Laboratory of Forest Molecular Ecology,
Asian Natural Environmental Science Center
The University of TOKYO

森林分子生態学研究室

現在、人間活動や気候変動などによる生物多様性の損失や植生の破壊が世界的な問題となっており、それらの実態を的確に把握することが緊急の課題となっています。
私たちの研究室では、アジアの様々な生態系において、植物や菌類などの遺伝的多様性と繁殖特性をDNAマーカーによって調べ、生物多様性の保全・ 維持管理方法の構築のための貢献を目指しています。
また、樹木・菌根菌の共生系における重金属ストレス耐性機構に関する基礎的研究を進め、鉱山性荒廃地において、樹木による植生回復と鉱山性荒廃地から 溶出する有害物質の軽減を目指しています。

詳しくは研究紹介をご覧ください。

東京大学アジア生物資源環境研究センター 森林分子生態学研究室

Copyright (C) Forest Molecular Ecology Lab. All Rights Reserved.