Kanoda Lab.
東京大学 工学部 物理工学科


About us
鹿野田研にようこそ

Member
研究者のメンバー

Research
研究テーマ

Thesis
学位論文・受賞歴

Join us!!
鹿野田研に興味のある学生へ

Access
所在地・連絡先

Links
関連リンク

Photo
イベントなど

鹿野田研を志望される学生の方へ



Q1.

4年生からマスターへは何人くらい毎年進学していますか?

A1.

修士の新1年生は例年2・3人程度です。鹿野田研で4年生を過ごしてから進学する人は例年1人以上いますが、いない年も稀にあります。


Q2.

研究テーマはどうやって決まりますか?

A2.

鹿野田研には大きく分けて6つ程度のテーマがありますが、その年の需要に合わせて4テーマほどが4年生に与えられます。4年生は、話し合いやじゃんけんでテーマを決めます。詳しい研究テーマはこちらを参照のこと。


Q3.

内部進学でない人もいますか?

A3.

います。入試は公平に行われます。外部から来た人も、内部の他研究室から来た人と全く同じスタートラインなので心配することはないです。


Q4.

就職とドクターの比は?

A4.

例年大体1人くらいはドクターに進学する感触ですが、全く進学しない年もあります。就職状況に関してはこちらを参照のこと。


Q5.

指導体制はどのような形ですか?

A5.

該当する研究テーマに博士課程・ポスドクの先輩(または助教)がいるので、最初は教えてもらいながら、だんだんと自立していくスタイル。他のテーマの先輩も気にかけてくれてディスカッションしてくれたりします。


Q6.

普段どんな生活をしていますか?

A6.

人によって違いますが、概ね学生は10時くらいに来て7時8時くらいに帰る人が多いです。実験によっては真夜中来てスイッチを押す・・・なんてこともありますが、連日徹夜になることは無いです。日中は、実験したり、ディスカッションしたり、論文読んだりです。詳しくはこちらを参照のこと


Q7.

研究室の雰囲気は?

A7.

学生が主体的な感が強い!報告会がないのが特徴だけど、学生が自立して積極的にディスカッション・実験計画の提案をしています。


Q8.

留学生はいますか?

A8.

現在1人います。顔にはスウェーデンからの学部留学生も1年いたことがあります。