植物分子遺伝学研究室


主な研究テーマ


植物の雌雄配偶体形成と生殖過程の分子生物学的解析

植物の雌雄配偶体の形成は, 次世代の繁殖を担う過程であり, 人類にとっては作物生産や育種を行う上で重要な研究対象です. 私たちは,
植物の組織の奥深くで行われるこの雌雄配偶体の形成過程とその受精生殖過程を, ライブセルイメージングや分子生物学的手法を用いて
明らかにしていこうと研究に取り組んでいます. ⇒ 詳細ページへ






植物ミトコンドリアの分裂, 融合, ダイナミクスの解析

植物ミトコンドリアは呼吸, 光呼吸や代謝を行う必須の細胞内小器官です. 細胞分裂の際はミトコンドリアも分裂して維持され, また融合によって均一性の維持がなされています. ダイナミックに形態を変化させるこの植物ミトコンドリアについて, 分子遺伝学と細胞生物学的なアプローチで, その分子メカニズムの解明とそのダイナミクスの意義探索に取り組んでいます. ⇒ 詳細ページへ


 



ソルガムにおける農業形質決定遺伝子の機能解析および高速育種システムの構築

ソルガム (別名タカキビ, コーリャン, モロコシなど) は世界五大穀物であるにも関わらず, いまだ改良の余地が多く残る, ある意味"粗野な"
作物です. 当研究室では, ソルガムの持つ潜在能力に着目し, ソルガムをバイオマス作物として利用する際に重要な形質について,
遺伝子の単離と機能解明, およびソルガムの高速育種システムの構築を目標に研究を行っています. ⇒ 詳細ページへ






 
Copyright © LPMG All Rights Reserved.