化学とマイクロ・ナノシステム学会“奨励賞”



平成28年度受賞業績題目

平成28年度化学とマイクロ・ナノシステム学会奨励賞が決定いたしました。


佐藤 記一 氏(群馬大学大学院理工学府 准教授)
「マイクロバイオ分析システムの開発」


  平成29年5月22・23日第35回研究会(東京工業大学)にて授賞式及び受賞講演が行われます。

化学とマイクロ・ナノシステム学会では、毎年奨励賞を募集しております。 化学とマイクロ・ナノシステムに関連する研究において顕著な業績をあげた本会正会員が対象です。 是非ご応募ください。

化学とマイクロ・ナノシステム学会奨励賞推薦要項

Outstanding Researcher Award on Chemistry and Micro-Nano Systems
(CHEMINAS Researcher Award)

一般社団法人化学とマイクロ・ナノシステム学会では、下記の要項で平成28年度の奨励賞を募集しております。要項をご参照の上、候補者をご推薦下さいますようお願いいたします。

平成28年度会長藤井 輝夫
平成28年度表彰委員長安田 隆

平成28年度奨励賞推薦要項

1)候補者:化学とマイクロ・ナノシステムに関連する研究において顕著な業績をあげた、選考年度の4月1日現在において満45才未満の本会正会員が対象です。
2)推薦者:本会正会員は、自薦、他薦を問わず1名の候補者の推薦が可能です。ただし、他薦の場合には、候補者の了解を得て下さい。
3)表彰件数:各年度1名程度とします。
4)表彰:受賞者には、賞状および記念品を贈呈します。授賞式は、総会において行います。また、受賞者には、授賞式と同時期に開催される本会研究会での受賞講演、会誌への執筆をお願いするものとします。
5)推薦締切:平成28年12月16日(金)
6)推薦方法:推薦理由書 (自薦・他薦いずれの場合も、500字から1000字)および 業績リスト を所定の書式(学会ホームページからダウンロード)に準じて作成し、電子メールの添付書類として表彰委員長に送付して下さい。
学会ホームページURL:http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/kitamori/CHEMINAS/
7)推薦書類提出先:
  平成28年度表彰委員長
  九州工業大学 大学院生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻
  安田 隆
  e-mail: yasuda@life.kyutech.ac.jp


過去の受賞業績題目

年度氏名所属業績題目
平成27年度加地 範匡名古屋大学マイクロ・ナノ流体デバイスによる高性能生体分子解析法の創出
梶 弘和東北大学マイクロ・ナノ技術を用いた細胞操作と医工領域への展開
平成26年度栗田僚二産業技術総合研究所表面化学的アプローチによるマイクロバイオセンシングデバイスの開発
平成25年度火原 彰秀東京工業大学マイクロ・ナノ流体デバイスにおける界面科学と分光化学
平成24年度馬渡 和真東京大学超高感度検出法の開発とマイクロ・拡張ナノ化学への展開
平成23年度宮崎 真佐也産業技術総合研究所マイクロ化学システムを用いるプロセッシング技術の開発
平成22年度村上 裕二広島大学微細加工技術と生体材料の組み合わせによるマイクロバイオ分析の先駆的な取り組み
平成21年度高村 禅北陸先端科学技術大学院大学微細加工を駆使した高機能センシングデバイス開発
安川 智之兵庫県立大学迅速な微粒子操作技術と電気化学を融合した新規計測システムの開発
高井 まどか東京大学マイクロチップの界面機能化による高感度バイオ分析に関する研究
平成20年度細川 和生理化学研究所PDMSの特性を生かしたマイクロチップの研究
平成19年度久本 秀明大阪府立大学新しい多機能集積マイクロチップ開発に関する研究
平成18年度渡慶次 学名古屋大学マイクロ化学システムの基礎と応用に関する研究
(敬称略)