Hidehiko Hirakawa

ORCiD: 0000-0003-0623-8573
Assistant Professor
Departmenet of Chemistry and Biotechnology
hirakawa
Researchmap Follow me on ResearchGate kudos Hidehiko Hirakawa's bibliography

Education

2005, Ph.D., The University of Tokyo
2000, B.S., The University of Tokyo

Experience

2009-2010, Project Assistant Professor, The University of Tokyo
2007-2009, Project Postdoctoral fellow, The University of Tokyo
2005-2007, Postdoctoral Fellow, University of Kansas

Awards and Grants

Apr 2014, Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research from JSPS
June 2013, The Research Encouragement Prize (14th Symposium on Enzyme Applications)
Mar 2013, The SCEJ Award for Outstanding Young Researcher
Oct 2012, The Grant for Researches on Chemical and Biological Materials in 2012
Oct 2012, SEKISUI CHEMICAL Innovations Inspired by Nature Research Support Program
Apr 2012, Research Encouragement Grant from Asahi Glass Foundation
Jun 2011, FEBS Journal Klaus Ruckpaul poster award (17th International Conference on Cytochrome P450)
May 2011, ACB-2011 YSS Outstanding Award
Apr 2011, Mizho Fundation for the Promotion of Sciences
Jan 2011, Novozymes Japan Research Fund 2011
Apr 2009, Grant-in-Aid for Young Scientists (B) from MEXT

PCNA-utilized protein complex formation

PCNAs, which play a role as scaffold for DNA replication/modification enzymes, are ring-shaped trimeric proteins. We are trying to enhance natural function of protein and to express novel function of protein by selective complex formation using selef-assembly of PCNA. We have already shown that compelx formation of cytochrome P450 and its electron transfer proteins using PCNA improved cytochrome P450's activity.
This research was supported by MEXT KAKENHI 21760633.

fig
Hirakawa and Nagamune, ChemBioChem, 11, 1517-1520 (2010).
Haga et al., Plos One, 8(9): e75114 (2013).
Watanabe et al., ChemCatChem, 5, 3835-3840 (2013).
Hirakawa et al., Biotechnol. Bioeng., 110, 1858-1864 (2013).
Hirakawa and Nagamune, Methods in Molecular Biology 978 (J. Samuelson ed.), Humana Press, PP.149-163 (2013).
Suzuki et al., Biotechnol. J., 9, 1573-1581 (2014).
Tan et al., Sci. Rep., 5, 8648 (2015).

Enhancement of peptide ligation using beta-hairpin structure

In enzymatic reactions, it is essential that substrates conformationally fit into the substrate binding sites of the enzymes to control the spatial arrangements and orientations of the substrates in the active site. These conformational restrictions determine the substrate specificities of enzymes. We hypothesize that the introduction of a rigid secondary structure to ligation products will inhibit products' binding to SrtA and that a shift in the equilibrium to formation of a SrtA-unrecognized product will increase the ligation yield. We successfully enhanced SrtA-mediated protein ligation through the formation of a b-hairpin around the ligation site.

fig
Yamamura et al., Chem. Commun., 47, 4742-4744 (2011).

Ca2+-independent S. aureus sortase A mutants

The catalytic activity of Staphylococcus aureus sortase A (SaSrtA) is dependent on Ca2+, because binding of Ca2+ to Glu residues distal to the active site stabilizes the substrate binding site. To obtain Ca2+-independent SaSrtA, we substituted two Glu residues in the Ca2+-binding pocket (Glu105 and Glu108). Although single mutations decreased SaSrtA activity, mutations of both Glu105 and Glu108 resulted in Ca2+-independent activity.

fig
Hirakawa et al., Biotechnol. Bioeng., 109, 2955-2961 (2012).

Transglutaminase-mediated construction of branched fusion protein

Transglutaminase (TGase) catalyzes cross-linking between side chains of glutamine and lysine residues. We successfully constructed a branched fusion protein using a site-specific cross-linking by TGase. A branched fusion P450cam, which is consisted of P450cam and its electron transfer proteins, showed a high catalytic activity due to intramolecular electron transfer.

fig
Hirakawa and Nagamune, Protein Eng. Des. Sel., 20, 453-459(2007).
Hirakawa and Nagamune, Methods in Molecular Biology 743 (P. Wang ed.), Humana Press, PP.1-16 (2011).

Alumni

T. Haga (Ph.D., 2016.3)
K. Schmitt (Ph.D., 2015.9)
R. Suzuki (Ph.D., 2015.3)
C. Y. Tan (PhD., 2015.3)
Y. Hatakeyama (MS, 2017.3)
M. Kondo (MS, 2016.3)
M. Hatakeyama (MS, 2016.3)
S. Ishikawa (MS, 2014.3)
H. Watanabe (MS, 2013.3)
A. Kakitani (MS, 2012.3)
Y. Yamamura (MS, 2011.3)
K. Ichiman (MS, 2010.3)
Y. Hayata (BS, 2013.3)
T. Hori (BS, 2013.3)
S. Hiura (BS, 2008.3)

Awords to Students

Y. Hatakeyama, 優秀学生賞(化学工学会第81年会, 3/13/2016)
M. Kondo, バイオ部会優秀ポスター賞(化学工学会第47回秋季大会, 9/9/2015)
C. Y. Tan, Poster award (The 12th International Symposium on Cytochrome P450 Biodiversity and Biotechnology, 9/28/2014)
T. Haga, Poster award (YABEC2013, 8/9/2013)
T. Haga, Poster award (The 11th International Symposium on Cytochrome P450 Biodiversity and Biotechnology, 6/26/2012)
T. Haga, 学生賞(生物工学会九州支部福岡大会, 12/10/2011)

Activity in 2017

Conferences

(Postar)

  • 畠山洋平、平川秀彦、長棟輝行、「配列特異的なDNA結合タンパク質を用いた細菌由来シトクロムP450システムの再構成」、 東京、化学工学会第82年会、2017年3月7日

Activity in 2016

Publications

Conferences

(Oral)

  • Masayoshi Kondo, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Competitive detection of interaction between cytochrome P450 and electron transfer protein", The Fifth International Conference on Cofactors and Active Enzyme Molecule 2016, Toyama, September 7, 2016

(Postar)

  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「補酵素再生系のよる異種シトクロムP450への電子伝達効率の向上」、 東京、酵素工学研究会第76回講演会、2016年10月7日
  • 岩田史也、平川秀彦、長棟輝行、「ヘテロ三量体PCNAを利用した段階的な多酵素集積」、 東京、酵素工学研究会第76回講演会、2016年10月7日
  • 畠山洋平、平川秀彦、長棟輝行、「配列特異的なDNA結合タンパク質によるシトクロムP450システムの再構成」、 東京、酵素工学研究会第76回講演会、2016年10月7日
  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「シトクロムP450の活性化において外来電子伝達タンパク質を利用するための戦略」、 富山、第68回日本生物工学会大会、2016年9月30日
  • )岩田史也、平川秀彦、長棟輝行、「ヘテロ三量体PCNAを用いたDNA上への多酵素集積」、 徳島、化学工学会第48回秋季大会、2016年9月7日
  • 近藤将禎、平川秀彦、長棟輝行、「ヘテロ三量化タンパク質を利用したシトクロムP450電子伝達パートナーの探索法の開発」、 大阪、化学工学会第81年会、2016年3月13日
  • 畠山洋平、平川秀彦、長棟輝行、「配列特異的なDNA結合タンパク質を利用したシトクロムP450システムの再構成」、 大阪、化学工学会第81年会、2016年3月13日

Activity in 2015

Publications

Conferences

(Oral)

  • 畠山 美沙樹、平川 秀彦、長棟 輝行、「黄色ブドウ球菌由来ペプチド転移酵素における基質阻害機構の解明と新規変異体の開発」、群馬、化学工学会群馬大会 2015、2015年11月27日
  • 【招待講演】Hidehiko Hirakawa, "Artificial Assembly of Cytochrome P450 Monooxygenase and Auxiliary Proteins for Efficient Electron Supply"、奈良、錯体化学会第65回討論会、2015年9月21日

(Postar)

  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「シトクロムP450 BM3の固定化」、 鹿児島、第67回日本生物工学会大会、2015年10月28日
  • 岩田史也、平川秀彦、長棟輝行、「PCNAヘテロ三量化を利用したDNA上への多酵素集積」、 鹿児島、第67回日本生物工学会大会、2015年10月28日
  • 畠山洋平、平川秀彦、長棟輝行、「DNA結合タンパク質を介したシトクロムP450システムの再構成」、 鹿児島、第67回日本生物工学会大会、2015年10月28日
  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「Sulfolobus solfataricus由来PCNAを介したシトクロムP450 BM3の固定化」、 東京、酵素工学研究会第74回講演会、2015年10月16日
  • 岩田史也、平川秀彦、長棟輝行、「PCNAヘテロ三量化を利用したDNA上への多酵素集積」、 東京、酵素工学研究会第74回講演会、2015年10月16日
  • 近藤将禎、平川秀彦、長棟輝行、「PCNAによるヘテロ三量化を利用したThermobifida fusca由来シトクロムP450の電子伝達パートナーの探索」、 東京、酵素工学研究会第74回講演会、2015年10月16日
  • 芳賀智亮、平川秀彦、長棟輝行、「P450触媒活性を有するウイルスナノ粒子」、 東京、酵素工学研究会第74回講演会、2015年10月16日
  • 近藤将禎、平川秀彦、長棟輝行、「Thermobifida fusca由来シトクロムP450の電子伝達パートナーの探索」、 札幌、化学工学会 第47回秋季大会、2015年9月9日(ポスター賞受賞)
  • 芳賀智亮、平川秀彦、長棟輝行、「ウイルスカプシドを利用したP450触媒活性を有するナノリアクター」、 札幌、化学工学会 第47回秋季大会、2015年9月9日
  • Tomoaki Haga, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Introduction of Extra Ferredoxin Reductases into an Artificial Self-sufficient P450 for Improving the Whole Catalytic Activity", RIKEN Symposium “Metals in Biology” in Wako, Wako, June 17, 2015
  • Yohei Hatakeyama, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Reconstitution of a Bacterial Cytochrome P450 System on DNA Scaffold", RIKEN Symposium “Metals in Biology” in Wako, Wako, June 17, 2015
  • Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Key Mutations in Staphylococcus aureus Sortase A Stabilize Active Conformation without Ca2+", RIKEN Symposium “Metals in Biology” in Wako, Wako, June 17, 2015
  • Fumiya Iwata, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Stable multienzyme complex formation using PCNA from Metallosphaera sedula", 19th International Conference on Cytochrome P450, Tokyo, June 13, 2015
  • Tomoaki Haga, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Rescuing catalytically-dead ferredoxin-P450 complex in an artificial self-sufficient P450 by extra ferredoxin reductase", 19th International Conference on Cytochrome P450, Tokyo, June 13, 2015
  • Yohei Hatakeyama, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Reconstitution of cytochrome P450 system utlizing DNA binding protein", 19th International Conference on Cytochrome P450, Tokyo, June 13, 2015
  • 畠山洋平、平川秀彦、長棟輝行、「DNA結合タンパク質を用いたシトクロムP450システムの再構成」、 東京、化学工学会第80年会、2015年3月19日

Activity in 2014

Publications

Conferences

(Oral)

  • Tomoaki Haga, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "An artificial self-sufficient cytochrome P450 wakes up earlier with extra redox components", Active Enzyme Molecule 2014, Toyama, December 19, 2014
  • Masayoshi Kondo, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Identification of the electron transfer partner proteins that can activate P450 from Thermobifida fusca", Active Enzyme Molecule 2014, Toyama, December 19, 2014
  • Katharina Schmitt, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Design of an artificial cellulolytic multi-enzyme complex aligned by PTDH-linked PCNA heterotrimer units", Active Enzyme Molecule 2014, Toyama, December 17, 2014
  • 石川傑、平川秀彦、長棟輝行、「酵素による細胞質内における選択的な翻訳後タンパク質連結」、名古屋、日本化学会第94春季年会、2014年3月30日
  • Tan Cheau Yuaan, Watanabe Hiroshi, Hirakawa Hidehiko, Nagamune Teruyuki, 「Immobilization of cytochrome P450 and its redox protein partners coupled with cofactor regeneration」、岐阜、化学工学会第79年会、2014年3月18日
  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「自己集合するへテロ3量体PCNAを足場として利用したP450活性化システムの構築」、岐阜、化学工学会第79年会、2014年3月18日
  • Schmitt Katharina. K. I.、平川秀彦、長棟輝行、「PCNA heterotrimer mediated cluster formation of an artificial cellulosome complex」、岐阜、化学工学会第79年会、2014年3月18日
  • 近藤将禎、平川秀彦、長棟輝行、「PCNAを利用したThemobifida fusca由来シトクロムP450の電子伝達パートナーの探索」、東京、第16回化学工学会学生発表会、2014年3月1日

(Postar)

  • Cheau Yuaan Tan, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Co-insolubilization of cytochrome P450 system yielded active gelated enzymes", The 12th International Symposium on Cytochrome P450 Biodiversity and Biotechnology, Kyoto, September 28, 2014 (ポスター賞受賞)
  • 岩田史也、平川秀彦、長棟輝行、「クレン古細菌由来核内増殖抗原のDNA結合性の評価」、京都、第87回日本生化学会大会、2014年10月18日
  • 芳賀智亮、平川秀彦、長棟輝行、「ペプチド-タンパク質間相互作用による巨大超分子複合体の構築」、福岡、化学工学会 第46回秋季大会、2014年9月17日
  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「熱安定性電子伝達タンパク質を用いたP450活性化システムの構築」、福岡、化学工学会 第46回秋季大会、2014年9月17日
  • 畠山美沙樹、平川秀彦、長棟輝行、「黄色ブドウ球菌由来ペプチド転移酵素における基質阻害機構の解明」、福岡、化学工学会 第46回秋季大会、2014年9月17日
  • 平川秀彦、畠山洋平、岩田史也、長棟輝行、「DNA結合タンパク質を利用した細菌由来シトクロムP450システムの再構成」、札幌、第66回日本生物工学会大会、2014年9月9日
  • Katharina Schmitt、平川秀彦、長棟輝行、「Formation of a Cellulolytic Multi-enzyme Complex: An artificially synthesized macromolecular cluster of PCNA heterotrimers linked via PTDH dimers」、 福岡、酵素工学研究会第71回講演会、2014年4月26日
  • Cheau Yuaan Tan, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune、「Oligomeric proteins-mediated insolubilization of cytochrome P450 and its redox partners」、 福岡、酵素工学研究会第71回講演会、2014年4月26日
  • 芳賀智亮、平川秀彦、長棟輝行、「足場タンパク質を用いてP450cam近傍に配置した電子伝達タンパク質の分子数がP450camの活性に与える影響」、 福岡、酵素工学研究会第71回講演会、2014年4月26日
  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「ヘテロ3量体タンパク質PCNAを足場として用いたP450活性化システム」、 福岡、酵素工学研究会第71回講演会、2014年4月26日
  • 近藤将禎、平川秀彦、長棟輝行、「PCNAを利用したThermobifida fusca由来シトクロムP450電子伝達パートナーの探索」、 福岡、酵素工学研究会第71回講演会、2014年4月26日

Activity in 2013

Publications

Conferences

(Oral)

  • Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, " A Heterotrimeric Ring-shape Protein Can Immobilize Multienzyme Complex", Enzyme Engineering XXII, Toyama, September 26, 2013.
  • 平川秀彦、「複数の電子伝達経路を有する人工シトクロムP450複合体」、名古屋、第14回酵素応用シンポジウム、2013年6月14日
  • 平川秀彦、「[研究奨励賞]ボトムアップアプローチによる機能性タンパク質複合体の構築」、大阪、化学工学会第78年会、2013年3月19日
  • 渡辺浩志、平川秀彦、長棟輝行、「共有結合の導入によるゲル化酵素の安定化」、大阪、化学工学会第78年会、2013年3月17日
  • 芳賀智亮、平川秀彦、長棟輝行、「P450/電子伝達タンパク質複合体において電子伝達タンパク質の分子数が電子伝達効率に与える影響」、大阪、化学工学会第78年会、2013年3月17日
  • 岩田史也、平川秀彦、長棟輝行、「Metallosphaera sedula由来PCNAを利用した酵素複合体の構築」、大阪、化学工学会第78年会、2013年3月17日

(Postar)

  • Cheau Yuaan Tan, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, “Catalytically active gel particles containing a bacterial cytochrome P450 and its redox protein partners”, Enzyme Engineering XXII, Toyama, September 24, 2013.
  • Risa Suzuki, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, “Heterotrimeric protein-mediated reconstitution of cytochrome P450 BM3”, Enzyme Engineering XXII, Toyama, September 23, 2013.
  • Fumiya Iwata, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, “PCNA from metallosphaera sedula-mediated stable multienzyme complex formation”, Enzyme Engineering XXII, Toyama, September 23, 2013.
  • Tomoaki Haga, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, “Artificial enzyme complex of cytochrome P450 and redox proteins with multiple electron transfer routes”, Enzyme Engineering XXII, Toyama, September 23, 2013.
  • Tomoaki Haga, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, “Improvement of whole catalytic activity of artificial enzyme complex of P450cam and its redox proteins by additional electron transfer route”, The 19th Symposium of Young Asian Biochemical Engineers’ Community, Urumqi, August 9, 2013. (ポスター賞受賞)
  • Risa Suzuki, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, “Activation of P450 by foreign redox proteins on heterotrimeric PCNA”, 18th International Conference on Cytochrome P450, Seattle, June 19, 2013.
  • 堀智博、平川秀彦、長棟輝行、「ソルテースAによるリジン側鎖修飾に与えるリジン残基周辺配列の影響」、酵素工学研究会第70回講演会、東京、2013年10月25日
  • 平川秀彦、芳賀智亮、早田洋平、長棟輝行、「ヘテロ三量体タンパク質を利用したPseudomonas putida由来シトクロムP450システムの担体上への固定化」、酵素工学研究会第70回講演会、東京、2013年10月25日
  • Cheau Yuaan Tan, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, 「Catalytically Active Gel Particles Containing a Bacterial Cytochrome P450 and Its Redox Protein Partners」、酵素工学研究会第70回講演会、東京、2013年10月25日
  • 芳賀智亮、平川秀彦、長棟輝行、「活性向上を目指したシトクロムP450/電子伝達タンパク質複合体の最適化」、酵素工学研究会第70回講演会、東京、2013年10月25日
  • 岩田史也、平川秀彦、長棟輝行、「Metallosphaera sedula由来PCNAを利用した安定な酵素複合体の構築」、酵素工学研究会第70回講演会、東京、2013年10月25日
  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「PCNAを足場に用いたBM3の再構成」、酵素工学研究会第70回講演会、東京、2013年10月25日
  • 石川傑、平川秀彦、長棟輝行、「酵素による細胞質内における選択的な翻訳後タンパク質連結」、酵素工学研究会第70回講演会、東京、2013年10月25日
  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「ヘテロ3 量体PCNA を用いたP450BM3の再構成」、第65回日本生物工学会大会、広島、2013年9月19日
  • 平川秀彦、芳賀智亮、早田洋平、長棟輝行、「古細菌由来核内増殖抗原を利用した細菌由来シトクロムP450の担体上への固定化」、第65回日本生物工学会大会、広島、2013年9月18日
  • 堀智博、平川秀彦、長棟輝行、「ソルテースAによるリジン側鎖修飾に与えるリジン残基周辺配列の影響」、化学工学会 第45回秋季大会、岡山、2013年9月17日
  • 平川秀彦、渡辺浩志、長棟輝行、「モノオキシゲナーゼ活性を有する蛋白質ゲル」、第13回日本蛋白質科学会年会、鳥取、2013年6月13日
  • 岩田史也、平川秀彦、長棟輝行、「Metallosphaera sedula由来PCNAの三量化能評価」、第13回日本蛋白質科学会年会、鳥取、2013年6月12日

Activity in 2012

Publications

Conferences

(Oral)

  • Hiroshi Watanabe, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Artificial phosphite-driven monooxygenase", the 12th Japan-China-Korea Joint Symposium on Enzyme Engineering, Kanazawa, May 30, 2012.
  • Tomoaki Haga, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Nanoscale fine-tuning of enzyme arrangement for efficient electron transfer to P450", the 12th Japan-China-Korea Joint Symposium on Enzyme Engineering, Kanazawa, May 30, 2012.
  • Risa Suzuki, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "PCNA-fused artificial heterotrimer complex of CYP119 and electron transfer proteins from Pseudomonas putida", the 12th Japan-China-Korea Joint Symposium on Enzyme Engineering, Kanazawa, May 30, 2012.
  • Suguru Ishikawa, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Mutation into Staphylococcus aureus sortase A to gain Ca2+-independent", the 12th Japan-China-Korea Joint Symposium on Enzyme Engineering, Kanazawa, May 29, 2012.
  • 平川秀彦、芳賀智亮、岩田史也、長棟輝行、「自己充足型シトクロムP450のための足場タンパク質への最適なジスルフィド結合導入法」、神戸、第64回日本生物工学会大会、2012年10月25日
  • 垣谷彩乃、平川秀彦、長棟輝行、「PCNA相互配列を利用したシトクロムP450-電子伝達タンパク質複合体の構築」、東京、化学工学会第77年会、2012年3月16日
  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「ヘテロ3量体タンパク質を利用したNovosphingobium aromaticivorans P450の活性化」、東京、化学工学会第77年会、2012年3月16日
  • 岩田史也、平川秀彦、長棟輝行、「Ignicoccus hospitalis由来PCNAの三量化能の評価」、東京、化学工学会第77年会、2012年3月16日
  • 石川傑、平川秀彦、長棟輝行、「ペプチド基質を利用したSortase A変異体の速度論解析」、東京、化学工学会第77年会、2012年3月16日
  • 芳賀智亮、平川秀彦、長棟輝行、「PCNAヘテロ3量体を用いたP450の活性制御」、東京、化学工学会第77年会、2012年3月16日

(Postar)

  • Hidehiko Hirakawa, Tomoaki Haga, Hiroshi Watanabe, Risa Suzuki, Teruyuki Nagamune, “Applications of Artificial Complex Formation of Bacterial P450 with Redox Proteins”, 50th Anniversary Symposium on Cytochrome P450, Fukuoka, December 3, 2012.
  • Risa Suzuki, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Activation of CYP119 assembled with PdR and PdX using PCNA as a scaffold”, The 18th Symposium of Young Asian Biochemical Engineers’ Community, Tokushima, October 27, 2012.
  • Fumiya Iwata, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, “A Heterotrimeric PCNA from Metallosphaera sedula”, 9th International Congress on Extremophiles, Sevilla, September 11, 2012.
  • Tomoaki Haga, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Arranging two molecules of putidaredoxin in close proximity of P450cam for efficient electron transfer", The 11th International Symposium on Cytochrome P450 Biodiversity and Biotechnology, Torino, Juner 26, 2012. (ポスター賞受賞)
  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「PCNAを用いた電子伝達タンパク質による異種P450の活性化」、酵素工学研究会第68回講演会、東京、2012年10月5日
  • 芳賀智亮、平川秀彦、長棟輝行、「プチダレドキシンを複数有するPCNA融合P450cam-電子伝達タンパク質複合体の構築」、酵素工学研究会第68回講演会、東京、2012年10月5日
  • 渡辺浩志、平川秀彦、長棟輝行、「核内増殖抗原のヘテロ三量化を用いた酵素のゲル化」、酵素工学研究会第68回講演会、東京、2012年10月5日
  • 石川傑、平川秀彦、長棟輝行、「変異体Sortase Aの生体内環境での活性評価」、酵素工学研究会第68回講演会、東京、2012年10月5日
  • 平川秀彦、芳賀智亮、長棟輝行、「活性の向上を目指したタンパク質複合体へのジスルフィド結合導入法の検討」、酵素工学研究会第68回講演会、東京、2012年10月5日
  • 平川秀彦、堀智博、石川傑、長棟輝行、「変異導入がペプチド転移酵素の加水分解活性に与える影響」、化学工学会 第44回秋季大会、仙台、2012年9月19日

Activity in 2011

Publications

Conferences

(Oral)

  • Hidehiko Hirakawa, Tomoaki Haga, Teruyuki Nagamune, "Artificial self-sufficient P450: Noncovalent complex with electron transfer components", 17th International Conference on Cytochrome P450, Manchester, June 26, 2011.
  • Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Noncovalent Complex Formation of a Bacterial Cytochrome P450 and its Electron transfer Proteins by Fusion to PCNA", Asian Congress on Biotechnology 2011, Shanghai, May 13, 2011. (ACB-2011 YSS Outstanding Award受賞)
  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「由来の異なる電子伝達タンパク質との3量化CYP119の活性化」、福岡、第18回日本生物工学会九州支部福岡大会、2011年12月10日
  • 芳賀智亮、平川秀彦、長棟輝行、「P450/電子伝達タンパク質自己集合複合体の構築」、福岡、第18回日本生物工学会九州支部福岡大会、2011年12月10日 (学生賞受賞)
  • 平川秀彦、山村裕一、長棟輝行、「変異導入による黄色ブドウ球菌由来sortase Aのカルシウム非依存性の獲得」、東京、日本生物工学会平成23年度大会、2011年9月28日
  • 平川秀彦、長棟輝行、「ヘテロオリゴマー化タンパク質を利用した人工的な酵素複合体の構築」、東京、日本生物工学会平成23年度大会、2011年9月27日
  • 渡辺浩志、平川秀彦、長棟輝行、「非共有結合的に亜リン酸脱水素酵素を融合したP450反応システムの構築」、東京、日本生物工学会平成23年度大会、2011年9月27日
  • 平川秀彦、長棟輝行、「ボトムアップアプローチによるタンパク質間相互作用検出系の構築」、東京、化学工学会第76年会、2011年3月24日
  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「自己組織的複合化PdX-PdR-CYP119の活性評価」、東京、化学工学会第76年会、2011年3月24日
  • 芳賀智亮、平川秀彦、長棟輝行、「PCNA融合シトクロムP450camシステムの最適化」、東京、化学工学会第76年会、2011年3月24日
  • 渡辺浩志、平川秀彦、長棟輝行、「亜リン酸脱水素酵素を融合したP450システムの構築」、東京、化学工学会第76年会、2011年3月24日
  • 山村裕一、平川秀彦、長棟輝行、「カルシウム非依存的活性を示すsortase A変異体の創製と機能解析」、東京、化学工学会第76年会、2011年3月24日

(Postar)

  • Hiroshi Watanabe, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Phosphite-driven artificial self-sufficient cytochrome P450", 10th International Symposium on Biocatalysis, Sicily, October 3, 2011.
  • Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Calcium-Independently Active Staphylococcus aureus Sortase A Mutants", XIII International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology, Sapporo, Spetember 8, 2011.
  • Hidehiko Hirakawa, Tomoaki Haga, Teruyuki Nagamune, "Artificial self-sufficient P450: Noncovalent complex with electron transfer components", 17th International Conference on Cytochrome P450, Manchester, June 27, 2011. (ポスター賞受賞)
  • 渡辺浩志、平川秀彦、長棟輝行、「亜リン酸脱水素酵素ドメインを有するP450によるカンファーの水酸化」、第 15 回生体触媒化学シンポジウム、東京、2011年12月22日
  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「PCNAを利用したPseudomonas putida由来電子伝達タンパク質との複合体形成によるCYP119の活性化」、第 15 回生体触媒化学シンポジウム、東京、2011年12月22日
  • 平川秀彦、長棟輝行、「変異導入によるCa2+非存在下での黄色ブドウ球菌由来SrtAの活性向上」、酵素工学研究会第66回講演会、東京、2011年9月29日
  • 渡辺浩志、平川秀彦、長棟輝行、「ヘテロ三量体タンパク質を用いた酵素ゲル」、酵素工学研究会第66回講演会、東京、2011年9月29日
  • 芳賀智亮、平川秀彦、長棟輝行、「自己集合する電子伝達タンパク質/P450複合体の構築」、酵素工学研究会第66回講演会、東京、2011年9月29日
  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「由来の異なる電子伝達タンパク質とシトクロムP450の人工的ヘテロ3量体の活性評価」、酵素工学研究会第66回講演会、東京、2011年9月29日
  • 垣谷彩乃、平川秀彦、長棟輝行、「安定化させた足場タンパク質によるシトクロムP450と電子伝達タンパク質との複合体形成」、酵素工学研究会第66回講演会、東京、2011年9月29日
  • 垣谷彩乃、平川秀彦、長棟輝行、「足場タンパク質の安定化によるP450複合体の活性向上」、化学工学会第43回秋季大会、名古屋、2011年9月14日
  • 芳賀智亮、平川秀彦、長棟輝行、「プチダレドキシンを複数配置したPCNA融合シトクロムP450システムの構築」、化学工学会第43回秋季大会、名古屋、2011年9月14日

Activity in 2010

Publications

Conferences

(Oral)

  • 平川秀彦、長棟輝行、「PCNA融合P450cam/電子伝達タンパク質共発現系の構築」、鹿児島、化学工学会第75年会、2010年3月20日
  • 鈴木里沙、平川秀彦、石井洋一、長棟輝行、「大腸菌の増殖に及ぼすPCNA発現の影響」、鹿児島、化学工学会第75年会、2010年3月20日
  • 垣谷彩乃、平川秀彦、長棟輝行、「ジスルフィド結合の導入による安定なPCNAヘテロ3量体を用いたP450-電子伝達タンパク質複合体の構築」、鹿児島、化学工学会第75年会、2010年3月20日
  • 山村裕一、平川秀彦、山口哲志、長棟輝行、「基質認識配列周辺の構造変化を利用した酵素反応の制御」、鹿児島、化学工学会第75年会、2010年3月20日

(Postar)

  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「Sulforobus solfataricus由来PCNAと2本鎖DNAの相互作用」、BMB2010、神戸、2010年12月8日
  • 平川秀彦、長棟輝行、「細菌由来シトクロムP450システムを利用した分子間相互作用の検出」、酵素工学研究会第64回講演会、東京、2010年11月19日
  • 渡辺浩志、平川秀彦、長棟輝行、「補酵素再生を伴う自足型P450によるカンファーの水酸化」、酵素工学研究会第64回講演会、東京、2010年11月19日
  • 芳賀智亮、平川秀彦、長棟輝行、「PCNA融合P450camー電子伝達タンパク質複合体の最適化」、酵素工学研究会第64回講演会、東京、2010年11月19日
  • 山村裕一、平川秀彦、長棟輝行、「安定なbeta-hairpin構造を利用した酵素反応制御と応用」、酵素工学研究会第64回講演会、東京、2010年11月19日
  • 鈴木里沙、平川秀彦、長棟輝行、「CYP119の非天然ドナーとの活性評価」、酵素工学研究会第64回講演会、東京、2010年11月19日
  • 垣谷彩乃、平川秀彦、長棟輝行、「ジスルフィド結合導入による安定なPCNAヘテロ3量体を用いたP450-電子伝達タンパク質複合体の構築」、酵素工学研究会第64回講演会、東京、2010年11月19日
  • 一幡賢太郎、平川秀彦、長棟輝行、「ペプチドリンカーによる分子内相互作用の制御」、化学工学会第42回秋季大会、京都、2010年9月6日

Activity in 2009

Conferences

(Oral)

  • Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Chimeric Self-sufficient P450 System with a Branched Structure", 16th International Conference on Cytochrome P450, Okinawa, June 24, 2009.
  • 平川秀彦、長棟輝行、「核内増殖抗原を利用したP450-電子伝達タンパク質複合体の構築」、名古屋、日本生物工学会平成21年度大会、2009年9月24日
  • 山村裕一、平川秀彦、長棟輝行、「FRETによる黄色ブドウ球菌由来のトランスペプチターゼの活性評価系の構築」、横浜、化学工学会第74年会、2009年3月18日

(Postar)

  • Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, “A branched fusion P450 system containing CYP119”, APBioChEC’09, Kobe, November 27, 2009
  • Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "A Self-sufficient P450 composed of CYP119, putidaredoxin and putidaredoxin reductase", 9th International Symposium on Biocatalysis and Biotransformations, Bern, July 6, 2009.
  • Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Chimeric Self-sufficient P450 System with a Branched Structure", 16th International Conference on Cytochrome P450, Okinawa, June 24, 2009.
  • 平川秀彦、長棟輝行、「リング状タンパク質を利用したP450cam―電子伝達タンパク質複合体の構築」、酵素工学研究会第62回講演会、東京、2009年11月13日
  • 一幡賢太郎、平川秀彦、長棟輝行、「分岐型P450camシステムの構造の最適化」、酵素工学研究会第62回講演会、東京、2009年11月13日
  • 垣谷彩乃、平川秀彦、長棟輝行、「共有結合による安定なPCNAヘテロ3量体の構築」、酵素工学研究会第62回講演会、東京、2009年11月13日
  • 鈴木里沙、平川秀彦、石井洋一、長棟輝行、「超好熱古細菌由来PCNAの大腸菌発現系の構築」、酵素工学研究会第62回講演会、東京、2009年11月13日

Activity in 2008

Publications

Conferences

(Oral)

  • Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Airtificial Self-Sufficient Cytochrome P450 with a site-specific Branched Structure", The 10th Korea-Chaina-Japan Joint Symposium on Enzyme Engineering, Busan, November 4, 2008.
  • 平川秀彦、長棟輝行、「分子内電子伝達を可能にする分岐型融合P450システムの超好熱古細菌由来P450への応用」、仙台、日本生物工学会平成20年度大会、2008年8月28日
  • 平川秀彦、長棟輝行、「分岐型構造を有する融合シトクロムP450システム」、那覇、化学工学会沖縄大会、2008年8月8日

(Postar)

  • Kentaro Ichiman, Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "Effect of the Linker Length on Catalytic Activity of a Branched Fusion P450cam Protein", The 10th Korea-Chaina-Japan Joint Symposium on Enzyme Engineering, Busan, November. 3, 2008.
  • Hidehiko Hirakawa, Teruyuki Nagamune, "A Self-sufficient chimera monooxygenase composed of a thermophilic cytochrome P450", NanoBio-Seol 2008, Seoul, October. 30, 2008.
  • 平川秀彦、長棟輝行、「CYP119を構成要素とするキメラ分岐型P450融合タンパク質の構築」、酵素工学研究会30周年記念シンポジウム、木更津、2008年11月13日
  • 一幡賢太郎、平川秀彦、長棟輝行、「分岐型融合P450の構造の最適化」、酵素工学研究会30周年記念シンポジウム、木更津、2008年11月13日
  • 山村裕一、平川秀彦、長棟輝行、「FRETを利用したSortaseの活性評価系の構築」、酵素工学研究会30周年記念シンポジウム、木更津、2008年11月13日

Activity in 2007

Publications

Conferences

(Postar)

  • 平川秀彦、長棟輝行、「分岐型P450システムの超好熱菌由来P450への応用」、酵素工学研究会第58回講演会、東京、2007年10月12日
  • 日浦進吾、平川秀彦、長棟輝行、「分岐型P450camシステムの最適化」、酵素工学研究会第58回講演会、東京、2007年10月12日
  • 平川秀彦、神谷典穂、田中勉、長棟輝行、「分岐型構造を有するシトクロムP450camシステム」、東京大学生命科学研究ネットワークシンポジウム2007、東京、2007年9月15日

Activity in 2006

Conferences

(Postar)

  • Hidehiko Hirakawa, Julian Limburg, ”Expression of collagen-like (GPP)n peptide in E. coli,” Gordon Research Conferences, Venture, January 22-27, 2006.

Activity in 2005

Publications

Conferences

(Postar)

  • Hidehiko Hirakawa, Noriho Kamiya, Tsutomu Tanaka, Teruyuki Nagamune, ”Self-sufficient P450cam with a branched single polypeptide chain,” 7th International Symposium on Biocatalysis and Biotransformations, Delft, July 3-8, 2005.

Activity in 2004

Publications

Conferences

(Oral)

  • Hidehiko Hirakawa, Noriho Kamiya, Yutaka Kawarabayashi, Teruyuki Nagamune, “Activation of a thermophilic alcohol dehydrogenase by organic solvents,” 10th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress, Kitakyushu, October 20, 2004.
  • 平川秀彦、神谷典穂、田中勉、長棟輝行、「分岐型タンパク質による電子伝達系の構築」、名古屋、日本生物工学会平成16年度大会、2004年9月22日

(Postar)

  • Hidehiko Hirakawa, ”A novel self-sufficient P450cam system,” 2nd COE21 International Symposium on Human-Friendly Materials Based on Chemistry: Better Living Through Innovative Biomaterials,” Tokyo, November 9, 2004.
  • 平川秀彦、神谷典穂、田中勉、長棟輝行、「枝分かれ構造を有する自己完結型P450camの創製」、酵素工学研究会第52回講演会、東京、2004年11月2日
  • 平川秀彦、「超好熱古細菌由来アルコールデヒドロゲナーゼに対する溶媒のlog P効果」、東京大学COE(化学・材料系)「動的分子論に立脚したフロンティア基礎化学」「化学を基盤とするヒューマンマテリアル創成」合同シンポジウム、東京、2004年6月25日

Activity in 2003

Publications

Conferences

(Oral)

  • 平川秀彦、神谷典穂、河原林裕、長棟 輝行、「有機溶媒添加による超好熱古細菌由来アルコールデヒドロゲナーゼの触媒機能の向上」、日本生物工学会平成15年度大会、熊本、2003年9月17日

(Postar)

  • 平川秀彦、神谷典穂、河原林裕、長棟輝行、「アルコールデヒドロゲナーゼによる長鎖ケトンの還元反応」、酵素工学研究会第50回講演会、東京、2003年10月24日

Activity in 2002

Publications

Conferences

(Postar)

  • 平川秀彦、神谷典穂、長棟輝行、「逆ミセル系における耐熱性アルコールデヒドロゲナーゼの利用」、酵素工学研究会第48回講演会、東京、2002年10月18日

Activity in 2001

Publications

  • 平川秀彦、神谷典穂、長棟輝行 「逆ミセル中における補酵素再生を伴う酸化還元反応に関する基礎的研究 」 化学工学シンポジウムシリーズ76 高機能界面・分子集合体の基礎構築と応用分野の新展開, 化学工学会「機能性界面・分子集合体」特別研究会編, 化学工学会、pp.133-137 (2001).

Conferences

(Oral)

  • 平川秀彦、神谷典穂、長棟輝行、「有機溶媒中で酸化還元酵素を利用するための基礎因子の解明」、化学工学会第66年会、広島、2001年4月2日

(Postar)

  • 平川秀彦、神谷典穂、長棟輝行、「逆ミセル系における耐熱性デヒドロゲナーゼの触媒特性に関する基礎的研究」、酵素工学研究会第46回講演会、東京、2001年10月26日

Activity in 2000

Conferences

(Postar)

  • Hidehiko Hirakawa, Noriho Kamiya, Teruyuki Nagamune, “Cofactor regeneration system via two dehydrogenases in reversed micelles,” The Sixth Japan-China Symposium on Enzyme Engineering, Kyoto, October 16-17, 2000.