教室紹介

高度な地域看護学教育

学部においては、地域看護学・在宅看護論の講義および在宅看護学実習を担当しています。


また、修士課程・博士課程では、地域看護学の特論・演習・実習を行っています。課程を通じて、対象領域と研究方法論のそれぞれについて、一人ひとりが得意分野を持てることを目指しています。修了生は、大学教員として全国各地の大学へ、研究者として研究所・シンクタンクへ、保健師として行政機関や企業へ就職して活躍しています。

修士課程では、研究者養成と併走して、保健師教育課程を展開しており、修了すると保健師国家試験の受験資格を得ることができます。実践的研究、GISや参与観察を踏まえた地域診断の演習を行い、保健師の立場で研究技術を活用できることを目指しています。


詳しい募集要項は、大学院医学系研究科のホームページをご覧下さい。