東京大学FIRST 国際シンポジウム「学際融合による蓄電デバイスの革新」

東京大学FIRST 国際シンポジウム「学際融合による蓄電デバイスの革新」

おかげさまで盛会裏に終了いたしました。当日の様子はこちらからご覧ください。


ご挨拶

中心研究者 東京大学大学院工学系研究科 水野 哲孝 私たちのプロジェクトは、様々な専門分野の研究者が参画し、蓄電技術に関る新原理・方法論の開発、原子・分子レベルでの材料設計・合成、電極反応等作動状況の高度な解析を通して革新的なデバイス(=ポストリチウムイオン電池)の実現を目指しています。本シンポジウムでは、海外から招聘した著名な研究者にご講演を頂くとともに、本プロジェクトの研究成果を発表し、応用化学、物性物理などの幅広い研究分野の学際的な融合により、はじめて創出される蓄電デバイスの革新、さらにその将来について議論します。また、本プロジェクトの研究手法、アプローチに関する包括的な討論も行いますので、奮ってご参加ください。ご来場をお待ちしております。


中心研究者 東京大学大学院工学系研究科 水野 哲孝

お知らせ

FIRST国際シンポジウムは無事に終了いたしました。当日の様子はこちらからご覧ください。
2013年1月21日
FIRST国際シンポジウム 公式サイトオープンしました。
2012年12月10日
FIRST国際シンポジウム 参加申込み開始いたしました。
2012年12月10日

このページの先頭へ