Overview

Recent progress of molecular cell biology have been revealing a lot of structures and funstions of biomolecules.  We aim applications of cell or biomolecules using various techniques, which includes protein engineering, genetic engineering and organic synthesis, based on hot biological findings.

近年の分子細胞生物学の目覚しい発展により、それまで謎めいたものであった種々の生体分子の構造や機能が次々と明らかになり始めています。我々は,それら最新の生物学的知見に基づいた細胞及び生体分子の工学的応用を基本理念とし,ユニークな発想のもと,蛋白質工学・遺伝子工学・有機化学的手法を用いて様々なテーマで研究に臨んでいます。

overall

Cell Engineering

Cell Engineering group (Prof. Kawahara) is trying to control cellular responses by engineering of membrane proteins for bioindustrial and medical applications.

「Cell Engineering」グループ(河原正浩講師)では,細胞のシグナル伝達開始点となる膜蛋白質を,遺伝子工学的手法で改変することで増殖・運動などの細胞応答を制御し,バイオインダストリーや医療分野への応用を試みています。

fig

Enzyme Engineering

Enzyme Engineering group works on artificial multienzyme complex formation to enhance enzymes' functions.

「Enzyme Engineering」グループでは人工的に酵素を複合体形成させることにより、新たなの機能の付加や酵素機能の増強を目指しています。

fig

学生へのメッセージ

Various projects other than mentioned above are ongoing now. We are recruiting taleted students. If you have any interests to our research, do not hesitate to contant to me (nagamune@bioeng.t.u-tokyo.ac.jp).

長棟研ではここに挙げたテーマだけでなく様々な研究に取り組んでおり、意欲のある学生を広く募集しています。研究室見学の希望がありましたら、長棟までメールにて連絡ください。