平成27年度 教養学部進学情報センター主催シンポジウム

「私はどのようにして進路を決めたか」

日時: 4月22日(水)17時〜、4月23日(木)17時〜

会場: 21KOMCEE レクチャーホール

 東京大学の全学部から推薦していただいた講師の方々が、「私はどのように進路を決めたか」というテーマで個人的な体験を含めて自由な内容の講演をされます。皆さんは、自由に質問ができます。これから自分の進路・専門分野を決めようという学生の皆さんには、たいへん役に立つシンポジウムです。講演後の懇談会と合わせて参加してください。


ポスター(PDF)

4月22日(水)
工学部 加藤隆史 教授 (機能分子化学)
「機能分子の世界を開拓する:研究のやりがいと面白さ」
教養学部 石浦章一 教授 (分子認知科学)
「研究を続けるコツ」
経済学部 米山正樹 教授 (財務会計)
「会計学との出会いを振り返る」
医学部 名越澄子 埼玉医科大学教授 (肝臓病学)
「自分を活かす」
教育学部 伊藤秀樹 東京学芸大学講師 (教育社会学)
「理科一類から文系研究者へ ―こうなるとは思いもしなかった―」

4月23日(木)
農学部 宮田裕子 日本バイエル人事代表
「グローバルビジネスでの、マネージメントというキャリア」
法学部 唐津恵一 教授 (企業法)
「企業法務」
薬学部 池谷裕二 教授 (神経薬理学)
「人間が好きならば薬学の道へ」
文学部 家氏太造 株式会社カカクコム 取締役
「新しい選択=新しいセルフイメージをふくらますこと」
理学部 菅 裕明 教授  (生物有機化学)
「境界領域という選択のススメ」


進学情報センターのホームページに戻る

agc@park.itc.u-tokyo.ac.jp