コンセプト

研究開発概要

少子高齢化が世界に先駆けて急速に進む日本では、「自分の健康は自分で守る、高齢者も社会を支える、新健康医療産業創出により国民総所得を増大する」という「自分で守る健康社会」への構造転換が急務である。この「自分で守る健康社会」の実現には、入・通院を劇的に削減する革新的予防・診断・治療システムの開発や、「家庭で健康に」過ごすための、科学的エビデンスに基づいた健康・医療指導サービス等を提供する新たなビジネスモデルの創出が必須である。本COIでは、医療情報の利活用を基盤として、「健康の自分ごと化」により行動変容を促し、予防・未病対応へとつなげることを目指す。

本COIの特長は、

  1. 最先端科学技術シーズを保有する医工薬理の各研究科と臨床ニーズを提供する附属病院が同じキャンパス内に存在
  2. 規制・規格機関との密接なネットワーク
  3. 企業の開発リスクを低減できる出資資金の豊富な保有 

である。これらの特長を活かし、アンダーワンルーフで産官学民の全てのステークホルダーが研究開発初期から対等に参加するオープンイノベーションプラットフォームの形成を促進することで、研究開発から社会実装までの時間・コストの大幅削減を目指す。また、専任の企業出身者等を推進機構マネジメントに配することで、社会実装の確度を上げていく。さらに、現有の参画企業に止まらない異業種間および他COI拠点との連携を活発化するための仕掛けとして「健康長寿ループの会」を企画・運営し、本COIにしかできない、シックケアからヘルスケアへのシームレスな「繋ぎ」を実現するモデルを確立する。この東大COIモデルを全国に広げ、様々な規制改革への挑戦を行いながら、研究開発成果の社会実装を加速化する。

拠点全体概要図