進路選択のためのシンポジウム

             講師一覧

進学情報センターのホームページに戻る


以下のシンポジウムのビデオは、進学情報センターで閲覧できます。


平成2年度

 「生命科学へのアプローチ」

   教養学部  生物学教室 毛利秀雄
   医学部   医学科       黒川 清
   工学部   精密機械工学科  土肥健純
   理学部   物理学科  堀田凱樹
   農学部   農芸化学科  太田隆久
   教養学部   基礎科学科第一  楠見明弘
   教育学部   体育学健康教育学科 東郷正美
薬学部 製薬化学科 荒田洋治
  司会  教養学部   基礎科学科第一 川喜田正夫
教養学部 那須崇夫


平成3年

 「コンピュータサイエンス」

   医学部   音声言語医学研 桐谷 滋
   工学部   計数工学科 和田英一
    文学部  心理学研 中谷和夫
   理学部   情報科学科 小柳義夫
    農学部   農業生物学科 上村賢治
   経済学部   梅沢豊
    教養学部  基礎科学科第二 永野三郎
    教育学部  学校教育学科 佐伯 胖
   薬学部  製薬化学科 清水 博
  司会   教養学部  基礎科学科第二 川合 慧
教養学部 那須崇夫

 「物質科学へのアプローチ」

   理学部  物理学科 壽栄松宏仁
    教養学部  基礎科学科第一 鹿児島誠一
    薬学部  薬学科 首藤紘一
    農学部  林産学科 岡野 健
    工学部  合成化学科 橋本和仁
  司会   教養学部  物理学教室 兵頭俊夫

 「学際研究とは何か」

    経済学部   岩井克人
    法学部   鴨 武彦
    農学部  農業経済学科 荏開津典生
   教育学部  教育学科 堀尾輝久
   文学部  東洋史学研 桜井由躬雄
    教養学部  教養学科第二 青柳晃一
  司会  教養学部  教養学部第三 山影 進


平成4年度

 「物質科学へのアプローチ:光と物質」

    工学部  物理工学科     菊田惺志
    理学部  物理学科 長澤信方
    農学部  農芸化学科 室伏 旭   
    教養学部  基礎科学科第一 土屋荘次
    薬学部  薬品物理分析学教室 佐藤能雅
  司会  教養学部  基礎科学第一 桜井捷海

 「生命科学へのアプローチ:ミクロからマクロまで」

    医学部   健康科学看護学科 日暮 眞  
    工学部   工業化学科 渡辺公綱
    理学部   動物学科 石川 統
    農学部   農芸化学科 小野寺一清
   教養学部   化学教室      林 利彦
    教育学部   体育学健康教育学科 武藤芳照
    薬学部   微生物薬品化学教室 名取俊二
   司会  教養学部   生物学教室 嶋田正和
教養学部   生物学教室 小関良宏

  「比較研究をめぐって」

    法学部   北村一郎
    文学部  宗教学宗教史学研 島薗 進
    農学部  農業経済学科 若代直哉
   経済学部   馬場 哲
    教養学部   教養学科第二 川本皓嗣
    教育学部  教育学科 苅谷剛彦
   司会  教養学部  歴史学教室 義江彰夫


平成5年度

「コンピュータサイエンス−情報処理とその周辺−」

医学部 附属病院中央医療情報部 開原成允
工学部 機械情報工学科 井上博允
理学部 情報科学科       平木 敬
農学部 農業工学科 高倉 直
経済学部 電算機と情報処理 梅沢 豊
教養学部 情報・図形科学教室 山口和紀
教育学部 教育心理学科 渡部 洋
薬学部 医薬分子設計学教室   板井昭子
司会 教養学部 情報・図形科学教室 川合 慧

「物質科学の新展開」

工学部 工業化学科 北澤宏一
理学部 物理学科 十倉好紀
農学部 林産学科 水町 浩
教養学部 化学教室 原田義也
薬学部 製薬化学科       柴崎正勝
司会 教養学部  化学教室        岩本振武

「廿一世紀に何がわれわれをささえるか?−地球、国家、こころ−」

法学部 国際私法 石黒一憲
文学部 倫理学研究室 関根清三
農学部 林学科 鈴木和夫
経済学部 国際経済 竹野内真樹
教養学部 教養学科第三(社会学) 山本 泰
教育学部 教育学科 汐見稔幸
司会 教養学部  教養学科第二      保坂一夫


平成6年度

  「生命科学の新展開:分子から地球環境まで」

    医学部 生化学第二       岡山博人
    理学部 生物学科 植物学    黒岩常祥
    農学部 農芸化学科       荒井綜一
    教育学部  体育学健康教育学科   山本義春
    薬学部 薬学科         井上圭三
    工学部  化学生命工学科     長棟輝行   
    教養学部 基礎科学科第一     庄野邦彦
  司会  教養学部 生物学教室      大森正之

  「数理科学へのいざない」  

    理学部   物理学科      塚田 捷
    農学部   農業工学科     中村良太
    工学部   計数工学科     合原一幸
    教養学部   基礎科学科第一   鹿児島誠一  
    数理科学研究科           三村昌泰
司会  数理科学研究科           岡本和夫

  「『学問の未来』 −近代的知性の再検討−」

法学部 塩川伸明
文学部 哲学研究室  高山 守
農学部 農業経済学科 生源寺眞一
教育学部 教育行政学科 佐藤一子
経済学部 岩井克人
教養学部 高橋哲哉
司会 教養学部 心理学教室 長谷川寿一


平成7年度

「物質科学へのアプローチ:モノづくりの科学」

医学部 医用電子研究施設    井街 宏
工学部 金属工学科 吉田豊信
理学部 化学科 小間 篤
農学部 発酵学 堀之内末治
教養学部 基礎科学科第一 深津 晋
薬学部 薬化学教室 首藤紘一
司会 教養学部             菅原 正

「生命科学への招待:分子から細胞、個体へ」

医学部 医学科 生化学第二講座 熊田 衛
工学部 精密機械工学 松本博志
理学部 生物化学 坂野 仁
農学部 放射線遺伝学 平井篤志
教養学部 基礎科学科第一     深田吉孝
薬学部 生理化学教室 堅田利明
司会 教養学部             池内昌彦

「学際テーマとしての「環境」」

法学部 城山英明
医学部 健康科学看護学科 大塚柳太郎
               人類生態学教室
工学部 建築学科 安岡正人
文学部 考古学研究室      藤本 強
農学部 林政学 永田 信
経済学部 石見 徹
教養学部 教養学科第一 義江彰夫
教育学部 比較教育社会学 箕浦康子
司会 教養学部 下條信輔


平成8年度

物質科学への招待−「超」の世界−

工学部 産業機械工学科 畑村洋太郎
理学部 物理学科 小林俊一
農学部 生物機能開発化学研究室 阿部啓子
教養学部 相関基礎科学系(化学) 濱口宏夫
薬学部 薬品物理分析学教室 佐藤能雅
司会   教養学部 小島憲道

ネットワークとコンピュータサイエンス

医学部 大江和彦
工学部 精密機械工学科 木村文彦
文学部 フランス文学研究室 田村 毅
理学部 情報科学科 萩谷昌巳
農学部 森林生態社会学研究室 斉藤 馨
教養学部 国際社会科学専攻(統計)廣松 毅
教育学部 体育科学身体教育学 山本義春
薬学部 製剤学教室 杉山雄一
司会 教養学部 川合 慧

宗教と社会

法学部 日比野勤
文学部 宗教学宗教史学 池澤 優
経済学部 原  朗
教養学部 地域文化研究専攻 大貫 隆
教育学部 教育学 吉澤 昇
司会 教養学部 船曳建夫


平成9年度

「かたちの科学」       司会 教養学部 阿波賀邦夫

4月21日(月)
教育学部 身体教育学 平野裕一
教養学部 広域科学専攻(相関基礎)佐々真一
工学部 化学システム工学 平野敏右
理学部 地質学 鳥海光弘
薬学部 薬品合成化学 柴崎正勝

4月22日(火)
文学部 考古学 今村啓爾
経済学部 竹村彰通
医学部 附属病院歯科口腔外科 西原克成
農学部 生物生産工学研究センター  田之倉優
教養学部 広域科学専攻(生命環境)浅島 誠

「ブレインサイエンスが面白い」  司会 教養学部 松田良一

 4月21日(月)
       農学部 獣医生理学 高橋迪雄
工学部 機械情報工学 吉澤修治
医学部 脳研究施設生化学 芳賀達也
教養学部 広域科学専攻(相関基礎)金子邦彦
文学部 心理学         佐藤隆夫

4月22日(火)
教養学部 広域化学専攻(生命環境)河内十郎
法学部 佐伯仁志
教育学部 学校教育学 佐々木正人
理学部 物理学専攻 堀田凱樹
薬学部 機能病態学教室臨床薬学 岩坪 威


平成10年度

「いま環境問題を考える」

会場1 司会 教養学部 阿波賀邦夫

法学部 横田洋三
工学部 精密機械工学 板尾 清
文学部 社会学 似田貝香門
理学部 地理学 松本 淳
農学部 応用生物学野生動物学 樋口廣芳
経済学部 国際経済 石見 徹
教育学部 附属高等学校・中学校 山岡寛人

会場2 司会 教養学部 松田良一

医学部  国際生物医科学人類遺伝学 徳永勝士  
工学部 化学システム工学 柳沢幸雄
工学部 社会基盤工学 磯部雅彦
理学部 生物化学 近藤矩朗
農学部 生物環境工学  佐藤洋平
       客員助教授 Meinhard Breling
農学部 応用生命化学  松本 聡
教養学部 広域科学専攻(広域システム) 高橋正征
薬学部 生体分析化学 本間浩助


平成11年度

「21世紀を担う君たちへ」

6月2日(火)

薬学部 東京都臨床医学総合研究所 宇井理生
文学部 社会学 上野千鶴子
教養学部 前先端科学技術研究センター 立花 隆

6月3日(水)

教育学部 学校臨床総合教育研究センター 佐藤 学
理学部 情報科学 平木 敬
工学部 応用化学 平尾公彦
教養学部 元国連事務次長 明石 康

6月4日(木)

経済学部 日銀政策審議委員 植田和男
法学部              菅野和夫
医学部 附属病院耳鼻咽喉科 加我君孝
農学部 応用生命工学専攻 五十嵐泰夫


平成12年度

「人間と生命倫理」、「社会の変容と大学」

4月26日(水)「人間と生命倫理」
医学部:甲斐一郎教授(健康学習・教育学)、 工学部:石川正俊教授(計数工学)
文学部:竹内整一教授(倫理学)、 理学部:塩川光一郎教授(分子発生学)
農学部:林良博教授(獣医解剖学)、  教養学部:浅島誠教授(生命環境科学)
教育学部:武藤芳照教授(身体教育学)、薬学部:武藤誠教授(遺伝学)
4月27日(木)「社会の変容と大学」
法学部:江頭憲治郎教授(企業法)、 工学部:小宮山宏教授(化学システム工学)
農学部:生源寺眞一教授(食料・資源経済学)、経済学部:堀内昭義教授(金融論)
教養学部:丹羽清教授(広域システム科学)、教育学部:金子元久教授(比較教育社会学)

平成13年度

「ITは学問環境をどう変えたか」

 
開催日時:平成13年4月25日(水)、26日(木)16時30分〜19時30分
会  場:教養学部視聴覚ホール(図書館4階)
 
 無限の可能性を秘めるとともに、危険をもはらみつつ発展するIT社会の中で、学問研究がどのように振る舞ってきたか、また、これからどのように変貌しようとするのか。各学部から推薦された先生方にそれぞれの専門の立場から話していただきます。
 大学での勉学方針に関してのヒント、あるいは後期課程へ進学する際のアドバイスなども聞けると思います。先生方との質疑応答の時間も予定しています。ぜひ参加してください。講師の先生方の所属、氏名(専門分野)、演題は以下の通りです。
 
4月25日
理学部 平木 敬 教授(情報科学)
 「コンピュータ・サイエンスのためのIT−紺屋の白袴からの脱却−」
法学部 Daniel H.Foote 教授(法社会学)
 「実例で見た法学教育におけるIT」
薬学部 佐藤 能雅 教授(生体分子機能学)
 「X線解析によるタンパク質の構造生物学研究」 
教育学部 佐々木 正人 教授(学校教育開発学)
 「生態学的情報について」
医学部 大江 和彦 教授(法医学・医療情報経済学)
 「IT時代の医学トレーニング−仮想患者と現実患者−」
 
4月26日
工学部 廣瀬 通孝 教授(機械情報工学)
 「ビジュアライゼーションとシミュレーション」
経済学部 新宅 純二郎 助教授(経営学) 
 「経済活動とIT」
農学部 後藤 英司 助教授(生物環境情報工学)
「農学研究における情報活用」
文学部 小島 毅 助教授(中国思想文化学)
 「電脳化の文明史的意義」 
教養学部 金子 邦彦 教授(複雑系解析学)
 「情報ではわからない生命の原理を求めて−IT時代にさからって−」

平成14年度

「わたしが学問に目覚めた時」

法学部 蒲島 郁夫 教授(現代政治分析学)
「私が学問に目覚めた時」
医学部 廣川 信隆 教授(分子細胞生物学)
「Scienceとの出会いそして21世紀日本のScienceについて」
文学部 高山 博 助教授(西洋中世史)
「研究者と国際水準−西洋史学の場合−」
理学部 牧島 一夫 教授(電磁流体物理学)
「宇宙を見たい!」
経済学部 神野 直彦 教授(財政学)
「学問への目覚めと執着」
農学部 北原 武 教授(応用生命化学)
「人生は偶然と出会い:我が学問(有機合成化学)の恩師達」
教養学部 野矢 茂樹 助教授(哲学)
「人生の分かれ道」
薬学部 関水 和久 教授(細胞生化学)
「私自身の経験から」
教育学部 恒吉 僚子 助教授(比較教育社会学)
「教育現場への視点」
工学部 十倉 好紀 教授(物理工学)
「私が学問に目覚めた時−お勉強の辛さと研究の楽しさ−」

平成15年度

「私は大学で何を学んだか」

法学部 大串 和雄 教授(比較政治学)
「私が法学部で学んだこと」
医学部 野本 明男 教授(微生物学)
「現在の自分が何故存在しているか」
工学部 北森 武彦 教授(応用化学) 
「“創る”を学ぶ−集積化マイクロ化学システムを創る−」
文学部 柴田 元幸 助教授(英語英米文学) 
「文学部で学んだこと」
理学部 塩谷 光彦 教授(分析化学) 
「思いがけないめぐりあい」
農学部 古田 公人 教授(森林生命環境科学) 
「大学で学んだこと、学ばなかったこと」
経済学部 谷本 雅之 助教授(日本経済史) 
「神は細部に宿る」
教養学部 小林 康夫 教授(表象文化論) 
「私のコペルニクス的転回」
教育学部 金森 修 教授(科学論) 
「私が大学時代に学んだこと」
薬学部 入村 達郎 教授(細胞生化学) 
「学ぶことのはじまり」
情報理工学系研究科・工学部 舘 ワ 教授(システム情報学) 
「自ら学び考えることの大切さと一期一会の心」

平成16年度

「私はどのようにして専門分野を決めたか」

法学部 森田 朗 教授(行政学)
 「世界を変える!−社会科学の理論と“公共政策”−」
医学部 清水 孝雄 教授(細胞情報学)
 「研究と臨床」
工学部 笠木 伸英 教授(機械工学)
 「機械工学、そして乱流との出会い」
文学部 渡辺 裕 教授(美学芸術学)
 「音楽好き、音楽研究者に変ずるの弁」
理学部 村尾 美緒 助教授(量子情報理論)
 「サイエンティストというキャリア」
農学部 井上 真 助教授(林政学)
 「塞翁が馬」
経済学部 松井 彰彦 教授(経済理論)
 「天から地へ、モノからヒトへ」
教養学部 金子 邦彦 教授(複雑系解析学)
 「学問分野が決められていることへの違和感について」
教育学部 土方 苑子 教授(教育学)
 「研究で人生を考える」
薬学部 福山 透 教授(天然物合成化学)
 「人との出会いの大切さ」

平成17年度

「私はどのような大学時代を送ったか」

法学部 藤原 帰一 教授 (政治学)
 「政治と文学の間」
医学部 井原 康夫 教授 (神経病理学)
 「大学紛争の頃」
工学部 新井 民夫 教授 (知能システム学)
 「ヒッチハイカーが大学に残るまで」
文学部 塚本 昌則 助教授 (フランス文学)
 「自分の場を求めて」
理学部 田仲 加代子 講師 (生物化学)
 「スタイルは決めずに」
農学部 松本 雄二 助教授 (木材化学)
 「学問の実感を求めて」
経済学部 粕谷 誠 教授 (経営学)
 「自分なりの個性と進路」
教養学部 長谷川 壽一 教授 (認知行動科学)
 「自分探しの旅−終着駅はサルだった−」
教育学部 南風原 朝和 教授 (教育心理学)
 「心理学に惹かれて統計学に出会う」
薬学部 新井 洋由 教授 (機能薬学)
 「私は大学院から勉強を始めた

平成18年度

「私はどのようにして専門分野を決めたか」

法学部 藤原 帰一 教授 (政治学)
 「政治嫌い」
工学部 丸山 茂夫 教授 (機械工学)
 「機械からナノテクへ」
文学部 鈴木 淳 助教授 (日本史)
 「日本史への道、日本史からの道」
理学部 山内 薫 教授 (量子化学)
 「分子は光輝く」
農学部 吉田 薫 助教授 (植物育種学)
 「遺伝子から応用研究へ」
経済学部 松井 彰彦 教授 (経済理論)
 「不健全な利他心、健全な利己心」
教養学部 三浦 篤 教授 (西洋美術史)
 「出会いと資質」
教育学部 今井 康雄 助教授 (教育学)
 「教職をあきらめて」
薬学部 長野 哲雄 教授 (薬品代謝化学)
 「学問と人との出会い」
医学部 名川 弘一 教授 (腫瘍外科学)
 「未知−不安と探求−」


平成19年度

「私はどのようにして専門分野を決めたか」

法学部 小西 敦 教授 (公共政策学)
 「“公”を考える」
医学部 宮川 清 教授 (腫瘍学)
 「医学とその周辺−多様な可能性」
工学部 保立 和夫 教授 (電子工学)
 「フォトニクスでセンシング」
文学部 塚本 昌則 准教授 (フランス文学)
 「文学は没落するか」
理学部 福田 裕穂 教授 (生体制御学)
 「ヒトはそんなに偉いのか−生命科学への道」
農学部 西澤 直子 教授 (新機能植物開発学)
 「世のため人のためを志して」
経済学部 松井 彰彦 教授 (経済理論)
 「モノからヒトへ」
教養学部 酒井 邦嘉 准教授 (認知脳科学)
 「物理から脳、そして言語へ」
教育学部 中釜 洋子 准教授 (臨床心理学)
 「アイデンティティ探求を職業とする」
薬学部 一條 秀憲 教授 (細胞情報学)
 「歯科医に転身を決意させた“分子生物学”のダイナミズム」

平成20年度

「私はどのようにして専門分野を決めたか」

4月24日

法学部 原田 央 准教授 (国際私法)
 「国際社会における日本の“法”と“法学”」
医学部 岡部 繁男 教授 (解剖学・細胞生物学)
 「かたちを学ぶ」
工学部 片岡 一則 教授 (バイオマテリアル工学)
 「バイオマテリアルにかけた夢」
文学部 吉澤 誠一郎 准教授 (中国史学)
 「歴史のなかの現代-現代のなかの歴史」
薬学部 佐藤 能雅 教授 (蛋白質構造生物学)
 「X線解析でタンパク質を観る」

4月25日

理学部 田近 英一 准教授 (地球惑星システム科学)
 「地球を“惑星”として理解する」
農学部 経塚 淳子 准教授 (植物形態形成学)
 「生きものの力を活用したい」
経済学部 松井 彰彦 教授 (経済理論)
 「天から地へ モノからヒトへ」
教養学部 黒田 玲子 教授 (生物物理化学)
 「右から左の不思議に魅せられて-物理化学から、分子生物学、発生・細胞生物学まで」
教育学部 本田 由紀 准教授 (教育社会学)
 「憤りをバネに」


平成21年度

「私はどのようにして専門分野を決めたか」

4月27日

法学部 加毛 明 准教授 (民法)
 「日本で法学を学ぶことの難しさと面白さ」

医学部 真田 弘美 教授 (老年看護学/創傷看護学)
 「年をとるのも悪くないと思える社会を」

工学部 染谷 隆夫 准教授 (物理工学)
 「プリンタで回路を作る」

文学部 野崎 歓 准教授 (フランス文学)
 「文学は学べるのか」

理学部 岡村 定矩 教授 (天文学)
 「馬頭星雲と玄界灘の夕日」

4月28日

農学部 大久保 範聡 准教授 (水圏生物科学)
 「サカナのことをもっと知りたい」

経済学部 大橋 弘 准教授 (企業経済学)
 「経済学は実学か」

教養学部 小宮山 進 教授 (個体物性)
 「三つ子の魂百まで」

教育学部 勝野 正章 准教授 (教育行政学/学校経営学)
 「学校と教師への信頼」

薬学部 松木 則夫 教授 (神経薬理学)
 「薬の作用に魅せられて」


平成22年度

「私はどのようにして専門分野を決めたか」

4月26日

医学部 廣瀬 謙造 教授 (神経生物学)
 「変わりゆく私の専門分野」

教育学部 牧野 篤 教授 (生涯学習論)
 「学校嫌いの教育学」

教養学部 西村 弓 准教授 (国際法)
 「教養学部―少人数の贅沢」

経済学部 大橋 弘 准教授 (産業組織論、国際貿易政策)
 「経済学の効能」

工学部 中須賀 真一 教授 (航空宇宙工学)
 「空へ、そして宇宙へ」

4月27日

農学部 五十嵐 圭日子 准教授 (生物材料科学)
 「材料としての木」というキャッチコピーに誘われて ―テニス小僧が研究に目覚めるまで―

法学部 橋爪 隆 教授 (刑事法)
 「私が刑法の研究者になるまで」

文学部 安西 信一 准教授 (美学芸術学)
 「美を追い続けて」

薬学部 新井 洋由 (衛生学)
 「時には鴨が葱を背負ってくる事もある―研究はセレンディピティ―」

理学部 相原 博昭 (物理学)
 「素粒子物理にあこがれて」


平成23年度

「私はどのようにして専門分野を決めたか」

4月25日

理学部 小澤 一仁 教授 (岩石学)
 「私が進んできた理学への道:運命の受入と開拓」

薬学部 嶋田 一夫 教授 (構造生物学)
 「2回目の進学」

文学部 赤川 学 准教授 (社会学)
 「希望と迷いのまざまで」

法学部 森 肇志 准教授 (国際法)
 「法学部・国際法・自衛権」

農学部 西村 拓 准教授 (生物・環境工学)
 「“動く”と“留まる”から環境を考える」

4月26日

工学部 佐久間 一郎 教授 (精密工学)
 「総合工学・学際領域の面白さ:医用精密工学の視点から」

経済学部 大橋 弘 准教授 (産業組織論、国際貿易政策)
 「経済学の効能」

教養学部 道上 達夫 准教授 (分子発生生物学)
 「生物学研究を志した―東大生と『進振り』」

教育学部 橋本 鉱市 教授 (教育社会学)
 「制度と実践の間で」

医学部 橋本 英樹 教授 (臨床疫学・経済学)
 「医学部のキャリアパス選択:社会医学に進んだ私の場合」


平成24年度

「私はどのようにして専門分野を決めたか」

4月23日

医学部 森屋 恭爾 教授 (感染制御学)
 「臨床と研究の橋渡し 1症例をみつめて病態をつかむ」

教育学部 東郷 史治 准教授 (教育生理学)
 「生活の中の身体を知る」

教養学部 木村 忠正 准教授 (文化人類学・社会情報学)
 「ニュー・アカデミズムと呼ばれた時代」

経済学部 大森 裕浩 教授 (統計学)
 「偶然を科学する」

工学部 隈 研吾 教授 (建築学)
 「デザインと経済」

4月24日

農学部 大西 康夫 教授 (応用微生物学)
 「学生時代に考えた将来と今―3つの「こうありたい」を設定すべし」

法学部 加毛 明 准教授 (民法)
 「民法と比較法」

文学部 藤原 聖子 准教授 (比較宗教)
 「進路は“決断”なのか?」

薬学部 関水 和久 教授 (生化学、微生物学)
 「昆虫少年から薬学研究者への道のり」

理学部 佐藤 薫 教授 (大気力学・中層大気科学)
 「南極と私― 地球気候の解明を目指して―」


平成27年度

「私はどのようにして専門分野を決めたか」

4月22日

工学部 加藤隆史 教授 (機能分子化学)
「機能分子の世界を開拓する:研究のやりがいと面白さ」

教養学部 石浦章一 教授 (分子認知科学)
「研究を続けるコツ」

経済学部 米山正樹 教授 (財務会計)
「会計学との出会いを振り返る」

医学部 名越澄子 埼玉医科大学教授 (肝臓病学)
「自分を活かす」

教育学部 伊藤秀樹 東京学芸大学講師 (教育社会学)
「理科一類から文系研究者へ ―こうなるとは思いもしなかった―」

4月23日

農学部 宮田裕子 日本バイエル人事代表
「グローバルビジネスでの、マネージメントというキャリア」

法学部 唐津恵一 教授 (企業法)
「企業法務」

薬学部 池谷裕二 教授 (神経薬理学)
「人間が好きならば薬学の道へ」

文学部 家氏太造 株式会社カカクコム 取締役
「新しい選択=新しいセルフイメージをふくらますこと」

理学部 菅 裕明 教授  (生物有機化学)
「境界領域という選択のススメ」


平成28年度

「私はどのように進路を決めたか」


4月20日(水)

理学部 飯野雄一 教授 分子行動遺伝学
「真剣に悩もう 〜 数学+物理+情報+生物=....」

文学部 諏訪部浩一 准教授 アメリカ文学
「好きなことを仕事にする」

薬学部 富田泰輔 教授 病態生化学
「好きなものに無我夢中」

法学部 小原雅博 教授 現代日本外交
「外交とは何か?」

農学部 株式会社ちとせ研究所 釘宮理恵 氏 微生物バイオテクノロジー企業経営
「弥生で実学の入口に立つ」



4月22日(金)

教育学部 小国喜弘 教授 日本教育史
「進路を決め直すこと─すぐに進学先が決められないあなたへ」

医学部 武村雪絵 准教授 看護管理学/看護体系・機能学
「今日の出会いが拓く予定外の未来」

経済学部 石原俊時 准教授 西洋経済史
「経済史を学ぶ─私の進路決定」

教養学部 西崎文子 教授 アメリカ政治外交史
「ひねくれものの北米研究」

工学部 染谷隆夫 教授 有機エレクトロニクス
「工学部か理学部か」


平成29年度

「私はどのようにして進路を決めたか」


4月17日(月)

工学部 羽藤英二 教授 交通・都市設計
「今、都市を考える」

教養学部 池内昌彦 教授 植物分子生物学・光合成化学
「進学選択を利用した事例」

経済学部 加藤賢悟 准教授 統計学、計量経済学
「統計学への誘い」

医学部 大木研一 教授 神経科学(大脳皮質)
「医学部の基礎研究」

教育学部 浅井幸子 准教授 学校教育学
「自分の問いに出会う時」



4月18日(火)

農学部 藤原徹 教授 植物栄養学
「なぜ農学部で植物の研究をしようと思ったか」

法学部 両角吉晃 教授 イスラーム法
「法の『三角測量』」

薬学部 後藤由季子 教授 分子生物学
「生命現象を『分子のことば』で理解する喜び」

文学部 長井伸仁 准教授 フランス近現代史
「異文化に隠棲する」

理学部 高橋嘉夫 教授 地球科学、環境科学、放射化学
「化学で解く地球・環境:基礎を固めて寿命の長い研究者になろう」

Email:agc1@@agcsodan.c.u-tokyo.ac.jp (@@を半角@に変更してください)