Top

Top

Jun Matsushima, Dr. Eng. (松島 潤, 工学博士)
Professor
Department of Environment Systems, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo
5-1-5, Kashiwanoha, Kashiwa-shi, Chiba, 277-8563 JAPAN
e-mail: jun-matsushima@ To avoid spam, please add "edu.k.u-tokyo.ac.jp".

Research interests :
Seismic exploration, Rock physics, Gas hydrates, Geothermal energy, Energy Return on Energy Investment
物理探査(地震探査)、岩石物理学、ガスハイドレート、地熱資源、エネルギー収支分析

Education:
Univ. of Tokyo, Precision Engineering, B. Eng., 1992.
Univ. of Tokyo, Energy and Resources Engineering, M. Eng., 1994
Univ. of Tokyo, Geosystem Engineering, Dr. Eng., 1999

Professional history:
Geological Survey of Japan (Presently AIST), 1994-2005
Univ. of Tokyo, Engineering Institute, 1996-1999
Japan National Oil Corporation (Presently JOGMEC), 2002-2004
Univ. of Tokyo, Geosystem Engineering, 2005-2007
Univ. of Tokyo, Frontier Research Center for Energy and Resources, 2008-2019
Univ. of Tokyo, Department of Environment Systems, Graduate School of Frontier Sciences, 2019-

Academic affiliation:
Society of Exploration Geophysicists (SEG)
European Association of Geoscientists & Engineers (EAGE)
American Geophysical Union (AGU)
Society of Exploration Geophysicists of Japan (SEGJ)
Japanese Association for Petroleum Technology (JAPT)
The Mottainai society

Awards and Honors:
Young Researcher Award of SEGJ, 2003
Best Presentation Award of SEGJ 117th, 2008
Contribution Award of SEGJ, 2008
Best paper award of RSSJ (First author: Dr. Deguchi), 2012

Research

Research (研究)

Methane hydrate : Geophysical Exploration

Methane hydrates (MHs) are naturally occurring ice-like crystalline solids composed of methane molecules surrounded by water molecules. Marine MH deposits are considered to be important in terms of their effect on global warming and sea floor stability, and as a potential energy resource. MH formation in a marine sediment is controlled by specific temperature and pressure conditions. MH-bearing marine sediments have long been seismically identified based on the presence of free gas below the methane hydrate stability zone and prominent bottom simulating reflectors (BSRs) that mark the impedance contrast between MH-bearing sediment and sediment that contains free gas or water. However, the BSR is not considered to be a good indicator for the presence of MH. Recent studies have focused on the influence of MH on the physical properties of sediments and developed approaches by which to quantify the amount of MH from seismic data. Most previous attempts to estimate MH bearing sediments from seismic data have used seismic velocities, because MH within the sediment pore space stiffens the sediment and causes an increase in seismic velocity. Although seismic velocity is potentially a useful indicator of MH concentration, seismic velocity is strongly controlled by the micro-scale MH distribution in pore spaces. Thus, the quantification of the amount of MH from only seismic velocity data is somewhat difficult to achieve because the above-described uncertainties exist in estimating MH bearing sediments. The combined use of other physical properties of MH-bearing sediments is required for reliable quantification.
Recent advances in seismic methods allow both compressional and shear wave attenuation to be measured. While the presence of MH increases the seismic velocity of the host sediment, recent studies show that seismic waveforms are significantly attenuated by the presence of MH. Intuitively, one would expect that the stiffer material is characterized as higher velocity and lower attenuation. Unexpectedly, significantly large attenuation of seismic waves in MH-bearing sediments has been observed in various geologic environments. By using various seismic data such as sonic, VSP, surface seismic data we examine the frequency-dependent attenuation in MH-bearing sediments. We also attempt experimental investigations have been done by conducting ultrasonic wave transmission measurements on ice-brine coexisting system in order to examine the influence of unfrozen brine in the pore microstructure on ultrasonic waves. On the other hand, for a more detailed understanding of the rock physical mechanism responsible for these attenuation phenomena, we try theoretical approach.







メタンハイドレートの資源探査
未来型の資源として期待されるメタンハイドレート(以下MH)は、現在国内外において、その資源化に向けた研究が積極的に進められています。とりわけ少資源の我が国にとっては、将来の国産資源としての可能性が大きく期待されています。我が国における今後の展開としては、日本近海における海洋産出の実用化を目指すことにあり、さらに将来に渡って安定して産出するためには、産出に適したMH濃集帯を検知すること、またその濃集メカニズムを解明することが重要になってきます。現在、弾性波の速度情報を主体としてMH濃集帯の探査を実施されています。MH層は、弾性波動伝播の観点では高速度帯として特徴付けられるため、MH飽和率と弾性波速度(主にP波速度)との定量的関係を推定することが資源量評価の点で重要となっています。しかし、MH飽和率とP波速度との関連性については、P波速度がMH自体でなく、MH・グレイン粒子・孔隙内流体からなる混合系の弾性パラメータを反映するため、単純に関係付けられない場合もあります。このような場合、S波速度を併用してMH飽和率を推定することも一方法であるが、S波速度情報を得ることは一般的に容易ではありません。
 そこで、減衰特性を利用することに着目しています。物理的には、弾性波速度が大きな物質の弾性波減衰は小さいことが予想されますが、実際はMH層における高減衰現象が観測されています。このような減衰現象を引き起こす減衰メカニズムについては、孔隙スケールでの粒子と孔隙中に存在する流体との相互作用であることが理論的に指摘されているものの、その詳細については未解明の部分が多く、減衰特性を利用してMH層を評価するための理論体系が未整備な状況にあります。研究の目的は、MH層の弾性波減衰特性に着目することにより、MH層の資源量評価に資する情報(MH飽和率など)を推定する方法論を現象理解(観測データ解析)・室内実験・理論構築の一連の検討により包括的に確立することです。また、減衰特性以外の物理特性との融合による評価手法についても検討し、さらにMH集積メカニズム等の地質モデルを加味することによるMH層に関する統合的な評価法を提示することも目指します。

EROI (Energy Return On Investment)


Human beings has developed our civilizations through transition from low-energy to high-energy consumption. Energy "quality" is an important factor determining the quality of our society. The degradation of energy quality is an essentially important issue in maintaining our society. One way to mathematically express the energy quality is the EROI (Energy Return on Investment) which is defined as the ratio between the quantity of energy (energy is converted to heat units such as calorie, BTU, and Joul) delivered to society by an energy system and the quantity of energy used directly and indirectly in that process. Human societal activities can be separated conveniently into “production of surplus energy” and “consumption of surplus energy.” The estimation of EROI can provide useful insights for examining the advantages and disadvantages of different fuels in the energy production process. Nowadays, humans largely depend on oil which is a significant contributor to transportation and is a finite resource. Many of the world’s remaining oil potential are located in challenging regions, such as the Arctic or in deep waters. It is important to estimate how EROI decreases and how the decreasing EROI affects our society. We also estimate alternative energy to oil based on the EROI.



エネルギー収支分析
人類は、木材、石炭、石油とより良質なエネルギー源へと変遷させながら高度な文明を築きあげてきました。エネルギーの「質」は、私達の社会の質を決定する重要な要素です。全世界の石油生産量がピークを迎えてその後は減退するという石油ピーク論がメディア等で取り上げられることが多くなってきました。背景には、昨今の油価高騰が現実問題として我々の生活に影響を与え始めたことがあります。しばしば「枯渇」という表現がされますが、これは正しくありません。なぜならば、現在の議論では、人類が利用可能な石油の半分を使いきったかどうかが焦点になっているからです(全世界の石油生産量は、釣り鐘状に変化し、ピーク時はちょうど中間地点になると言われています)。「まだ半分あるなら、安心ではないか」と思うかもしれませんが、エネルギーの「質」を理解する重要性がここにあります。
 採取の困難さ(ここでは、これを質と考えます)を数学的に表現するための一つの方法として、エネルギー収支比(EROI: Energy Return on Investment)があります。例えば私達の生活に密接に関係のある石油を地下から採取することを考えましょう。図に石油回収におけるEROIの概念を示します。図において、地下に存在する石油を抽出する過程においてエネルギーが投入され、エネルギーが回収されます。また、回収エネルギーの一部を投入エネルギーとして使用して地下から石油抽出することを繰り返します。この図は、人類が自然界から一方的に有限資源を採取する構図であると捉えることができます。さて、EROIは回収エネルギーを投入エネルギーで割り算することにより得られ、その比が1以上にならないとエネルギー的に無駄をしていることになります。このようなエネルギー収支的な考え方は、他の自然エネルギーなどにも適用できます。
 現在、easy oil(容易に採取できる石油)の時代は終わったと認識されていて、これまで開発対象にならなかった条件の悪い油田(大水深、極地、小規模など)の開発に目が向けられています。石油を生産する過程においては、技術革新効果と地質的限界の相互作用により、その生産量が決定されてきますが、仮に技術革新効果によって、生産量を維持したとしても、エネルギー収支の観点からはその質が劣化するのか見極める必要があります。
 石油の質が低下すると、社会にどのような影響をもたらすのでしょうか。石油の質の低下に伴い、石油回収のためにより多くのエネルギーが必要になります。それまで経済活動に投入されてきた資金あるいはエネルギーは、石油回収のために振り向けられることになります。結果として、燃料費は高騰し、個々の企業は燃料高による影響を受け、製品価格高騰による需要減退が起こります。すなわち、インフレ(物価高騰)と景気後退の混合状態(これをスタグフレーションと言います)をもたらし、我々の社会に深刻な影響を与えうるのです。
 「石油を代替するエネルギーにシフトすればよいではないか」と思うかもしれませんが、食料・運輸・化学製品に至るまで私達の生活は石油漬けと言っても過言ではなく、その転換には非常に長い期間を要します。また、エネルギー収支の観点でeasy oilと同等な質を有するエネルギーは出現しないかもしれません。とすれば、解決の道筋はエネルギー消費構造を抜本的に変革するしかありません。エネルギー・資源論の視点から社会システムのあり方を探求していく必要があります。その基軸として、エネルギー収支的着眼点は重要な役割を果たします。その一方で、今後我々が石油代替エネルギーへのシフトを進めようとするならば、そこでも代替となるエネルギー収支評価は重要です。

Publications

Publications (研究発表)







Refereed Papers (in English)

(1)
Matsushima, J., Rokugawa, S., Yokota, T., Miyazaki, T., 1997, Cross-well imaging by the CDP stacking and the diffraction stacking with velocity analysis, Butsuri-Tansa (Geophysical Exploration), vol.50, 107-122.
LinkIconDownload
(2)
Matsushima, J., Rokugawa, S., Yokota, T., Miyazaki, T., Kato, Y., 1998, On the relation between the stacking process and the resolution of a stacked section in a crosswell seismic survey, Exploration Geophysics, vol.29, 499-505.
(3)
Matsushima, J., Rokugawa, S., Yokota, T., Miyazaki, T., Kato, Y., 2000, Diffraction stacking with stacking velocity analysis: its application to a surface seismic survey in an active fault area, Exploration Geophysics, vol.31, 394-399.
(4)
Matsushima, J., Okubo, Y., Yokota, T., Rokugawa, S., Tanaka, K., Tsuchiya, T., Narita, N.,2003, Seismic reflector imaging by prestack time migration in the Kakkonda geothermal field,Geothermics,vol.32,79-99.
(5)
Okubo, Y., Matsushima, J., Correia,A., 2003, Magnetic spectral analysis in Portugal and its adjacent seas, Physics and Chemistry of the Earth, vol.28, 511-518.
(6)
Matsushima, J., Okubo, Y., 2003, Rheological implications of the strong seismic reflector in the Kakkonda geothermal field, Japan,Tectonophysics,vol.371, 141-152.
(7)
Matsushima, J., Yokota, T., Okubo, Y., Rokugawa, S., Tanaka, K., Tsuchiya, T., Narita, N.,Tani, K., 2004, Repeated seismic reflection measurements in the Kakkonda geothermal field,Journal of Volcanology and Geothermal Research,vol.129,343-356.
(8)
Yokota, T., Matsushima, J., 2004, Seismic waveform tomography in the frequency-space domain: Selection of the optimal temporal frequency for inversion, Exploration Geophysics, vol. 35, 19-24.
(9)
Matsushima, J., 2005, Attenuation measurements from sonic waveform logs in methane hydrate-bearing sediments at the Nankai Trough exploratory well off Tokai, central Japan, Geophysical Research Letters, vol.32, L03306, doi:10.1029/2004GL021786 (Correction, Geophys. Res. Lett . , vol. 33,. L02305, doi:10.1029/2005GL024466, 2006.)
(10)
Chiozzi, P., Matsushima, J., Okubo, Y, Pasquale, V., Verdoya, M., 2005, Curie-point depth from spectral analysis of magnetic data in central-southern Europe, Physics of the Earth and Planetary Interiors, vol. 152, 267-276.
(11)
Matsushima, J., 2006, Seismic wave attenuation in methane hydrate-bearing sediments: Vertical seismic profiling data from the Nankai Trough exploratory well, offshore Tokai, central, Journal of Geophysical Research, vol.111, B10101, doi:10.1029/2005JB004031.
(12)
Matsushima, J., 2007, Seismic attenuation from VSP data in methane hydrate-bearing sediments, Exploration Geophysics, vol. 38, 29-36.
(13)
Metwaly, M., Ismail, A., and Matsushima, J., 2007, Evaluating some factors that affect feasibility of using ground penetrating radar for landmine detection, Applied Geophysics, vol. 4, 221- 230, doi: 10.1007/s11770-007-0026-7.
(14)
Matsushima, J., Suzuki, M., Kato, Y., Nibe, T., and Rokugawa, S., 2008, Laboratory experiments on compressional ultrasonic wave attenuation in partially frozen brines, Geophysics, vol. 73, pp. N9-N18 (doi:10.1190/1.2827214).
(15)
Metwaly, M. , G. El-Qady, J. Matsushima, S. Szalai, N. S. N. Al-Arifi, and A. Taha, 2008, Contribution of 3-D electrical resistivity tomography for landmines detection, Nonlinear Processes in Geophysics, Vol.15, 977-986.
(16)
Tsuji, Y., T. Namikawa, T. Fujii, M. Hayashi, R. Kitamura, M. Nakamizu, K. Ohbi, T. Saeki, K. Yamamoto, T. Inamori, N. Oikawa, S. Shimizu, M. Kawasaki, S. Nagakubo, J.Matsushima, K. Ochiai, and T.Okui, 2009, Methane-hydrate occurrence and distribution in the eastern Nankai Trough, Japan: Findings of the Tokai-oki to Kumano-nada methanehydrate drilling program, in T. Collett, A. Johnson, C. Knapp, and R. Boswell, eds., Natural gas hydrates—Energy resource potential and associated geologic hazards: AAPG Memoir 89, p. 228–246.
(17)
Metwaly, M. , G. El-Qady, Massoud, U., El-Kenawy, A., J. Matsushima, N., Al-Arifi, 2010, Integrated geoelectrical survey for groundwater and shallow subsurface evaluation: case study at Siliyin spring, El-Fayoum, Egypt, International Journal of Earth Sciences, vol. 99, 1427-1436, DOI: 10.1007/s00531-009-0458-9.
(18)
Matsushima, J. and Nishizawa, O., 2010, Effect of Spatial Sampling on Time-lapse Seismic Monitoring in Random Heterogeneous Media. In: Junzo Kasahara, Valeri Korneev and Michael Zhdanov, editors: Active Geophysical Monitoring, Vol 40, Handbook of Geophysical Exploration: Seismic Exploration, Klaus Helbig and Sven Treitel. The Netherlands, Elsevier, 2010, pp. 397-420.
(19)
Matsushima, J. and Nishizawa, O., 2010, Difference image of seismic reflection sections with highly dense spatial sampling in random heterogeneous media, Journal of Seismic Exploration, Vol. 19, pp. 279-301.
(20)
Matsushima, J., Suzuki, M., Kato, Y., and Rokugawa, S., 2011, Estimation of ultrasonic scattering attenuation in partially frozen brines using magnetic resonance images, Geophysics, Vol. 76, pp. T13-T25.
(21)
Matsushima, J., Nibe, T., Suzuki, M., Kato, Y., and Rokugawa, S., 2011, A poroelastic model for ultrasonic wave attenuation in partially frozen brines, Exploration Geophysics, Vol. 42, 105-115.
(22)
Matsushima, J., 2012, Effects of random heterogeneity on seismic reflection images, In: Kanao, M. (ed.) Seismic Waves, Research and Analysis, InTech, 174-194.
LinkIconLink to download site
(23)
Suzuki, H. and Matsushima, J., 2013, Quantifying uncertainties in attenuation estimation at methane-hydrate-bearing zones using sonic waveform logs, Geophysics, Vol. 78, D339–D353.
(24)
Matsushima, J., Suzuki, M., Matsugi, I., Kato, Y., and Rokugawa, S., 2014, Attenuation estimation using sweep signals in ultrasonic laboratory measurements, Geophysics, vol. 79, V115–V130.
(25)
Yaritani, H. and Matsushima, J., 2014, Analysis of the energy balance of shale gas development, Energies, vol. 7(4), 2207-2227.
LinkIconLink to download site
(26)
Kobayashi, H.H., Matsushima, J., 2014, Basic Research in Human–Computer–Biosphere Interaction, Buildings, vol.4, no. 4, 635-660.
LinkIconLink to download site
(27)
Matsushima, J., M.Y. Ali, F. Bouchaala, 2016, Seismic attenuation estimation from zero-offset VSP data using seismic interferometry, Geophysical Journal International, vol. 204, 1288-1307.
(28)
Matsushima, J., Suzuki, M., Kato, Y., and Rokugawa, S., 2016, Ultrasonic measurements of attenuation and velocity of compressional and shear wave in partially frozen unconsolidated sediment and synthetic porous rock, Geophysics, vol.81, no.2, pp. D141–D153, 10.1190/GEO2015-0350.1.
(29)
Bouchaala, F., M.Y. Ali, J. Matsushima, 2016, Estimation of seismic attenuation in carbonate rocks using three different methods: Application on VSP data from Abu Dhabi oilfield, Journal of Applied Geophysics, vol. 129, 79-91.
(30)
Bouchaala, F., M.Y. Ali, J. Matsushima, 2016, Attenuation modes from Vertical Seismic Profiling and sonic waveform in a carbonate reservoir, Abu Dhabi, United Arab Emirates, Geophysical Prospecting, vol. 64, 1030-1047, doi: 10.1111/1365-2478.12388.
(31)
Matsushima, J., M.Y. Ali, F. Bouchaala, 2017, A novel method for separating intrinsic and scattering attenuation for zero-offset vertical seismic profiling data, Geophysical Journal International, vol. 211, 1655-1668, doi: 10.1093/gji/ggx391.
(32)
Matsushima, J., M.Y. Ali, F. Bouchaala, 2018, Attenuation estimation from sonic logging waveforms combining seismic interferometry and common mid-point approach, Geophysics, Vol. 83(1), WA21WA35, doi: 10.1190/GEO2017-0100.1.
(33)
Bouchaala, F., M.Y. Ali, J. Matsushima, 2018, Detailed study of seismic wave attenuation from four oilfields in Abu Dhabi, United Arab Emirates, Journal of Geophysics and Engineering, vol. 15, 106-120, doi: 10.1088/1742-2140/aa9a08.
(34)
Zhan, L. and J. Matsushima, 2018, Frequency-dependent P-wave attenuation in hydrate-bearing sediments: a rock physics study at Nankai Trough, Japan, Geophysical Journal International, vol. 214,1961–1985, doi: 10.1093/gji/ggy229.
(35)
Bouchaala, F., M.Y. Ali, J. Matsushima, Y. Bouzidi, E.M.T. Takougang, A.A.I. Mohamed and A.A. Sultan, 2019, Scattering and intrinsic attenuation as a potential tool for study of a fractured reservoir, Journal of Petroleum Science and Engineering, vol. 174, 533-543.
(36)
Bouchaala, F., M.Y. Ali, J. Matsushima, 2019, Attenuation study of a clay-rich dense zone in fractured carbonate reservoirs, Geophysics, vol. 84, B205-B216, doi: 10.1190/GEO2018-0419.1.
(37)
Higashikawa, K., J. Arai, K. Harada, T. Koshizuka, J. Matsushima, H. Ikeda, N. Harid, and A. Al-Durra, 2019, Dynamic Performance Analysis of Long-distance Power Transmission System with Superconducting Cable from Large Photovoltaic Generation, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, vol. 29, no. 5, 1-5. doi: 10.1109/TASC.2019.2903390
(38)
Zhan, L. and J. Matsushima, 2019, Rock physics modeling of ultrasonic P- and S-wave attenuation in partially frozen brine and unconsolidated sands systems and comparison with laboratory measurements, Geophysics, vol. 84, MR153–MR171. doi: 10.1190/GEO2018-0408.1
(39)
Bouchaala, F., M.Y. Ali, J. Matsushima, Y. Bouzidi, E.M.T. Takougang, A.A.I. Mohamed and A.A. Sultan, 2019, Azimuthal investigation of compressional seismic wave attenuation in fractured reservoir, Geophysics, vol. 84, B437–B446. doi: 10.1190/geo2019-0079.1
(40)
Liu, B. and J. Matsushima, 2019, Annual changes in energy quality and quality of life: a cross-national study of 29 OECD and 37 non-OECD countries, Energy Reports, vol. 5, 1354-1364. 10.1016/j.egyr.2019.09.040
(41)
Sakakibara, Y. and J. Matsushima, 2019, Wrapround multiple reflectors over the seafloor in the gas hydrate area: a possible indicator of methane plume, Ocean Science Journal, accepted.

Refereed Papers (in Japanese)

(1)
六川修一, 松島 潤, 1995, 坑井間におけるCDP重合法適用-数値シミュレーション並びに室内モデル実験による検討-, 物理探査, vol.48, 85-98.
LinkIconDownload
(2)
横田俊之, 六川修一, 松島 潤, 宮崎光旗, 芦田譲, 1997, 平滑化制約付き弾性波トモグラフィによる微細構造検出の試み −湯坪地熱地域における的用例−, 物理探査, vol.50, 55-66.
(3)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 宮崎光旗, 加藤俶史, 1998, 坑井間地震探査における重合処理と分解能に関する基礎研究, 物理探査, vol.51, 229-252.
LinkIconDownload
(4)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 宮崎光旗, 加藤俶史, 1999, 散乱重合法による坑井間反射面イメージング能力についての検証, 物理探査, vol.52, 14-27.
LinkIconDownload
(5)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 2001, 重合速度解析をともなう散乱重合法による反射法地震探査データ処理, 物理探査, vol.54, 73-89.
LinkIconDownload
(6)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 大久保泰邦,2002, 重合前時間マイグレーションにおける並列処理に関する検討,物理探査,vol.55,207-221.
LinkIconDownload
(7)
松島 潤, 池 俊宏, 横田俊之, 倉本 真一, 大久保泰邦, 徳山英一, 六川修一, ナディール号乗船者一同,2002, 重合速度解析をともなう散乱重合法による反射法地震探査データ処理 -海上地震探査データへの適用-,物理探査,vol.55,387-400.
LinkIconDownload
(8)
出口知敬, 六川修一, 松島 潤, 2009, 干渉SARの時系列解析による長期地盤変動計測, 日本リモートセンシング学会誌, Vol.29, 418-428.
(9)
小林博樹,檜山 敦,小林 峻,伊澤雅子,松島 潤,廣瀬通孝, 2010, 野生テルミン:環境音+静電容量センサによる生体検知, ヒューマンインタフェース学会論文誌, vol. 12, pp. 15-21.
(10)
松島 潤, 2010, エネルギー収支比的視点がなぜ重要なのか —EPRの社会科学的アプローチ—, もったいない学会WEB学会誌, vol. 4, pp. 1-13.
LinkIconDownload
(11)
岩崎 裕, 松島 潤, 2010, マイクロ水力発電のエネルギー収支分析, もったいない学会WEB学会誌, vol. 4, pp. 25-44.
(12)
黒原大輔, 松島 潤, 2010, 廃食油からのバイオディーゼル燃料生成のエネルギー収支分析, もったいない学会WEB学会誌, vol. 4, pp. 45-61.
LinkIconDownload
(13)
鎗谷 浩明, 松島 潤, 2011, 原油高騰が社会へ及ぼす影響に関する調査研究, もったいない学会WEB学会誌, vol. 5, pp. 18-41.
LinkIconDownload
(14)
鎗谷 浩明, 松島 潤, 2012, エネルギー収支分析による社会の持続性評価, もったいない学会WEB学会誌, vol. 6, pp. 1-25.
LinkIconDownload
(15)
松島 潤, 2012, 減衰特性解明の超音波室内実験における散乱現象の影響について, 物理探査, vol.65, pp. 27-36.
LinkIconDownload
(16)
松島 潤, 2018, 石油・天然ガス探査における密度分布推定手法の進展と展望 —— 既存体系の課題抽出とミュオグラフィの貢献可能性, 物理探査, vol. 71, pp. 179-188.
LinkIconDownload

Refereed Proceedings

(1)
Matsushima, J., Rokugawa, S., Yokota, T., Miyazaki, M., 1995, Cross-well fracture imaging by the CDP stacking and the diffraction stacking with the precise velocity analysis, Proceedings of the 3rd SEGJ/SEG International Symposium on Geotomography, pp.179-188
(2)
Yokota, T., Rokugawa, S., Matsushima, J., Miyazaki, M., Ashida, Y., 1995, Application of S-wave tomography to the geothermal area : A case study at Yutsubo geothermal area, Proceedings of the 3rd SEGJ/SEG International Symposium on Geotomography, pp. 375-382.
(3)
Matsushima, J., Rokugawa, S., Yokota, T., Miyazaki, M., Kato, Y., 1997, Crosswell CDP stacking and diffraction stacking with stacking velocity analysis in inhomogeneous media, 67th Annual Internat. Mtg., Soc. Expl. Geophys., Expanded Abstracts, pp. 254-257.
(4)
Matsushima, J., Rokugawa, S., Yokota, T., Miyazaki, M., 1998, Influence of source/receiver geometrical arrangement on vertical and lateral resolution , Proceedings of the 4th SEGJ/SEG International Symposium on Geotomography, pp. 135-142.
(5)
Matsushima, J., Rokugawa, S., Yokota, T., Okubo, Y., Tanaka, K., 2001, Non-iterative prestack time migration, Proceedings of the 5th SEGJ International Symposium –Imaging technology-, pp. 89-96.
(6)
Yokota, T., Matsushima, J., 2003, Seismic waveform inversion in frequency domain: Selection of the optimal temporal frequency for inversion, Proceedings of the 6th SEGJ International Symposium,pp. 89-94.
(7)
Matsushima, J., Rokugawa, S., Yokota, T., Okubo, Y., Tanaka, K., Tsuchiya, T., Narita, N., Tani, K., 2003, Feasibility study of geothermal reservoir monitoring by time-lapse seismic reflection measurements in the Kakkonda field,Proceedings of the 6th SEGJ International Symposium,pp.134-141.
(8)
Matsushima, J., Shimizu, S., Oikawa, N., Hayashi, M., Ochiai, K., Nakamizu, M., 2003, Three-dimensional seismic imaging of bottom-simulating reflectors by multichannel seismic survey in the Nankai accretionary prism, Expanded abstracts of 73rd Ann. Internat. Mtg.: Soc. of Expl. Geophys., pp. 410-413.
(9)
Yokota, T., Matsushima, J., Okubo, Y., Yamaguchi, K., Kano, N., Rokugawa, S., Koike, H., Onishi, K., 2003, Repeated Handy 3-D Surveys in Mountainous Areas. -A case study in Akinomiya geothermal area, Akita pref. Japan -, Proceeding of the 7th International Symposium on Recent Advances in Exploration Geophysics, pp. 114-121.
(10)
Yokota, T., Matsushima, J., 2003, Seismic waveform inversion in frequency-space domain: Strategy for the optimal inversion step selection, Proceedings of the First Kyoto International Symposium on Underground Environment, pp. 299-304.
(11)
Matsushima, J., 2004, Estimation of sonic attenuation properties of methane hydrate-bearing sediments from the Nankai Trough exploratory well off Tokai, central Japan, Proceedings of the 7th SEGJ International Symposium, pp. 314-319.
(12)
Matsushima, J., 2004, Attenuation measurements from sonic full waveform logs in gas hydrate bearing sediments, Expanded abstracts of 74th Ann. Internat. Mtg.: Soc. of Expl. Geophys., pp. 346-349.
(13)
Matsushima, J., 2006, Q estimation from VSP data in methane hydrate-bearing sediments, Proceedings of the 8th SEGJ International Symposium, pp. 410-415.
(14)
Mohamed, M., Matsushima, J., Gad El-Qady, and Abbas M. Abbas, 2006, Landmines detection and assessment using GPR survey, Proceedings of the 8th SEGJ International Symposium, pp.146-149.
(15)
Matsushima, J., Suzuki, M., Kato, Y., Nibe, T., and Rokugawa, S., 2007, Laboratory experiments on ultrasonic wave attenuation in partially frozen brines, Expanded abstracts of 77th Ann. Internat. Mtg.: Soc. of Expl. Geophys., pp. 1604-1608.
(16)
Matsushima, J., Suzuki, M., Kato, Y., and Rokugawa, S., 2009, Laboratory measurements of ultrasonic P-wave attenuation in partially frozen brines by using sweep signals, Expanded abstracts of 79th Ann. Internat. Mtg.: Soc. of Expl. Geophys. pp. 2144-2148 (doi:10.1190/1.3255281).
(17)
Matsushima, J., Suzuki, M., Kato, Y., and Rokugawa, S., 2009, Laboratory measurements of ultrasonic P-wave and S-wave attenuation during the freezing of salty water in porous material, Proceedings of the 9th SEGJ International Symposium, PaperID 88.
(18)
Mohamed Metwaly, Gad El-Qady, Usama Massoud, Abeer El-Kenawy, Jun Matsushima and Nasser Al-Arifi, 2009, Shallow subsurface evaluation using integrated geoelectrical survey: Case study at Siliyin spring, El-Fayoum, Egypt, Proceedings of the 9th SEGJ International Symposium, PaperID 20.
(19)
Suzuki, H. and Matsushima, J., 2009, Attenuation estimation at methane hydrate-bearing zones by using sonic waveform logs, Proceedings of the 9th SEGJ International Symposium, PaperID 86.
(20)
Rokugawa, S., Nakamura, T., Deguchi, T., and Matsushima, J., 2009, Long-range ground deformation measurement by InSAR time-series analysis, Proceedings of the 9th SEGJ International Symposium, PaperID 110.
(21)
Matsushima, J., Suzuki, M., Kato, Y., and Rokugawa, S., 2010, Spatial investigation by magnetic resonance imaging and estimation of scattering attenuation in partially frozen brines, Expanded abstracts of 81st Ann. Internat. Mtg.: Soc. of Expl. Geophys. Vol.29 pp. 2681-2685.
(22)
Matsushima, J., Suzuki, M., Kato, Y., and Rokugawa, S., 2011, Laboratory measurements of ultrasonic P‐wave and S‐wave attenuation in partially frozen unconsolidated sediments saturated with brine, Expanded abstracts of 81th Ann. Internat. Mtg.: Soc. of Expl. Geophys. Vol.30 pp. 2130-2134. (米国・サンアントニオ、9月18日)
(23)
Suzuki, H. and Matsushima, J., 2011, Estimation of seismic wave attenuation at the Nankai Trough area using sonic waveform data, Proceedings of the 10th SEGJ International Symposium, pp.112-115.
(24)
Pradhan, O. and Matsushima, J., Suzuki, M., 2011, Micro-structural characterization of partially frozen brine using MRI, Proceedings of the 10th SEGJ International Symposium, pp.129-132.
(25)
Lee, K. and Matsushima, J., Suzuki, M., 2011, Influence of tuning effect on seismic attenuation estimation, Proceedings of the 10th SEGJ International Symposium, pp.163-166.
(26)
Rokugawa, S., Nakamura, T., and Matsushima, J., 2011, Ground deformation monitoring associated with environmental disaster by InSAR analysis, Proceedings of the 10th SEGJ International Symposium, pp.408-411.
(27)
Yaritani, H. and Matsushima, J., 2011, Estimation on sustainability for society and economy based on energy return on investment, Proceedings of the 10th SEGJ International Symposium, pp.359-362.
(28)
Matsushima, J., Suzuki, M., Kato, Y., and Rokugawa, S., 2011, Characterization of ultrasonic scattering effect due to micro-scale heterogeneity in partially frozen brines using magnetic resonance images, Proceedings of the 10th SEGJ International Symposium, pp.475-478.
(29)
Rokugawa, S., Nakamura, T., and Matsushima, J. (2012) Long-range ground deformation measurement using interferometric synthetic aperture radar data on both up-going and down-going orbits. ASEG Extended Abstracts 2012: 22nd Geophysical Conference: pp. 1-3.
(30)
Matsushima, J., Suzuki, M., Kato, Y., and Rokugawa, S., 2013, Effects of viscosity of unfrozen brine in partially frozen unconsolidated sediments on ultrasonic wave attenuation, Proceedings of the 11th SEGJ International Symposium, pp.475-478.(2013年11月20日, 横浜)
(31)
Matsushima, J., 2015, Q factor estimation by converting VSP measurement configuration with seismic interferometry, Proceedings of the 2nd Near-Surface Geophysics Asia Pacific Conference(Hawaii, July 2015)
(32)
Matsushima, J., 2015, Estimation of S-wave velocity and attenuation anisotropy from sonic waveform logs in methane hydrate bearing sediments, Proceedings of the 11th SEGJ International Symposium, pp.475-478.(Tokyo, December 2015)
(33)
Bouchaala, F., M.Y. Ali, J. Matsushima, 2016, Seismic and sonic wave attenuation of carbonate rocks in an onshore Abu Dhabi oil field. In SEG Technical Program Expanded Abstracts 2016 (pp. 2780-2785). Society of Exploration Geophysicists.
(34)
Bouchaala, F., Ali, M.Y. and Matsushima, J., 2016, Seismic Wave Attenuation: Promising Attribute for Fluids, Fractures and Tar Mats Characterization in Abu Dhabi Oilfields. In Abu Dhabi International Petroleum Exhibition & Conference. Society of Petroleum Engineers.


Books

(1)
分担執筆, 1998,「物理探査ハンドブック」(物理探査学会編), 第14章4節4.6坑井間反射法地震探査担当, pp. 722-725.
(2)
分担執筆, 2005, 「石油辞典(第2版)」(丸善),物理探査関連担当
(3)
分担執筆, 2011, 「地熱発電の潮流と開発技術」(サイエンス&テクノロジー), 第3章 地熱資源の調査・第4節 弾性波探査担当
(4)
分担執筆, 2011, 「石油文明が終る 3・11後、日本はどう備える」(平凡社), エネルギー収支比的視点がなぜ重要なのか担当
(5)
編著, 2019, 「エネルギー資源の世界史」(一色出版)

Other Articles

(1)
松島 潤, 横田俊之, 加野直巳, 山口和雄, 木口 努 (1997):複数の極浅孔を用いた坑井間反射法地震探査実験, 地質調査所月報, 48, 653-660.
(2)
横田俊之, 松島 潤, 奥田 義久, 2002, 近年の海洋における地震探査技術の進歩 ,海洋調査技術, vol. 14, 29-53.
(3)
松島 潤, 2007, 散乱現象が地震探査データ解析に及ぼす影響 −減衰解析の視点から, 月刊地球, vol. 29, 268-273.
(4)
松島 潤, 2007, 「石油ピーク」論を理解するための基礎知識(1) -石油資源-, もったいない学会WEB学会誌, Vol.1, pp. 11-14.
LinkIconDownload
(5)
松島 潤, 2007, ピークオイル論の基本概念, 科学と工業, 81, 485-491.
(6)
Metwaly, M., Gad El-Qady, Usama Massoud, Abeer El-Kenawy and Jun Matsushima, 2007, Integrated geoelectrical survey for ground water and shallow subsurface evaluation: case study at siliyin spring, el-fayoum, Egypt, NRIAG Journal of Geophysics, Vol. 6, No.1, pp.1-19
(7)
松島 潤, 2008, 「石油ピーク」論を理解するための基礎知識(2) -Hubbertモデル-, もったいない学会WEB学会誌, Vol.2, pp. 45-48.
LinkIconDownload
(8)
松島 潤、2009, エネルギー収支分析(EPR)によるオイルピークの定量的評価, JETI (Japan Energy & Technology Intelligence) , Vol. 57 No.2, pp. 32-35.
(9)
松島 潤、2009, 低エネルギー社会の構築に向けて, Zenis 日本の学問と研究 , Vol. 1, pp. 70-71.
(10)
松島 潤、2009, エネルギー収支的視点から見た石油開発, ICEPニュース , No. 66, pp. 16-20.
(11)
松島 潤, 2010, エネルギー収支比的視点がなぜ重要なのか —EPRの定義と意義の再検討—, もったいない学会WEB学会誌 Volume 3, pp. 42-47.
LinkIconDownload
(12)
天野 治, 宇野 武紀, 松島 潤, 2009, 軽水炉型原子力発電所での使用済燃料リサイクルのエネルギー収支分析, 電力中央研究所報告, L09002.
(13)
鈴木 誠, 松島 潤, 加藤 俶史, 六川 修, 2010, 低温域における固液共存系の生成と超音波伝播波形デ-タの評価, 物理探査, Vol. 63, pp. 239-249.
(14)
鈴木博之, 松島 潤, 2012, 音波検層波形記録を用いた地震波減衰解析, 石油技術協会誌, Vol. 77, 21-27.
(15)
松島 潤, 奥村直士, 2012, 日本とUAEとのエネルギー分野における学術交流, UAE協会誌, vol.51, 18-23.
(16)
松島 潤, 2014, アブダビ石油大学との連携における多元的価値の創成を目指して, 石油技術協会誌, vol. 79, 114-120.
(17)
松島 潤, 2019, エネルギー資源論から考える石油技術者の重要性と果たすべき役割,石油技術協会誌, vol. 84, 130-137.

Presentation at International Conferences (including non-refereed proceedings)

(1)
Matsushima, J. and Murakami, Y. (1995) : Visco-plastic finite-element analysis of the behaviour of earth's crust under gravity loading, Presented at the 5th Internationl Symposium on Numerical Models in Geomechanics.
(2)
Matsushima, J., Rokugawa, S., Yokota, T., Miyazaki, T., Kato, Y. (1998) : On the relation between stacking process and resolution of stacked section in crosswell seismic survey,Presented at the ASEG 13th Int. Conf. and Exhib., Preview, pp. 120.
(3)
Matsushima, J., Rokugawa, S., Yokota, T., Kato, Y. (2000) : Diffraction stacking with stacking velocity analysis -its application to a surface seismic survey in an active fault area-, Presented at the ASEG 14th Int. Conf. and Exhib., Preview, pp. 92.
(4)
Matsushima, J., Rokugawa, S., Yokota, T., Okubo, Y., Tanaka, K., Tsuchiya, T., Narita, N. (2000): The Relation between Thermal Structure and Seismic Reflectivity Deduced from Application of Diffraction Stacking to Seismic Reflection Data in the Kakkonda Geothermal Area, Presented at the Western Pacific Geophysics Meeting, pp. 50.
(5)
Matsushima, J. and Okubo, Y. (2000): Curie point analysis -Preliminary study-, Presented at the Geothermics at the turn of the century.
(6)
Matsushima, J., Yokota, T., Okubo, Y., Tanaka, K., Yamazawa, S. (2000): Non-iterative prestack time migration of seismic data and its application to a geothermal field, Presented at the International Association of Volcanology and Chemistry of the Earth's Interior, pp. 284.
(7)
Murakami, Y., Matsushima, J., Okuno, J., and Nakada, M.(2000): Finite Element Analysis of Topographic Deformation due to the Response of Crust and Mantle System Against Tectonic Loading and Glaciological Loading, International Workshop on Solid Earth Simulation and ACES WG Meeting
(8)
Okubo, Y. and Matsushima, J. (2000): Preliminary curie point analysis in the Iberian peninsula, Geothermics at the turn of the century, proceedings, pp. 42.
(9)
Okubo, Y., Matsushima, J. and Correia, A. (2001): Curie point analysis in Portugal and its adjacent seas, "HEAT FLOW AND THE STRUCTURE OF THE LITHOSPHERE KOSTELEC N/C.LESY.
(10)
Matsushima, J. and Okubo, Y., 2002, Strong reflectors observed in geothermal fields, Presented at the AGU Spring Meeting.
(11)
Matsushima, J., 2005, Seismic wave attenuation in methane hydrate-bearing sediments: vertical seismic profiling data from the Nankai Trough exploratory well, offshore Tokai, central Japan, Presented at the AGU Fall Meeting.
(12)
Suzuki, M., Matsushima, J., Kato, Y., and Rokugawa, S., 2005, Experimental study of P-wave attenuation in partially frozen brine, AGU Fall Meeting.
(13)
Ahmed El-Galladi, Gad El-Qady, Mohamed Metwaly, Sultan Awad and Jun Matsushima, 2007, Mapping peat layer using integrated surface geoelectrical techniques at eastern part of Nile Delta, Egypt, Presented at the European Geosciences Union General Assembly 2007.
(14)
Lee, K., Matsushima, J.,, 2010, Estimating attenuation in methane hydrate bearing sediments using Q-versus offset method, International Symposium on Methane Hydrate Resources:From Mallik to the Nankai Trough (2010.11.15, 東京代々木)
(15)
Lee, K., Matsushima, J., 2010, Estimating seismic attenuation in methane hydrate bearing sediments in the Nankai Trough, Japan, American Geophysical Union Fall Meeting (2010.12.15, 米国サンフランシスコ)
(16)
Matsushima, J., Suzuki, M., Kato, Y., and Rokugawa, S., 2010, Ultrasonic P-wave and S-wave attenuation in partially frozen porous material saturated with brine, American Geophysical Union Fall Meeting (2010.12.15, 米国サンフランシスコ)
(17)
Suzuki, H., Matsushima, J., 2010, Estimation of seismic wave attenuation using sonic logging data – comparison of estimating methods -, American Geophysical Union Fall Meeting (2010.12.15, 米国サンフランシスコ)
(18)
Matsushima, J., Suzuki, M., Kato, Y., and Rokugawa, S., 2010, Experimental approach to characterize seismic attenuation in methane hydrate-bearing sediments, 7th International Workshop on Methane Hydrate Research & Development (2010.5.12, ニュージーランド・ウェリントン)
(19)
Matsushima, J., Suzuki, M., Kato, Y., and Rokugawa, S., Kato, A., 2012, Attenuation measurements of ultrasonic P-wave and S-wave in partially frozen unconsolidated sands, American Geophysical Union Fall Meeting (2012.12.6, 米国サンフランシスコ)
(20)
Pradhan, O. and Matsushima, J., Suzuki, M., 2012, MR imaging of heterogeneity in partially frozen brine and their effect on ultrasonic wave propagation, American Geophysical Union Fall Meeting (2012.12.6, 米国サンフランシスコ)
(21)
Lee, K. and Matsushima, J. 2012, Thin-Layering Effect On Estimating Seismic Attenuation In Methane Hydrate-Bearing Sediments, American Geophysical Union Fall Meeting (2012.12.6, 米国サンフランシスコ)
(22)
Matsushima, J., 2014, Broadband frequency response of seismic attenuation in methane hydrate-bearing sediments, The 9th International Workshop on Methane Hydrates R&D(2014.11, インド・ハイデラバード)
(23)
Okubo, Y., Matsushima, J., Correia, A., 2014, Magnetic spectral analysis over the Atlantic Ocean off Portugal American Geophysical Union Fall Meeting (2014.12, 米国サンフランシスコ)
(24)
Matsushima J, Ali MY, Bouchaala F, 2015, Enhancement of Fracture Characterization by Innovative Geophysical Data Processing and Integration in Carbonate Reservoirs. Paper presented at the Abu Dhabi International Research And Development And Exhibition (ADRAC), Abu Dhabi.
(25)
Bouchaala, F., Ali, M.Y. and Matsushima, J., 2015, Detailed Study of Seismic Wave Attenuation in Carbonate Rocks: Application on Abu Dhabi Oil Fields. In AGU Fall Meeting Abstracts.
(26)
Bouchaala, F., Ali, M.Y. and Matsushima, J., 2015, Study of attenuation modes from VSP to sonic in Abu Dhabi carbonate reservoirs. Paper presented at the Abu Dhabi International Research And Development And Exhibition (ADRAC), Abu Dhabi.
(27)
Bouchaala, F., Ali, M.Y. and Matsushima, J., 2015, Application of conventional and new methods for estimation of seismic wave attenuation in carbonate rocks using VSP data in Abu-Dhabi oil fields. International Workshop of Rock Physics.
(28)
Bouchaala, F., Ali, M.Y. and Matsushima, J., 2016, Seismic Wave Attenuation in Fractured Reservoir: Application on Abu Dhabi Oil Fields, AGU Fall Meeting.
(29)
Bouchaala, F., Ali, M.Y. and Matsushima, J., 2017, Estimation and separation between seismic wave attenuation modes in carbonate reservoirs by using new approach, EGU General Assembly Conference.

Presentation at Domestic Conferences

(1)
六川修一, 松島 潤, 加藤俶史(1993): 坑井間反射法の基礎研究−データ処理 −、物理探査学会第89回学術講演会講演論文集, pp.178-182.
(2)
六川修一, 加藤俶史, 松島 潤(1993):坑井間反射法の基礎研究−室内模型実験−, 物理探査学会学術講演会講演論文集, 89, pp.174-177.
(3)
六川修一, 松島 潤(1994):坑井間におけるCDP重合法適用の試み, 物理探査 学会第90回学術講演会講演論文集, pp. 424-428.
(4)
横田俊之, 六川修一, 松島 潤, 宮崎光旗, 芦田 譲(1994):湯坪トモグラフィにおけるS波利用の可能性、物理探査学会学術講演会講演論文集, 91, pp. 114-118.
(5)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 宮崎光旗(1994):坑井間におけるCDP重合 法適用の試み−フィールドデータへの予備的解析−, 物理探査学会第91回学術 講演会講演論文集, pp. 25-29.
(6)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 宮崎光旗(1995):抗井間におけるCDP重合 法適用−回折波を利用したイメージング−、物理探査学会第92回学術講演会講 演論文集, pp. 37-41.
(7)
横田俊之, 六川修一, 松島 潤, 宮崎光旗, 芦田 譲(1995):平滑化制約付き弾性波トモグラフィによる微細構造の試み、物理 探査学会学術講演会論文集, 93, pp. 241-246.
(8)
Matsushima, J., Rokugawa, S., Yokota, T., Miyazaki, T.(1995) : Application of CDP stacking to cross-well data - Application to the field data -, 物理探査学会第93回学術講演会論文集, pp. 236-240.
(9)
松島 潤, 大滝 寿樹, 田中明子, 宮崎 芳徳 (1996) : INSARと地殻変動(2)ディスロケーションモデルを用いた解析, 地球惑星科学関連学会合同大会予稿集.
(10)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 宮崎光旗(1996): 反射面形状と重合処理につ いて、物理探査学会第94回学術講演会講演論, pp. 291-295.
(11)
高倉伸一, 松島 潤(1996):電気探査における双方向型多芯ケーブルの利用と各種電極配置の比較, 物理探査学会学術講演会講演論文集, pp. 224-227.
(12)
松島 潤, 大滝 寿樹, 田中明子, 宮崎 芳徳(1996): インターフェロメトリSAR と地殻変動−ディスロケーションモデルを用いた解析−, 物理探査学会第94回 学術講演会講演論文集, pp. 27-31.
(13)
松島 潤, 六川修一, 加藤俶史, 横田俊之, 宮崎光旗, 市江 康高(1996): ウェ-ブレット変換による不均質媒体の波動場解析−その1−, 日本地震学会講演 予稿集, pp. 50-50.
(14)
山口和雄, 加野直巳, 横田俊之, 木口 努, 横倉隆伸, 松島 潤(1996):反射法地震探査でみた群馬県大間々扇状地および八王子丘陵周辺の地下構造(演旨), 日本地震学会講演予稿集, 2, pp. 81-81.
(15)
松島 潤, 六川修一, 加藤俶史, 横田俊之, 宮崎光旗, 市江 康高(1996): ウェーブレット変換による不均質媒体の波動場解析, 物理探査学会第95回学術 講演会講演論文集, pp. 15-19.
(16)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 宮崎光旗, 加藤俶史(1996): 重合処理と分 解能に関する基礎研究, 物理探査学会第95回学術講演会講演論文集, pp. 1-5.
(17)
山口和雄, 加野直巳, 横倉隆伸, 木口 努, 横田俊之, 松島 潤(1996):群馬県大間々扇状地における反射法地震探査, 物理 探査学会学術講演会講演論文集, pp. 68-70.
(18)
横田俊之, 六川修一, 松島 潤, 宮崎光旗, 芦田 譲(1996):震源・受振点が二次元平面内にない場合の弾性波トモグラフィ解 析に関する考察, 物理探査学会学術講演会講演論文集, pp. 246-249.
(19)
松島 潤, 大久保泰邦, 村上 裕, 松林 修, 田中明子, 中島善人, 森尻理恵, 六川修一(1997):熱−塑性流動連成有限要素法による二次元応力場解析, 地球惑星科学関連学会合同大会予稿集, pp. 249-249.
(20)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 宮崎光旗, 加藤俶史(1997): 重合処理と分 解能に関する基礎研究(その2), 物理探査学会第96回学術講演会講演論文集, pp. 152-156.
(21)
六川修一, 加藤俶史, 松島 潤, 佐野 敦(1997):中・低温領域における岩石試料の波動伝播特性(1)−メタンハイドレ-ト.BSR現象の考察.推定−, 物理探査学会第96回学術講演会講演論文集, , pp. 112-116.
(22)
松島 潤, 村上 裕, 大久保泰邦, 松林 修, 田中明子, 中島善人, 森尻理恵, 六川修一(1997): 地殻構造形成シミュレ-タの開発(その1), 物理探査学会第96回学術講演会講演論文集, pp. 386-390.
(23)
川渕英雄, 六川修一, 松島 潤, 市江康高, 峯岸政人, 円谷裕二(1997):Tau-P変換のエリアジング特性と波形維持を考慮したS/N分離、物理探査学会第96回学術講演会講演論文集, 96, pp. 161-165.
(24)
村上 裕, 施 斌, 松島 潤(1997):大変形シミュレ-タによる断層構造, 物理探査学会第96回学術講演会講演論文集, pp. 381-385.
(25)
六川修一, 松島 潤 (1997): 物理探査におけるウェーブレット変換の応用, 地震研究所共同研究集会, p.11-13.
(26)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 宮崎光旗(1997): 湯坪地熱地帯における坑井間を利用したCDP重合法ならびに散乱重合法適用の比較とその考察, 第251回地 質調査所研究発表会.
(27)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 宮崎光旗, 加藤俶史(1997): 重合速度解析 をともなう散乱重合法による反射面イメージング, 物理探査学会第97回学術講 演会講演論文集, pp. 156-160.
(28)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 宮崎光旗, 加藤俶史(1998): 重合速度解析 をともなう散乱重合法による反射面イメージング(その2), 物理探査学会第98 回学術講演会講演論文集, pp. 49-53.
(29)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 宮崎光旗, 加藤俶史(1998): ランダムな速 度不均質性が重合処理に及ぼす影響について, 物理探査学会第99回学術講演会 講演論文集, pp. 6-10.
(30)
松島 潤, 六川修一(1999): ポストCDP重合法!?重合速度解析をともなう散乱重合法による地下構造イメージング, 東京大学地震研究所特定共同研究「短波長不均質構造とその波動論的作用」研究会
(31)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 宮崎光旗, 加藤俶史(1999): 重合速度解析をともなう散乱重合法-陸上反射法フィールドデータへの適用-, 物理探査学会第100回学術講演会 講演論文集, pp. 6-10.
(32)
松島 潤, デリバル・トルデ, 六川修一, 加藤俶史(1999): 表層不均質構造による反射波のゆらぎとその静補正について(その1), 物理探査学会第101回学術講演会 講演論文集, pp. 92-96.
(33)
松島 潤, デリバル・トルデ, 六川修一(2000): 表層不均質構造における波動伝播過程, 東京大学地震研究所特定共同研究B「短波長不均質構造とその波動論的作用」研究会.
(34)
六川修一, 松島 潤, 小池 江幸, 大久保秦邦, 横田俊之(2000): ウェーブレット変換による反射法地震探査データの時間-周波数解析, 物理探査学会第102回学術講演会 講演論文集, pp. 37-41.
(35)
松島 潤, 西澤 修, 横田俊之(2000): 弾性波を利用した地殻構造・物性解明のためのインバージョン手法開発ならびにデータ解析, 平成11年度高性能計算機利用促進課題研究成果報告会.
(36)
松島 潤, 六川修一, 横田俊之, 大久保秦邦, 田中啓二, 土家輝光, 成田憲文, 加藤俶史(2000): 並列計算機を用いた反射法地震探査データの散乱重合処理ー葛根田地熱地域の例ー, 物理探査学会第102回学術講演会 講演論文集, pp. 47-51.
(37)
徳山英一, 池俊宏, 倉本真一, 横田俊之, 松島 潤, Georges Pascal, Siegfried Lallemant,日仏KAIKO乗船者一同(2000):日仏KAIKO計画による、東海沖地震発生帯の3Dマルチチャンネル地震探査 ー二次元処理結果概報ー, 物理探査学会第103回学術講演会講演論文集, pp. 262-263.
(38)
横田俊之, 倉本真一, 松島 潤, 徳山英一, 池俊宏, Georges Pascal, Siegfried Lallemant(2000):日仏KAIKO計画による東海沖地震発生帯の3Dマルチチャンネル地震探査 ープロジェクトおよび成果の概要ー, 物理探査学会第103回学術講演会講演論文集, pp. 124-127.
(39)
松島 潤, 横田俊之, 大久保秦邦, 六川修一, 田中啓二, 土家輝光, 成田憲文(2000): 反射法地震探査による地熱貯留層変動探査の諸問題, 物理探査学会第103回学術講演会 講演論文集, pp. 71-75.
(40)
松島 潤, 大久保秦邦(2000):葛根田地熱地帯反射法地震探査データの散乱重合処理と予備的解釈, 地球惑星科学関連学会合同大会予稿集, Sf-P002.
(41)
松島 潤, 西澤 修, 横田俊之 (2001): 弾性波を利用した地殻構造・物性解明のためのインバージョン手法開発ならびにデータ解析, 平成12年度高性能計算機利用促進課題研究成果報告会.
(42)
松島 潤, 大久保秦邦, 六川修一, 横田俊之, 田中啓二(2001):地熱地帯で観測された強振幅反射波について, 物理探査学会第104回学術講演会講演論文集
(43)
池 俊宏, 徳山英一, 倉本真一, 横田俊之, 松島 潤, PASCAL G., LALLEMANT S.,他乗船研究者一同 (2001): 東海沖の南海トラフ付加プリズムにおけるマルチチャンネル地震探査−三次元処理結果−, 日本地質学会第108年学術大会.
(44)
池 俊宏, 徳山英一, 倉本真一, 横田俊之, 松島 潤 (2001): 東海沖地震発生帯における3Dマルチチャンネル地震探査−2次元処理結果概報−,地球惑星科学関連学会合同大会.
(45)
松島 潤, 池 俊宏, 横田俊之, 倉本 真一, 大久保泰邦, 徳山英一,六川修一, ナディール号乗船者(2002): 日仏KAIKO計画で取得された東海沖3次元マルチチャンネル地震探査データの3次元重合前時間マイグレーション処理, 物理探査学会第107回学術講演会講演論文集,236-239.
(46)
松島 潤, 及川信孝, 清水祥四郎, 中水 勝 (2002): メタンハイドレート賦存域における速度構造推定に関する検討,物理探査学会第107回学術講演会講演論文集,232-235.
(47)
山口和雄,加野直巳, 横倉隆伸,田中明子,大滝壽樹, 伊藤 忍, 横田俊之, 松島 潤 (2002): 反射法で見た茨城県谷田部地区の高重力異常域の浅部地下構造,物理探査学会第107回学術講演会,147-149.
(48)
横田俊之, 松島 潤 (2002): 周波数領域弾性波形インバージョン-使用周波数選択に関する考察-, 物理探査学会第107回学術講演会,43-46.
(49)
山口和雄, 加野直巳, 横倉隆伸, 横田俊之, 木口 努, 松島 潤, 大滝 壽樹, 伊藤 忍,田中明子 (2002): 茨城県谷田部の高重力異常を横切る反射法地震探査,地球惑星科学関連学会2002年合同大会.
(50)
佐伯龍男,松島 潤,森田澄人,林 雅雄 (2003): 散乱重合法を用いた局所点における重合速度解析, 物理探査学会第109回学術講演会講演論文集.
(51)
松島 潤, 佐伯龍男, 清水祥四郎, 及川信孝,中水 勝 (2003): 速度解析におけるトレ−スミキシング法の効果について−南海トラフメタンハイドレート賦存海域での例−,物理探査学会第109回学術講演会,16-19.
(52)
松島 潤,佐伯龍男,清水祥四郎,及川信孝,中水 勝 (2003): トレースミキシング法による反射法地震探査データ処理のS/N比向上に関する検討−南海トラフメタンハイドレート賦存海域の例−,物理探査学会第108回学術講演会,101-104.
(53)
浜島多加志,稲盛隆穂,羽藤正実,浅川栄一,松島 潤 (2003): 高密度速度解析を用いたメタンハイドレート層の検出,物理探査学会第109回学術講演会,12-15.
(54)
羽藤正実,稲盛隆穂,松島 潤 (2003): 地震波属性を用いたガスハイドレート賦存層抽出の試み(その3),物理探査学会第109回学術講演会,8-11.
(55)
稲盛隆穂,羽藤正実,松島 潤 (2003): 地震波属性を用いたガスハイドレート賦存層抽出の試み(その2),物理探査学会第109回学術講演会,4-7.
(56)
松島 潤, 2004, 全波形音波検層データを用いたメタンハイドレート層の減衰特性解析, 物理探査学会第110回学術講演会論文集, 87-90.
(57)
松島 潤, 2004, VSP記録を用いたメタンハイドレート層の減衰解析, 物理探査学会第111回学術講演会論文集, 108-111.
(58)
松島 潤, 2005, 音波検層波形記録に見られるメタンハイドレート賦存層の減衰特徴と減衰解析手法の比較 −基礎試錐「南海トラフ」の例−, 物理探査学会第112回学術講演会論文集, 114-117.
(59)
松島 潤, 2005, メタンハイドレート賦存層における弾性波減衰の周波数依存性について −音波検層記録とVSP記録との比較−, 物理探査学会第113回学術講演会論文集, 137-140.
(60)
松島 潤, 2006, 弾性波減衰情報に着目したメタンハイドレート賦存層評価手法の確立に向けて —現象理解・実験的検証・理論構築—, 日本地球惑星科学連合合同大会(物理探査のフロンティア).(invited)
(61)
松島 潤, 鈴木 誠,加藤俶史,六川修一, 2006, 模擬メタンハイドレート試料を用いた弾性波減衰に関する室内実験, 物理探査学会第114回学術講演会論文集, 1-3.
(62)
鈴木 誠,松島 潤,加藤俶史,六川修一, 2006, 模擬メタンハイドレート試料を用いた弾性波減衰に関する室内実験 —測定システムの構築, 物理探査学会第114回学術講演会論文集, 4-7.
(63)
松島 潤,六川修一,吉村公孝,坂下晋, 2006, スウィープ波形を用いた弾性波速度の分散特性解析に関する検討, 物理探査学会第114回学術講演会論文集, 8-11.
(64)
松島 潤,鈴木誠,加藤俶史,六川修, 2006, 模擬メタンハイドレート試料を用いた弾性波減衰に関する室内実験(その2), 物理探査学会第115回学術講演会論文集, 107-109.
(65)
鈴木 誠,松島 潤,加藤俶史,六川修一, 2006, 低温域における弾性波動伝播測定システム, 物理探査学会第115回学術講演会論文集, 103-106.
(66)
松島 潤, 六川 修一, 吉村 公孝, 坂下 晋, 2007, スウィープ波形を用いた弾性波速度の分散特性解析に関する検討(その2), 物理探査学会第116回学術講演会論文集, 137-140.
(67)
モハメド・メトワリ, 松島 潤, Effects of physical conditions on the detectability of landmines using GPR technique, 物理探査学会第116回学術講演会論文集, 231-234.
(68)
鈴木 誠, 松島 潤, 加藤 俶史, 六川 修, 2007, 低温域における弾性波動伝播測定システム(その2), 物理探査学会第117回学術講演会論文集, 329-332.
(69)
松島 潤,西澤 修, 2007, ランダム不均質性媒体における波動伝播と空間サンプリングの効果, 物理探査学会第117回学術講演会論文集, 80-83.
(70)
新部 貴夫,松島 潤,鈴木 誠,加藤俶史, 2007, 模擬メタンハイドレート試料を用いた弾性波減衰に関する室内実験(3) -spectral leakageに関する検討, 物理探査学会第117回学術講演会論文集, 107-109.
(71)
モハメド・メトワリ, 松島 潤, Evaluating the 2D resistivity tomography technique in detecting the metallic and plastic landmines, 物理探査学会第117回学術講演会論文集, 287-290.
(72)
松島 潤, 鈴木 誠, 加藤 俶史, 大橋 邦光, 六川 修一, 2008, 模擬メタンハイドレート試料を用いた弾性波減衰に関する室内実験(その4) - 散乱減衰の評価, 物理探査学会第118回学術講演会論文集, 20-22.
(73)
松島 潤, 西澤 修, 2008, ランダム不均質性媒体における反射法地震探査 ー空間サンプリングに関する検討, 日本地球惑星科学連合合同大会2008.
(74)
新部 貴夫, 松島 潤, 鈴木 誠, 加藤  俶史, 2008, 模擬メタンハイドレート試料を用いた弾性波減衰に関する室内実験(その5)-spectral leakageによる影響の補正-,物理探査学会第119回学術講演会論文集, 81-84.
(75)
松島 潤, 2008, メキシコ湾での石油回収のEPRの状況, もったいない学会EPR部会シンポジウム.
(76)
松島 潤, 鈴木 誠, 加藤 俶史, 六川 修一, 2008, 模擬メタンハイドレート試料を用いた弾性波減衰に関する室内実験(その6) - スウィープ波形を用いた速度分散ならびに減衰解析, 物理探査学会第119回学術講演会論文集, 85-88.
(77)
鈴木 博之, 松島 潤, 2008, 音波検層波形データを利用した減衰ログの作成と自己組織化マップの適用, 物理探査学会第119回学術講演会論文集, 89-92.
(78)
松島 潤, 新部 貴夫, 鈴木 誠, 加藤 俶史, 六川 修一, 2009, 模擬メタンハイドレート試料を用いた弾性波減衰に関する室内実験(その7) ー岩石物理学的検討, 物理探査学会第120回学術講演会論文集, 55-58.
(79)
鈴木 博之, 松島 潤, 2009, 音波検層波形データを利用したメタンハイドレート賦存層の減衰特性解析, 物理探査学会第120回学術講演会論文集, 51-54.
(80)
松島 潤, 2009, 塩水凍結過程において生成される固液共存系の不均質性評価と波動伝播, 日本地球惑星科学連合合同大会2009.
(81)
六川 修一, 中村 貴子, 松島 潤, 2009, InSAR時系列解析による長期地盤変動計測の技術的課題について, 物理探査学会第120回学術講演会論文集, 89-91.
(82)
中村 貴子,六川 修一,松島 潤, 2009, 長期地盤変動計測のためのInSAR時系列解析例, 日本リモートセンシング学会第46回学術講演会論文集, 213-214.
(83)
李 光鎬, 松島 潤, 2009, QVO法によるメタンハイドレート賦存層の減衰値の算出, 物理探査学会第121回学術講演会論文集, 120-123.
(84)
鈴木 博之, 松島 潤, 2009, 南海トラフ音波検層波形データに含まれる震源カップリング及び散乱効果による減衰量の算出, 物理探査学会第121回学術講演会論文集, 124-127.
(85)
松島 潤, 鈴木 誠, 加藤 俶史, 六川 修一, 2009, 多孔質媒体内で生成される固液共存系における超音波波動伝播実験 -データ解析-, 物理探査学会第121回学術講演会論文集, 128-131.
(86)
鈴木 誠, 松島 潤, 加藤 俶史, 六川 修一, 2009, 多孔質媒体内で生成される固液共存系における超音波波動伝播実験 -データ取得-,物理探査学会第121回学術講演会論文集, 132-135.
(87)
李 光鎬, 松島 潤, 2010, QVO法によるメタンハイドレート賦存層の地震波減衰値の算出, 第2回メタンハイドレート総合シンポジウム (2010.12.2, 東京・お台場)
(88)
鈴木 博之, 松島 潤, 2010, 音波検層波形データを用いたメタンハイドレート層の地震波減衰解析, 第2回メタンハイドレート総合シンポジウム (2010.12.2, 東京・お台場)
(89)
松島 潤, 鈴木 誠, 加藤 俶史, 六川 修一, 2010, メタンハイドレート層における地震波減衰に関する室内実験研究, 第2回メタンハイドレート総合シンポジウム (2010.12.2, 東京・お台場)
(90)
松島 潤, 鈴木 誠, 加藤 俶史, 六川 修一, 2010, 模擬メタンハイドレート試料を用いた弾性波減衰に関する室内実験(その8) - スウィープ波形を用いた減衰解析の高度化, 物理探査学会第122回学術講演会論文集, 67-70. (2010.6.2,東京・早稲田大学)
(91)
李 光鎬, 松島 潤, 2010, QVO法によるメタンハイドレート賦存層の減衰値の算出 (その2) -数値実験による検討-, 物理探査学会第122回学術講演会論文集, 71-74. (2010.6.2,東京・早稲田大学)
(92)
鈴木 博之, 松島 潤, 2010, F-K領域における音波検層波形データの合成, 物理探査学会第122回学術講演会論文集, 221-224. (2010.6.2,東京・早稲田大学)
(93)
六川 修一, 中村 貴子, 出口知敬, 松島 潤, 2010, 長期地盤変動計測におけるCバンドとLバンドによるInSAR時系列解析, 物理探査学会第122回学術講演会論文集, 229-231. (2010.6.2,東京・早稲田大学)
(94)
六川 修一, 中村 貴子,松島 潤, 2010, DEM改善手法としての干渉SAR処理について, 物理探査学会第123回学術講演会論文集, 210-211. (2010.9.30, 仙台・東北大学)
(95)
松島 潤, 鈴木 誠, 加藤 俶史, 六川 修一, 2010, 塩水凍結過程で生成される固液共存系におけるS波データ取得と減衰解析, 物理探査学会第123回学術講演会論文集, 111-113. (2010.9.30, 仙台・東北大学)
(96)
李 光鎬, 松島 潤, 2010, QVO法によるメタンハイドレート賦存層の地震波減衰値の算出(その3) -区間減衰と区間速度の比較-,物理探査学会第123回学術講演会論文集, 114-117. (2010.9.30, 仙台・東北大学)
(97)
鈴木 博之, 松島 潤, 2010, 音波検層波形データを用いた地震波減衰解析 -減衰解析手法の比較-,物理探査学会第123回学術講演会論文集, 118-121. (2010.9.30, 仙台・東北大学)
(98)
松島 潤, 鈴木 誠, 松木一平, 加藤 俶史, 六川 修一, 2010, 固液共存系を用いた弾性波減衰に関する実験的研究, 石油技術協会平成22年度春季講演会 (2010.6.11, 福岡)
(99)
松島 潤, 2010, 固液共存系のMRI測定に基づく波動伝播シミュレーション, 日本地球惑星科学連合合同大会2010.(2010.5.28, 千葉・幕張)
(100)
鈴木 博之, 松島 潤, 2010, 南海トラフ音波検層波形データにおける散乱減衰の評価, 日本地球惑星科学連合合同大会2010.(2010.5.28, 千葉・幕張)
(101)
松島 潤, 2011, 固液共存系のMRI測定に基づく波動伝播シミュレーション(その2), 日本地球惑星科学連合合同大会2011.(2011.5.21, 千葉・幕張)
(102)
鈴木 誠・松島 潤・加藤 俶史・六川 修一, 2011, 塩水凍結過程で生成される固液共存系におけるS波データ取得, 物理探査学会第124回学術講演会論文集, 119-122. (2011.5.12,東京・早稲田大学)
(103)
松島 潤・鈴木 誠・加藤 俶史・六川 修一, 2011, 塩水凍結過程において生成される固液共存系におけるS波データの減衰解析, 物理探査学会第124回学術講演会論文集, 123-126. (2011.5.12,東京・早稲田大学)
(104)
プラダン オム・松島 潤・鈴木 誠, 2011, NMR properties of partially frozen brine and their comparison with ultrasonic attenuation results, 物理探査学会第124回学術講演会論文集, 131-134. (2011.5.12,東京・早稲田大学)
(105)
鈴木 博之・松島 潤, 2011, 音波検層の合成波形記録作成による震源カップリング効果と散乱減衰の評価, 物理探査学会第124回学術講演会論文集, 135-138. (2011.5.12,東京・早稲田大学)
(106)
六川 修一・中野 啓・松島 潤, 2011, 上昇・下降軌道の干渉SARデータによる地盤変動計測, 物理探査学会第124回学術講演会論文集, 310-311. (2011.5.12,東京・早稲田大学)
(107)
プラダン オム・松島 潤・鈴木 誠, 2011, Use of MRI to study micro-structures in partially frozen brine, 物理探査学会第125回学術講演会論文集, 197-200. (2011.9.13,秋田)
(108)
李 光鎬・松島 潤, 2011, Tuning Effectがメタンハイドレート腑存層での地震波減衰値算出に与える影響, 物理探査学会第125回学術講演会論文集, 201-204. (2011.9.13,秋田)
(109)
鈴木 誠・松島 潤・加藤 俶史・六川 修一, 2011, 塩水飽和された未固結媒体の凍結過程における超音波波動伝播実験 -データ取得-,物理探査学会第125回学術講演会論文集, 205-208. (2011.9.13,秋田)
(110)
松島 潤・鈴木 誠・加藤 俶史・六川 修一, 2011, 塩水飽和された未固結媒体の凍結過程における超音波波動伝播実験 -データ解析-,物理探査学会第125回学術講演会論文集, 209-212. (2011.9.13,秋田)
(111)
六川 修一・中村 貴子・松島 潤, 2011, 上昇・下降軌道の干渉SARデータによる地盤変動計測の課題, 物理探査学会第125回学術講演会論文集, 221-222. (2011.9.13,秋田)
(112)
鈴木 博之・松島 潤, 2011, 音波検層波形記録を用いた地震波減衰解析, 平成 23 年度石油技術協会春季講演会(2011.6.8, 東京)
(113)
プラダン オム・松島 潤・鈴木 誠, 2012, Effect of inhomogeneity on ultrasonic wave propagation in partially frozen brine, 物理探査学会第126回学術講演会論文集, 98-101. (2012.5.31,東京・早稲田大学)
(114)
松島 潤・鈴木 誠・加藤 俶史・六川 修一, 2012, 塩水飽和された未固結媒体の凍結過程におけるS波伝播実験と減衰解析, 物理探査学会第126回学術講演会論文集, 102-105. (2012.5.31, 東京・早稲田大学)
(115)
松島 潤, 2012, 部分凍結した未固結砂における超音波減衰測定, 日本地球惑星科学連合合同大会2012.(2012.5.21, 千葉・幕張)
(116)
プラダン オム・松島 潤・鈴木 誠, 2012, Effect of partially frozen brine present in porous sand on Seismic wave propagation, 物理探査学会第127回学術講演会論文集, 203-206 (2012.11.29, 鳥取)
(117)
松島 潤・鈴木 博之, 2012, 地震探査データ解析における不確実性の定量的評価 ― 音波検層波形記録を用いた減衰解析の例, 物理探査学会第127回学術講演会論文集, 219-222 (2012.11.30, 鳥取)
(118)
李 光鎬・松島 潤, 2012, Tuning Effectがメタンハイドレート腑存層での地震波減衰値算出に与える影響(その2)-確率統計的な評価, 物理探査学会第127回学術講演会論文集, 223-225 (2012.11.30, 鳥取)
(119)
松島 潤,奥村 直士,早井 佳世, 2013, 海外大規模エネルギープロジェクトのマネジメントに関する考察, エネルギー・資源学会第29回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス(2013.1.29, 東京)
(120)
松島 潤, 2013, 塩水粘性が超音波伝播減衰に及ぼす影響, 日本地球惑星科学連合合同大会2013.(2013, 千葉・幕張)
(121)
松島 潤・鈴木 誠・加藤 俶史・六川 修一, 2013, 塩水飽和された未固結媒体の凍結過程における不凍塩分水の粘性による減衰特性評価, 物理探査学会第128回学術講演会論文集, 39-40(2013.6.3, 東京)
(122)
鈴木 誠・松島 潤・加藤 俶史・六川 修一, 2013, 未固結砂泥混合媒体の凍結過程における超音波伝播実験 -データ取得-,物理探査学会第129回学術講演会論文集, 191-194(2013.10.22-24, 高知)
(123)
松島 潤・鈴木 誠・加藤 俶史・六川 修一, 2013, 未固結砂泥混合媒体の凍結過程における超音波伝播実験 -データ解析-,物理探査学会第129回学術講演会論文集, 195-198(2013.10.22-24, 高知)
(124)
松島 潤・鈴木 誠・加藤 俶史・六川 修一, 2014, 超音波室内実験におけるスウィープ波形利用の効能と限界について, 物理探査学会第130回学術講演会論文集, 195-198(2014.5.28-30, 東京)
(125)
松島 潤, 2014, 地震波インターフェロメトリを用いたVSP測定配置変換と減衰評価, 日本地球惑星科学連合合同大会2014.(2014, 横浜)
(126)
松島 潤, 2015, 塩水粘性が超音波伝播減衰に及ぼす影響, 日本地球惑星科学連合同大会2015.(2015, 千葉・幕張)
(127)
松島 潤, 2014, 音波検層波形データを用いたメタンハイドレート賦存層のS波減衰異方性解析, 物理探査学会第131回学術講演会論文集, 150-153(2014.10.21-23, 清水)
(128)
松島 潤,アリ モハメド・ブチャラ ファテ, 2015, 地震波インターフェロメトリを用いたVSPデータの減衰解析, 物理探査学会第132回学術講演会論文集, 160-163(2015.5.11-13, 東京)
(129)
榊原 侑利,松島 潤, 2015, 海上反射法地震探査による
メタンプルームの検出に関する研究, 物理探査学会第132回学術講演会論文集, 164-167(2015.5.11-13, 東京)
(130)
松島 潤, 2015, ウォークアウェイVSPデータを用いたメタンハイドレート賦存層のS波減衰解析, 物理探査学会第133回学術講演会論文集, 173-175(2015.9.24-26, 金沢)
(131)
詹林森, 鈴木誠, 松島潤, 2015, The comparison of ultrasonic velocity and attenuation based on physical models simulation and laboratory measurements in partially frozen brine and unconsolidated sands, 物理探査学会第133回学術講演会論文集, 170-172.
(132)
詹林森,松島潤, 2016, The comparison of ultrasonic velocity and attenuation based on physical models simulation and laboratory measurements in partially frozen brine and unconsolidated sands, 物理探査学会第135回学術講演会論文集, 145-148.
(133)
松島潤,アリモハメド, ブチャラファテ, 2016, 地震波インタフェロメトリを用いた音波検層データ減衰解析の CMP アプローチ, 物理探査学会第135回学術講演会論文集, 153-156.
(134)
松島潤, アリモハメド, ブチャラファテ, 2016, ゼロオフセット VSP データに対する内部減衰と散乱減衰の新しい分離手法, 物理探査学会第135回学術講演会論文集, 149-152.
(135)
Matsushima, J., M.Y. Ali, F. Bouchaala, 2017, Application of seismic interferometry to attenuation estimation on zero-offset vertical seismic profiling data, JpGU-AGU Joint Meeting 2017.(2017, 千葉・幕張)
(136)
Bouchaala, F., Ali, M.Y. and Matsushima, J., 2017, Seismic wave attenuation in carbonate rocks: challenging but promising parameter for petroleum exploration, JpGU-AGU Joint Meeting 2017.(2017, 千葉・幕張)
(137)
詹林森, 松島潤, 2017, Rock physics modeling of ultrasonic P-and S-wave velocity and attenuation in partially unfrozen unconsolidated sands: comparison with laboratory measurements, 物理探査学会第136回学術講演会論文集, 173-175.
(138)
松島潤, アリモハメド, ブチャラファテ, 2017, 波動伝播可視化による亀裂の動的特性把握: 室内実験のコンセプト, 物理探査学会第136回学術講演会論文集, 191-194.
(139)
榊原侑利, 松島潤, 2017, Wrap-around 多重反射波を用いた海中メタン気泡の検出可能性について, 物理探査学会第136回学術講演会論文集, 195-198.
(140)
詹林森, 松島潤, 2017, Broadband frequency dispersion and attenuation of P-wave and S-wave in partially frozen brine and unconsolidated sands: a rock physics study, 物理探査学会第137回学術講演会論文集, 174-177.
(141)
松島潤, アリモハメド, ブチャラファテ, 2017, 幾何的発散が音波検層波形を用いた減衰解析に及ぼす影響について, 物理探査学会第137回学術講演会論文集, 178-181.
(142)
松島潤, アリモハメド, ブチャラファテ, 2018, 3 次元 X 線 CT により得られたデジタルコア試料における 3 次元波動伝播シミュレーション, 物理探査学会第138回学術講演会論文集, 109-111.
(143)
詹林森, 松島潤, 2018, Broadband frequency dispersion and attenuation of P-wave and S-wave in partially frozen brine and unconsolidated sands: a rock physics study, 物理探査学会第139回学術講演会論文集, 159-162.
(144)
松島潤, 2018, 地震波探査データから導かれる地下情報の不確実性についての考察, 物理探査学会第139回学術講演会論文集, 167-169.
(145)
児玉匡史, 松島潤, 2018, 宇宙線ミュオンを利用した石油貯留層の密度分布モニタリングの可能性, 物理探査学会第139回学術講演会論文集, 155-157.



Teaching

Teaching (教育)


授業

【学部】

  • 駒場総合科目「地球に生きる」(2006〜)
  • 社会のための技術(2006〜2008)
  • ダイナミックシステム(2009〜)
  • 応用プロジェクト「深海底に眠るメタンハイドレートの資源量評価」(2006〜2007)
  • 応用プロジェクト「エネルギー減耗後の社会システム構築」(2008〜2009)
  • 実現プロジェクト「エネルギー減耗後の社会システム構築」(2010〜)
  • 流体エネルギー資源の形成と開発(2008〜)


【大学院】

  • 地球探査の物理学(2006〜2007)
  • グローバル資源システム科学(2008〜)

卒業論文題目一覧


【2007】

  • メタンハイドレート層における弾性波減衰特性に関する室内実験的研究(新部貴夫)
  • 地震波アトリビュート解析によるメタンハイドレート資源量評価の研究(水野智広)

【2008】

  • 廃食油からのバイオディーゼル燃料生成のエネルギー収支分析(黒原大輔)
  • 核燃料サイクルのエネルギー収支分析(宇野武紀)
  • 交通システムのライフサイクルを考慮したエネルギー効率の比較研究(中村健史)

【2009】

  • マイクロ水力発電のエネルギー収支分析(岩崎裕)
  • 模擬メタンハイドレート試料の超音波伝播特性と核磁気共鳴特性に関する実験的研究(松木一平)

【2010】

  • エネルギー収支分析による社会の持続性評価(鎗谷浩明)

修士論文題目一覧


【2007】

  • Development of Real-time Evaluation Technology for Bio-acoustic Ecology by A Networked Remote Sensing Embedded Linux System(小林博樹)
  • 固液共存系での弾性波減衰に関する実験的ならびに数値シミュレーション的研究(大橋邦光)
  • 地震波アトリビュートによる海底擬似反射面の多次元解析(佐々木 明人)

【2008】

  • 音波検層波形データを利用したメタンハイドレート賦存層の減衰特性解析(鈴木博之)
  • 固液共存系における弾性波減衰解析の高精度化と多孔質媒質理論の適用(新部貴夫)
  • QVO法によるメタンハイドレート賦存層での減衰値の算出:南海トラフ(李光鎬)

【2009】

  • メタンハイドレート賦存域における地震波マイグレーション処理(五十嵐公輔)

【2012】

  • エネルギー収支比を用いた石油開発技術の俯瞰的分析と社会への影響評価(鎗谷浩明)

Public Service

Public Service (社会貢献)