コンセプト

事業化判断テーマ

医薬化合物結晶成長・反応制御

中村 栄一(東京大学大学院理学系研究科)・東和薬品株式会社

東和薬品株式会社

「創薬プロセスイノベーション」の概要

東和薬品株式会社は、東大COI拠点において、「創薬プロセスイノベーション」の実現を目指し、東京大学大学院理学系研究科・中村教授とともに、結晶制御、合成技術をプラットフォームとする以下の研究テーマを推進しています。

【研究テーマ】

  1. 東京大学が有する最先端の電子顕微鏡を有効活用し、多品種の医薬品に対して、製剤に適した原薬の固体物性(結晶形や粒度など)を自由にコントロールする革新的な「分子制御技術」の確立
  2. 効率的な新規合成法の開発に向けた「不斉合成技術」の確立

これらの技術をオールジャパンで確立し、日本の医薬品産業の強化に向けて必要な基盤技術を発展させることで、健康長寿社会の形成に貢献します。

ジェネリック医薬品でのイノベーションへの挑戦

原薬からはじまる蓄積された独自の製剤技術により製造された、低価格で高品質なジェネリック医薬品を「基盤医薬品」※として提供します。これにより、国民負担の軽減のみならず、薬物治療における“飲みにくさ”など医薬品の適正使用の課題軽減を目指し、医療の質の向上に貢献します。

※基盤医薬品とは

  1. 治療上有用であり、各疾患領域で必須
  2. 低価格で飲みやすいなど、国民(患者さん)にとって有益
  3. 完成された高い製品品質

医薬化合物結晶成長・反応制御

わすれなびと(認知症対応テーマ)

辻 省次・岩田 淳(東京大学医学部附属病院)・エーザイ株式会社

エビデンスに基づく健康指導・予防

新井 洋由(東京大学大学院薬学系研究科)・株式会社ハビタスケア

エビデンスに基づく健康指導・予防

薬学部新井教授と株式会社ハビタスケアは、東大COI拠点において、「シニアまで心身ともに健康な生活」の実現を目標に、ライフケアからシックケアまでシームレスに提供するサービスの事業化を進めてきました。

2014年~2016年に東大COIプロジェクトを通じて開発、実証、展開を進めてきた2型糖尿病予防サービスを起点に、ITを活用した「かかりつけ専門家」ヘルスケアサービスを提供する仕組みを構築中です。

また、サービス提供に必要なパーソナルデータ(ライフ(家族歴、生活スタイル等)/ヘルス(体重、血圧等)/メディカル(電子カルテ等))をユーザーの同意を得た上でユーザーに合わせカスタマイズして提供するヘルスケア事業展開を、各業界のトップランナー(生命保険会社、製薬会社、健保組合等)と連携して展開することを目指しています。