.臨床心理学,3758-760. 2003.

9.        丹野義彦:英国における臨床心理学と医療心理学.津田彰・坂野雄二編 現代のエスプリ 特集医療行動科学の発展:心理臨床の新たな展開.43148562003

10.     丹野義彦:エビデンスベースト・カウンセリングの理論的基礎.内山喜久雄・坂野雄二編 現代のエスプリ別冊 エビデンス・ベースト・カウンセリング.48582004

 

 

 

●2002

 

査読付論文

1.        佐々木淳・星野崇宏・丹野義彦:精神病理の症状と性格5因子モデルとの関係.教育心理学研究, 50, 65-72. 2002.

2.        小堀治・丹野義彦:完全主義が抑うつに及ぼす影響の二面性-構造方程式モデルを用いて.性格心理学研究, 10, 112-113. 2002.

3.        森脇愛子・坂本真士・丹野義彦大学生における自己開示方法および被開示者の反応の尺度作成の試み.性格心理学研究, 11, 12-23. 2002.

4.        森脇愛子・坂本真士・丹野義彦:大学生における自己開示の適切性,聞き手の反応の受容性が開示者の抑うつに反応に及ぼす影響-モデルの縦断的検討.カウンセリング研究, 35, 229-236. 2002.

5.        森本幸子・丹野義彦・坂本真士・石垣琢麿:被害妄想的観念の発生に関する素因ストレスモデルの検討. 性格心理学研究, 11, 2-11. 2002

著書

6.        Morimoto, S., Tanno, Y. & Sakamoto, S. The prediction of persecutory thoughts using hierarchical multiple regression analysis. In Ogura, T. (ed) Recent Advances in Early Intervention and Prevention in Psychiatric Disorder, Seiwa Shoten Publishing, pp. 218-219. 2002.

7.        Mohri, I. & Tanno, Y. Subtype Classification of Social Anxiety in Japanese Undergraduates. In H. YanaiA. OkadaK. ShigemasuY. Kano& J.J.Meulman(Eds.), New Developments in Psychometrics. Springer-Verlag. pp. 609-616. 2002

8.        Moriwaki, A., Sakamoto, S., & Tanno, Y. Effects of self-disclosure and self-preoccupation on depression. In H. YanaiA. OkadaK. ShigemasuY. Kano& J. J. Meulman (Eds.), New Developments in Psychometrics. Springer-Verlag. pp. 173-180. 2002

9.        下山晴彦・丹野義彦(編):講座臨床心理学第6巻 社会臨床心理学.東京大学出版会.2002

10.     下山晴彦・丹野義彦(編):講座臨床心理学第3巻 異常心理学I.東京大学出版会.2002

11.     丹野義彦:異常心理学の成立に向けて.下山晴彦・丹野義彦(編)講座臨床心理学第3巻異常心理学I.東京大学出版会.pp. 3-20. 2002

12.     丹野義彦:異常心理学の動向とこれからの課題(1)不安と発達過程に関連した研究と臨床.下山晴彦・丹野義彦(編)講座臨床心理学第3巻異常心理学I.東京大学出版会.pp. 41-55. 2002

13.     下山晴彦・丹野義彦(編):講座臨床心理学第4巻 異常心理学II.東京大学出版会.2002

14.     丹野義彦:異常心理学の動向とこれからの課題(2)人格障害・抑うつ・精神分裂病に関連した問題.下山晴彦・丹野義彦(編)講座臨床心理学第4巻異常心理学II.東京大学出版会.pp. 3-24. 2002

15.     丹野義彦:妄想と自我障害.下山晴彦・丹野義彦(編)講座臨床心理学第4巻異常心理学II.東京大学出版会.pp. 189-206. 2002

16.     丹野義彦:「パーソナリティ」『認知科学辞典』(日本認知科学会編)共立出版,2002

17.     丹野義彦(編):認知行動療法の臨床ワークショップ-サルコフスキスとバーチウッドの面接技法.金子書房.2002

18.     箱田裕司・津田彰・丹野義彦(監訳):心理臨床の認知心理学.培風館.(Wells, A. & Matthews, G. 1994 Attention and Emotion: A clinical perspective. Lawrence Erlbaum).2002

総説その他

19.     丹野義彦:認知行動療法.現代のエスプリ別冊 心理カウンセリングPCAハンドブック.pp. 101-113. 2002.

 

 

 

●2001

 

査読付論文

1.        Shiihara, Y., Nogami, T. Chigira, M. Tanno, Y. Sakai, Y., Takahashi, S., Kodama, M. & Kunimoto, F. Sleep-wake rhythm during stay in intensive care unit A week's long-term recording of skin potentials. Psychiatry and Clinical Neurosciences 55, 279-280, 2001.

2.        Sakamoto, S., Kambara, M., & Tanno, Y. Response styles and cognitive and affective symptoms of depression. Personality and Individual Differences, 31, 1053-1065. 2001.

3.        佐々木淳・菅原健介・丹野義彦:対人不安における自己呈示欲求について-賞賛獲得欲求と拒否回避欲求との比較から.性格心理学研究,91421432001

4.        毛利伊吹・森脇愛子・佐々木淳・丹野義彦:対人状況での不安や恐れに関する質問紙法.精神診断学, 12, 239-251. 2001.

5.        毛利伊吹・丹野義彦:状況別対人不安尺度の作成及び信頼性・妥当性の検討.健康心理学研究,1423312001

6.        毛利伊吹・丹野義彦:対人相互作用自己陳述尺度の作成.性格心理学研究,1064652001

7.        森脇愛子・丹野義彦:リスク回避コミュニケーションと心理的健康の関係-理想自己・現実自己のズレより.性格心理学研究,1060612001

8.        柴崎暁子・丹野義彦・亀口憲治:家族イメージ法のプロトコル分析と再検査信頼性の分析.家族心理学研究, 15, 141-148. 2001.

著書

9.        丹野義彦・坂本真士:自分のこころからよむ臨床心理学入門.東京大学出版会.2001

10.     丹野義彦:エビデンス臨床心理学-認知行動理論の前線.日本評論社.2001

11.     下山晴彦・丹野義彦(編):講座臨床心理学第1巻 臨床心理学とは何か.東京大学出版会.2001

12.     丹野義彦:実証にもとづく臨床心理学.下山晴彦・丹野義彦(編)講座臨床心理学第1巻 臨床心理学とは何か.東京大学出版会.pp. 135-153. 2001

13.     安藤清志・丹野義彦(監訳):臨床社会心理学の進歩.北大路書房.2001.

14.     下山晴彦・丹野義彦(編):講座臨床心理学第2巻 臨床心理学研究.東京大学出版会.2001

15.     丹野義彦:臨床心理学研究の実証的方法.下山晴彦・丹野義彦(編)講座臨床心理学第2巻臨床心理学研究.東京大学出版会.pp. 25-37. 2001

16.     丹野義彦:臨床心理アセスメント学の成立に向けて.下山晴彦・丹野義彦(編)講座臨床心理学第2巻臨床心理学研究.東京大学出版会.pp. 127-142. 2001

17.     下山晴彦・丹野義彦(編):講座臨床心理学第5巻 発達臨床心理学.東京大学出版会.2001

総説その他

18.     丹野義彦:心理アセスメントは精神病理学と心理治療どう役立つか? -認知理論の最近の動向.第九回 妄想と幻覚の認知モデル.精神科診断学, 12, 131-147. 2001.

19.     丹野義彦:展望-実証にもとづく臨床心理学に向けて.教育心理学年報, 40, 157-168. 2001

20.     森本幸子・丹野義彦・坂本真士:被害観念の発生に関する研究-どんなストレッサーと素因が被害観念の発生を予測するのか.行動計量学,27, 114. 2000.

21.     丹野義彦・森本幸子:海外文献紹介-精神分裂病の心理学的マネジメントの普及.臨床心理学,18418432001

 

 

 

●2000

 

査読付論文

1.        Tanno, Y., Ishigaki, T., Michimata, E., & Sugiura, Y. Reliability and validity of the scales measuring theme of paranoid ideations. International Journal of Psychology, 35: 75. 2000.

2.        Ishigaki, T., Ishigaki, C., Michimata, E. & Tanno, Y. Analysis of auditory hallucination using the Semi-structured Interview for Auditory Hallucination. International Journal of Psychology, 35: 75. 2000.

3.        丹野義彦:実証にもとづいた臨床心理学は可能か-抑うつ・不安・精神分裂病・人格障害とパーソナリティ-.児童心理学の進歩, 39, 175-204. 2000

4.        石垣琢麿・丹野義彦・道又襟子・上田昌康・石垣ちぐさ:聴に関する半構造化面接法の開発.臨床精神医学, 29, 569-574. 2000.

5.        杉浦義典・丹野義彦:強迫症状の自己記入式質問票-日本語版Padua Inventoryの信頼性と妥当性の検討.精神科診断学,11, 175-189. 2000

6.        丹野義彦・石垣琢麿・杉浦義典:妄想的観念の主題を測定する尺度の作成.心理学研究,713793862000

著書

7.        長谷川寿一・東條正城・大島尚・丹野義彦:はじめて出会う心理学.有斐閣.2000

8.        丹野義彦:ライフサイクルと青年期,性格,ストレスとメンタルヘルス,カウンセリングと心理療法.長谷川寿一・東條正城・大島尚・丹野義彦,はじめて出会う心理学.有斐閣.2000

9.        丹野義彦:面接法.下山晴彦編「臨床心理学研究の技法」福村出版.42472000

10.     丹野義彦:検査法.下山晴彦編「臨床心理学研究の技法」福村出版.48542000

11.     丹野義彦:効果研究とメタ分析.下山晴彦編「臨床心理学研究の技法」福村出版.1271322000

総説その他

12.     丹野義彦:心理アセスメントは精神病理学と心理治療にどう役立つか? -認知理論の最近の動向.第六回 強迫性障害の認知モデル.精神科診断学,1183922000

13.     丹野義彦:心理アセスメントは精神病理学と心理治療にどう役立つか? -認知理論の最近の動向.第七回 対人恐怖の認知モデル.精神科診断学, 11, 219-229. 2000

14.     丹野義彦:心理アセスメントは精神病理学と心理治療にどう役立つか? -認知理論の最近の動向.第八回 妄想の認知理論とアセスメント.精神科診断学, 11, 323-334. 2000

15.     丹野義彦・石垣琢麿・大勝裕子・杉浦義典:パラノイア尺度の信頼性.このはな心理臨床ジャーナル,5931002000

16.     石垣ちぐさ・石垣琢麿・丹野義彦:産褥期精神障害の症例を体験して.このはな心理臨床ジャーナル,569742000

17.     丹野義彦:概説/認知行動アプローチ-臨床科学をめざして.現代のエスプリ No. 392.『認知行動アプローチ-臨床心理学のニューウェーブ』至文堂.pp. 5132000

18.     丹野義彦:臨床心理学の新しい研究法を求めて-精神分裂病の症状中心アプローチ.現代のエスプリ No. 392.『認知行動アプローチ-臨床心理学のニューウェーブ』至文堂.pp. 46512000

19.     丹野義彦:根拠に基づく臨床心理学(ECP)が理論と実践を統合するパラダイムとなる.現代のエスプリ No. 392.『認知行動アプローチ-臨床心理学のニューウェーブ』至文堂.p. 542000

 

 

 

●1999

 

査読付論文

1.        Ishigaki, T. & Tanno, Y. The ability of signal detection of the patients with auditory hallucinations: Analysis with the continuous performance test. Psychiatry and Clinical Neurosciences534714761999.

2.        Tanno, Y., Shiihara, Y. & Machiyama, Y. An aberrant judgmental pattern of schizophrenic patients in weight discriminations. Psychiatry and Clinical Neurosciences534774831999

3.        杉浦義典・丹野義彦:抑うつ尺度の因子構造-逆転項目と抑うつ的項目は同一次元を形成するか.性格心理学研究,872731999

総説その他

4.        丹野義彦:臨床心理アセスメントの新しいスキーマ-分類論・実施手順論・バッテリ論-.精神科診断学,94474551999

5.        丹野義彦:心理アセスメントは精神病理学と心理治療にどう役立つか? -認知理論の最近の動向.第二回 抑うつスキーマ論争とTeasdaleの抑うつ理論.精神科診断学,95435541999

6.        石垣琢麿・丹野彦:妄想と幻覚の認知的アセスメント.精神科診断学,95135241999

7.        丹野義彦:心理アセスメントは精神病理学と心理治療にどう役立つか? -認知理論の最近の動向.第三回 認知アプローチの展開-アナログ研究とメタ分析.精神科診断学,102352421999

8.        丹野義彦:心理アセスメントは精神病理学と心理治療にどう役立つか? -認知理論の最近の動向.第四回 Beck理論への批判と抑うつ研究の展開.精神科診断学,103433511999

9.        丹野義彦:心理アセスメントは精神病理学と心理治療にどう役立つか? -認知理論の最近の動向.第五回 パニック障害と空間恐怖の認知モデル.精神科診断学,104374451999

 

 

 

●1998

 

査読付論文

1.        石垣琢麿・丹野義彦:非言語的フィードバックが精神分裂病患者の注意機能に与える影響-Continuous Performance Testにおける指標を用いた分析.精神医学,402632691998

2.        坂本真士・杉浦朋子・蓮井智恵子・北村総子・友田貴子・田中江里子・木島伸彦・丹野義彦・北村俊則:精神疾患への偏見の形成に与る要因-社会心理学的手法によるアプローチ-.精神保健研究,445131998

3.        杉浦義典・丹野義彦:大学生における非機能的な思考体験の因子分析による分類-強迫観念と自動思考の弁別.性格心理学研究,751531998

著書

4.        丹野義彦:パーソナリティ・テストの理論-性格と精神症状をはかる.繁桝算男(編)新版心理測定法.放送大学教育振興会.pp44531998.(ビデオ教材も)

5.        丹野義彦:パーソナリティ・テストの実際-心理測定は臨床現場にどう役立つか.繁桝算男(編)新版心理測定法.放送大学教育振興会.pp54621998.(ビデオ教材も)

6.        丹野義彦:いじめと人間.中島義明・太田裕彦(編)フロンティア人間科学.放送大学教育振興会.pp1551641998.(ビデオ教材も)

7.        丹野義彦・石垣琢磨:脳のはたらきと教育.学校教育研究所編『新・現代教育の基礎知識』学校図書,pp. 24-25. 1998

8.        丹野義彦:臨床心理学.医療研修推進財団(監修)言語聴覚士指定講習テキスト,pp1081121998

 

 

 

●1997

 

査読付論文

1.        石垣琢麿・丹野義彦:精神分裂病の陰性症状とContinuous Performance Test.臨床精神医学,26119912051997

著書

2.        丹野義彦:「異常心理学」「順応」「昇華」「条件づけ」「心理学」「退行」「代償行動」「投影法」「取り入れ」「認知」「反動形成」「被暗示性」「催眠」「ケリー」「斉一性」『新版社会学小辞典』(浜嶋朗・竹内郁郎・石川晃弘編)有斐閣,1997

3.        丹野義彦・石垣琢磨:脳のはたらきと教育.学校教育研究所編『現代教育の基礎知識第II集』学校教育研究所, pp. 24-25. 1997

 

 

 

●1996

 

著書

1.        丹野義彦(監訳):『認知臨床心理学入門』東京大学出版会, 1996

2.        広中直行・丹野義彦:薬物依存と心の健康.中島義明編『メディアにまなぶ心理学』有斐閣,pp. 223238, 1996

3.        丹野義彦:パーソナリティの不適応・障害.鹿取廣人・杉本敏夫編『心理学』東京大学出版会,pp. 212218, 1996

4.        丹野義彦:律する-服装や髪型をめぐる教育臨床.中島義昭・神山進編『人間行動学講座第1巻 まとう』朝倉書店,pp. 226241, 1996

 

 

 

●1994

 

著書

1.        丹野義彦:悩む-人間の不適応行動 中島義明・太田裕彦編『人間行動学』,放送大学,pp. 137-146, 1994.(ビデオ教材も)

2.        丹野義彦:アンケート-基礎演習を自己検証する.小林康夫・船曵建夫編『知の技法-東京大学教養学部「基礎演習」テキスト』pp. 44-611994

 

 

 

●1992

 

査読付論文

1.        Tanno, Y. Deficits of visual distance discrimination in schizophrenia. International Journal of Psychology, 27:466, 1992.

著書

2.        Tanno, Y. Structures of cognitive deficits in schizophrenia. Social, Educational and Clinical Psychology. Proceedings of 22nd international congress of applied psychology. vol. 3 pp. 265-266, H.Motoaki, J.Misumi and B.Wilpert eds. Lawrence Erlbaum Associates, 1992.

 

 

 

●1991

 

著書

1.        丹野義彦:助産ケアに活用できる心理学・社会学的理論.助産学講座 第5巻 助産技術学(我妻尭・前原澄子編),pp. 171-182,医学書院,1991.(成人教育理論からみた出産教育の技法)

 

 

 

●1990

 

著書

1.        丹野義彦:パーソナリティの個人差(性格と知的能力).大山正・杉本敏夫編 ホーンブック心理学.北樹出版.pp. 158-1831990

総説その他

2.        丹野義彦・町山幸輝:精神分裂病における認知障害の構造.感覚統合研究,7117-1381990

 

 

 

●1989

 

著書

1.        丹野義彦:異常心理とパーソナリティ.斎藤勇編 心理学ビギナーズトピックス100.誠信書房.pp. 1291481989

 

総説その他

2.        Tanno, Y. Cerebral Laterality and Visual Cognition in Schizophrenia. Annual Reports of College of Medical Care and Technology, Gunma University. 10:105-109, 1989.

 

 

 

●1988

 

著書

1.        丹野義彦:性格と異常.斎藤勇編 図説心理学入門.誠信書房.pp. 1311551988

総説その他

2.        町山幸輝・丹野義彦・町山るり子:精神分裂病と認知障害.Clinical Neuroscience, 6135813611988

 

 

 

●1987

 

著書

1.        Tanno Y. & Machiyama Y. Left hemisphere underactivation in schizophrenia: neuropsychological investigations by means of the letter-shape composite stimuli test. Takahashi R., Flor-Henry P., Gruzelier J., and Niwa.S. (Editors) Cerebral dynamics, laterality and psychopathology. Elsevier, New York. pp. 331-332, 1987

2.        丹野義彦:青年期における自己の発達とその障害 高田利武・丹野義彦・渡辺弘憲 自己形成の心理学-青年期のアイデンティティとその障害- 川島書店,pp691551987

3.        丹野義彦:欲求の異常.斎藤勇編 欲求心理学(トピックス100).誠信書房.pp. 2012201987

4.        丹野義彦:患者をわかる.海保博之・次郎丸睦子編 患者を知るための心理学.福村出版.pp. 102-1261987.

総説その他

5.        丹野義彦:知覚課題からみた精神分裂病-認知障害の構造化の試み-.異常行動研究会誌,263201987

 

 

 

●1986

 

査読付論文

1.        丹野義彦・町山幸輝:精神分裂病患者における半球機能および半球間連絡機能障害:視覚性認知課題による神経心理学的検討.臨床精神医学 15:53-62, 1986

2.        丹野義彦・町山幸輝・荒尾裕子:精神分裂病における距離弁別と感情認知との関連.臨床精神医学 15:243-254, 1986

3.        丹野義彦・町山幸輝:精神分裂病における半球機能および半球間連絡機能障害:一連の認知課題による検討と批判的考察.北関東医学, 36:19-38, 1986

4.        丹野義彦・町山幸輝:精神分裂病における半球機能および半球間連絡機能障害:分割視野法による再検討.神経心理学.2:80-81, 1986

著書

5.        Machiyama, Y. & Tanno, Y. Hemispheric laterality and inter-hemispheric disconnection in schizophrenia: Examination by means of various cognitive tasks. Shagass, C. et al (editors) Biological PsychiatryElsevier, New York. pp. 407-409, 1986

 

 

 

●1985

 

査読付論文

1.        Tanno Y. & Machiyama Y. Intrahemispheric and interhemispheric dysfunction in schizophrenia: reexamination by means of the divided visual field technique. Folia Psychiatrica et Neurologica Japonica, 39:100, 1985

2.        丹野義彦・町山幸輝:精神分裂病患者における半球機能および半球間連絡機能障害:立体認知課題による神経心理学的検討.精神医学 27:591-594, 1985

3.        丹野義彦・町山幸輝:機能性精神病における認知障害説.臨床精神医学 14:869-881, 1985

4.        丹野義彦・椎原康史・町山幸輝:精神分裂病患者におけるきめ弁別障害.精神医学 27:783-790, 1985

5.        丹野義彦・町山幸輝:精神分裂病における半球内および半球間情報処理:分割視野法による再検討.精神医学 27:1403-1412, 1985

著書

6.        丹野義彦・町山幸輝:精神分裂病における左半球過少賦活:文字-図形重なり刺激を用いた検討.難波益之編 生物学的精神医学最近の進歩(Recent Advances in Biological Psychiatry) ヘスコインターナショナル社. pp. 62-68, 1985

7.        川原伸夫・宮永和夫・高橋滋・丹野義彦・町山幸輝:精神分裂病の遺伝標識について.難波益之編 生物学的精神医学最近の進歩(Recent Advances in Biological Psychiatry) ヘスコインターナショナル社.pp. 263-270, 1985

 

 

 

●1984

 

査読付論文

1.        Tanno Y. & Machiyama Y. Intra and interhemispheric dysfunction in schizophrenia. Folia Psychiatrica et Neurologica Japonica, 38:341-342, 1984

2.        丹野義彦・町山幸輝:精神分裂病患者における距離弁別障害-刺激提示方法と成績評価方法の検討-.臨床精神医学 13:333-345, 1984

3.        丹野義彦・町山るり子・町山幸輝:精神分裂病患者および家族における距離弁別障害-既報研究の結果の再検討-.臨床精神医学 13:847-859, 1984

著書

4.        町山幸輝・丹野義彦・椎原康史:精神分裂病における認知障害.島薗安雄・稲永和豊編 分裂病とはなにか-生物学的成因と病態.東京大学出版会.pp. 3-22, 1984

 

 

 

●1979

 

総説その他

1.        町山幸輝・丹野義彦・斎藤義夫:精神分裂病患者における視覚性認知障害:奥行き知覚判断時の眼球運動の解析.臨床精神医学 8:425-433, 1979

 

 

 

 

Tanno Laboratory. All Rights Reserved.