研究・教育活動

高齢者保健活動

地域に暮らす人々が、できるだけ健やかに、自分らしい生活を最後まで送り続けるために、特に高齢者を対象としたいくつかの研究に取り組んでいる。

具体的には、介護予防体操の開発や、閉じこもり・閉じこもり予備群への介入方法の開発等を行う「介護予防」研究、地域在住要介護高齢者のサービスニーズの特定や、高齢者・家族に対するサービス提供効果の評価を行う「要介護者・家族の自立支援」研究、終末期の療養場所に関する現状調査やニーズに応じた介入方法の開発等を行う「終末期療養への支援」がある。