Laboratory_Top of fukashiro_website

 深代・吉岡研では、巧みな動作の力学的・解剖学的メカニズムについて、バイオメカニクスの観点から研究しています.主な研究方法は、次に2つです.これらの研究は、競技スポーツの向上やスポーツ障害の予防に貢献しています.
 1: Inverse dynamics:ランニングやジャンプなどの実際の動作を対象に、モーションキャプチャ・フォースプレート・筋電図を用いて、データを取得して動作構築の基となる力を推定する.
 2: Forward solution:コンピュータ内に、筋・骨格モデルを作成し、筋の力をコントロールして動作を作る(シミュレーション).

 また、健康という観点から、運動する身体の生理応答についても研究を進めています.

研究対象の4分野↓
research_illust.jpgSport Performance
逆ダイナミクスによる動作解析を通した競技スポーツへの貢献
Simulation in Musculoskeletal Model
コンピューターシュミレーションを用いた身体運動の再構築
Prevension of Sport Injury
スポーツ障害予防のバイオメカニクス
Total Welness System
からだの健康への貢献

.

LinkIcon主に使用している研究機器 Methodological Technology
モーションキャプチャ:Motion Capture,高速度ビデオカメラ: High-Speed Video Camera, フォースプレート: Force-Plate, 筋電図: EMG, 超音波: Ultrasonography

LinkIcon入学希望者へ