含フッ素分子の構造の特徴を活かした
生理活性物質創出

生体は水素原子とフッ素原子の大きさの違いを識別できない(ミミック効果)。一方、含フッ素構造は疎水性、脂溶性、代謝を受けにくいなどの特異な性質を示す。
本研究ではこれらの含フッ素分子のもつ特徴を組み合わせて、新しい医薬の有効成分になる化合物を見いだす。