平成29年度 教養学部進学情報センター主催シンポジウム

「私はどのようにして進路を決めたか」

日時: 4月17日(月)18時45分〜20時45分、4月18日(火)18時45分〜20時45分

会場: 21KOMCEE East K011 教室 (懇談会 21 KOMCEE West MM ホール)

 東京大学の全学部から推薦していただいた講師の方々が、「私はどのようにして進路を決めたか」というテーマで個人的な体験を含めて自由な内容の講演をされます。皆さんは、自由に質問ができます。これから自分の進路・専門分野を決めようという学生の皆さんには、たいへん役に立つシンポジウムです。講演後の懇談会と合わせて参加してください。


ポスター(PDF)

4月17日(月)

工学部 羽藤英二 教授 交通・都市設計
「今、都市を考える」

教養学部 池内昌彦 教授 植物分子生物学・光合成化学
「進学選択を利用した事例」

経済学部 加藤賢悟 准教授 統計学、計量経済学
「統計学への誘い」

医学部 大木研一 教授 神経科学(大脳皮質)
「医学部の基礎研究」

教育学部 浅井幸子 准教授 学校教育学
「自分の問いに出会う時」



4月18日(火)

農学部 藤原徹 教授 植物栄養学
「なぜ農学部で植物の研究をしようと思ったか」

法学部 両角吉晃 教授 イスラーム法
「法の『三角測量』」

薬学部 後藤由季子 教授 分子生物学
「生命現象を『分子のことば』で理解する喜び」

文学部 長井伸仁 准教授 フランス近現代史
「異文化に隠棲する」

理学部 高橋嘉夫 教授 地球科学、環境科学、放射化学
「化学で解く地球・環境:基礎を固めて寿命の長い研究者になろう」


進学情報センターのホームページに戻る

agc@park.itc.u-tokyo.ac.jp