main_img

進学希望の方へ

CEMS

kibans

スピン変換

kaken

永長研究室へようこそ

永長研では、電子系における強相関効果、および量子幾何学的効果の理論的研究を行っています。強い電子・格子相互作用、電子・電子相互作用と電子状態のトポロジーが、物質の電気的、磁気的、光学的、熱的性質をどのように支配しているかを、場の理論を用いた解析的手法と計算機を用いたシミュレーションを用いて研究しています。
新着情報
     
2018.6.15  永長直人教授(東京大学/理化学研究所)が
      第59回藤原賞を受賞しました。
      東京大学工学系研究科
2018.5.11 ワークショップを開催します!
      「物性理論のフロンティアと社会への展開」
       2018年5月26日(土) 13:00-
       詳細はこちら
2018.5.1  永長直人教授(東京大学/理化学研究所)が
      2018年春の褒章で「紫綬褒章」を受章しました。
      東京大学工学系研究科
      理化学研究所創発物性科学研究センター
2017.3.3  濱本敬大君(D1)が平成28年度スピン変換年次報告会で
       ベストポスターアワード を受賞しました。
2016.12.18  濱本敬大君(D1)が第2回「トポロジーが紡ぐ物質科学の
        フロンティア」領域研究会でベストポスターアワード を
        受賞しました。
2016.11.30  江澤雅彦講師が第13回日本表面科学会会誌賞を受賞
        しました。
2016.11.16  永長直人教授がクラリベイト・アナリティクス
        [旧トムソン・ロイター(Thomson Reuters)]が
        選んだHighly Cited Researchers 2016に物理学分野で
        選出されました。
2015.4.17  イベントのお知らせ:Workshop on "Topological Magnets"
       (平成27年5月25-27日開催)
2014.6.18  永長直人教授がトムソン・ロイター(Thomson Reuters)が
       選んだHighly Cited Researchers 2014に物理学分野で選出
       されました。
2014.5.12  メンバーを更新しました。
2013.12.2  ホームページをリニューアルしました。