NEWS&TOPICS
  • TOP > 
  • NEWS

NEWS

2018/12 寺本千恵助教の論文が、日本看護科学会誌 に採択されました。
“寺本千恵,永田智子,成瀬昂,横田慎一郎,山本則子.
救急外来を受診後に帰宅した患者の30日以内の再受診パターン:比較事例研究.”
2018/12 寺本千恵助教の論文が、Health & Social Care in the Community に採択されました。
“Chie Teramoto, Tatsuro Ishizaki, Seigo Mitsutake, Haruhisa Fukuda, Takashi Naruse, Sayuri Shimizu, Hideki Ito.
Impact of a national medical fee schedule revision on the cessation of physician home visits among older patients in Tokyo: a retrospective study.”
2018/11 岩崎りほ助教の論文が、Japanese Journal of Health and Human Ecology (日本健康学会誌) に採択されました。
“Riho Iwasaki, Kazuaki Hirai, Keisuke Aminaka.
Why don't older persons attend senior salons? Interviews with older persons living in a rural area of Japan.”
2018/11 修士課程修了生の中村友亮さんの論文が、Health Policy に採択されました。
“Yusuke Nakamura, Hiroshige Matsumoto, Noriko Yamamoto-Mitani, Miho Suzuki, Ayumi Igarashi.
Impact of support agreement between municipalities and convenience store chain companies on store staff's support activities for older adults.”
2018/11 博士課程修了生の山本なつ紀さんが、日本地域看護学会第21回学術集会 優秀ポスター賞を受賞しました。
“山本なつ紀,成瀬昂,山本則子.
訪問看護事業所における「利用者の安全に関わる出来事」の発生実態.
日本地域看護学会第21回学術集会,岐阜,2018.8.11-12”
2018/08 修士課程修了生の城内愛さんが、日本地域看護学会第21回学術集会 優秀ポスター賞を受賞しました。
“城内愛,成瀬昂,寺本千恵,岩崎りほ,山本則子.
精神療養病棟の病棟看護管理者の特性と在院日数の関連.
日本地域看護学会第21回学術集会,岐阜,2018.8.11-12”
2018/08 平成29年度 日中笹川交換留学制度留学生で在籍していた曹暁翼さんの論文が、Japan Journal of Nursing Science に採択されました。
“Cao Xiaoyi, Takashi Naruse.
Effect of time pressure on burnout in home-visiting nurses:moderating role of relational coordination with nursing managers.”
2018/06 修士課程の横堀花佳さんの論文が、日本地域看護学会誌 に掲載されました。
“横堀花佳,大河内彩子,田高悦子,伊藤絵梨子,有本梓,白谷佳恵.
保育所看護師が行う発達上の課題がある子どもと養育者への支援.
日本地域看護学会誌,21(1):56-62,2018.”
2018/01 岩崎りほ助教の論文が、Public Health Nursing に採択されました。
“Riho Iwasaki, Masako Kageyama, Satoko Nagata.
The structure of the perceived professional identity of Japanese public health nurses.”
2017/11 成瀬昂講師の執筆記事が、地域ケアリング に掲載されました。
“成瀬昂.
地域共生をはぐくむための概念的フレームワークの一考察.
地域ケアリング,19(13):125-127,2017.”
2017/11 成瀬昂講師の執筆記事が、高齢者の服薬支援 総合力を活かす新知識と実践 に掲載されました。
“成瀬昂(分担執筆)
高齢者の服薬支援 総合力を活かす新知識と実践(編集 秋下雅弘,倉田なおみ).東京:㈱講談社,2017
第1章 高齢者の特性
 2. 独居高齢者の生活.10-14.”
2017/09 成瀬昂講師の執筆記事が、保健と健康の心理学 標準テキスト 産業保健心理学 に掲載されました。
“成瀬昂(分担執筆)
保健と健康の心理学 標準テキスト 産業保健心理学(監修 島井哲志).東京:ナカニシヤ出版,2017
Ⅱ産業保健心理学のトピック
 第12章 働き方の多様化と健康支援
  2. 対人援助職の健康.213-220.”
2017/06 博士課程修了生の岩﨑りほさんの論文が、Journal of University of Occupational and Environmenatal Health (産業医科大学雑誌) に掲載されました。
“Riho Iwasaki, Azusa Arimoto, Takashi Naruse, Satoko Nagata, Sachiyo Murashima.
The Importance of the Maternal/Self-Role Satisfaction for Reducing Anxiety: A Cross-Sectional Survey of Japanese Mothers.
Journal of University of Occupational and Environmenatal Health, 39(2):143-151, 2017.”
2017/06 成瀬昂講師の論文が、BMC Health Services Research オンラインに公開されました。
“Takashi Naruse, Hiroshige Matsumoto, Mahiro Fujisaki-Sakai, Satoko Nagata.
Measurement of Special Access to Home Visit Nursing Services among Japanese Disabled Elderly People: Using GIS and Claim data.
DOI: 10.1186/s12913-017-2322-0”
2017/03 博士課程2名が博士論文を提出、修了しました。
修士課程4名が修士論文を提出、修了しました。
卒論生2名が卒業論文を提出、修了しました。
2017/01 博士課程修了生の齋藤あやさんの論文が、Vaccine に採択されました。
“Aya Saitoh, Akihiko Saitoh, Isamu Sato, Tomohiro Shinozaki, Hajime Kamiya, Satoko Nagata.
Effect of Stepwise Perinatal Immunization Education:A Cluster-randomized Controlled Trial.”
2017/01 成瀬昂講師の論文が、International Journal of Palliative Nursing に採択されました。
“Takashi Naruse, Natsuki Yamamoto, Takashi Sugimoto, Mahiro Fujisaki-Sakai, Satoko Nagata.
The association between nurses' coordination with physicians and clients' place of death.”
2016/11 博士課程の寺本千恵さんの論文が、第36回日本看護科学学会総会 学術論文奨励賞を受賞しました。
“Chie Teramoto, Atsushi Matsunaga, Satoko Nagata.
Cross-sectional study of social support and psychological distress among displaced earthquake survivors in Japan.
第36回日本看護科学学会総会,東京,2016.12.10”
2016/10 学部卒業生(卒論生)の野海直子さんの論文が、日本精神保健看護学会誌 に採択されました。
“野海直子,蔭山正子.
精神疾患を発症した子をもつ中年期の親の経験―家族ピア活動に参加した親の経験を踏まえた支援のあり方―.”
2016/09 博士課程の山本なつ紀さんの論文が、Japan Journal of Nursing Science に採択されました。
“Natsuki Yamamoto, Mahiro Sakai, Takashi Naruse, Satoko Nagata.
Relationship between maternal mindfulness and anxiety 1 month after childbirth.”
2016/09 成瀬昂講師の論文が、Home Health Care Management & Practice に採択されました。
“Takashi Naruse, Mahiro Fujisaki-Sakai, Satoko Nagata.
Home visiting nurse service duration and factors related to institution admission.”
2016/08 藤﨑(阪井)万裕特任助教の論文が、保健医療福祉連携 に採択されました。
“阪井万裕,成瀬昂,永田智子.
訪問看護師における職種間連携のしやすさに関連する職場環境要因の明確化.”
2016/08 蔭山正子助教の論文が、日本公衆衛生雑誌 に採択されました。
“蔭山正子,横山恵子,小林清香,中村由嘉子.
家族ピア教育プログラムの精神科病院での採用と継続に関連する要因の検討:ケーススタディ.”
2016/08 成瀬昂講師の論文が、Health オンライン に公開されました。
“Takashi Naruse, Hiroshige Matsumoto, Natsuki Yamamoto, Satoko Nagata.
Association between Geographic Accessibility of Home Care Clinics and Hospitalization in Japan using Geographic Information Systems and Insurance Claim Data.
DOI:10.4236/health.2016.810102”
2016/07 蔭山正子助教の論文が、Journal of Psychiatric and Mental Health Nursing に採択されました。
“Masako Kageyama, Yukako Nakamura, Sayaka Kobayashi, Keiko Yokoyama.
Validity and reliability of the Family Empowerment Scale for caregivers of adults with mental health issues.”
2016/06 蔭山正子助教の論文が、Psychiatry Research に採択されました。
“Masako Kageyama, Phyllis Solomon, Sachiko Kita, Satoko Nagata, Keiko Yokoyama, Yukako Nakamura, Sayaka Kobayashi, Chiyo Fujii.
Factors Related to Physical Violence Experienced by Parents of Persons with Schizophrenia in Japan.”
2016/06 蔭山正子助教の論文が、精神障害者リハビリテーション学会誌 に採択されました。
“蔭山正子,小林清香,横山恵子,中村由嘉子.
精神科病院での「家族による家族学習会」実施がもたらした家族と精神保健福祉士のパートナーシップ:インタビュー内容の質的記述的分析.”
2016/06 岩﨑りほさんに博士の学位が授与されました。
2016/05 藤﨑(阪井)万裕特任助教の論文が、Clinical Nursing Studies に掲載されました。
“Mahiro Sakai, Takashi Naruse, Satoko Nagata.
Relational coordination between professionals predicts satisfaction with home visit nursing care.
Clinical Nursing Studies, 4(1):1-5, 2016.”
2016/05 修士課程修了生の錦織梨紗さんの論文が、日本地域看護学会誌 に掲載されました。
“錦織梨紗,永田智子,水井翠,戸村ひかり.
病棟看護師が担う退院支援係の配置の有無と病院の特徴および退院支援への取組み状況との関係.
日本地域看護学会誌,19(1):72-79,2016.”
2016/03 博士課程2名が博士論文を提出、修了しました。
修士課程4名が修士論文を提出、修了しました。
2016/03 成瀬昂助教の論文が、地域ケアリング に掲載されました。
“成瀬昂.
訪問看護師と周囲のチームワークが訪問看護ステーションの効率性に与える影響の評価.
地域ケアリング,18(4):62-64,2016.”
2016/03 博士課程の山本なつ紀さんの論文が、BioScience Trends に採択されました。
“Natsuki Yamamoto, Chikako Honda, Satoko Nagata.
Current trends and age-based differences of unintentional injury in Japanese children.”
2016/02 蔭山正子助教の論文が、Archives of Psychiatric Nursing に採択されました。
“Masako Kageyama, Phyllis Solomon, Keiko Yokoyama.
Psychological distress and violence towards parents of patients with schizophrenia.”
2016/02 蔭山正子助教が、第4回日本公衆衛生看護学会学術集会 最優秀ポスター賞を受賞しました。
“蔭山正子.
親が統合失調症本人から受ける暴力に対処するプロセス.
第4回日本公衆衛生看護学会学術集会,東京,2016.1.24”
2016/01 蔭山正子助教が、平成27年度日本公衆衛生看護学会学術奨励賞(優秀論文部門)を受賞しました。
“蔭山正子.
精神障がい者家族会の組織発展と家族ピア教育プログラム「家族による家族学習会」との関連.
日本公衆衛生看護学会誌,3(1):31-39,2014.
第4回日本公衆衛生看護学会学術集会,東京,2016.1.24”
2016/01 修士課程修了生の田中千佳さんの論文が、Japan Journal of Nursing Science に採択されました。
“Chika Tanaka, Takashi Naruse, Atsuko Taguchi, Yuki Ohashi, Satoko Nagata, Azusa Arimoto, Sachiyo Murashima.
Conformity to neighborhood norms modifies the association between recreational walking and social norms among middle-aged Japanese people.
2015/11 博士課程の齋藤あやさんの論文が、Vaccine に掲載されました。
“Aya Saitoh, Akihiko Saitoh, Isamu Sato, Tomohiro Shinozaki, Satoko Nagata.
Current practices and needs regarding perinatal childhood immunization education for Japanese mothers.
Vaccine, 33(45):6128-6133, 2015.”
2015/11 博士課程の阪井万裕さんの論文が、Japan Journal of Nursing Science に採択されました。
“Mahiro Sakai, Takashi Naruse, Satoko Nagata.
Relational Coordination among Home Healthcare Professions and Goal Attainment in Nursing Care.”
2015/11 蔭山正子助教が、 日本公衆衛生学会日本公衆衛生雑誌編集委員会ベストレビュワー賞 を受賞しました。
2015/10 蔭山正子助教の論文が、日本精神障害者リハビリテーション学会誌 に採択されました。
“蔭山正子,大島巌,中村由嘉子,横山恵子.
精神障がいの「家族による家族学習会」の主観的評価―参加家族と担当家族への事後調査から―.”
2015/10 博士課程の寺本千恵さんの論文が、Japan Journal of Nursing Science に掲載されました。
“Chie Teramoto, Atsushi Matsunaga, Satoko Nagata.
Cross-sectional study of social support and psychological distress among displaced earthquake survivors in Japan.
Japan Journal of Nursing Science, 12(4):320-329, 2015.”
2015/09 蔭山正子助教の論文が、Family Process に採択されました。
“Masako Kageyama, Keiko Yokoyama, Yukako Nakamura, Sayaka Kobayashi.
Changes in Families’ Caregiving Experiences through Involvement as Participants then Facilitators in a Family Peer-Education Program for Mental Disorders in Japan.”
2015/08 成瀬昂助教の論文が、Bio Science Trends に採択されました。
“Takashi Naruse, Mahiro Sakai, Hiroshige Matsumoto, Satoko Nagata.
Diseases that precede disability among latter-stage elderly individuals in Japan.”
2015/08 成瀬昂助教の論文が、Health に採択されました。
“Takashi Naruse, Rumiko Tsuchiya, Natsuki Yamamoto, Satoko Nagata.
Identifying characteristics of adults absent from a metabolic syndrome checkup in Japan using CHAID dendrograms and insurance claim data.”
2015/08 成瀬昂助教の論文が、Japan Journal of Nursing Science に採択されました。
“Takashi Naruse, Mahiro Sakai, Satoko Nagata.
Effects of Relational Coordination among Colleagues and Span of Control on Work Engagement Among Home Visiting Nurses.”
2015/08 蔭山正子助教の論文が、Japan Journal of Nursing Science に採択されました。
“Masako Kageyama, Yukako Nakamura, Sayaka Kobayashi, Keiko Yokoyama.
Validity and reliability of the Japanese version of the Therapeutic Factors Inventory-19 (TFI-19J)‐A study of family peer education self-help groups.”
2015/07 蔭山正子助教の論文が、Asia-Pacific Journal of Public Health に採択されました。
“Masako Kageyama, Keiko Yokoyama, Satoko Nagata, Sachiko Kita, Yukako Nakamura, Sayaka Kobayashi, Phyllis Solomon.
Rate of family violence among patients with schizophrenia in Japan.”
2015/07 蔭山正子助教の論文が、日本地域看護学会誌に採択されました。
“蔭山正子,横山恵子,中村由嘉子.
家族ピア教育プログラムを精神障がい者家族が継続実施することで得る利益-プログラム事後調査.”
2015/03 博士課程の寺本千恵さんの論文が、Public Health Nursing に採択されました。
“Chie Teramoto, Satoko Nagata, Reiko Okamoto, Ruriko Suzuki, Emiko Kishi, Michie Nomura, Noriko Jojima, Masumi Nishida, Keiko Koide, Emiko Kusano, Saori Iwamoto, Sachiyo Murashima.
Identifying Residents’ Health Issues Six Weeks after the Great East Japan Earthquake.”
2015/03 修士課程の松本博成さんの論文が、Geriatrics and Gerontology International に採択されました。
“Hiroshige Matsumoto, Takashi Naruse, Mahiro Sakai, Satoko Nagata.
Who prefers to age in place? Cross-sectional survey of middle-aged people in Japan.”
2015/02 蔭山正子助教の論文が、日本看護科学会誌に採択されました。
“蔭山正子,横山恵子,小林清香,中村由嘉子.
精神障がいの家族ピア教育プログラムの質的評価―プログラム事後の自由記載の分析―.”
2015/02 蔭山正子助教の論文が、日本公衆衛生雑誌に採択されました。
“蔭山正子,大島巌,中村由嘉子,横山恵子,小林清香.
精神障がい者家族ピア教育プログラムの実施プロトコル遵守に関する尺度開発:フィデリティ尺度.”
2015/01 博士課程の阪井万裕さんの論文が、Japanese Journal of Health and Human Ecology(民族衛生) に採択されました。
“Mahiro Sakai, Hiroki Yanase, Atsuko Taguchi, Takashi Naruse, Satoko Nagata.
Community residents' confidence in spending their end-of-life at home and the related factors: a cross-sectional study.”
2014/08 蔭山正子助教が、第17回日本地域看護学会学術集会優秀ポスター賞を受賞しました。
“蔭山正子,横山恵子.
家族ピア教育プログラムにおいて進行役の家族が変化するプロセス.
第17回日本地域看護学会学術集会,岡山,2014.8.2”
2014/08 永田智子准教授の論文が、Home Health Care Management & Practice に採択されました。
“Satoko Nagata, Kaoru Ogawa, Atsuko Taguchi, Takashi Naruse, Sachiyo Murashima, Joan Kathy Magilvy.
Promoting the use of visiting nurse services for patients discharged from hospital: Evaluation of a Japanese municipality’s model project.”
2014/08 蔭山正子助教の論文が、日本公衆衛生看護学会誌に採択されました。
“蔭山正子,横山恵子,中村由嘉子,小林清香.
精神障がい者家族会の組織発展と家族ピア教育プログラム「家族による家族学習会」との関連.”
2014/08 博士課程の阪井万裕さんの論文が、International Journal of Palliative Nursing に掲載されました。
“Mahiro Sakai, Takashi Naruse, Satoko Nagata.
Work Engagement and Attitudes Toward Caring for Dying Patients and the Families Among Home Visiting Nurses.
International Journal of Palliative Nursing, 20(7):343-348, 2014.”
2014/07 永田智子准教授の論文が、Disastersに掲載されました。
“Satoko Nagata, Chie Teramoto, Reiko Okamoto, Keiko Koide, Masumi Nishida, Ruriko Suzuki, Michie Nomura, Toshiko Tada, Emiko Kishi, Yoko Sakai, Noriko Jojima, Emiko Kusano, Saori Iwamoto, Miki Saito, Sachiyo Murashima.
The tsunami's impact on mortality in a town severely damaged by the 2011Great East Japan Earthquake.
Disasters, 38(2):111-122, 2014.”
2014/07 修士課程修了生の堂本司さんの論文が、Clinical Nursing Studies オンラインに掲載されました。
“Tsukasa Domoto, Yukie Takemura, Satoko Nagata.
Effects of a Screening Tool and Conference on Nurses' Discharge-planning Ability in a Hospital without a Discharge Planning Department.
Clinical Nursing Studies, 2(3), 2014.”
2014/06 博士課程の阪井万裕さんの論文が、Clinical Nursing Studies に採択されました。
“Mahiro Sakai, Midori Mizui, Takashi Naruse, Satoko Nagata.
Attendance at end-of-life care seminars and related factors.”
2014/06 成瀬昂助教の論文が、日本公衆衛生雑誌に採択されました。
“成瀬昂,阪井万裕,永田智子.
Relational coordination 尺度日本語版の信頼性・妥当性の検討.”
2014/06 蔭山正子助教の論文が、日本公衆衛生雑誌に採択されました。
“蔭山正子,横山恵子,中村由嘉子,小林清香,仁科雄介,大嶋巌.
精神障がい者家族ピア教育プログラムの採用に関連する要因:「家族による家族学習会」の普及研究.”
2014/06 修士課程修了生の山居優子さんの論文が、日本難病看護学会誌に採択されました。
“山居優子,永田智子,小倉朗子,中山優季,村嶋幸代.
筋萎縮性側索硬化症患者の胃瘻造設術実施時期に影響する要因―情報提供のされ方と患者・家族の受け止めに焦点を当てて―.”
2014/05 蔭山正子助教の論文が、日本公衆衛生雑誌に掲載されました。
“蔭山正子,横山恵子,中村由嘉子,大嶋巌.
精神障がいの家族ピア教育プログラムの普及:「家族による家族学習会」のケーススタディ.
日本公衆衛生雑誌.61(5):221-232,2014”
2014/05 蔭山正子助教が、日本公衆衛生学会奨励賞を受賞しました。
「精神障がい者家族への支援技術とプログラム開発に関する実践研究.」
2014/04 卒論生の松本博成さんが、平成25年度健康総合科学科卒業論文研究奨励賞を受賞しました。
“松本博成(指導教員:永田智子・成瀬昂)
中年期成人の要介護状態を想定したときの転居意向とその関連要因.”
2014/03 蔭山正子助教の論文が、日本公衆衛生雑誌に採択されました。
“蔭山正子,横山恵子,中村由嘉子,大嶋巌.
精神障がいの家族ピア教育プログラムの普及:「家族による家族学習会」のケーススタディ.”
2014/03 博士課程の松永篤志さんの記事が、老年医学に掲載されました。
“松永篤志,永田智子
特集:超高齢社会のまちづくり・家づくり 臨床に役立つQ&A
5.まちづくりとして介護予防に取り組むにはどうしたらよいでしょうか
老年医学.52(1):85-87,2014”
2014/03 蔭山正子助教の記事が、家族看護に掲載されました。
“蔭山正子,横山恵子,小林清香,飯塚壽美
精神障がい者家族のリカバリーを支える家族ピア教育プログラム
家族看護.12(1):148-152,2014”
2014/02 GISを活用した健康支援実習(2年生)の発表が第2回公衆衛生看護学会学術集会優秀ポスター賞を受賞しました。
受賞ポスターはこちらPDF からご覧いただけます。
2014/02 博士課程の齋藤あやさんの記事が、保健師ジャーナルに掲載されました。
“齋藤あや
米国における地域看護職の予防接種の取り組み
保健師ジャーナル.70(2):99-104,2014”
2013/12 蔭山正子助教の論文が、日本地域看護学会誌に掲載されました。
“蔭山正子,田口敦子
精神障がいをもつ母親への保健師による育児支援技術―病状と育児のバランスを図る―
日本地域看護学会誌.16(2):47-54,2013”
2013/12 修士課程(保健士コース)修了生の坂田祥さんの論文が、日本公衆衛生雑誌に採択されました。
“坂田祥,成瀬昂,田口敦子,村嶋幸代
幼児をもつ母親の育児困難感と子どもの行動特性”
2013/10 博士課程修了生の戸村ひかりさんの論文が、日本看護科学会誌に掲載されました。
“戸村ひかり,永田智子,村嶋幸代,鈴木樹美
退院支援看護師の個別支援における職務行動遂行能力評価尺度の開発日本看護科学会誌. 33(3):3-13, 2013”
2013/08 修士課程修了生の石塚裕美子さんらの論文が、日本地域看護学会優秀論文賞を受賞しました。
“石塚裕美子,永田智子,戸村ひかり,村嶋幸代
内科病棟における循環器・呼吸器疾患を有する高齢患者の計画外再入院の分類と、再入院予防策の検討
日本地域看護学会誌.14(2):14-23, 2012”
2013/07 永田智子准教授の執筆記事が、Medical Practice 臨時増刊号に掲載されました。
“永田智子(分担執筆)
Medical Practice vol.30 最新 実地医家のための在宅医療実践ガイド 入門から最前線まで.東京:文光堂,2013
<各論1> Ⅰ.在宅医療を実践しながら身につけること
5.在宅における多職種連携―チームワークのとり方,共働のしかた―. 67-72”
2013/07 永田智子准教授の論文が、保健師ジャーナルに掲載されました。
“永田智子,成瀬昂,鈴木美穂,阪井万裕,柳瀬裕貴,小暮かおり
キーワードは「連続性」 Health Promoting Hospitalを基盤にしたタイ・コンケン地方の保健医療システム
保健師ジャーナル.69(8):620-625 及び 巻頭:577-579,2013”
2013/07 成瀬昂助教の論文が、The journal of nursing managementに採択されました。
“Takashi Naruse, Atsuko Taguchi, Yuki Kuwahara, Satoko Nagata, Mahiro Sakai, Izumi Watai, Sachiyo Murashima.
The effect of skill mix with non-nursing assistant on work engagement among home visiting nurses in Japan”
2013/06 訪問看護需給の推計webツールPDF 
(村嶋幸代.平成20-22年度「訪問看護需給に関する調査研究事業」より)を関連リンクに追加しました
2013/05 東北大学の田口敦子助教が当教室で実施した研究の論文が、Home Health Care Management & Practiceに採択されました。
“Atsuko Taguchi, Takashi Naruse, Yuki Kuwahara, Satoko Nagata, Sachiyo Murashima.
Home visiting nurse agencies for community dwelling elderly at nighttime in Japan.”
2013/04 マレーシア理科大学との学術意見交流会の様子が、東大Topics に紹介されました。
2013/04 東大地域看護学教室のfacebook ホームページを立ち上げました。
2013/03 成瀬昂助教の論文が、日本公衆衛生雑誌に採択されました。
“成瀬昂,田口敦子,永田智子,桑原雄樹,村嶋幸代.
居宅介護支援専門員によって同一日に訪問サービスを頻回に必要と判断される要介護者の発現率と対象像の明確化”
2013/03 博士課程の岩崎りほさんの論文が、小児保健研究に採択されました。
“岩崎りほ,有本梓,成瀬昂,村嶋幸代
首都圏で幼児を育てる母親の親以外の役割の捉え方-就業の有無別の検討-”
2013/03 修士課程の阪井万裕さんの論文が、International Journal of Palliative Nursing に採択されました。
“Mahiro Sakai, Takashi Naruse, Satoko Nagata.
Home Visiting Nurses’ Attitudes Toward Caring for Dying Patients and
the Related Workplace Factors.”
2013/03 博士課程の桑原雄樹さんの論文が、Health Care Management Science  に採択されました。
“Yuki Kuwahara, Satoko Nagata, Atsuko Taguchi, Takashi Naruse, Hiroyuki Kawaguchi, Sachiyo Murashima.
Measuring the Efficiencies of Visiting Nurse Service Agencies Using Data Envelopment Analysis.”
2013/03 修士課程修了生の齋藤あやさんの論文が、Preventive Medicine に採択されました。
“Aya Saitoh, Satoko Nagata, Akihiko Saitoh, Yuki Tsukahara, Florin
Vaida, Tomoyoshi Sonobe, Hajime Kamiya, Takashi Naruse, Sachiyo
Murashima.
Perinatal Immunization Education Improves Immunization Rates and
Knowledge: A randomized controlled trial.”
2013/01 永田智子准教授の論文が、Japan Journal of Nursing Science に採択されました。
“Satoko Nagata, Atsuko Taguchi, Takashi Naruse, Yuki Kuwahara,
Sachiyo Murashima.
Unmet needs for visiting nurse services among older people after hospital
discharge and related factors in Japan: cross-sectional survey.”
2012/12 永田智子准教授の論文が、日本在宅ケア学会誌に採択されました。
“永田智子,桑原雄樹,田口敦子,成瀬昂,村嶋幸代
利用者の状態像別にみた訪問看護業務の内容と時間―間接業務に焦点を当てて”
2012/10 成瀬昂助教の論文が、Japan journal of nursing scienceに採択されました。
“Takashi Naruse, Mahiro Sakai, Izumi Watai, Atsuko Taguchi, Yuki Kuwahara, Satoko Nagata, Sachiyo Murashima.
  Individual and organizational factors related to work engagement among home visiting nurses in Japan.”
2012/09 村嶋幸代名誉教授の論文が、厚生の指標に採択されました。
“村嶋幸代,田口敦子,永田智子,成瀬昂,桑原雄樹,福田敬,山田雅子,田上豊
訪問看護ステーションにおける夜間・早朝サービス提供体制の変化―2003年と2009年の全国調査から―.”
2012/09 博士課程の桑原雄樹さんの論文が、日本医療・病院管理学会誌に採択されました。
“桑原雄樹,永田智子,田口敦子,成瀬昂,八巻心太郎,田上豊,村嶋幸代
「直接・間接業務時間比」からみた訪問看護ステーション利用者の特徴.”
2012/09 博士課程の島村珠枝さんの論文が、Public Health Nursingに採択されました。
“Tamae Shimamura, Atsuko Taguchi, Sayuri Kobayashi, Satoko Nagata, Joan Kathy Magilvy, Sachiyo Murashima.
The Strategies of Japanese Public Health Nurses in Medication Support for High-Risk Tuberculosis Patients.”
2012/08 修士課程(保健師コース)修了生の大橋由基さんの論文が、日本地域看護学会誌に採択されました。
“大橋由基,渡井いずみ,村嶋幸代
壮年期国保被保険者における特定健診未受診者の受診意思―家庭訪問・個別面接を通して―.”
2012/08 成瀬昂助教の論文が、The Home Health Care Management & Practiceに採択されました。
“Takashi Naruse, Atsuko Taguchi, Yuki Kuwahara, Satoko Nagata, Sachiyo Murashima.
Effects of non-nursing assistance on home visit nurses' time spent in Japan: one group repeated pretest-posttest trial.”
2012/08 永田智子講師の論文が、BMC Health Services Researchに採択されました。
“Nagata S, Tomura H, Murashima S.
Expansion of discharge planning system in Japan: Comparison of results of a nationwide survey between 2001 and 2010.”
2012/07 修士課程の阪井万裕さんの論文が、日本看護科学学会誌に採択されました。
“阪井万裕,成瀬昂,渡井いずみ,有本梓,村嶋幸代.
看護師のワーク・エンゲージメントに関する文献レビュー. ”
2012/07 修士課程(保健師コース)修了生の加藤由希子さんの論文が、日本公衆衛生学会誌に掲載されました。
“加藤由希子,有本梓,島村珠枝,村嶋幸代
自覚症状のある肺結核患者の受診の遅れとその特徴.
日本公衆衛生学会誌. 59(4):251-258, 2012”
2012/04 修士課程(保健師コース)修了生の川本晃子さんの論文が、日本地域看護学会誌に採択されました。
“川本晃子,田口敦子,桑原雄樹,松永篤志,岩﨑りほ,村嶋幸代
地域包括支援センター保健師が地域住民と協力して行った個別支援の内容,日本地域看護学会誌. ”
2012/04 修士課程(保健師コース)修了生の関根綾希子さんの論文が、日本地域看護学会誌に採択されました。
“関根綾希子,村山洋史,田口敦子,有本梓,村嶋幸代
農山村地域に居住する中年期男性の食生活の実態―婚姻状況、世帯構成、食事支度者に焦点をあてて―,日本地域看護学会誌. ”
2012/04 永田智子講師が2012年日本公衆衛生学会奨励賞を受賞しました。
2012/04 田口敦子助教の論文が厚生の指標に掲載されました。
“田口敦子,永田智子,成瀬昂,桑原雄樹,福田敬,山田雅子,吉池由美子,八巻心太郎,中尾杏子,田上豊,村嶋幸代.
訪問看護の潜在ニーズを含めたニーズの推計.
厚生の指標,59(4), 16-22, 2012”
2012/03 有本梓助教の論文が日本地域看護学会誌に掲載されました。
“有本梓,横山由美,西垣佳織,臺有桂,馬場千恵,新井志穂,村嶋幸代.
訪問看護師が在宅重症心身障害児の母親を支援する際に重要と考えている点.
日本地域看護学会誌,14(2), 43-52, 2012.”
2012/03 修士課程(看護師コース)修了生の石塚裕美子さんの論文が、日本地域看護学会誌に掲載されました。
“石塚裕美子,永田智子,戸村ひかり,村嶋幸代.
内科病棟における循環器・呼吸器疾患を有する高齢患者の計画外再入院の分類と、再入院予防策の検討.
日本地域看護学会誌,14(2), 14-23, 2012.”
2012/03 修士課程(看護師コース)修了生の廣田真由美さんの論文が、日本地域看護学会誌に掲載されました。
“廣田真由美,永田智子,戸村ひかり,村嶋幸代.
重症児の在宅支援に向けた課題.
日本地域看護学会誌,14(2), 32-42, 2012.”
2012/03 修士課程(看護師コース)修了生の草刈由美子さんの論文が、日本地域看護学会誌に掲載されました。
“草刈由美子,成瀬昂,尾形玲美,堀越直子,村嶋幸代.
在宅介護をする息子介護者の栄養素等摂取状況―食塩,食物繊維,アルコールに焦点をあてて―.
日本地域看護学会誌,14(2), 82-91, 2012.”
2012/01 博士課程の成瀬昂さんの論文がBio Science Trendsに採択されました。
“Takashi Naruse, Satoko Nagata, Atsuko Taguchi, Yuki Kuwahara, Sachiyo Murashima.
Characteristics of family caregivers with sleep dissatisfaction in Japan: identification using CHAID dendrograms.”
2012/01 博士課程の成瀬昂さんの論文が看護科学研究に採択されました。
“Takashi Naruse, Atsuko Taguchi, Satoko Nagata, Yuki Kuwahara, Sachiyo Murashima.
Prevalence of home visiting nurse service clients who received insufficient number of nurse visits in the Japanese long-term care insurance.”
2011/11 博士課程の成瀬昂さんの論文がJapan Journal of Nursing Scienceに採択されました。
“Takashi Naruse, Atsuko Taguchi, Yuki Kuwahara, Satoko Nagata, Izumi Watai, Sachiyo Murashima.
Relationship between Perceived Time Pressure during Visits and Burnout among Home Visiting Nurses in Japan.”
2011/08 修士課程(看護師コース)修了生の山居優子さんが第16回日本難病看護学会学術集会で優秀演題賞を受賞しました。
「筋萎縮性側索硬化症患者の胃瘻造設術実施時期に影響する要因-情報提供のされ方に焦点をあてて-」
2011/08 修士課程(保健師コース)修了生の山名由希子さんが公益財団法人結核予防会より結核奨励賞を受賞しました。
「Y市A区における結核の現状と対策-結核患者の就業状況と早期発見に焦点をあてて-」
2011/08 博士課程の成瀬昂さんの論文がInternational journal of urologyに採択されました。
“Takashi Naruse, Satoko Nagata, Yukio Homma Y.
Prevalence of persons receiving elimination assitance among Japanese community-dwelling elders.”
2011/07 永田智子講師の論文が日本地域看護学会誌に採択されました。
“永田智子,田口敦子,戸村ひかり,廣田真由美,石塚裕美子,山居優子,草刈由美子 ,村嶋幸代
全国の訪問看護ステーションにおける病院との連携に関する調査―患者の円滑な退院に向けた取り組みに焦点を当てて―. ”
2011/07 修士課程(保健師コース)の尾形玲美さんの論文が日本地域看護学会誌に採択されました。
“尾形玲美,有本梓,村嶋幸代.
児童虐待ハイリスク事例に対する個別支援時の行政保健師による保育所保育士との連携内容. 日本地域看護学会誌”
2011/07 有本梓助教の論文がNurse Education Todayに採択されました。
“Azusa Arimoto, Misuzu F. Gregg, Satoko Nagata, Yuko Miki, Sachiyo Murashima.
Evaluation of doctoral nursing programs in Japan by faculty members and their educational and research activities.”
2011/07 永田智子講師の論文がNurse Education Todayに採択されました。
“Satoko Nagata, Misuzu F. Gregg, Yuko Miki, Azusa Arimoto, Sachiyo Murashima, Mi Ja Kim.
Evaluation of doctoral nursing education in Japan by students, graduates,
and faculty:A comparative study based on a cross-sectional questionnaire survey.”
2011/07 田口敦子助教の論文がJournal of Health and Human Ecologyに採択されました。
“Atsuko Taguchi, Hiroshi Murayama, Shuhei Ryu,Satoko Nagata, Sachiyo Murashima.
Characterizing active acquirers and communicators of health information
for health promotion intervention in the community.”
2010/09 博士課程の成瀬昂さんの論文がPublic Health Nursingに採択されました。
“Takashi Naruse, Satoko Nagata, Atsuko Taguchi, Sachiyo Murashima. Classification Tree Model Identifies Home-based Service Needs ofJapanese Long-term Care Insurance Consumers. Public Health Nursing”
2010/09 永田智子講師の論文が日本公衆衛生雑誌に採択されました。
“永田智子,田口敦子,成瀬昂,桒原雄樹,村嶋幸代.
介護支援専門員の判断に基づく訪問看護必要者の特徴および必要者における訪問看護利用の実態と利用者・非利用者の比較.”
2010/08 博士課程の戸村ひかりさんの論文がJournal of Clinical Nursingに採択されました。
“Hikari Tomura, Noriko Yamamoto-Mitani, Satoko Nagata, Sachiyo Murashima, Shigemi Suzuki.
Creating an Agreed Discharge: Discharge Planning for Clients with High Care Needs.”
2010/08 当研究室より厚生労働省老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業)に申請を行った案件の採択が決まりました。
採択された案件の概要は、PDFファイルをご参照ください。
2010/06 博士課程の島村珠枝さんの論文が日本看護科学会誌に掲載されました。
“島村珠枝,田口敦子,小林小百合,永田智子,櫛原良枝,永田容子,小林典子,村嶋幸代.
多剤耐性結核入院患者の病気の受け止めと入院生活で感じていること.
日本看護科学会誌,30(2):3-12,2010”
2010/06 博士課程の桒原雄樹さんの論文が日本日本医療・病院管理学会誌に掲載されました。
“桒原雄樹,永田智子,田口敦子,村嶋幸代.
訪問看護ステーションが利用者の退院前に行う業務の実態.
日本医療・病院管理学会誌,47(2):93-101,2010”
2010/03 保健師コース第3期生3名、看護師コース第3期生2名、修士課程2名が
修士論文を提出、修了しました。
2009/10 博士課程の戸村ひかりさんの論文が日本地域看護学会誌に掲載されました。
“戸村ひかり,永田智子,村嶋幸代.
一般病棟から自宅退院する要介護高齢患者への退院支援に必要な要素の分析―追跡調査による評価から―.
日本地域看護学会誌,12(1):50‐58,2009”
2009/10 第68回日本公衆衛生学会にて8名発表しました。
2009/08 第12回日本地域看護学会にて2名発表しました。
2009/06 博士課程の成瀬昂さんの論文が日本公衆衛生雑誌に掲載されました。
“成瀬昂,有本梓,渡井いずみ,村嶋幸代.
父親の育児支援行動に関連する要因の分析.
日本公衆衛生雑誌, 56(6):402-410, 2009”
2009/03 博士課程2名が博士論文を提出、修了しました。
2009/03 保健師コース第2期生2名、修士課程4名が修士論文を提出、修了しました。
2008/12 博士課程の武内奈緒子さんの論文が日本看護科学学会誌に掲載されました。
“武内奈緒子, 村嶋幸代.
血液透析患者の特性・信念およびセルフケアとの関連.
日本看護科学学会誌, 28(4):37-45, 2008”
2008/12 有本梓助教の論文がJapan Journal of Nursing Scienceに掲載されました。
“Azusa Arimoto, Sachiyo Murashima.
Utilization of parenting groups and consultation services as parenting support services by Japanese mothers of 18 month old children.
Japan Journal of Nursing Science, 5(2):73-82, 2008”
2008/08 博士課程の村山洋史さんの記事がMonthly保健センター2008年8月号に掲載されました。PDF
2008/07 博士課程の村山洋史さんの論文がPublic Health Nursingに掲載されました。
“Hiroshi Murayama, Atsuko Taguchi, Sachiyo Murashima.
Differences in psychosocial factors among novice, experienced, and veteran health promotion volunteers in Japan.
Public Health Nursing. 25(3):253-60, 2008”
2008/06 博士課程の小林小百合さんの論文がJapan Journal of Nursing Scienceに掲載されました。
“Sayuri Kobayashi, Noriko Yamamoto-Mitani, Satoko Nagata, Sachiyo Murashima.
End-of-life care for older adults with dementia living in group homes in Japan.
Japan Journal of Nursing Science, 5(1):31-40, 2008”
2008/05 修士課程の島村珠枝さんが結核研究奨励賞を受賞しました。
2008/03 看護師コース・保健師コース第1期生各々1名が修士論文を提出、修了しました。
2008/03 修士課程4名が修士論文を提出、修了しました。
2007/12 第27回日本看護科学学会学術集会にて3名発表しました。